電子マネーで生活すると毎日がもっとお得に!お買い物から交通費まで節約することができる電子マネーをまとめてみました!

akiaki

コンビニや飲食店、書店でも使うことができる電子マネー
楽天Edyやnanaco(ナナコ)のようなカードタイプが主流だと思いますが、スマホの普及によりアプリをインストールすることでスマホ一つで使うこともできるようになりました。

このような現金を使わないことを「キャッシュレス」と言います。
2018年では電子マネーだけでなく、スマホにクレジットカードを登録することでおこなえるスマホ決済サービスも増えました。
2つの共通点はなんと言っても「スマホがあれば買い物も食事もできる」ということ。
お財布から現金を出さずにスマホをかざすだけでスマートに買い物ができるだけでなく、ポイントも管理しやすくなります。

また、「キャッシュレス」を使うことで2019年の軽減税率の対策にもなるので知らないと損をしてしまうかも…。

そこで、今回は節約生活に欠かせない電子マネーとスマホ決済サービスについて紹介します!

スポンサーリンク

電子マネーとは?

冒頭でもお伝えしましたが、電子マネーがあればコンビニや飲食店などで「ピッ」とカードやスマホをかざすことでお金を払うことができるサービスです。

この電子マネーは二種類に分けることができます。
まずは簡単に紹介しましょう。

■ プリペイド型(前払い)電子マネー
■ ポストペイ型(後払い)電子マネー

プリペイド型の電子マネーは「事前に現金もしくはクレジットカードを使ったチャージが必要」で、ポストペイ型の電子マネーは「使った分のお金が後から請求される」といったように異なる部分があります。
普段使っている電子マネーはどちらになるでしょうか?

■ プリペイド型(前払い)電子マネー
・WAON
・nanaco
・楽天Edy
・Suica/PASMOなど

■ ポストペイ型(後払い)電子マネー
・iD
・クイックペイ
・Apple Pay

電子マネーの間でも共通ポイント“楽天スーパーポイント”を貯めることができる“楽天Edy”はプリペイド型の電子マネーであり、“イオンカード”“JCB一般カード”に付帯されているiDやクイックペイはポストペイ型の電子マネーとなります。

プリペイド型の電子マネーの場合、現金やクレカでのチャージ(オートチャージ含む)をすることで使うことができます。
ポストペイ型の電子マネーであれば、使った分(金額)はクレジットカードと一緒に後から請求されるものと頭に入れておきましょう。

また、プリペイド型電子マネーの大きなポイントは「クレジットカードを使ったポイントの二重取りができる」ということですね^^

スーパー系電子マネーは主婦の強い味方

全国展開している大手スーパー“イオン”“イトーヨーカドー”
それぞれのスーパー、またはグループ店舗において電子マネーを発行することができます。

【イオン】

イオンであればイオン系列グループでWAONポイントが貯まる電子マネー“WAONカード”があります。
このWAONカードはイオンはもちろん、ミニストップやマックスバリューなどで発行することができます。
チャージしたWAONカードを使ってお買い物をするとWAONポイントを貯めることができ、1WAONポイントごとに1円分のWAONに交換して電子マネーに交換することができます。

貯めたWAONを電子マネーにするためにはイオンなどのお店に設置されている”WAONステーション”でチャージするか、イオン銀行ATM機でもOKです。

電子マネーWAONの詳しい内容はこちら



また、ペットを飼っているのなら持っておきたいのが“イオンペットWAON”です。
通常のWAONと中身は変わらないのですが、イオンペットで買い物をするとポイント還元率が2.5%にも跳ね上がるんです!
もちろん、20日30日の【お客様感謝デー】にはカードを提示するだけで5%割引きを受けることができますよ^^

イオンペットポイントWAONカードについてはこちらのページをどうぞ



さらに、イオンでは電子マネーWAONをより効率よく使うことができる一体型クレジットカード“イオンカード”または“イオンカード・セレクト”があります。
二枚とも年会費は無料で持つことができ、カード特典にも差はありません。
有料道路をお得に使うことができ尚且つポイントを貯めることができるETCカードも無料で付帯させることができますよ♪

WAONを使い効率よくポイントを貯めたい方はWAON一体型イオンカードがオススメです!

