【クレジットカード乗り換え方法】使っていないクレジットカードは断捨離!カードを2枚に絞ってお得な生活を楽しもう!

akiaki

クレジットカードがあれば現金がなくてもショッピングや食事を楽しむことができますが、「カードを持っていると使いすぎないか心配…」という方も中にはいますよね。

しかし節約家の多くの方がクレジットカードを持っています。
現金で買い物をするよりもカードを使うことでポイントを貯めることができたり、割引などの優遇を受けることができるからです。

ちなみに日本人のクレカ保有数は一人当たり3~4枚と言われていますが、本来はメインカードとサブカードの2枚で充分。
クレジットカードを必要以上に持っていてもメリットはありません。

またクレジットカードを乗り換え(切り替え)るにはタイミングがもっとも重要。
手順を何度も間違ってしまうと、新たにクレジットカードを作る際の審査に影響しかねません。

そこで今回は使わないクレジットカードをスムーズに乗り換えるための手順・解約方法について紹介します。
本当に必要なクレジットカードを見極めてカードの断捨離をしましょう!

クレジットカードを乗り換えるためには?

旧クレカを解約して新しいクレジットカードを契約する場合、ほとんどの方が“旧クレカの解約”を先に行います。

しかしこれは間違い!
クレジットカードに乗り換える場合は、まず新しく申し込むクレジットの手続きを先に行いましょう。

もし旧クレカがほとんど利用していないカードだった場合、新しく申し込んだクレジットカードが手元に届き次第、解約手続きをすすめてOK。

ただし旧クレカが固定費の支払いや毎月のショッピングに利用していた場合、注意が必要になります。
新しいカードが届いたからといってすぐに解約手続きをしてしまうと、残った支払い分が自動的に振込用紙払いとなります。
もちろんクレカのポイントはつきませんし、支払う手間も発生するのでかなり不便。
固定費の支払い方法を変更・またクレカの決済がすべて完了してから解約するようにしましょう。

解約を後回しにする理由

旧カードの解約を後回しにする最も大きな理由は、新しいクレジットカードが手元に届くまでカードのない生活を送らなくてはならないから。
もちろん他に使用できるカードがあれば別ですが、ないと大きな買い物時は非常に困ることになります。
クレジットカード決済で付与されるポイントももらうことができなくなるため、損をしてしまうのです。

新しいカードを先に手元に用意すれば、旧カードの支払い分を1つずつ確実に移行することができますよね。
さらに万が一、新しいカードが審査に落ちてしまっても、旧カードは生き残っているため継続して使うことができます。

解約せずに残しておくことで信頼を得ることができるかも…

クレジットカードには審査があります。
その審査で重要になるのが「クレジットカードヒストリー」、通称クレヒスです。

クレヒスは、クレジットカードを使って決済した際の支払い履歴。
この履歴には毎月きちんと支払いをしたか?遅延したか?未払いのものがあるか?といったすべての履歴が記録されています。

実はクレジットカードの審査の際にカード会社がクレヒスを確認します。
そこで遅延や未払いといった問題がある場合、審査を落とすのです。
これはどのカード会社でも同じ、A社で落ちたからといってB社で申し込みをしても、クレヒスに問題がある場合どの会社の審査も落ちてしまいます。

クレヒスはクレジットカードを新規で申し込む際にとても重要なデータなのです。

逆に長期間きちんと支払いを続けた履歴が残っていると、審査のポイントも高くなり信用度はアップ!
ということは旧クレジットカードを毎月きちんと利用し支払っていた場合、新しく作成するカードの審査を有利に通すことができるのです。

不要だから…とすぐに解約するのではなく、新しく作成するクレカのためにしばらく所持するというのも一つの手段。
新しいクレカを半年ほど使い新たにクレヒスを積めば古いクレジットカードは解約をしても大丈夫ですよ。

解約し不要になったクレカの破棄方法

新しいカードが手元に届き、解約して不要になった旧クレジットカード。
いざ破棄をするとなったとき、どのように処分をしていますか?

ハサミでザクっと真っ二つにカットし、捨てている人が多いようですがそれでは安全ではありません。

要らなくなったクレジットカードは、ハサミでできるだけ細かく切断してから捨てましょう。
特にICチップ部分は念入りに!プラスチック用のシュレッターを使うと確実です。

また、一度に捨てず何回かに分けて捨てるというのもポイント。
繋げて復元することができないように心がけましょう。

破棄したクレジットカードを使っての不正使用被害は、年々増加しています。
いくら有効期限が切れているからといっても、巧みな技術で復元し不正使用されているのです。
念には念を入れ、破棄する方法も徹底しないといけませんね!

おすすめのプラスチック用シュレッダーはこちら

カードは2枚あればOK!

クレジットカードには様々な種類がありますが、クレカを選ぶ時どのようなことに重点をおくべきか…。

例えば近くにイオンがある方は断然イオンカードまたはイオンカードセレクトもお得。
無料で作れるのはもちろん、毎月20日・30日のお客様感謝デーではカードを見せるだけでイオングループ全てでお買い物金額が5%オフ!
現金払いでも割引が効くというのはすごいですよね。

また、クレジットカード決済もしくは現金払いでもポイントを貯めることができます。
リボ払いや指定日にはポイント倍増キャンペーンも行っているので、毎日のお買いもので効率よくポイントが貯まるはず!
さらに映画好きには嬉しいイオンシネマでの割引も用意されているのでオススメの一枚です^^

ときめきポイントが貯まるイオンカードセレクトを今すぐチェック!
イオンクレジットカード

イオンカードのお得な使い方や特典についてはこちらのページをどうぞ



そして、老若男女問わず人気の高いクレジットカードといえば楽天カード。
楽天カードは学生や特に主婦の方に人気なカードですが、楽天市場を筆頭に楽天サービスを利用しているのなら持っていて損のないカードです。
なんといっても、三大共通ポイントの一つ“楽天スーパーポイント”を貯めることができ、かつ楽天ポイント加盟店であれば使うことができるのが大きな特徴ですね。

楽天以外のオンラインサービスで100円につき1ポイント貯めることができます。
スマホ決済アプリの楽天ペイに登録すれば、楽天ペイ加盟店にてポイントが使えるだけでなく効率よく貯めることもできるのでオススメです♪

楽天スーパーポイントが貯まって使える楽天カードの詳細はこちら!


このように自分のライフスタイルや利用する店舗にあわせて使うことでポイントを効率よく貯めるだけでなく、お得なお買い物を楽しむことができます。

特に楽天カードで貯まるポイントは共通ポイントの中でももっとも人気の楽天スーパーポイント。
普段のお買い物だけでなく、光熱費や水道代、毎月かかるスマホ代(携帯代)の支払いを楽天カードにすることで今以上にポイントを貯めることができます。

クレジットカードをただ使うのではなく「いつ」「どこで」使うか、また「貯めるポイントを絞る」ことで普段の節約生活を豊かにしてくれます。
この機会に使っていないカードを断捨離し、本当に必要なクレジットカードを活用しましょう!

まとめ

カードの乗り換えや切り替えをするにはどうしても手間がかかります。
場合によってはクレジットカードに引き落としができなかったり、クレジットカードを新たに作る際の審査に影響がでることもあります。

少しでも手間をかけずにクレジットカードを乗り換えたいのであればカードの解約ではなく新規申し込みから対応しましょう。
ですが、お伝えしてきたようにメインカードとサブカードの選別が重要です。

自分の生活スタイルを見直しつつ、クレジットカードを使う目的を明確にすることが大切です。
本当に必要なクレジットカードを使いさまざまな節約に繋げてくださいね。


この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
さがす