【楽天スーパーポイントの使い方】使えるお店からオンラインサイトを大公開! ポイントを駆使してお得な毎日を増やそう!

akiaki

こんにちは、楽天スーパーポイントを貯めることが趣味になりつつあるaki(@aki_setsuyaku)です!

楽天スーパーポイントはいわゆる「共通ポイント」と言われるポイントの一つで実店舗はもちろん、楽天市場を筆頭に各楽天サービスでも使うことができます。

しかし、最近ではQRコード決済の普及により楽天ペイを利用することで楽天スーパーポイントが使える場所がさらに増えているのです♪
実店舗はもちろん楽天サービス以外のイオンラインサイトでも楽天スーパーポイントを使うことができるなんて嬉しいですよね。

そこで、今回は楽天スーパーポイントが使えるお店からオンラインサイトを紹介!
さらにお得な使い方もお伝えするので是非参考にしてくださいね。

楽天ポイントが貯まる楽天カードについて今すぐチェック!

楽天スーパーポイントとは?

共通ポイントの中でも大人気の楽天スーパーポイント。
楽天市場をはじめとし、2019年現在では実店舗を含めあらゆる場所で貯めて使うことができるポイントです。

主に100円につき1ポイントずつ貯めることができ、1ポイント1円として利用することができます。

楽天スーパーポイントについてはこちら↓のページを合わせてどうぞ

いつものお店で楽天スーパーポイントが使える!

楽天スーパーポイントは街中にある飲食店やコンビニ、ドラッグストアでも使うことができます。
もしかしたら「知らなかった!」なんて場所もあるかもしれませんね。
各項目に沿って代表的なお店を紹介しましょう。

■ 飲食店
ロイヤルホスト/カウボーイ家族/不二家ペッパーランチ串家物語/しゃぶしゃぶ温野菜/じゅうじゅうカルビ/幸楽苑/長崎ちゃんぽん リンガーハット/つぼ八/マクドナルド/ミスタードーナツ/カフェ&バー PRONTO/タニタ食堂/くら寿司

■ コンビニ・百貨店
ポプラ/生活彩家/くらしハウス/スリーエイト/フジ/マツゲン/松坂屋

■ ドラッグストア
ツルハドラッグ・ツルハグループ(くすりの福太郎、ウォンツ、ドラッグストアウェルネス、くすりのレディ・メディコ21)/ダイコクドラッグ/マザーピア
※ツルハグループ各店舗では別ツルハグループで使うことができるポイントも貯まります

■ ガソリンスタンド
コスモ石油/出光サービスステーション/キグナス石油/エネクスフリート

■ 家電量販店
ビックカメラ/ソフマップ/ジョーシン/ジョーシンアウトレット/J&P

■ ファッション
Right-on/紳士服コナカ/coen/BACK NUMBER

■ 引越し
アリさんマークの引越社/引越しは日通/株式会社サカイ引越センター

参考ページ⇒楽天ポイント加盟店一覧

上記で紹介したのは加盟店の一部です。
それでも一度は使ったことがあったり、街中で見かけるお店ばかり^^

ちなみにakiはツルハドラッグをよく利用しています。
楽天スーパーポイントが使えて貯めることはもちろん、ツルハポイントも貯めることができるので一石二鳥でお得です♪

また、マクドナルドやミスタードーナツでも楽天スーパーポイントを使うことができます。
残念ながらakiの住んでいる最寄り駅にあったミスドは消えましたけど…(ボソッ

さらに飲食店以外にもビックカメラやRight-onといったお店でも楽天スーパーポイントを使うことができるので、近くにある方は積極的に利用することでお買いものがもっとお得に楽しめますね。

aki
家電量販店はヨドバシカメラに行ってたけど、楽天スーパーポイントが使えるならビックカメラに行くようにしよう♪中古ゲームも揃っているとの噂もあるので楽しみです^^

ちなみにビックカメラといえばCMでもお馴染みとなってきた”PayPay“もオススメ。
PayPayは2018年12月におこなわれた「100億円あげちゃうキャンペーン」やカードの不正利用などで注目されたQRコード決済のひとつ。
2019年現在2月現在では第2弾キャンペーンを実施しています^^

前回のキャンペーンと比べると少しパンチが弱い気がしますが、今回もお得な内容であることは間違いないですよ♪



やっぱり楽天サービスが一番!