イオンカードについてはこちらのページをどうぞ



【セブン&アイグループ】

イトーヨーカドーには、全国のセブン-イレブンでも使うことができる“nanaco(ナナコ)”というものがあります。
nanacoカードは電子マネーの中で唯一「公共料金や税金が払える」というカードです。
以前までは税金・公共料金を払う際にクレジットカードでチャージしnanacoを使うことでポイントの二重取りができましたが、2018年7月現在ではできません。

ですが、チャージしたコンビニやスーパーでnanacoで払うとクレカポイント+nanacoポイントが付与されます。
クレカ決済をすることができる税金・公共料金に関してはnanacoを通して払うメリットは残念ながら無くなってしまいましたが、ポイントの二重取りが全くできなくなったわけではないのでお得な電子マネーには変わりありません^^

なかでも車種によって高額な料金となり現金払いが主となる「自動車税」を払う際はnanacoを使うのがオススメ。
クレジットカードでチャージした電子マネーnanacoを使い自動車税を払うことで、チャージした分のクレカポイントを貯めることができます。

普段はnanacoを使わないとしても、自動車税や現金払いにしている公共料金などを払う時はnanacoを使うようにしましょう。

電子マネーnanacoの詳しい内容はこちら



ちなみに、電子マネーnanacoと相性のいいクレジットカードは“リクルートカード”です。
リクルートカードは年会費無料で持つことができ、リクルートポイントを貯めることができます。
ポイントは毎月の利用分に対して1.2%の還元率で付与され、貯まるポイントは“Pontaポイント”と相互交換することができるリクルートポイントです。

nanacoにチャージすることでクレカポイントがもらえるカードには限りがあり、中でもリクルートカードは高還元率なのでおすすめですよ♪

楽天ポイントが貯まる電子マネー


↑楽天Edyカードタイプ

楽天市場を筆頭に楽天サービスやポイント加盟店でもポイントが貯まり、かつ使うことができる“楽天スーパーポイント”(通称:楽天ポイント)。

楽天ポイントを貯める電子マネーは“楽天Edy”がオススメ。
楽天Edyは普段使っている実店舗で使えることができ、クレジットカードが使うことができない“マクドナルド”でも使うことができる電子マネーです。
マクドナルドでは他にも“dポイント”を貯めたり使うことができますが、利便性の高さでいえば楽天Edyのほうが性能が高いといえます。

では、電子マネー楽天Edyにチャージするならどのクレジットカードがいいのか…。
純粋に楽天スーパーポイントのみを集めたいのであれば、オートチャージもすることができる“楽天カード”が一番です。

しかし、残念なことに楽天カードから楽天Edyにチャージすると還元率が0.5%に下がってしまいます。
ちなみに楽天カードもイオンカードと同じように楽天Edyとの一体型クレジットカードを申し込むことができますよ。

楽天Edyにチャージするだけなら楽天カードにこだわる必要はないですが、実店舗でも使うことができる共通ポイント“楽天スーパーポイント”だけを集めたいという方は楽天カードがオススメです^^

楽天Edyについてはこちら↓のページにて紹介しています。

交通系ICカード

毎日の通学や通勤などで電車やバスを利用する方がいますよね。

首都圏の近くに住んでいる方なら交通系ICカード“Suica(スイカ)”を使っている方が多いのでは?
ちなみに、都内住みではない私はピンク色のICカード“PASMO”を定期券として使っています^^

このSuicaやPASMOといった交通系ICカードも電子マネーの1つです。
ICカードにチャージをしておくことで電車やバスといった公共の乗り物を自由に乗り降りできたり、切符を買わなくていいのでスムーズに乗り換えることもできます。

さらに、2013年3月からは全国で主要となっているICカード10種類が全国で使えるようになりました。
そのため関東地方中心に使われているSuicaでJR西日本を使うこともできますし、関西地方で使われているICOCA(イコカ)をJR東日本で使うといったことができます。
もちろん、ICカードに対応しているコンビ二やスーパーでも使うことができるので安心してくださいね。

交通系電子マネーの詳しい内容についてはこちら



また、Suicaを使うならオートチャージでポイントが貯まる“ビューカード”がオススメ♪
ビューカードについてはこちらのページをどうぞ



スマホでも使うことができる電子マネー

スマホが普及しているなか、Androidで使うことができる“おサイフケータイ”を筆頭にiPhoneユーザー向けには“Apple Pay”といったスマホ型決済サービスも始まりました。

おサイフケータイのメリットは各種電子マネーやクレジットカードを登録すればカードの断捨離にも一役買ってくれますし、Apple Payであればクレジットカードを登録することでクレカ決済をすることが可能です。

