永久供養でお墓代の節約に…少子高齢化に伴った新しい供養の方法とは

閲覧回数 : 2,543 views

少子高齢化によって今、お寺での供養の方法が変わりつつあります。
その名も永代供養(えいたいくよう)。

永代供養とは、お墓の存続が厳しい方や子供にお墓の費用や面倒まで世話させたくないという方、事情があって供養ができない方などに二ーズが高まっている近年話題となっている供養方法です。

どこで、今回はこの“永代供養”についてご紹介していきます。

永代供養とは


冒頭でも少しお伝えしましたが、”永代供養”とは寺院が責任をもって永代にわたり仏さまの供養と管理を行うということです。

将来、自分の子供にお墓の管理などで心配や負担をかけたくないと思われている方や遠方から遺骨を移したいという方からのニーズが高まっているようです。

永代供養の費用

「お墓を維持できない」「お墓の管理が行き届かない」などから永代供養を利用する方が増えている近年。
一般的なお墓での供養と比べるとどのくらいの費用がかかるのか気になりますよね。

では、まず永代供養と寺院でのお墓にかかる費用の相場を見ていきましょう。

≪永代供養の場合≫

項目永代供養墓
総費用3~100万円
種類合祀墓/納骨堂/個人/夫婦墓/樹木葬
管理・供養その家が永代にわたりおこなう
支払い初回のみ
宗旨宗派不問
納骨できる人個人・夫婦単位
遺骨弔いあげ
(三十三回忌・五十回忌)で合祀
改葬費用墓石があれば処分費用

≪お墓での供養の場合≫

項目寺院でのお墓
総費用120~200万円
種類家墓
管理・供養お寺が永代にわたりおこなう
支払い初回+継続的な費用
宗旨宗派檀家になる必要がある
(入檀料・維持会費)
納骨できる人家墓を承継する家族
遺骨お墓に入りきらなかったら合祀
改葬費用墓石処分費用(+離檀料)

比較してわかる通り、寺院での供養には初回費用・継続的にかかる費用・入檀両など様々な費用がかかります。

総費用はなんと永代供養の倍の料金がかかります。
自分たちで管理や供養をする必要はありませんが、お墓を維持するには想像以上に費用がかかるのです。

価格破壊の代表格イオンの永代供養サービス

その葬儀ビジネス価格破壊の代表格がスーパー最大手のイオンです。
えっ?あのイオンがお葬式?永代供養?
そんな声も聞こえてきそうですが、ちゃんとした葬儀社、寺院と提携し、故人を安心して送り出すことができるサービス内容となっています。

永代供養:35,000円
永代供養(イオンのお葬式利用):30,000円
追加料金なし!
対応寺院一覧
関東エリア
茨城:常陸国 出雲大社
埼玉:清福寺長泉寺
東京:東京 徳純院妙善寺
千葉:東祥寺竺園寺
神奈川:宝袋寺
東海エリア
愛知:大雄院壽栄寺
北信越エリア
新潟:フジパーク霊園新潟
近畿エリア
大阪:海寶寺長法寺
九州エリア
福岡:徳純院
佐賀:吉祥寺
中国エリア
広島:ふれあい聖地霊園

この価格で上記のようなしっかりした寺院で文字通り永年の供養をしてくれるのですから、今後永代供養を考えている方には大変メリットがあると言えますね。

賛否両論の葬儀ビジネスへの異業種参入

こういった異業種の参入は宗教に対しておおらかなユーザーにはメリットがあっても、仏教界や信心深い仏教徒からは『宗教をビジネス化している!』との批判の声も大きいそうです。
ただ、イオンが打ち出す最近流行りの終活支援『イオンの終活』などの世間的な広がりから見ても、異業種の葬儀ビジネスは受け入れられていることが伺えますね。
異業種だからといってイオンが葬儀や供養を執り行うのではなく、しっかりとした葬儀社、寺院が行うものの代理店的立場であるため、一般のユーザーは安い方に傾くのは当然といえば当然の話しです。
逆にブラックボックスだった葬儀関係費用をきちんと明示したことに対する評価も高まっている状況です。

イオンの終活公式サイト

生命保険に入っているから大丈夫!を鵜呑みにしない

続いて気になるのが葬儀費用面。
「生命保険に入っていたはずだから大丈夫。」
と安心していてはいけません。

葬儀費用面で知っておくべきこと・やっておくべきことがありますので、ひとつずつご紹介しましょう。

【知っておくべきこと】
介護や葬儀費用の事などで、親はだれでも子供に負担をかけたくないと思っています。
もしかしたら親から「生命保険に入っているから葬儀代は心配いらないからね」といわれることがあるかもしれません。