楽天市場をはじめとし、楽天ブックス、楽天モバイル、楽天トラベルなど、楽天では数多くのサービスを展開しています。
まずは代表的なサービス名を紹介していきましょう。

■ 楽天市場
■ 楽天ブックス
■ 楽天kobo
■ 楽天モバイル
■ 楽天トラベル
■ 楽天マガジン
■ 楽天ディナー
■ ラクマ
■etc

上記のサービスは各公式ページにて利用することができ、決済方法を「楽天スーパーポイント」にすることで使えます。
ただし、サービスによっては利用できる最小ポイント数が違うので注意してくださいね。

【楽天スーパーポイント1ポイント以上から使えるサービス】

楽天サービス名最小利用ポイント数
楽天市場
(通常購入のみ)
1P
楽天ブックス
(楽天kobo含む)
1P
楽天西友ネットスーパー1P
楽天ダウンロード1P
楽天海外販売1P
楽天ポイントカード1P

※上記のサービス以外は「ポイント利用可能サービス」で楽天スーパーポイントを使う場合は50ポイント以上から使うことができます。
※楽天トラベル・楽天GORAは100ポイント以上です

楽天ペイならオンラインサイトでもポイントが使える!

スマホによるQRコード決済といえばPayPayやLINE Payが有名ですが、楽天にも同じPayサービスがあります。

それが”楽天ペイ“。
アプリをインストールすることで機種に関係なく使うことができますが、クレジットカードの登録が必要なので気をつけてくださいね。

楽天ペイの使い方についてはこちら↓

この楽天ペイですが、なんとオンラインサイトでの加盟店は5,000サイト以上。
楽天ペイの加盟サイトであればネットショッピングはもちろん、映画館のチケットなども楽天スーパーポイントで買うことができます。

さらに楽天ペイ加盟店であれば実店舗でも同じように楽天スーパーポイントを使うことができます。
2018年には全国のファミリーマートにて楽天ペイ決済が導入され、楽天ペイがあれば楽天スーパーポイントが使えるようになりました。

aki
ファミマが近くにあるのでコンビニでは楽天ペイを使い、たまに楽天ポイントを使って買い物をしています♪

また、余談ですが10年くらい前は今のように共通ポイントがあったわけではなく”Tポイント“が主流でした。
しかし、楽天スーパーポイントが登場してからからは利用範囲が広いこともあり、楽天スーパーポイントの人気はうなぎ上り。

2019年に入ってからは「裁判所の令状なしに会員情報を警察に提供」などの問題が浮上し、さらにイメージが悪化していますしね。
他にも今までTポイントを貯めることができた「ドトールコーヒー」では2019年4月19日(金)にはTポイントプログラムを停止することも決まってます。

aki
ここまでくるとTポイントを貯めるのではなく、今後は楽天スーパーポイントだけに集中してもいいかも…。
楽天スーパーポイントのほうが貯めやすいし使える場所も多いですしね♪

話が逸れてしまいましたが、このように楽天ペイがあれば楽天の自社サイトだけでなく、他のオンラインサイトや実店舗でも楽天スーパーポイントを使うことができます。
実店舗での加盟店はまだ少ないですが、少しずつ増えているのでこれからもっと楽しみですね♪

楽天ペイで楽天スーパーポイントが貯まって使えるお店はこちら↓



期間限定ポイントに注意!

楽天スーパーポイントには「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類があります。
通常ポイントはお買い物や食事をした際に貯まるポイントで、有効期限は最後に付与されてから1年間。
一方、期間限定ポイントの場合は楽天カードの入会キャンペーンや楽天サービスでのキャンペーン時に付与されることが多く最大でも1ヶ月間で消滅してしまいます。

aki
楽天PINKカードを作った時の2,000ポイントが消えたことは今でも忘れない…

もはや決まり文句になってきた言葉です(笑)

ちなみに期間限定ポイントですが、もちろん楽天スーパーポイントに変わりありません。
利用期間が短いというだけで楽天スーパーポイントの加盟店(楽天サービス含む)であればポイントを使うことができるので安心してくださいね^^

期間限定ポイントの使い方についてはこちら↓のページをどうぞ

楽天スーパーポイントのお得な使い方とは

「楽天スーパーポイントを使おう!」と言ってもただ使うだけじゃもったいない。
そこで、楽天大好きなakiが実際に使っている楽天スーパーポイントの使い方やお得な使い方について紹介していきたいと思います。
ぜひ参考にしてくださいね^^

楽天ペイを通じて映画を観る

先ほど紹介した楽天ペイ。
「楽天ペイがあれば楽天スーパーポイントが使える場所が増える」とお伝えしましたが、なかでもakiのお気に入りは”映画館の利用”です。
楽天ペイの加盟サイトであれば各劇場の公式サイトにてオンライン予約を利用することができ、この時に楽天スーパーポイントを使うことができます。

