【イオンカード】高校生がクレジットカードを作ることができるって本当!?嘘か誠かakiが真相を追い求め調査しました!

akiaki

スマホによるQRコード決済をはじめ、クレジットカード電子マネーデビットカードによる”キャッシュレス決済“が広がりつつありますよね。
aki(@aki_setsuyaku)もこのキャッシュレス決済の波に乗っかり楽天ペイを使っているのですが、先日金無先輩(@kannenashi )からこんな話を聞いたのです。

金無和也
akiちゃん、高校生でもイオンカードを持てるようになったって知ってた?
aki
ちょっ、金無先輩なにいってるんですか!?知ってると思いますけど、高校生は持てないですよ?(笑)
金無和也
本当だって!ほら、確か去年ぐらいに民法改正があったじゃん?あれ、そう「18歳成人」!俺的にさ、「18歳成人」に向けてライバルを出し抜くためにイオンが先手を打ったんだと思うんだよ。それでさ、イオン的には…

(先輩による言及はその後2時間にも及んだのであった)

この時akiは聞きながらこう思いました。

aki
金無先輩…。あなた様の知識量にakiはついていけないっす….。

改めて「金無先輩にはまだまだ追いつけない(´;ω;`)」と感じたakiです。

念のためお伝えしておくと、現時点では高校生がクレジットカードを申し込むことはできません。
それなのに金無先輩は「作れる!」って意気揚々と話していましたが、本当なのでしょうか?

話を聞いてから金無先輩の話が頭から離れずモヤモヤして数日。
この「イオンカードは高校生でも作れるのか」についてakiなりに調べてみました!

今回は高校生でもイオンカードを作ることが本当にできるのか、真相に迫っていきたいと思います。

年会費無料のイオンカードについて今すぐチェック!

イオンカードを申し込むための条件とは

高校生でもクレジットカードを持てる…と聞いた時は「嘘だぁぁぁ!」と某アニメに出てくるヤンデレキャラのように心の中で叫んだんですが、調べてみると本当でした(汗)

ご入会にあたって 
18歳以上で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます(高校生は除きますが、卒業年度の1月1日以降であればお申込みいただけます)。
未成年の方は親権者の同意が必要です。後日確認のお電話をさせていただきます。
審査によりお申込みの意に添えない場合がございます。
※イオンカード公式ページより引用

このようにイオンカードでは 「卒業年度の1月1日以降であれば申し込みができる」ということ。

いや、まさか本当に申し込みできるとは…。
(金無先輩を疑ってなんかいませんよ!?)

通常クレジットカードを持つには高校を卒業し、安定した収入がないとクレジットカードを申し込むことができません。
クレジットカードのクレジットには「信用」「信頼」「評判」という意味が込められていることから、そもそも返済ができる収入がないのであればクレジットカードを持つことができないからです。

にも関わらず、イオンカードであれば「1月1日から申し込める」
つまり「在学中から申し込むことができる」と捉えることができますよね。

aki
あれ?けどよく見たら「高校生は除きますが」って書いてある。どういうこと?

高校生でも申し込めるけど、高校生は除くとは、どういうことなのでしょうか?
もう少し探ってみましょう。

条件は卒業年度だけ?

イオンカードの「ご入会にあたって」に記載されているのは「高校生は除きますが、卒業年度の1月1日以降であればお申し込みいただけます」とだけです。
要するに現時点(2019年)では、高校三年生になった翌年の1月1日以降であれば申し込めるということ。

aki
なるほど、卒業年度の年に申し込むことで周りよりも先にクレジットカードを持てるってことか。確かに高校生がクレカを持ってるとなると少しカッコいいですよね♪

ですが、条件は他にもありました。
「卒業年度」というだけでなく、申し込む際には以下の条件もクリアしないとイオンカードを持つことができません。

【高校生がイオンカードを申し込む際の条件】
■ 卒業年度の1月1日以降であれば申し込みが可能
(ただし、早生まれの場合は18歳になってから)
■ 進路(進学もしくは就職)が決まっている方のみ
■ 親権者の同意が必要

卒業年度というのは変わりないですが、早生まれ(1・2・3月生まれ)の方はカードを発行するまでに少し時間がかかるんです。

aki
18歳という年齢制限はイオンカードでも同じ!そのため、卒業年度でも17歳では申し込めないということですね

また高校卒業後の進路が決まっていない場合、イオンカードを申し込むことができないことも覚えておかないといけません。
(就職の場合は内定が決まっていればOK)

さらに高校生がイオンカードを申し込むには親権者の同意が必要です。

aki
未成年の方(18歳以上高校生不可)がクレジットカードを申し込む時は必ず親権者の同意が必要ということを覚えておきましょう!

