ジミ婚並みの費用で結婚式が挙げられる!結婚費用を大幅コストダウンさせる「ナシ婚(ゼロ婚)」の裏ワザ的方法とは?

閲覧回数 : 7,345 views

近年、入籍するカップルの4割以上が経済的な理由から結婚式をしない「ナシ婚」を選んでいるそうです。
これに対し日本のブライダルファッションの先駆者とも言えるデザイナー「桂由美」さんがファッションショーの場で、芸能界の「ナシ婚」の風潮を悲観するコメントを出し、ニュースでも取り上げられました。

結婚は一生に一度の大イベント。とくに女性の中には(本当は)幼いころからの夢でもある憧れのウエディングドレスに身を包み、皆に祝福されながら盛大にやりたいと思っている人も多いはずです。

今回はそんな結婚費用を、ちょっとしたコツで大幅に減らす方法をご紹介します。
工夫とタイミング次第で「格安結婚式」「格安披露宴」は実現します!


結婚費用の相場って?

ところで、式場で結婚式&披露宴をすると一体いくら位かかるのでしょう?
ゼクシィの調査によるとピンキリですが平均で350万円程度。かなりの大金ですよね。
バブル時代と大差ないかもしれません。
それに対して、結婚予定のあるカップルの平均貯金額は100万円。300万円もの大金はそう簡単には貯まらないですよね。

そんななかでも、普通に式場での挙式を「50万円以内の費用で済ませている」人も実は少なくないのです。そんな人たちが実践している節約方法を以下に挙げてみました。

基本料金が安い○○○○○○を狙おう

結婚式には人気がある季節(オンシーズン)と、人気がない季節(オフシーズン)があります。節約に成功した人の多くがこのオフシーズンに式を挙げています。式場によってまちまちですが、平均して30%。金額にして100万円近くもの費用を一気に引き下げることも不可能ではありません。

≪結婚式のオフシーズン≫
①6~8月 (梅雨や猛暑)
②12~2月(寒い時期)
③仏滅

費用を一番安くする時期は○○前

結婚式の費用は交渉次第ではグッと下げることができます。
交渉しやすい時期はズバリ「見積もりを出してもらう前」。

向こうも契約をしてもらいたいので必死。あれやこれやとオプションプランを無料で追加してくれたり「ちょっと高いですね・・・」とつぶやけば、10万円近い値引きを簡単にしてくれたりします。
この時こそがこちらのワガママを一番受け入れてもらえると言っても過言ではありません。
それでは交渉を成功させるためのポイントを3つご紹介します。

≪交渉を成功させる3つのポイント≫
①事前に他の式場も見学して比べられるようにおくこと
「○○の式場ではこの演出はサービスしてもらえた」
「○○の式場ではこれだけの値引きをしてくれた」

などです。嫌味にならないように、あくまで迷っている雰囲気を醸し出して相手の反応を待ってみましょう。「その演出はうちではサービスできませんが、代わりにこの演出とこの演出をサービスさせていただきます」多くの場合、このような代替案を提示してきます。こういったパターンは珍しくないのです。それが自分達によって不必要な演出なら、その分は確実に節約になります。言いにくいかもしれませんが、勇気を出して断ることも大事なのです。

②持ち込みたいものをはっきりさせておくこと
格安でオリジナリティに溢れた式にしたいなら一番大事なポイントになります!まずは持ち込み料が発生するものを事前にリサーチしておきましょう。

≪持ち込み料が発生するもの≫
・衣装代(新郎・新婦)
・カメラマン(ビデオ・写真)
・引き出物
・ブーケ
・ヘアメイクのスタッフ
・司会者

これらの持ち込み料、実はバカにならないのです。例えばドレスを持ち込むだけで10~20万円も取られます。ここに挙げたものを全部持ち込みにすると軽く30万円は超えてしまうでしょう。
式場側も外から持ち込みをされては儲けがなくなってしまうので、持ち込み料を取るしかないのです。
ですが、こちらにとっても一生に一度の結婚式です。安心して任せられるへアメイクさんや、気に入っている司会者にお願いしたいですよね。

実はこれも契約前なら交渉することが可能です。見積もりの前に「決めている業者がある」と交渉してみましょう。実際に「持ち込み料をナシにしてもらえた」「持ち込み料が安くなった」という口コミも少なくないのです。

引き出物もまた同じことが言えます。例えば、「親戚の会社の商品を送りたい」「決めた引き出物がある」など、持ち込みたい理由をはっきり伝え交渉するのです。契約前だからこそ、強気でいきましょう。

このように、高額なイメージがもたれがちな結婚式と披露宴ですが、工夫次第でいくらでも節約できるイベントでもあるのです。
安くしたいなら契約前に交渉できるかどうかがポイント。二人の腕次第です。