そのため楽天スーパーポイントが1,800ポイントあれば映画館のチケットがポイントで買うことができるんです♪
akiは実際にこの方法で映画を観に行ってきましたよ。

楽天モバイルなら使用料金に充てられる

固定費の節約として格安スマホはもはや当たり前となりましたよね。
楽天にも”楽天モバイル”というサービスがあり、当サイトでも利用している編集部スタッフが多いです。
なかでも、ゆかにゃん先輩(@y_setsuyaku )は楽天モバイルに乗り換えたことで月に8,000円以上抑えることに成功した一人ですよ^^

そして楽天モバイルの支払いを楽天カードもしくは楽天デビットカード(JCB)にすることで楽天スーパーポイントを携帯料金に充てることができます。
さらに毎月の使用料に対し楽天スーパーポイントを貯めることができ、Wでお得になるのでオススメです♪

楽天スーパーポイントでふるさと納税をしよう

節税効果を得ることができ、寄附先に応じて返礼品をもらうことができる”ふるさと納税“。
楽天サービスでは”楽天ふるさと納税”があり、専用ページから自治体を選び寄附をすることができます。
※ふるさと納税の寄附額は個人によって異なります

そして、この楽天ふるさと納税でも楽天スーパーポイントを寄付額に充てることができるのです。
もちろん楽天カードを使えば寄付額に対し楽天スーパーポイントが付与されるので、効率よくポイントを貯めることもできます。

そして、ここでakiのワンポイントアドバイス!
楽天市場アプリを経由して楽天ふるさと納税をすると楽天SPUの対象となり、還元率を3倍に引き上げることができるのでお得度がさらにUPします♪
楽天ユーザーだからこその特典ですね。

ふるさと納税について詳しく知りたい方はこちら↓のページをどうぞ

楽天ブックスまたは楽天koboで本を買おう

本好きの方には是非ともオススメしたいサービスの楽天ブックス&楽天kobo。

買い物のなかでも「本」というのは洋服やCDのように売れ残りセールなどがありません。
もちろん、Book OFFなどの中古取り扱い店であれば安く購入することができますが、好きな作品は新刊で買いたいもの…。
ですが、本のサイズによっては1,000円以上するものも多く本代もバカになりませんよね。

しかし楽天ブックスであれば楽天スーパーポイントを使うことで本を安く買うことができ、楽天koboであれば電子書籍を購入することができます。
電子書籍であればスマホやタブレットで好きな時に読むことができるので、本好きの人には嬉しいサービス^^

aki
akiも本を読むことが好きで最近は電子書籍を買うために楽天koboを利用しています♪
たまにセールもやっているので通常価格より安く買うことができるし、さらにポイントを使えば0円も夢じゃないです(∩´∀`)∩

楽天koboについてはこちら↓のページをどうぞ

楽天スーパーポイントで投資を学ぼう

投資と聞くと「損をする」「運用方法がわからない」などが頭をよぎるかたも少なくないと思います。
しかし、近年では現金ではなくポイントを使った「ポイント投資」というサービスがあり、普段から貯めているポイントを使い運用することができるのです。

先日、編集部スタッフのタカノツメさんが”セゾンポイント投資“をやってみたようですが、あまりオススメできない様子…。

aki
そうとは知らずにポイント投資を勧めたのは、実はakiなんですけどね(苦笑)
投資経験者のタカノツメさん曰く「じっくりやればいつかはプラスになる」とのことですが、akiは素直に辞退させていただきます…。

少し話がそれてしまいましたが、ポイント投資はセゾンポイント投資だけではありません。
他にdポイント投資、そして楽天ポイント投資があります。

楽天ポイント投資は貯めた楽天スーパーポイントを使い本格的な投資体験をすることができるのが「楽天ポイント投資」サービスです。

始めから現金を利用するのは怖いですが、楽天ポイント投資であれば楽天スーパーポイントを使うことができます。
しかも100ポイント以上1ポイント単位からおこなうことができるので、少数ポイントから投資を学ぶことができるのでお得です^^

aki
ポイントなら減っても現金よりはダメージが少なく済む!akiも実際に楽天スーパーポイントを使って投資を学ぶ予定です。

ただ楽天スーパーポイントをただ消化させるのではなく、「実質0円で投資を学ぶ」と思えば現金での投資にも強くなることができますね。

楽天ポイント投資についてはこちら↓のページをどうぞ

楽天ポイントを楽天Edyにチャージしよう! 