電子マネーにはEdyの他に“iD”“クイックペイ(QUICPay)”というものがあります。
iDを使うにはiDが搭載されたクレジットカードを使うか、”おサイフケータイ”に対応している機種であれば誰でも使うことができますよ。
おサイフケータイは先ほどお伝えしましたが、主にAndroidで使うことができます。
ですが、実はiPhoneの決済サービス“Apple Pay”でも使うことは可能です。

まず、“Apple Pay”というのは持っているクレジットカードを登録することで使うことができるスマホ型決済サービスです。
登録したクレジットカードによって電子マネーであるiDかクイックペイに区分され、他の電子マネーと同じようにスマホをかざすだけで使うことができます。
iDとクイックペイはWAONや楽天Edyといった電子マネーと異なるのは「チャージが不要」という点です。
Edyやnanacoのようにチャージをしてから使うことで、ポイントの二重取りなどができますがiDとクイックペイは【後払い式電子マネー】のため後から金額を請求されます。
※クレジットカードと紐つけている場合は、クレカの利用分と共に請求となります

“iD”と”クイックペイ(QUICPay)”の詳しい内容はこちら





スマホにカード情報を登録することで「財布がなくても買い物ができる」という利点がある一方で、中にはクレカ決済ができないお店もまだ多くあります。
普段の生活において普段から買い物などで使う店が“クレカ決済に対応している”のか、必ず確認しておきましょう。

電子マネーのメリット/デメリット

電子マネーを使うことでどのようなメリットがあるのか、またどの様なデメリットがあるのでしょうか?
それぞれ、紹介していきましょう。

【電子マネーによるメリット】
■ 少額の買い物がスムーズ
■ ポイントの二重取り
■ スマホ一つでも買い物ができる

電子マネーがあることでコンビニや駅構内でのちょっとした買い物(ジュース・お菓子など)の際に財布からわざわざ小銭を出さなくても「ピッ」とかざすだけで決済することができます。

さらに、電子マネーが節約に向いている理由の一つでもある「ポイント」
各プリペイド型電子マネーは現金でもチャージすることができますが、それはもったいない!
事前にチャージが必要なプリペイド型電子マネーにはクレジットカードを使ってチャージをすることを心がけましょう。

チャージする際に高還元クレカを使い、チャージした電子マネーで買い物をすることでポイントの二重取りをすることができます。
貯めたポイントを再び電子マネーにチャージするもよし、「ノーマネーデー」のためにポイ活するのも◎

「ポイ活」というのは節約家の誰もが使っているお金の節約術の一つです。
クレジットカードや電子マネーで貯めたポイントを使うことで「ノーマネーデー」を作り、使わなかったお金を貯金に回すことができます。
中には貯めたポイントを再び電子マネーとしてチャージすることができるので無駄もありませんね♪

また、最近ではAndroidのスマホや携帯では“おサイフケータイ”、iPhoneシリーズであれば“Apple Pay”と呼ばれるスマホ型決済サービスを利用している方もいます。
もちろん、あの無料通話アプリでお馴染みのLINEから生まれた“LINE Pay”もスマホがあれば使うことができますよ。
普段から持ち歩いているスマホに電子マネーやクレカを登録してしまえば、お財布を持ち歩かずに買い物から外食をすることができるので便利ですよね^^

このように電子マネーの使い方次第で節約だけでなく、「クレジットカードと合わせて使うことでお金の管理もしやすくなる」というメリットもあります。

毎月の収支を記録することで無駄な出費を防ぐことができますが、正直「面倒」「三日坊主で終わった」なんて方もいるはず。

しかし、クレジットカードを使うことで利用明細を確認することができるので「自分がいつ何にいくら使った」かを目で確認することができますよね^^
レシートを集めたりノートや手帳に記入する必要がないので、簡単にお金の管理ができるようになりますよ♪

ただし、クレジットカードを使いすぎてしまえば元も子もありません。
チャージ用、支払い用と使うクレジットカードは2枚に絞りましょう。
理想はクレジットカード1枚ですが、自分のライフスタイルに合わせて計画的に使ってくださいね。

【電子マネーによるデメリット】
■ チャージした金額は払い戻しができない
■ 「電子マネーで」と支払い時に一言伝えなければならない
■ カードタイプの磁気不良

次に電子マネーによるデメリットをみていきましょう。
プリペイド型電子マネーに言えることですが、現金もしくはクレカを使ってチャージした場合「払い戻し」はできないので注意が必要です
※交通系ICカードのSuicaなどは手数料として210円払うことで可能です。

