[湘南・江ノ島]神奈川県の有名ロケ地でもある江ノ島!お得に一日中満喫する方法とは

閲覧回数 : 339 views

神奈川県の名所といえば、湘南にある江ノ島です!
また、ドラマや映画の撮影によく使われているなど、老若男女問わず人気の観光地でもあります。
ちなみに、2013年10月12日に公開された映画「陽だまりの彼女」や2016年7月11日から放送されていた月9ドラマ「好きな人がいること」の撮影でも多く使われたのがこの湘南・江ノ島です。

そこで、今回は江ノ島の人気ロケ地を巡りながら、お得に満喫する方法をご紹介しますね。

 神奈川県のパワースポット江ノ島

ちなみに、神様や自然の精霊、そして大地からの気が集まっている神聖な場所のことを、パワースポットと呼ばれます。
そして、江ノ島にある江ノ島神社は、広島の厳島神社(いつくしまじんじゃ)と滋賀県にある竹生島(ちくぶしま)が祀っている日本三大弁財天の一つです。

また、江ノ島には龍神も祀っています。
江ノ島を訪れれば、強いエネルギーによって開運すること間違いないですよ!

江ノ島の人気デートスポット龍恋の鐘(りゅうれんのかね)


古来より江ノ島には「天女と五頭龍(てんにょとごとうりゅう)」という以下のような伝承があります。

その昔、五頭の龍が山崩れや洪水をおこし村人を苦しめたあげく、16人の子供が生け贄にされました。
そんな時、江ノ島に天女が現れ五頭の龍は恋に落ち、今までの悪行を改めて善竜になったという
お話です。

この伝承に出てくる天女が居たといわれているのが、江ノ島の岩屋の上にある「恋人の丘」
そこには、鐘を二人で鳴らすと絆が深まるとされる「龍恋の鐘」があり、今では「恋人達の聖地」といわれています。

また、「龍恋の鐘」は、映画「陽だまりの彼女」のワンシーンに使われました。

この作品の主演を務めたのは、アイドルグループ「嵐」のメンバー松本潤(まつもとじゅん)さんと、ドラマ、映画で大活躍している女優、上野樹里(うえのじゅり)さん。
恋人役を演じた二人のデートスポットとして、「龍恋の鐘」は今でも人気が高いです。
さらに、作中に出てくる饅頭屋の座席は「松潤シート」と呼ばれ、嵐ファンの方にとって新たな聖地となっているそうですよ。

 お得な特典がたくさん!一日フリーパス券を使おう

enoden1
江ノ島は当然ながら島なので、海岸も近ため車で向かう方が多いのではないでしょうか?
しかし、名所の近くに着いても「駐車場がどこも満車で止められない…。」「止めたいけど、料金が高い」といういう経験をされた方も居ると思います。

そこで、オススメしたいアクセス方法が電車です。
実は電車を使うことで、江ノ島をとってもお得に周ることができるんです。
その際にぜひ使っていただきたい、お得な二種類のフリーパス券と、「江ノ島をとことん満喫したい」という方にオススメなパスポートについてご紹介していきますね。

小田急線が提供している「江ノ島・鎌倉一日フリーパス券」には様々な特典がついていて、江ノ島・鎌倉を散策する方にとって、お得な券なんです。
フリーパス券を購入すると、江ノ島・鎌倉にある決められたお店にて、飲食またはお土産を1,000円以上購入することで、5%の割引きで使うことができますよ。
「江ノ島・鎌倉一日フリーパス券」発着駅により料金が異なるので、最寄りの駅もしくは小田急公式HPで確認してください。

そして、江ノ島電鉄が提供している「江ノ電のりおりくん」は、藤沢駅~鎌倉駅までの全区間を一日中乗り降りができ、大人600円、子供300円で購入することができます。

さらに、江ノ島に売っている『江ノ島1day(ワンディ)パスポート「eno-pass(エノパス」』は、大人1,000円、子供500円で江ノ島エスカー、江ノ島シーキャンドル(展望灯台)や岩屋洞窟、江ノ島サムエル・コッキング苑を1日に何回でも使用可能。
ちなみに、江ノ島1day(ワンディ)パスポート「eno-pass」を使わずに江ノ島の施設を観光すると以下の通りです。

江ノ島エスカー
⇒大人360円、子供180円
江ノ島シーキャンドル(展望灯台)
⇒大人300円、子供150円
岩屋洞窟
⇒大人500円、子供200円
江ノ島サムエル・コッキング苑
⇒大人200円、子供100円

合計で、大人1,360円子供が630円の料金がかかるんです。
それがなんと、大人1,000円、子供500円で、江ノ島の人気スポットを全部行けるなんて、お得ですよね。

新・江ノ島水族館(えのすい)がただ今お得なキャンペーンを実施中!

enosima3
江ノ島と聞くと「水族館」というイメージもあるのではないでしょうか?