楽天スーパーポイントは電子マネーの楽天Edyにチャージすることができます。
楽天Edyはコンビニや自動販売機でかざすだけで買い物ができてしまうので便利です。
しかも、楽天Edyを使えば楽天スーパーポイントも貯まっていくので無駄がありません。
※楽天Edyでのポイント還元率は200円につき1ポイントです

また、楽天スーパーポイントから楽天Edyにチャージする際、お得なキャンペーンが開催されていることがあります。
最大で交換額の5%もらえるんだとか…。

楽天スーパーポイントを使いチャージする際はキャンペーンを見逃さないように注意してくださいね。

aki
楽天Edyは国内でも利用者がもっとも多い電子マネー。akiも持っているんですけど使ったことがないんですよね…。せっかく買ったし一度くらい使おうかな(^^♪

楽天Edyについてはこちら↓のページをどうぞ

ANAマイルにも交換可能!

貯めた楽天ポイント2ポイントに対しANAマイル1マイルに交換することができます。
交換できるのは1回1,000ポイント(楽天スーパーポイント)ごとです。

その他の条件として、楽天に登録している1ID&ANAマイルの1お客様番号につきポイントの交換申請は24時間のなかで1回までです。
以前は50ポイント毎に楽天ポイントをマイルに移行することができましたが、現在は対応されていません。
交換可能ポイント数の上限は1ヶ月あたり20,000ポイントとなり、ANAマイルに反映されるまでは1週間かかります。
※交換の申し込みからです

ちなみにポイントからANAマイルに交換すると2,000~6,000円以上(年間)かかるんだとか…。
使用するクレジットカード、コースによって手数料の金額が異なります。

しかし、楽天スーパーポイントであれば0円でANAマイルに交換することができるんです♪
さらに楽天カードの中には「ポイントもマイルも貯めて使いたい!」という少し欲張りなお願いを叶えてくれるカードがあります。
ぜひコチラ↓のページも合わせて読んでみてくださいね。

aki
今貯まっている楽天スーパーポイントをANAマイルに変えれば、人生初の飛行機旅もそう遠くないかも…(*´з`)♪

楽天スーパーポイントには上限がある

楽天スーパーポイントは実店舗・ネットショッピング・ネットバンクでも使うことができます。
ですが、楽天の各サービスで楽天スーパーポイントを使う際には上限があるので注意が必要です。

1回の決済(商品購入など)に使うことができる楽天ポイントの上限は基本的に30,000ポイントとなります。
出光・大丸・松坂屋といった楽天ポイントカード加盟店での使用は最高5,000ポイントが上限となるので注意してくださいね。

また、1ヶ月の楽天ポイントの上限は

ダイヤモンド会員⇒50万ポイント
それ以外の会員⇒10万ポイント

です。

aki
そういえば、この間ダイヤモンド会員に昇格してたなぁ…。今は50万ポイントも貯まってないけど、楽天サービスを活用していれば増えそうだから気を付けなきゃ(;´Д`)

まとめ

楽天スーパーポイントは1ポイント1円として使うことができる、利便性の高いポイントです。
実店舗やオンラインサイトで使うのもオススメですが、やはり楽天サービスで利用することがもっともお得だと思います。

そして、もし楽天スーパーポイントの使える幅を今より増やしたいのであれば楽天カードは必須アイテム!
楽天カードがあれば楽天SPUによってポイント還元率を上げることができ、かつ付帯している国際ブランドに関係なく楽天ペイに登録することができます。

楽天ペイがあれば先ほど紹介したとおり、楽天スーパーポイントを使える幅が拡大するのでオススメですよ^^

楽天カードを使い楽天スーパーポイントを貯めて使うことで 「ノーマネーデー」にも繋がり、余計な出費を防ぐことができます。
akiも楽天サービスをもっと活用して、楽天スーパーポイントを使いお得な日を増やしていきたいと思います。

また、紹介してきた以外の楽天スーパーポイントの使い方がわかればお伝えしていくので楽しみにしていてください!

楽天スーパーポイントを貯めるなら楽天カードが一番!

年会費無料の楽天カードを今すぐチェック!

クレジットカードの審査が不安の方はこちら↓のページを合わせてどうぞ

クレジットカードを活用てさまざまな節約に繋げよう!

この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
\ シェア /
【楽天スーパーポイントの使い方】使えるお店からオンラインサイトを大公開! ポイントを駆使してお得な毎日を増やそう!
さがす