ただし2018年6月に「18歳成人」が成立したため、2022年以降であれば親権者の同意は不要となり、クレジットカードを申し込めるようになります。

また、今の時点では「18歳成人」の成人式も冬にするか夏にするかと議論されている様子。
もし成人式が夏になればまさに「高校在学中」にクレジットカードを持てるということです。
あくまでakiの予想にすぎませんが、高校生から「一括で」なんて言われる日が来るのかもしれません。

aki
にしても、高校生の時からクレジットカードを持つことができるっていいなぁ。
akiが高校生の頃はもちろんクレカを作ることはできなかったので、欲しい物があっても諦めることが多かったですからね(´;ω;`)

申し込めるイオンカードも家族カードではなく本会員カードなので、通常のイオンカードと機能もカード特典にも違いはありません。

つまり!お客様感謝デーであれば5%OFFで買い物ができるし、イオンシネマも安く使えるので持っているだけでもお得なカードですよ♪

また、高校生がクレジットカードを持つことで気になることといえば、カードの支払い方法やキャッシング枠ではないでしょうか?

こればかりは実際に申し込んでみないとわからないのですが、機能面でいえば通常のイオンカードと変わりません。
そのためイオンカードが自宅に届いた後「リボ払い利用枠」「キャッシング利用枠」が与えられていれば利用することができます。
これらの利用枠はイオンカードを申し込み届いた際に確認することができるので、本人だけでなく親権者の方も必ず確認しておきましょう。

aki
リボ払いは便利に思うかもしれませんが、長い目でみると余計な出費に繋がるので大人になってからも要注意ですよ!

そして最後に「引き落とし口座」についてです。
イオンカードに限らずクレジットカードの引き落とし口座はカード名義人と同名でないといけません。

また、イオンカードの中でもイオンカード・セレクトを申し込んだ場合はネットバンクであるイオン銀行の口座が必要になります。
イオンカードであればイオン銀行以外の口座でもOKですよ♪

aki
イオンカードは他の銀行口座でもOKだけど、イオンカード・セレクトのほうが「ときめきポイント」を貯めやすくなるから検討してみるのもアリ!ディズニーデザインもありますしね♪

イオンカードってどんなカード?

イオンカードは年会費無料かつETCカードも家族カードも無料で申し込むことができるクレジットカードです。
イオンカードには他社との提携カードも多いですが、イオンカード特典については共通しています。



なかでも、高校生がイオンカードを持つのであればイオンカード(ミニオンズ)がオススメ!
イオンカードの共通特典とは別に嬉しい限定特典がついてくるんです^^

【イオンカード(ミニオンズ)限定特典】
特典1 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内で使うとときめきポイントが10倍!
特典2 貯まった「ときめきポイント」で「ミニオンズオリジナル商品」に交換できる!
特典3 イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円!
※イオンカード(ミニオンズ)公式ページより引用

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンといえば2年連続でディズニーを超す年間入場者数を記録中の、日本を代表するテーマパーク♪

高校の卒業旅行や春休みを利用していく高校生も多いのでは^^?
入場チケットなどが安くなるわけではないですが、お土産や食事をする時にイオンカード(ミニオンズ)を使えば「ときめきポイント」をザクザク貯めることができるのでオススメです。

さらに映画好きには嬉しい特典も!
イオンシネマであればいつでも1,000円で映画を楽しむことができるんです!
高校生も同じ金額で観ることができますが、卒業後の進路によっては料金が上がります。

■ 大学生・学生⇒1,500円
■ 一般⇒1,800円

けど、イオンカード(ミニオンズ)があれば高校生と同じ1,000円!

aki
映画好きなら嬉しい特典ですね(´艸`*)akiも思わず欲しくなる1枚です♪

特典が満載のイオンカード(ミニオンズ)をチェック!

実はイオンカードだけじゃなかった!?

