ママも大助かり♡お金をかけずに子どものやる気を引き出す方法

閲覧回数 : 468 views

「早くしなさい!」
「なんでできないの!」
「さっきも言ったでしょ!」

朝も昼も夜も、常に子どもとの闘い…。
こういうこと、あまり言ってはいけないんだろうなぁと思いながらも、時間がなくて焦っている時や、何度言ってもわかってもらえない時にどうしても口に出してしまうことってありませんか?
私も、言ったあとに「あっ、また言っちゃった…」と後悔をして、でもまた時間が経てば同じことを言っちゃったり…(笑)。

まぁ、なんでも言うことを聞いてくれる子どもがいたら、それはそれで気持ち悪い、なんて言いますけどね(笑)。
それでもやっぱり時間に追われている時に、スムーズに子どもたちが動いてくれたらとっても嬉しいですよね?

 実は発達障害だったわが子

うちの長男は、去年、発達障害(ADHD)と診断されました。
仲のいいママ友に話したらショックを受けているのではないか?と気にかけてくれたのですが、むしろ私の気持ちは真逆でした。

「早くしなさい!」「さっきも言ったでしょ!」
という言葉に見向きもせず、怒られているのに平気で遊び続ける長男。
これは、発達障害の一つの特徴で、耳で聞いた言葉だけでは理解するのが難しい、また、人の気持ちを汲み取れない(怒られていると理解できない)ということだったのです。

あんなに子どものことで毎日悩み続けていた原因が、診断されたことによって一気に理解できました。
原因が分かれば、あとは対策を取って実践するのみ。
ショックを受けるというよりも、むしろ“道が開けた”と感じたのです。

そこから、私の“お金をかけない手作りグッズ作戦”は始まったのでした。

 どんなお子さんにも効果アリ!子育て便利グッズ

先ほどは、発達障害と診断されたことをきっかけに…とお伝えしましたが、これからご紹介するグッズは、発達障害の子どもに限らず、どんなお子さんにも効果があります。
もちろん個人差はありますのでご了承くださいね。

上手くいけばお子さんのやる気を引き出すことができるので、子供が自ら動いてくれるようになれば、おうちの人にとっては時短になるかもしれませんよ!
そんな子育て便利グッズや、やる気を引き出す方法を少しだけご紹介いたします。

なかなか動いてくれない!そんな時はタイマー♪

毎朝なかなか起きてくれない…その上、準備に時間がかかる…。
もう一人ママがいたらいいのに。そんな風にさえ思える時。
スマホのタイマー機能を使って、時間を制限させましょう!

例えば、早く着替えて!と言っているのにダラダラと遊んでいる…そんな時、私は怒らずに、声高らかに宣言します。
「はい!今から2分以内にパジャマを脱いで着替えます。よーいスタート!」
そしてタイマーをセット。
すると子どもたちは途端に立ち上がり、慌ててパジャマを脱ぎ始めますよ。
その光景がなんとも言えずおもしろいです。
こうすれば怒ってイライラすることもないし、宣言してタイマーをセットするだけなので、とても楽ちんです。

ただお子さんによっては、使い続けていると、極端にタイマーを嫌がるようになったり、慣れてくるとタイマーを使ってもしなくなったり…ということもあります。
ですので、ここぞ!という時に使用したり、タイマーを使う時は怒らない=楽しい雰囲気でできるように、を心がけることをおすすめします。

好きなキャラクターだと見てくれる!お知らせ貼り紙

これは発達障害と診断を受けたときの主治医の先生に頂いたアドバイスを元に、私が考案したものです。

長男は耳で聞いただけの情報を取り入れて理解することが難しく、逆に目で見たものの理解には優れている(視覚優位)ので、しなければいけないこと、守ってほしいことを書いた紙を視界に入るところに貼っておく、という方法があります。
これを実践してみましたが、なんと、効果があったのはほんの数日(笑)。
2~3日もすれば、見なくなってしまいました。

そこで私が考えたのは、好きなキャラクターに喋らせる作戦!

特に守ってもらいたいと思う事柄を、その場所(うちの場合は、洗面所やお風呂など)に貼るのですが、その際に好きなキャラクターの絵を描き、そのキャラが子どもたちに喋りかけているようにするのです。

こちらの貼り紙は洗面所に貼っているもの。
帰ってきたあとにすぐ手洗いをしてくれない子どもたちを自主的に動かすことができたら…と思い、こういった文章にしてみました。
洗面所やお風呂など、水回りに貼る場合はキッチンにあるポリ袋に作った貼り紙を包んでから貼ると、濡れても汚れることなくいつまでも使用することができますよ。

この効果については、文字だけの貼り紙よりはかなり持続しました。

ただ、慣れてくるとやはり見なくなります(笑)。
しばらく経って見なくなれば、またキャラクターを変え…それに合わせて文章も変えてみたりしています。

貼り紙を初めて貼った日や、新しい貼り紙に変えた日なんかにぜひ実践してほしい方法があります。
それは、お子さんに「お風呂のどこかに〇〇がいるよ。どこにいるか探せるかな?」
と伝えてみてください。
するとお風呂嫌いなお子さんも、喜んで自ら入ってくれたりします。