でもそれをあてにしていてはいけないのです。
なぜかというと生命保険金はすぐに支払われないからです。

実は手続きを終えて振込がされるまでに、とんでもなく時間がかかることを知っていますか?
どんなに急いで申請しても受取れるまでに最低3週間はかかってしまうのです。

一方葬儀の支払い期限はというと、ほとんどが1週間以内。すぐに支払わなければなりません。足りなければ誰かが立て替えなければならないのです。

ちなみに近年の葬儀費用は、事業者間の競争によって葬儀費用が下がっていること、葬儀の簡素化、参列者の減少などの理由から年々減少傾向にあります。それでも2010年日本消費者協会のアンケート調査による全国平均金額によると200万近い費用がかかるという結果が出ているそうです。

【やっておくべきこと】
そこで最近あらたに注目され始めているのが「葬儀保険」です。
別名「少額短期保険」とも言われています。

これは一般的な生命保険とは異なり、死亡したときに葬儀費用が支払われる保険サービスです。
この保険のメリットは、告知だけで加入できること、そして加入年齢や継続年齢の幅がとても広いことです。

また保険金は申請した日から2~5日に支払われるため、確実に葬儀費用の負担が軽く済み加入者が増えているのです。

≪葬儀保険(少額短期保険)の加入要件と保証金額≫
【加入年齢】
・80歳(78、79歳までのところもある)
【更新年齢】
・最長99歳
【保険料支払い】
・翌日か翌々日
【加入時に医師による診断や告知書】
・不要

保険会社によって加入できる年齢は異なりますが、ほとんどが80歳まで加入でき99歳まで更新ができるので、葬儀保険(少額短期保険)のメリットは大きいのです。

保険料もプランに合わせて毎月数千円から始められます。

また入院中でなければ通院中や服薬中の加入もOK。老後の準備として検討する価値の大きい保険サービスなのです。元気なうちに本人が加入したり、心穏やかに親を見送れるよう子供が加入するケースも少なくないようです。

「生命保険に加入していない」「準備が不安」という人は、検討されてみてはいかがでしょう。

また葬儀代を前もって積み立てていく互助会に入っておくのも方法です。
会員になることで一般的な葬儀費用が30~50%も割引になるため、確実に費用の負担が軽くなります。
gojokuru

嬉しいのはもし積立金を完納していなくても初回の掛け金を支払っていれば、いつでも会員価格で利用できること。積立金も1,500円から選べるので家計を圧迫する心配もありません。

以下に互助会のポータルサイト「ごじょクル」で紹介されているメリットを挙げてみました。

≪互助会加入のメリット≫
・加入後当日から利用可能
・葬儀費用で30~50%もの割引あり
・インターネットで24時間いつでも申し込み可能な「互助会オンライン入会」あり
・月々1,500円から積立てが可能
・本人だけでなく同居家族も利用可能
・完納後すぐに利用しなくても権利は生涯保証

このようにメリットの多い互助会ですが、もし親が「葬式(通夜や告別式)をするつもりがない」と意志が強い場合は利用することができないので、やはり事前の確認が必要になりそうです。

いずれにせよ互助会は一般的な葬儀費用に比べるとかなり安く抑えることができるので、急な出費に備えたいという人にはかなり嬉しいシステムではないかと思います。

親が無宗教葬を望んでいる場合

【知っておくべきこと】
一方でしきたりに囚われず、自由なかたちで葬儀ができる無宗教葬を望む人も増えてきています。
とくに特定の信仰をもっていない、お寺とのつきあいがないという人の申し込みが多いようです。

高い費用をかけずに葬儀ができるメリットもありますが、もし親が無宗教葬を望んでいる場合には注意が必要です。

無宗教葬は読経や戒名など高いお布施を払う必要がなく、食事代や祭壇自体もなくてもいいので数十万円に抑えることができます。

ですが、お経をあげるお坊さんも呼べませんし、一般的に宗教葬で行われる最後のお別れを告げる儀式「祭詞奏上(さいしそうじょう)」もありません。

お通夜やお葬式もあっけなく終わってしまい、すぐ火葬に向かうため気持ちの整理がつかないまま故人と別れなければなりません。はかりしれない悲しみや喪失感をいだく人もいるので、親族から批判や反対を受けるケースも多いとのこと。

実際「あんな見送り方でよかったのか」と後悔する家族も少なくないようです。

また、無宗教葬にするとお墓に入れません。
そもそもお経をあげてもらうお坊さんを呼ばないのですから、納骨だけをお願いすることはできません。断られても仕方がないのです。

