お得満載の株主優待を受けるならNISA(ニーサ)がおすすめ!その理由をイチからわかりやすく説明します

閲覧回数 : 2,418 views

2014年1月から始まったNISA(少額投資非課税制度)
最近、よく目や耳にするけれど、実際どんな制度で、どんなメリットがあるのか・・・
その辺について知りたくても、なんだか難しそう!って思っていませんか?

投資に興味がある、これから投資を始めたいという方にピッタリな制度がNISAなんです。

スポンサーリンク

そもそもNISA(少額投資非課税制度)ってなに?

NISA(少額投資非課税制度)とは「投資で得た利益が非課税になる制度」です。
本来、投資で得た利益(株の配当金や値上がり益、売却による譲渡益)には20%の税金がかかります。
NISA(少額投資非課税制度)ならば、年間100万円の投資額を限度に、どれだけ利益を出しても非課税となります。
非課税期間は最長5年間です。(6年目から課税対象になります)

NISA制度の背景は?

もともと2013年までは投資益に対しては軽減税率が適用され、10%の課税だったのですが、2013年で軽減税率の期限が切れ20%に戻ってしまったのです。
その代わりに新しく作られた制度がNISAです。
インフレで物価を上げたい安部政権は税率アップで投資家が減ってしまうことが嫌だったんですね。
投資家から企業への資金流入が減ると経済復活への足踏みになってしまいます。
NISA(少額投資非課税制度)であれば、少額から投資を始められる上に、非課税というメリットがあるため、個人投資家を新たに取り込み易いという狙いがあったのです。
インフレになると株価は上昇しますから、投資におけるリスクが低い時期ともいえますし、銀行の利回りが0.02%~0.03%の時代です。
物価が1%~2%上がっている状況下では貯金しているだけで資産は目減りします。
NISA(少額投資非課税制度)はそんな時代にマッチした素晴らしい制度であると言えます。

NISAの仕組み早分かり表

制度

非課税対象株や投資信託の値上がり益や配当金
非課税になる最大投資額毎年100万円まで
期間1枠5年間(売却すると期間が残っていても終了)
最大投資総額500万円
制度継続期間2014年~2023年までの10年間(毎年100万円の非課税枠が設定できます)
NISA口座資格20歳以上

NISAのスケジュール表
about_img_01
about_img_02
出典:マネックス証券

サルでも分かる事例

例)100万円を株に投資し、1年後に株価が2倍になり利益が100万円でた場合
通常の株式投資
100万円×20%課税=80万円の純利益

NISA(少額投資非課税制度)で投資した場合
100万円×非課税=100万円の純利益

極端な例ではありますが、100万円利益があったら20万円も手取り額に差が出ます。

NISAってどうやって始めるの?

証券会社もしくは銀行にNISA専用の口座を作る必要があります。
注意点としては、銀行は投資信託しか取り扱いがないので、節約大全でも度々オススメしている株主優待で投資をしたい方などは証券会社で口座を開設する必要があります。

新規口座開設キャンペーン中!

口座開設数ネット証券NO.1はSBI証券

NISA(少額投資非課税制度)の運用術を教えて

NISAでの投資は最大5年間非課税になるため、長期保有の株式投資に向いています。
途中で売却などをしてしまうと、例え3年目でも非課税枠は消滅してしまうのです。

ですから、この制度は、今流行りの株主優待と合わせた運用が相性抜群なのです。
株主優待銘柄の投資は基本的に長期保有が大前提ですし、100万円の枠の中なら何銘柄でも購入できます。

NISA(少額投資非課税制度)を始めるなら株主優待で!
株主優待を始めるならNISA(少額投資非課税制度)で!

NISAから積立NISAまでわかりやすく解説!



貯めたお金を賢く運用し、資産を増やしませんか?誰でも始められる資産運用方法まとめページはこちら



まずは貯金から!お金を貯める方法やコツはコチラ


著者情報
しんえもん

しんえもん

しんえもんの書いた他の記事を見る

お酒に弱くヘビースモーカーのアラフォー独身。最近お腹や体臭が気になり始めました。流行物の加熱式タバコは一通り体験!肌カビや喫煙などレビューを中心に書いてます。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000