毎日忙しく、こういったものを作る時間もないかもしれませんが、プリントアウトしたものでも大丈夫ですので、お時間がある時にぜひ実践してみてください。

女の子の場合は好きな男性アイドルの写真を貼っておくと、その写真見たさに歯磨きを自分からしてくれるようになった!
という話も聞いたことがありますよ。

お子さんの好きなものに合わせて、貼り紙を作ってみてくださいね。

ご褒美シール&外れナシくじ引き

こちらも、発達障害の勉強をしている時に“効果がある”と知ったものです。

ご褒美シールについては、きっと実践している親御さんは多いのではないかと思います。
その名の通り、最初に約束事やしなければいけないことを決めておいて、それがちゃんとできたら専用の台紙にシールを貼る、というとてもシンプルな方法。
我が家ではそれに加えて、外れナシのくじ引きを使用しています。

台紙に貼ったシールが5枚貯まったらくじ引き一回できるよ~、というもので、くじの中身は、例えばお子さんの好きな飴だとか、いつもよりちょっぴり豪華なおやつだとか…そういったものを設定します。
中には特賞として、お子さんの欲しがっているゲームソフトを一つだけ入れておいてもいいそうです。
ゲームソフトが当たるかもしれない!と、お子さんはめちゃくちゃ頑張るかもしれません。
(はい、我が息子がそうでした。笑)
くじでゲームソフトを引かれてしまった時のお母さんの顔と言えばそれはもう、辛いものかもしれませんが(笑)、ここは運命だと思って買ってあげてくださいね(笑)。

我が家で使用しているくじ引き(笑)。
お菓子の空き箱を使用。
中にはメモ用紙で作った手作りのくじをたくさん入れています。

子どものしつけにおいて、“ご褒美を設定してしまうと、そのためにしかやらなくなってしまう”といった意見も中には耳にしますよね。
でも、頑張ればご褒美をもらえる!とやる気につながり、できないことが少しずつできるようになるんだそうです。
もちろん子育て論って人それぞれだと思うので、親御さんの納得する方法で実践してみてくださいね。

何をすればいいのか、目で見てわかる!チェックリスト/チェックボード

うちの息子のように、口で言ってもわかってもらえない…毎朝本人のやる気が出ずに動いてくれない…。
何も言わなくても、自分たちで動いてくれたらどんなに助かるか…

そんな手助けをしてくれるかもしれないのが、チェックリストまたはチェックボード。

チェックリストの作り方は簡単。
紙に毎朝しなければいけない項目(朝の支度の場合…朝ご飯を食べる、歯磨きをする、着替えをする、持ち物の準備、等)を箇条書きに書いておき、できた項目のところにお子さん自身がチェックを付けていきます。
字が読めない、またやる気がなかなか出ない低年齢のお子さんには、チェックボードがおススメ。
大人で言うタスク管理のようなもの。

~チェックボードの作り方~
100円均一で購入できるホワイトボードとマグネットを用意します。
お着替えや朝ご飯、などといった項目をイラストで紙に描いて、それをマグネットに一つずつ貼っていきます。
お子さんには、ボードを使って一つずつ確認しながらお仕度をしてもらい、できた項目はめくってもらいます。
裏側には、頑張ったね!というようなお子さんが喜ぶ言葉とともに、好きなイラストを描いてあげるといいでしょう。
チェックボードをお子さん本人に見てもらうことで、自分がいま何をしなければいけないか…
を把握することができ、めくるという動作の楽しさやめくった時にイラストが見られる、という嬉しさからやる気を引き出すことができます。

↑チェックボード&チェックリスト

楽しみながら支度ができると、お子さんも自分から動けますし、忘れ物もなくせるかもしれません。
それぞれのお子さんにあったやり方でぜひ試してみてくださいね。

 いろんな方法を試してみよう!

いくつかご紹介しましたが、お子さん一人ひとり、それぞれに向いているもの、向いていないものってあると思います。
今回このように色々とご紹介させて頂きましたが、どの方法が息子に合っているのか…私自身もまだまだ手探りの状態です。

我が子でも、親にとって想像もつかないような行動に出たり、どこからそんな体力が溢れてくるの?と思うほど泣いたり、怒ったり…
とても長いようで、あっという間の子育てだと思うので、できる限り楽しみながら毎日を過ごしたいですよね!

大変な毎日ですが、無理せず頑張っていきましょう。
この情報が、少しでも子育て真っ最中のお母さん・お父さんのお役に立ちますように!

【節約大全】子育てママに役立つ情報がいっぱいのまとめページへ戻る
kids


著者情報
まなまま

まなまま

まなままの書いた他の記事を見る

小学生&幼稚園児のメンズ兄弟を育てるシングルマザー。星野源の大ファン♡日々節約を心がけながらも自分の趣味への投資も忘れません。子育てに関する記事を主にお届けします♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000