○○○○の特典をフルに活用しよう

結婚式費用の節約で意外と見落としがちなのが、提携式場の数も多く何かとサービスが充実している県民共済や都民共済のブライダル特典です。

県民共済の月々の掛け金は2,000円程度ですが、加入するとまず特典の多さに驚かされます。
というのも、県民共済、都民共済は一般の保険会社よりも掛け金が安い割に、ケガや入院時の保障がしっかりしているのです。
それでは、ブライダル特典にどんなものがあるのかみていきましょう。

≪県民共済・都民共済ができるブライダルサービス≫
・ウエディングドレスのレンタル代
・婚約指輪、結婚指輪
・引き出物
・新婚旅行代

結婚式に関わる費用が20~50%OFFでレンタル、購入ができます。

またレンタル用のドレスは2,000点以上、白無垢や色打掛も100点以上揃っている共済もあり、ドレスなら3万円以下(アクセサリーなどの小物付き)、打掛なら5万円以下でレンタルできます。

種類が多いので気に入った衣装を見つけやすいですし、一般の結婚式場ではありえないような破格な値段設定になっています。

ウエディングドレスのレンタル料の相場といえば30万前後が当たり前。これだけでも20万円以上もの節約ができますよね。

新郎の衣装代も紋服、ロングタキシード、燕尾服、が全て1万円以下でレンタルできるので、衣装代だけでも大きいです。また衣装は持ち出しがOKな式場もあるので、海外での挙式を考えている人にとっても嬉しいサービスなのです。

さらにウエディングプランも共済でならではの低価格な値段設定になっています。
一般の結婚式場の相場はゲスト1名に対して3~5万円が相場。
例えば40名を招待する場合、一人4万円として計算すると160万円ですが、共済は40名で100万円以下で挙げることができるのです。衣装代に続きここでも60万円という大金が浮くことに。

まだあります。一般の式場では発生してしまうドレスや引き出物の持ち込み料は、共済ではかからないところが多いのも魅力。
じつは持ち込み料の相場は、意外とかかるものなのです。

≪持ち込み料の相場≫
・ドレス 5~10万円
・ブーケ 5千円~1万円
・カメラマン 3万~5万
・引き出物 1点につき500円前後(40名招待なら2万円の節約に

これだけでも通常の式場では20万近い持ち込み料がかかってしまうのです。
これらの費用がかからないだけでも大きいですよね。

その他、百貨店で使用できる「お買いもの優待券」がもらえたり、提携施設の優待など特典の多いのも共済の特長です。サービス内容はその県の共済によっても違いますが、特典が充実しているので関心のある人は是非一度調べてみてはいかがでしょう?

パックプランが必ずしも安いとはいえない

共済の特典の大きさがわかったところで、今度は一般的な式場のパックプランについて説明します。

式場の下見に行くとそこで勧められるのは、招待客の人数によって料金が設定されている「挙式と披露宴のセットプラン」です。一見お得とも思えるこの「パックプラン」、実は必ずしも得とはいえないのです。

そもそもパックプランには本当は必要ないものが意外とたくさん入っているのです。
例えば、ムービーなどの映像演出、ブーケトスやブーケプルズ、両親への花束贈答、フラワーシャワー、キャンドルサービス、エンディングムービー、歌や音楽の生演奏、両家揃っての集合写真などがそう。
それって全部必要ですか?ということなのです。

自分がしたくない(または必要のない)演出が2つ以上入っている場合は、パックプランは必ずしも格安にならない可能性が高いのです。

また、見積もり後や精算時に追加料金が発生しやすいのもこのパックプランのデメリットです。

例えば、
「フリードリンクサービスには、酒類は入っておらず追加料金がかかってしまった」
「司会者は別料金だった」
「招待状の印刷物セットには芳名帳が入っていなかったので別料金になった」

など。このように別料金がいくつも重なると、結果的にとても高い結婚式になってしまいます。後悔しないためにも、なんでも鵜呑みにせず見積もり段階では一つ一つしっかりと確認して決めることが重要です。

不必要な演出は一切断る、少人数になっても本当に祝福してくれるゲストのみを招待するなどで、結果的にパックプランよりも安く収まったという例はいくらでもあるのです。一般の結婚式場を利用する場合は以上のことに気をつけましょう。

結婚式は一生で一度きり。2人の大切な資金を散財しないためにも、どんな結婚式にしたいのかはっきりさせてから足を運ぶようにしましょう。


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
「ナシ婚」を選ぶ前に知っておくべき!結婚費用をグングン下げて「ジミ婚」並みの費用で盛大な結婚式を挙げる方法とは?「ナシ婚」を選ぶ前に知っておくべき!結婚費用をグングン下げて「ジミ婚」並みの費用で盛大な結婚式を挙げる方法とは?