【やっておくべきこと】
このように知らないでいるとその時になって困ることになります。
シンプルで費用も抑えられる無宗教葬ですが、それだけのデメリットがあるということを知っておきましょう。

その上で子供がやっておきべきことは、無宗教葬でどんな葬儀をしたいのか、何処に納骨するのかなど、親が元気なうちにできるだけ詳しく聞いておいてあげることです。

最近増えているのは、故人が好きたった音楽やビデオを流し、思い出を語ったりしながら送り出すお別れ会的なものです。
宗教による制限がないので、思い出の品の展示などをして故人を偲ぶ時間する人も多いようです。

ただ、このスタイルの場合は司会による進行などもないので、間がもたない味気ないお葬式になってしまわないよう、家族がある程度の段取りを前もって考えておく必要があります。

また覚悟しておかなければならないのは、たとえ本人の意思であることを伝えても、無宗教葬は遺族や親族の理解を得にくく、反対されることが多いスタイルのものであるということです。

親が永代供養を望んでいる場合

「お墓を持っていない」「墓守りをしてくれる家族がいない」「散骨では寂しい」というシニアに多く選ばれているお墓として永代供養墓(合祀墓)があります。

実はこの永代供養というスタイルを選ぶ人がいまとても増えています。
なかでも管理や、管理費も不要の納骨堂タイプが人気。
また多くが宗派を問われないこと、交通の便の良い場所に建てられていることです。

ボックスのサイズもファミリー向けからおひとり様向けまで豊富で、お墓から納骨堂に引っ越しをする家族も多いようです。
価格は200万円程度が相場。初期費用はかかりますが、その後の管理費などは一切かからないので家族や親族間のトラブルが起きにくいのも人気の理由です。

永代供養は供養する家族がいなくてもお寺が代わりにするので、独り身の人や子供に負担をかけたくない親からの申し込みが多いのだそうです。

ただ、永代供養といっても実は永遠に供養してもらえるという意味ではなく三十三回忌で終了してしまうところもありますし、33回忌や50回忌の合祀供養合祀墓(ごうし供養)だけというところもあります。

また他の人の遺骨と混ざってしまうため、あとから遺骨を取りだすことはできないというデメリットも知っておかなければなりません。

その時になって慌てないためにも、親が永代供養を望んでいる場合は元気なうちに内容をしっかり確認しておきましょう。

 まとめ 

以上、親が年をとってくるとどうしても考えなくてはならない葬儀やお墓のことを、生命保険金や無宗教葬、永代供養の面から説明しました。

一方この数年で需要が急激に伸びているものもあります。
それは預骨、迎骨、送骨といった埋葬サービス。
お骨を遺棄する事件が頻繁に起こっているため、寺院が始めたものです。

2016年9月21日のNHKクローズアップ現代でも「「あなたの遺骨はどこへ ~広がる”0葬”の衝撃~」が放映されました。

お墓を買うお金がなかったり家族がお骨を引き取れない事情など理由はさまざまですが、檀家関係を負担に思う遺族からも支持されているとのこと。

このようにスタイルにこだわらず火葬のみで済ませるケースも増えていているのが現状のようです。

≪預骨、迎骨、送骨とは≫
◆ 預骨・・・親族らがお墓を準備できるまでの期間遺骨を預かる
◇ 迎骨・・・お寺が家や家族が指定する保管場所に出向き遺骨を引き取る
◆ 送骨・・・ゆうパックなどの宅配便で遺骨を送る

少し寂しい気はしますが、抱える事情や考え方はひとそれぞれです。
親が望まない限りは、きちんと送りだしてあげたいのが家族の想いでしょう。

大切なのはスタイルではなく、心のこもった見送り方ができたという実感がもてたかどうか。

親が元気でいてくれるうちに自分たちでできることをやっておきましょう。

その他、よく読まれている記事☆保険の見直しも大切ですね☆
年金破綻に備えてる?「100年安心プラン」の実態と保険見直しの必要性

合わせて読みたいページはコチラ

【節約大全】まだ間に合う!老後破産を回避する資金の作り方と節税ノウハウまとめページへ戻る
rougotaisaku


著者情報
しんえもん

しんえもん

しんえもんの書いた他の記事を見る

お酒に弱くヘビースモーカーのアラフォー独身。最近お腹や体臭が気になり始めました。流行物の加熱式タバコは一通り体験!肌カビや喫煙などレビューを中心に書いてます。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000