先ほど、紹介した「江ノ島・鎌倉一日フリーパス券」を使うと「新・江ノ島水族館(えのすい)」が20%割引きで入館できる特典が付いていますよ。
例えば、大人一人あたりの入館料は通常2,100円。
しかし、フリーパス券を使えば入館料が20%割引きの1,680円になるので、420円も節約することができるんです。

さらに、2016年12月26日から2017年3月31日までの期間限定で、大学生、大学院生、短大生、専門学生、高校生を対象に「えのすい学割」キャンペーンが行われています。
期間中、対象の方は全員1,050円で入館できるので、とってもオススメですよ。
ただし、チケット購入時に学生証の提示がないと適用されないので、気をつけてくださいね。

また、同期間中であればフリーパス券などがなくても「小田急線でえのすい」という合言葉をいうと10%割引きで入館できます!

ちなみに12月23日から12月25日の間は、サンタクロースやトナカイの格好をしているスタッフに「メリークリスマス!」というとお菓子がもらえたそうですよ。

新・江ノ島水族館の入館料(通常)は以下の通りです。
⇒大人2,100円
⇒高校生1,500円
⇒小・中学生1,000円
⇒幼児(3歳以上)600円

※ただし、「えのでんのりおりくん」での割引きは、10%割引きになるため注意してください。

ちなみに、新・江ノ島水族館(えのすい)は月9ドラマ「好きな人がいること」の三話で、女優の桐谷美玲(きりたにみれい)さんと俳優の三浦翔平(みうらしょうへい)さんがデートしたロケ地です。

シーンに使われた場所は、「えのすい」の人気スポットであるクラゲサイエンスとイワシの大群が優雅に泳いでいる大水槽。

さらに、えのすいのお土産売り場に行けば、三浦翔平さんが作中で手につけていたペンギンのパペットが販売中ですよ!

また、えのすいではペンギンの赤ちゃんや子供アザラシのショーやネコザメやヒトデに触ることができる「タッチプール」というブースがあります。
ぜひ、家族や友達、恋人と一緒に海の生き物に癒されてくださいね。

 まとめ

enosimaneko2
江ノ島には、オススメしたいことがまだまだあります。
特に猫好きの人にとって、江ノ島は有名な島猫スポットではないでしょうか?

島のあちこちに住んでいる島猫たちは、人に慣れているため逃げようともせず、ゆっくりと過ごしています。
そんな愛らしい猫を見ていると、「もっと近くに寄りたい」などの理由でついエサを与えたくなりますよね…。
しかし、江ノ島のあちこちに「島猫に餌を与えないでください」という看板が多くあります。
江ノ島を訪れた際、島猫を見つけても、絶対にエサをあげないでください。

さらに、江ノ島にはペットと一緒に入れる飲食店があります!
海岸沿いを散歩した後に、江ノ島で休憩する方も多いみたいですよ。

また猫好きの方に耳より情報!
江ノ島に可愛い猫さんがお迎えしてくれる隠れ家的なカフェがあることを知っていますか?
そのカフェの名は「Gallery&ZAkka Gigi」。

2017年3月号の横浜ウォーカーに掲載されていて、カフェにはジジちゃんとココくんという二匹の猫さんがお出迎えしてくれるそうです。
知っていれば、絶対に寄ったのに…。
カフェにあるメニューはどれも美味しそうで、また江ノ島を訪れた際には絶対に行こうと思います!

ちなみに、「Gallery&ZAkka Gigi」は江ノ島神社の手前にあるようなので見逃さないように気をつけなければ…。
また毎週火曜日・水曜日が定休日なので気になった方は、お休みの日と被らないように気をつけてください。

江ノ島は、島内だけでも一日中楽しむことができるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

オススメ関連記事はこちら







節約しながら遊べる場所はどこ!?節約大全おすすめのお出かけスポットをまとめてご紹介!ページへ戻る


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000