また、電子マネーを使う際には「電子マネーで」と店員に声をかけなくてはなりません。
なぜなら、電子マネーを使った支払い方法を店員側がわかっているとは言い切れないからです。
ゆえに電子マネーでスムーズに買い物を終わらせるためにも一声かけるようにしましょう。

最後に気をつけたいことは電子マネーによる「磁気不良」です。
カードケースやお財布の中に電子マネーと他のカードを一緒に保管することで、カード読み取り部分の磁気が弱くなり利用することができなくなる可能性があります。
そのため、電子マネー(カードタイプ)を利用する方は他のカードと別にして管理をするようにしましょう。

電子マネーのセキュリティについて

電子マネーを失くしてしまったり、盗難などの犯罪に巻き込まれた場合どうなるのでしょうか?
実は電子マネーはクレジットカードと比べセキュリティ力は弱く「スリによる被害」が多発しているそうです。
しかも「お財布を盗まれた!」「スマホがない!」といった物理的な盗難などではなく、電子マネーに近づけるだけで決済されてしまうという手口です。

クレジットカードでは「スキミング」という犯罪があります。
このスキミングとはカード情報を抜き取り、新しいカードにコピーし使うという犯罪です。

電子マネーにおいては「スキミング」と同じ被害は出ていませんが、近づけられることで勝手に決済されてしまうので警戒しないといけません。
対策方法としては、クレジットカードのスキミング対策と同じように「スキミング防止カード」と一緒にしておく、もしくは「スキミング防止ポーチ」の中に入れて管理するようにしましょう。

また、万が一このような犯罪や盗難・紛失などにあってしまった場合どうなるのか…。
プリペイド型の電子マネー(楽天Edyを除く)の場合、各電子マネーを発行する際に【氏名/住所/電話番号】を登録しカードに記名しておれば補償の対象となります。
利用停止した時点でのチャージ残高とポイントは新しい電子マネーに引き継がれますが、不正に使われてしまった金額は戻ってきません。

もし、ポストペイ型電子マネー(iD/クイックペイ)の場合は後払い式のためクレカと同じ補償の対象となります。
※クレジットカードの場合、不正利用が判明し利用停止の連絡から遡り60日間は補償対象として見られます

電子マネーはクレジットカードよりも高度な暗号で作られているため「スキミング被害」はありませんが、少額での不正利用(電子マネーによる決済)の犯罪が多発しているので注意してくださいね。

チャージして使うプリペイドカードのようなクレカとは?

各電子マネーやPayサービスなど、スマホにを通じて様々な決済方法を利用することができますね。
そんな中「バンドルカード」というプリペイドカードのようなクレジットカードがあることを知っていますか?

このバンドルカードは専用アプリをインストールし、アカウントを登録することで誰でも簡単に使うことができます。
バンドルカードはチャージしてから使うため「プリペイドカード」という印象が強いのですが、VISAが付帯しているためVISA加盟店でも利用可能です。

さらに嬉しいポイントは「クレジットカード」扱いになること。
もちろんチャージをしないと使うことができないのですが、バンドルカードならamaoznプライム会員になることもフリマアプリ「メルカリ」でもクレジットカードとして利用することができます。
つまり、本来クレジットカードを持つことができない高校生も作ることができますし、やむを得ない理由でクレカが持てない方でもバンドルカードなら持つことができるのです♪

また、バンドルカードはスマホアプリを通じて使うバーチャルカードだけでなくリアルカードを発行することができますよ^^
年会費は無料なことも魅力の1つですね。

バンドルカードについてはこちらのページをどうぞ



まとめ

電子マネーを活用することで共通ポイントを貯めたり、お金の無駄遣いを防ぐことができます。
「子供に現金を持たせるのは怖い」という方や「今月の生活費はチャージした分でやりくりする!」といったように電子マネーは人によって様々な使い方ができますよね。

また、スマホにクレジットカードや電子マネーを登録すればスマホ1つで買い物から食事まで何でもできるようになります♪
機種によって使うことができないサービスもあますが、専用アプリをインストールすることで誰でも利用することができるPayサービスも沢山ありますよ^^

2019年に10月に始まる「軽減税率」の対策としてもキャッシュレス化がどんどん広がっていきます。
是非、この機会に現金を使わないスマートなキャッシュレス生活を始めてみてくださいね。

この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
さがす