PayPay(ペイペイ)を使える引っ越し業者はある?キャッシュレスで引っ越しできるか検証!

閲覧回数 : 39 views

引っ越しはお金が掛かる一大イベントですよね。

そんな引っ越し料金がキャッシュレスになったら、支払い方法も楽になるはずです。

とくに近年は決済アプリ戦国時代!と言わんばかりにいろいろなアプリが誕生しています。

今回は、PayPay(ペイペイ)に焦点をあててみたいと思います。

そもそもPayPayって?

テレビCMも始まっているし、リリースと同時に開始した100億円あげちゃうキャンペーンがたった10日で終了したなどでもう知っているよ!という方も多いと思いますが、念のため軽く説明をすると、PayPayはソフトバンクとヤフーが共同運営するPayPay株式会社の決済アプリです。

2018年12月4日(火)にスタートしたばかりなので、使える店舗はまだ少ないですが、ビックカメラやファミリーマートなど、すでに身近なところで使える状態になっています。

このアプリにお金を入金し、決済時にアプリを起動してバーコードを提示、それを読み取ってもらうだけで支払いが完了するので非常にスピーディーに会計を済ませることができてしまいます。

ダン吉
PayPayを詳しく知りたい方はこちらのページで解説してます



PayPayが使える引っ越し業者は?

引っ越しでこのPayPayが導入されたらもの凄く便利!と思うわけですが、残念ながら、いまのところ導入している引っ越し業者はありません。

キャッシュレス化はこれからますます加速していくので、引っ越し業者にもいずれ導入されるのでは…?とひそかに期待!

まだPayPayがどの引っ越し業者でも使えないのでここから先はたらればになってしまいますが、もし引っ越し業者がPayPayを導入したら、という仮定で書いていきます。

これからPayPayを使いたい、大きな買い物をしたらどうなるの?といった感じに置き変えて読んでください。

ここからは、

  • PayPayのメリットやデメリット
  • 引っ越し料金を支払うタイミング
  • クレジットカード決済できる引っ越し業者

について触れていきます。

ひとつでも気になる方はその部分だけでもチェックしてくださいね!

PayPayのメリット・デメリット

PayPayの最大のメリットは先ほども書いた通り、決済の手軽さです。

アプリをインストールして、決済時にバーコードを見せれば完了してしまうので手間が掛かりません。

一方デメリットとして、現在、チャージ(入金)方法が非常に限られていることが挙げられます。

2018年12月4日(火)現在では、以下の方法しかありません。

ダン吉
Yahoo!カードを持っていない方はこの機会に作っちゃいましょう!



銀行口座からは「Yahoo!ウォレット」に登録している預金払い用口座(銀行口座)からチャージができます。

対象となるのは、

  • 三井住友銀行
  • りそな銀行・埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 一部の地方銀行

となり、三菱UFJ銀行はチャージできません。

ネット銀行はヤフー系列であるジャパンネット銀行のみです。

Yahoo!ウォレットに登録している銀行口座となるので、そもそもYahoo!ウォレットがない場合はそれを作るところからになります。

クレジットカードはYahoo!カードのみ。

現時点では、さすが運営にYahoo!が絡んでいるだけあってYahoo縛りがすごいです。

ただし、これはあくまでもPayPay残高にチャージする場合の話で、別途クレジットカードを登録してそれを決済時に使うといったやり方もあります。

とはいえ、こちらもかなり限定的で、現在はVISAとマスターカードのみ。JCBはYahoo!カードのみで、その他アメリカン・エキスプレス(AMEX)やダイナースクラブカードなどには対応していません。

現時点では、Yahooをよく使う人じゃないと、少々使い勝手が悪いかな…?という印象を受けてしまいます。

PayPayを使えば20%キャッシュバック

PayPayはサービス開始日の2018年12月4日(火)9時から2019年3月31日(日)23時59分まで、20%キャッシュバックキャンペーンを実施しています。
※2018年12月13日(木)を以って「100億円あげちゃう」キャンペーンは終了しています。

引っ越しというと、金額も大きくなりがち。
荷物の量や家族構成によっては10万円、20万円とか平気で掛かってしまいます。

単身でも3~7万円ぐらいは掛かりますよね。

それで20%還元というと相当な金額です。

料金 還元 実質の引っ越し料金
3万円 6千円 2万4千円
5万円 1万円 4万円
7万円 1万4千円 5万6千円
10万円 2万円 8万円
20万円 4万円 16万円
30万円 5万円 25万円

金額が大きくなればなるほど、還元されるPayPayボーナスが大きくなるので、より安く引っ越しができるということになります。

勘のいい方は、30万円の還元ポイントを見て「んっ?」と思ったと思います。

これは計算違いではなく、PayPayボーナスの付与上限はひとりにつき、月額50,000円相当となっているからです。最大、月25万円の買い物に対してキャッシュバックされるということですね(25万円 × 20% = 5万円)。