本記事で何度もお伝えしていますが、本来クレジットカードを申し込むことができるのは18歳以上(高校生不可)からです。
しかし、実はもう一つだけ高校生がクレジットカードを持つことができる場合があります。
それは「留学」または「ホームステイ」です。

実は海外へ留学する場合のみクレジットカードを申し込むことができます。
ただし本会員カードではなく「家族カード」の発行となり、また確実に作ることができるというわけではないので「確証」はありません…。

では、なぜ「留学」であれば家族カードとはいえクレジットカードを持つことができるのでしょうか?

akiが思ったのは「海外での現金の持ち歩きは危険」や「海外先での医療費用は高い」という点ではないかと思っています。
また、クレジットカードがあることで「身分証明書」の代わりにもなるため、海外へ行く際は持っておいて損のないカードです。
ただし、国内と比べクレジットカードによる盗難や不正利用の被害も多いので注意しましょう。



aki
高校生でなくても海外旅行へ行く際は「海外旅行傷害保険」が付帯してるクレジットカードをがオススメです!まぁakiは海外どころか飛行機に乗ったこともないですけどね(; ・`д・´)

国内と違って海外で病気にかかると医療費が100万円を超えることもあるとか….。
もちろん国内での利用を目的にした場合は家族カードでなくても作ることはできません。

留学などによる家族カードの発行」の対象となるのは15歳から18歳の高校生です。
中学生では作ることができないので気をつけてくださいね。

クレカの代わり!デビットカード

高校の卒業年度の1月1日以降であればイオンカードを申し込めるとお伝えしてきました。
ですが、カードを作るには「審査」があり、審査に通らなければ作ることはできません。

「せっかくクレジットカードが作れると思ったのに…。」

と、ガッカリしてしまうかもしれませんが、実はクレジットカードと同じように使うことができるカードがあります。
それは”デビットカード”。

デビットカードというのは「即時引き落としクレジットカード」と呼ばれており、銀行口座と直結しているため残高があれば使うことができるカードです。

aki
イオンにも「イオンデビットカード」というカードがあります!visaが付帯されているブランドデビットカードなので加盟店であれば世界中で使うことができますよ♪

ブランドデビットカードであれば、実店舗だけでなくネットショッピングやフリマサイトなどでクレジットカードと同じように利用することができるので便利ですよ。

aki
クレカと違って審査も必要ないし、15歳以上だったら作れるのは嬉しいですね♪

デビットカードについてはこちら

※イオンデビットカードの場合は「審査」が必要になります。

まとめ

金無先輩から聞いた時、正直「高校生からクレカを持つ必要ないでしょ」ということが頭から離れませんでした。
akiが10代の頃はクレジットカードだけでなく、電子マネーも今のように普及していなかったので今でいう“キャッシュレス決済”自体に興味もなかったと思います。

しかし、気がつけば高校生がクレジットカードを持つ時代が近づいているんですね…。
改めて歳をとったなぁと感じざるをえません(切実)

また、今回紹介したイオンカードですが、金無先輩のいうとおり「18歳成人」に向けてのイオン側による事前準備とも思えなくもありません。
先輩のように上手く説明できないのですが、今から対応しておくことで2022年以降に「どんなカードを作ろうか」など考えることができるのではないでしょうか。

….こう考えると、「イオン」がドラマやアニメに出てくる悪の親玉のようにも見えてきました(笑)

さらに2022年であれば今よりもっとキャッシュレス決済が広がっていることも安易に予想できます。
そう考えていくと「高校生がクレジットカードを持つ」ことも当然のように感じますね。

aki的には未成年が同意なしでカードを持つことはやはり怖いですが…。
ですが、クレジットカードを高校生から持つことで「クレヒス」も作りやすくなったり早い段階でゴールドカードを持てるようになるかもなど、クレカを持っていて損はないと思います。

是非この機会にイオンカードでクレジットカードデビューしてみてくださいね♪

年会費無料のイオンカードについて今すぐチェック!

ときめきポイントを効率よく貯めるならイオンカードセレクトがおすすめ!
イオンクレジットカード

クレジットカードについて詳しく知りたい方はこちら↓

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓

この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
\ シェア /
【イオンカード】高校生がクレジットカードを作ることができるって本当!?嘘か誠かakiが真相を追い求め調査しました!
さがす