お金を貯めるコツ≪ネット銀行の定期預金なら確実に増やせる≫ ~part3~自分にあったネット銀行の選び方とは?

閲覧回数 : 1,383 views

ネット銀行のメリットデメリットに続いて、今回は自分にあったネット銀行の選び方についてご紹介していきます。

自分がどう貯めていきたいのか目的を決める

前回、ネット銀行も従来型の銀行(都市銀行や地方銀行、ゆうちょ)とほぼ同じサービスができることをご説明しました。

ネット銀行を利用する一番のメリットは手軽さ以上に「金利の高さ」と「手数料の低さ」です。このメリットをフル活用してこそ自分の資産を従来型銀行とは比較にならないほど増やすことができます。

そういった意味でも自分がどう貯めたい(増やしていきたい)のかをはっきりさせてからネット銀行を決めると失敗しません。


それぞれのネット銀行の得意分野を把握する

ネット銀行によって金利はもちろん、できるサービス内容は違います。
得意とする分野がネット銀行によってちがうと言った方がわかりやすいかもしれません。

とにかく高い金利でガンガン貯めたいのか、子供の学費や結婚資金など目的をもって貯めたいのか、とにかく無理なく手間なく貯めたいのか 貯める目的をはっきりすれば自分に一番合うネット銀行を見つけることができます。

目的別おすすめネット銀行

A.高い金利でガンガン貯めたい
そんな人は定期預金よりも金利が高い外貨預金や投資などで資金運用するのがオススメです。

金利の高さだけでなく、円を外貨に替える際や外貨を円に戻す際に必要な為替コスト(手数料)の安さも大事なポイント。この2つのバランスが最高のネットバンクは住信SBIネット銀行で、手数料を抑えているので低コストで取引ができると人気があります。

例えば米ドル外貨1年定期預金の金利はネット銀行では最高の0.26%もつく上に、手数料(為替コスト)はジャパンネットについで2番目に安く15~25銭が主流の中で、住信SBIネット銀行は、9銭しかかかりません。

B.海外旅行や車の購入資金として目的をもって貯めたい
そんな人は目的によって口座を小分けして貯めることができるネット銀行がオススメです。

「目的別預金」のサービスを取り扱っているネット銀行は、ソニー銀行と住信SBIネット銀行です。イメージとしては口座の中にいくつかの口座を作るようなものです。

口座名や目標金額、期間を自由に設定できる上、引き出す時も一旦総合口座に振り替えてからでないとできないようになっているので、うっかり引き出してしまった・・・という失敗もありません。

またグラフや達成率がひとめでわかるのでモチベーションの維持にも役立ってくれそうです。

C.手間なく貯めたい
とにかく毎月少しずつでも貯めたい人には、「自動積立定期預金」がオススメです。

簡単に説明すると、毎月決まった金額が普通預金口座から定期預金に自動的に振り替えられるサービスです。会社の財形貯蓄と似ていますが引き出す際は面倒な手続きも不要でいつでも引き出せるのがメリット。一度設定すると自動的に定期預金へ振り替えられるので貯金がなかなか貯まらない人に向いているサービスです。

ネット銀行ではソニー銀行やイオン銀行が金利の高い「自動積立定期預金」サービスを行っていて、ソニー銀行では毎月1,000円から始められます。手続きの良さではネット上で簡単に始められるソニー銀行が人気です。(イオン銀行は店舗での手続きが必要。但し1年以上預ければソニー銀行の0.1%よりも高い0.12%の金利がつきます)

賢く貯めるためにも、ご自分の目的にあったサービスが受けられるネット銀行を是非選んで下さいね。

女の子必見!脱毛サロンのお得クーポン情報

アドレスを入力するだけで
最大1万円OFFクーポンGETkira-orange

芸能人も多数来店している痛くない全身脱毛専門サロン「キレイモ」


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
目的別ネット銀行のランキング比較!金利や手数料を比較する以前におさえておきたいポイントとは?目的別ネット銀行のランキング比較!金利や手数料を比較する以前におさえておきたいポイントとは?