キャンペーンは2019年3月31日までなので、それを考えると、最大20万円相当がひとりあたりのキャッシュバックの上限ということになります。

この20%還元を利用して、喫煙者はファミリーマートに掛け込んでカートン買いして買い溜めしたなんて話もありました。

付与は該当決済の翌月10日前後に行われるので、買い物したらすぐに還元されるわけではありません。

また、あくまでもPayPayボーナスとして還元され、クレジットカードの支払いが相殺(減額)されるわけではないので、クレジットカード払いの方はちゃんと支払い日に引き落とし口座に使った分だけお金を入れておきましょう。

運が良ければ最大10万円相当のボーナス還元

上記は誰でも対象ですが、それ以上にPayPayの最大の目玉といえるのは、最大10万円相当のボーナス還元キャンペーンです。

ユーザーによって確率が違うので、自分がどれに該当するかは確認しておきましょう。

一般 40回に1回の確率
Yahoo!プレミアム会員 20回に1回
ソフトバンクスマートログイン設定済み 10回に1回
Y!mobileサービスの初期登録済みのYahoo!ID設定 10回に1回

※あくまでも上記は確率です。必ず○回支払いで1回当たるというものではありません。

当然といえば当然ですが、ソフトバンクユーザーとYahooユーザーはかなり優遇していますね。

これを機にソフトバンクに乗り換える人がいるかもしれませんね。

引っ越し料金を支払うタイミングって?

引っ越しでPayPayが使えるようになった場合、PayPayは引っ越し作業開始前か積み込み完了後に提示することになります。

というのも、いずれの引っ越し業者も引っ越し先ではなく、現在の家で料金の支払いを行うためです。

サカイ引越センター

Q.引越し代金はいつ支払ったらいいですか?
A.基本的には引越し日当日の作業が始まる前に、現金にて引越し代金をいただくことになっております。

アート引越センター

Q.引越代金はいつ支払ったらいいのですか?
A.お引越日当日の積み込み作業が完了した時点で、現金にてお引越代金をいただいております。

公式サイトには書かれていませんが、アリさんマークの引越社も「引っ越し作業開始前に支払い」という回答です。

クレジットカード決済できる引っ越し業者はある?

先ほど書いたように、VISAとマスターカード、あるいはYahoo!カードと使えるクレジットカードに制約があるものの、PayPayはクレジットカード登録して支払いに使うことができます。

しかし、スマホを持っていない!もしくは、アプリにクレジットカードの登録は怖い…でも、引っ越し時にクレジットカード決済したい!という方もいるでしょう。

そんな方はクレジットカード払いに対応している引っ越し業者を選びましょう。

クレジットカード決済に対応している引っ越し業者は以下の通り。

業者名 提携カード会社 備考
アート引越センター 三井住友VISA、JCB、アメックスなど カードによっては支払い方法(一括や分割など)が異なります。
日本通運(日通) UCカード、VISA、MasterCard、JCBカード、ダイナースクラブ、アメリカンエクスプレス、DCカード、オリコ、UFJカード、ニコス、イオンカード、ライフ、セゾン、JAL、CF、楽天、OMCカード、TS CUBIC カード、アプラス、ジャックス クレジットカード支払いの手続きは、日通のマイページ内の「クレジットカード情報」欄の「登録」ボタンから利用するカード情報の登録が必要になります。登録は引越作業日の40日前より可能です。
サカイ引越センター VISA、JCB、など 見積もりの際に、『カードでの支払い希望』ということを担当営業員に伝える必要があります。
ヤマトホームコンビニエンス 日本信販、三井住友カード、UCカード、DCカード、JCBカード、ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレス、ポケットカード、OMCカード、クレディセゾン、UFJカード、イオンカード、TS CUBIC カード クレジットカードの利用は、事前の申し込みが必要です。
アーク引越センター VISA、MasterCard、JCB、AMEX 手数料が発生します。

※上記は一例となります。他の引っ越し業者も対応している場合がありますので、クレジットカード払いを希望される場合は、引っ越し 見積もり依頼時にご確認ください。

クレジットカードで支払いができれば、使用したクレジットカードのポイントが貯まるので是非使いたいものですね。

また、ポンタカードやTカードが使える引っ越し業者もあるので、持っているなら忘れずに提出したいですね。

まとめ

現時点では、PayPayを使える引っ越し業者はありませんが、今後キャッシュレス化はますます加速していくのは間違いありません。

そのことを考えると、全社とは言わず、実験的に大手引っ越し業者がキャッシュレスサービスを導入する可能性は十分あると思います。

マイナスになるものでもありませんし、いまの内からアプリのインストールをして、使い方だけ慣れておくというのもいいかもしれませんね。


著者情報
ダン吉

ダン吉

ダン吉の書いた他の記事を見る

大手引越し会社のダンボールに命が宿った妖精。間近で見続けてきただけあり、お得な引越しに関する知識は達人級。某10円で動くダンボールキャラに憧れているとかいないとか。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000