【必見!】医療費控除が受けられる温泉施設一覧

閲覧回数 : 10,128 views

知らなきゃ損!あれもこれも対象の医療費控除の秘密で、様々な施設で医療費の控除が受けられることをお伝えしましたが、本日は、温泉療養目的で医療費控除が受けられる温泉施設をご紹介します。
これらを利用すれば、温泉旅行をお得に楽しめてしまいますね!

後ほど紹介する温泉施設は、厚生労働省の温泉利用型健康増進施設として認可をうけたもので、施設の利用料、施設までの往復交通費で控除が受けられます。
あくまで療養目的であるため、医者の指示書などが必要になります。

スポンサーリンク

医療費控除を受ける手順

step1
医者に行き、温泉療養の相談をし、【温泉療養指示書】を書いてもらう。

step2
認定施設を訪れる。

step3
温泉療養を1ヶ月に7日以上行う。
【温泉療養指示書】にしたがって、温泉利用指導者の指導が行われる。

step4
利用が終わったら、【領収証】と【温泉療養証明書】を施設からもらう。

step5
【温泉療養指示書】をもらった医師を訪問し、【温泉療養証明書】も終了証明をもらう。

step6
税務署で【領収書】と【温泉療養証明書】を提出し確定申告をする。

注意点

・医者からの指示書がないと医療費控除が受けられません。
・1ヶ月で7日以上の施設利用が必要となるので、大型連休などを利用するとよい。
・温泉施設利用は、施設の専門スタッフから入浴指導を受ける事になるため、自由な入浴は出来ないかもしれません。
・必ず温泉に入らなくてはなりません。
・宿泊費・食費は自己負担です。

認定温泉施設一覧

0226

まとめ

あなたは持病、怪我を抱えて暗い気持ちになっていませんか?
病や怪我も温泉旅行に行けるいいきっかけと前向きにとらえて、お医者さんに相談してみてはいかがですか?

宿泊予約をするなら→じゃらんnet
旅行でお得なクレジットカード情報はコチラ

損をしないために知りたいお金の知識まとめページはこちら↓



健康でいることが一番の節約!健康に関する情報ページはこちら↓


著者情報
しんえもん

しんえもん

しんえもんの書いた他の記事を見る

お酒に弱くヘビースモーカーのアラフォー独身。最近お腹や体臭が気になり始めました。流行物の加熱式タバコは一通り体験!肌カビや喫煙などレビューを中心に書いてます。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000