夫婦で年金を増やす方法はコレだ!個人年金と確定拠出年金について学び老後資金を蓄えよう!

閲覧回数 : 22,852 views

「老後貧乏」「老後破産」「下流老人」など、これらの言葉を良く見かけるようになりましたね。
編集部スタッフのバンバンも、今から気になっているようです…。

これらのこの言葉を聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「年金制度の破綻」ではないでしょうか?

制度が導入はされたものの、暫くは据え置かれていた「マクロ経済スライド」が、ついに今年(2015年)発動されたことによって「年金は実質目減りしていく時代に移った」ともいえます。

誰もが年金だけで老後豊かに暮らせるとは思っていないことでしょう。
老後貧乏に陥らない為には「老後に入ってくるお金を年金以外にもつくっておく」ということが重要なポイント。

そして専業主婦でも、もっと年金を増やす方法があることをご存知ですか?
今回は再注目されている「個人年金」と、2017年1月から専業主婦でも加入できることになった「確定拠出年金」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

老後資金の準備に個人年金がいい理由とは

個人年金とは保険会社で個人が任意で入れる年金のことで、毎月積み立てることで、将来年金を受取れる年齢になった時に支払われるものです。
毎月の積立金は将来いくら受取りたいかで決まるため、若いうちに加入した方が安く経済的にも負担が少なくて済みます。

【個人年金のメリット】

①所得控除が受けられる

個人年金の大きなメリットは、所得控除(個人年金保険控除)が受けられる商品がたくさんあること。
もちろん銀行での貯蓄や投資信託の運用もいいですが、せっかく積み立てるなら、節税効果のある方がいいですよね。
年間の保険料の支払総額が8万円以上であれば最大の4万円が控除されます。

②年金以外に保険がついている

個人年金は民間の生命保険会社が提供している年金保険です。
保険商品と抱き合わせになっているので死亡保障が付帯されています。

個人年金保険について詳しく知りたい方はプロに相談してみよう!

保険のビュッフェ公式ページはこちら↓


保険の見直し本舗公式ページはこちら↓


老後資金の準備に確定拠出年金がいい理由とは

確定拠出年金とは、もともと企業が公的年金を補完するためにつくったもので、サラリーマンが厚生年金に上乗せできる年金でした。会社がこの制度を導入していない場合は自営業者などと同じ「個人型」に加入することができますが、これまでは公務員や専業主婦には加入資格がありませんでした。
ですが、2016年から公務員や専業主婦、一定収入以下のパートの人でも「個人型」に加入することができるようになりました。

【確定拠出年金のメリット&デメリット2017ver】

【確定拠出年金のメリット】
①加入者の掛け金は所得控除の対象になる
(その年の収入として計算されないため、その分にあたる所得税や住民税を抑えられる)
②運用中も運用して増えた金額に対して税金がかからない
③年金を受け取る時も税金を抑えることができる

つまり確定拠出年金は拠出金(掛け金)も運用益(運用で得た利益)もどちらも非課税。

もし確定拠出年金ではなく普通に投資信託をした場合、運用益に対して課税されますが、確定拠出年金は非課税なのです。
(公社債投資は利子所得として20%の源泉分離課税・株式投資は配当所得として10%の源泉徴収)

長期的に考えれば、確定拠出年金の方が複利効果によって資金をより大きく増やすことができるのです。

【確定拠出年金のデメリット】
①60歳までは受け取れない
②最低10年の加入期間がないと受け取れない
③年間数千円の手数料がかかる

確定拠出年金は年金なので、受給開始年齢は60歳を過ぎてからでないと受け取れません。
また運用次第で受け取る金額が変動するため、ノーリスクというわけではありません。

ただ、元本確保型の商品も揃っていますし、金融商品は固定ではなくいつでも組み換えが可能なので
運用益のいいものに絞ったり、まったく別の金融商品に変更することもできます。

まとめ

普通に銀行に預けても、預貯金の利子や配当、分配金(=運用益)などには、20%の税金がかかります。
でも、確定拠出年金なら非課税なので複利効果で運用資金も大きく増やせます。

運用期間が長いほど大きな効果があらわれるので早い時期から始めておくのが断然有利。
社会情勢を見つつ適宜効率のいい運用商品に切り替えていけば確実に老後の頼もしい資産になります。

⇒ 心配な老後もこれで安心!今からコツコツできる資金の作り方はこちら


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000