手数料が無料に!?便利なコンビニ払いが来年にはスマホでカンタン決済できるようになります!

閲覧回数 : 541 views

公共料金の支払いなどでおなじみとなったコンビニ払い。
クレジットカードを利用したくない人やもっていない人にとって、24時間いつでも空いているコンビニで決済できるというのはとても便利なサービスです。

しかもネットショップの場合、商品が到着してから別途郵送されてくる“コンビニ後払い決済”というサービスもあります。
商品をきちんと手元に届いたことを確認してから支払うことができるので、安心して買い物をすることができるというメリットもあります。

そんなコンビニ払いですが、支払う際に専用の用紙が必要となります。
ですが日経新聞によると、2017年からスマホの画面を見せるだけで決済が可能となるそうです!

詳しく調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

 コンビニ払いはコストが膨大だった

いろんな面で活躍しているコンビニ払い。
手数料が発生する場合もありますが、街中にたくさんあるコンビニでカンタンに決済ができるのはとても便利ですよね。

ですが、実はものすごく膨大なコストが発生しているというのをご存知ですか?

例えば電力会社の支払いをコンビニ払いするとします。


・電力会社が収入用紙を印刷する(用紙代・インク代発生)
・収入用紙を郵送する(手数料発生)
・収入代行業者へ支払いをする(手数料発生)

このように、印刷から郵送・代行まで様々な時間や料金が発生。
利用者にとっては便利なサービスですが、企業にとっては手間も時間も費用も掛かるサービスなのです。

 コンビニ側もコストが膨大

企業はもちろんですが、実は決済を請け負うコンビニ側もコストが高くなっています。

手軽に支払うことのできるコンビニ決済は、年々利用者が急増。
それに伴い、やはりコンビニ側の管理コストも増えています。

コンビニ払い決済は30万円まで対応しているため、決済が増えれば取扱い金額も増えます。
更に用紙による決済のため、収入用紙の管理も発生。
こういった様々なコストが発生することにより、コンビニ側もコンビニ決済の取り扱いをあまり受けたくないといった思いもあるようです。

 スマホを見せるだけなら大幅なコストカットにつながる!

そういったコンビニの思いや、コストを抑えたいという企業側の思いが一つとなり、スマホでの決済サービスが動き出しました。

2017年より、従来の用紙に記載されていた読み取りバーコードをスマホで受け取ることができるようになります。
そのバーコードをコンビニのレジで見せることにより、そのままスキャンされ決済が可能に。
決済証明書もスマホで受け取ることができるので、領収書を受け取って保存するといったわずらわしさもありません。

企業側も読み取りバーコードをスマホに送信するだけなので、印刷や郵送と言ったコストを大幅にカット!
コンビニは利用者の数や取扱い金額を減らすことは出来ませんが、収入用紙の管理面では手間がなくなりますよね。

このようにスマートホンで決済ができることにより、企業・利用者・コンビニの3方向にメリットが発生します。

 やはりクレジットカード決済が最強なのは間違いなし

とはいえ、やはり一番スムーズでポイントも獲得できるお得な決済と言えば、クレジットカード払いが一番。
毎月の公共料金の支払いでさえもポイントが獲得できるので、少しでも家計を節約したいならクレカを使うべきです。

クレジットカード決済は、支払い忘れを防ぐこともできるので企業にとってもメリット大。
1つのカードに全ての決済をまとめれば、家計の管理もしやすくなります。

ポイントを多く獲得できる最強のカードと言えば、なんといっても「dポイントカード」
ドコモのカードですが、キャリア問わず作ることができます。
なんと街中の買い物でもポイントを貯める&利用することができるので、効率よくポイントがたまると好評!
中でもスターバックスコーヒーでチャージをする場合、なんと7%もの還元を受けることができます。
ここまで高還元率なカードは、他にはありません!

年会費も実質無料、それなのに様々な割引やポイント高還元率を受ける事のできるdカード。
2016年最強カードと言っても過言ではありません。
確実に持っておくべきクレジットカードではないでしょうか?

関連記事
2016年最強クレカ!ドコモのdカード(旧DCMX)をうまく活用すれば、最高8%も受けることが可能!


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000