本当にナシ婚でいいの?ジミ婚並みの費用で結婚式が挙げられる!結婚費用を大幅コストダウンさせる方法とは?~交渉時期と交渉すべき点~

閲覧回数 : 5,060 views

近年、入籍するカップルの4割以上が経済的な理由から結婚式をしない「ナシ婚」を選んでいるそうです。
これに対し日本のブライダルファッションの先駆者とも言えるデザイナー「桂由美」さんがファッションショーの場で、芸能界の「ナシ婚」の風潮を悲観するコメントを出し、ニュースでも取り上げられました。

結婚は一生に一度の大イベント。とくに女性の中には(本当は)幼いころからの夢でもある憧れのウエディングドレスに身を包み、皆に祝福されながら盛大にやりたいと思っている人も多いはずです。

今回はそんな結婚費用を、ちょっとしたコツで大幅に減らす方法をご紹介します。
工夫とタイミング次第で「格安結婚式」「格安披露宴」は実現します!


結婚費用の相場って?

ところで、式場で結婚式&披露宴をすると一体いくら位かかるのでしょう?
ゼクシィの調査によるとピンキリですが平均で350万円程度。かなりの大金ですよね。
バブル時代と大差ないかもしれません。
それに対して、結婚予定のあるカップルの平均貯金額は100万円。300万円もの大金はそう簡単には貯まらないですよね。

そんななかでも、普通に式場での挙式を「50万円以内の費用で済ませている」人も実は少なくないのです。そんな人たちが実践している節約方法を以下に挙げてみました。

基本料金が安い○○○○○○を狙おう

結婚式には人気がある季節(オンシーズン)と、人気がない季節(オフシーズン)があります。節約に成功した人の多くがこのオフシーズンに式を挙げています。式場によってまちまちですが、平均して30%。金額にして100万円近くもの費用を一気に引き下げることも不可能ではありません。

≪結婚式のオフシーズン≫
①6~8月 (梅雨や猛暑)
②12~2月(寒い時期)
③仏滅

費用を一番安くする時期は○○前

結婚式の費用は交渉次第ではグッと下げることができます。
交渉しやすい時期はズバリ「見積もりを出してもらう前」。

向こうも契約をしてもらいたいので必死。あれやこれやとオプションプランを無料で追加してくれたり「ちょっと高いですね・・・」とつぶやけば、10万円近い値引きを簡単にしてくれたりします。
この時こそがこちらのワガママを一番受け入れてもらえると言っても過言ではありません。
それでは交渉を成功させるためのポイントを3つご紹介します。

≪交渉を成功させる3つのポイント≫
①事前に他の式場も見学して比べられるようにおくこと
「○○の式場ではこの演出はサービスしてもらえた」
「○○の式場ではこれだけの値引きをしてくれた」

などです。嫌味にならないように、あくまで迷っている雰囲気を醸し出して相手の反応を待ってみましょう。「その演出はうちではサービスできませんが、代わりにこの演出とこの演出をサービスさせていただきます」多くの場合、このような代替案を提示してきます。こういったパターンは珍しくないのです。それが自分達によって不必要な演出なら、その分は確実に節約になります。言いにくいかもしれませんが、勇気を出して断ることも大事なのです。

②持ち込みたいものをはっきりさせておくこと
格安でオリジナリティに溢れた式にしたいなら一番大事なポイントになります!まずは持ち込み料が発生するものを事前にリサーチしておきましょう。

≪持ち込み料が発生するもの≫
・衣装代(新郎・新婦)
・カメラマン(ビデオ・写真)
・引き出物
・ブーケ
・ヘアメイクのスタッフ
・司会者

これらの持ち込み料、実はバカにならないのです。例えばドレスを持ち込むだけで10~20万円も取られます。ここに挙げたものを全部持ち込みにすると軽く30万円は超えてしまうでしょう。
式場側も外から持ち込みをされては儲けがなくなってしまうので、持ち込み料を取るしかないのです。
ですが、こちらにとっても一生に一度の結婚式です。安心して任せられるへアメイクさんや、気に入っている司会者にお願いしたいですよね。

実はこれも契約前なら交渉することが可能です。見積もりの前に「決めている業者がある」と交渉してみましょう。実際に「持ち込み料をナシにしてもらえた」「持ち込み料が安くなった」という口コミも少なくないのです。

引き出物もまた同じことが言えます。例えば、「親戚の会社の商品を送りたい」「決めた引き出物がある」など、持ち込みたい理由をはっきり伝え交渉するのです。契約前だからこそ、強気でいきましょう。

このように、高額なイメージがもたれがちな結婚式と披露宴ですが、工夫次第でいくらでも節約できるイベントでもあるのです。
安くしたいなら契約前に交渉できるかどうかがポイント。二人の腕次第です。

今回は2つほどご紹介しましたが、結婚式の費用を節約する方法はまだまだあります。
次回は○○共済のサービスで費用をさらにグンと下げる方法や、格安プランよりも安く済ませる方法などをご紹介します。

こちらのページも読まれています。
今月は友人の披露宴が2件も!お金ないのに、ご祝儀代どうしよう…

女の子必見!脱毛サロンのお得クーポン情報

アドレスを入力するだけで
最大1万円OFFクーポンGETkira-orange

全18部位ランキングで堂々の1位獲得のサロン「脱毛ラボ」


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
「ナシ婚」を選ぶ前に知っておくべき!結婚費用をグングン下げて「ジミ婚」並みの費用で盛大な結婚式を挙げる方法とは?「ナシ婚」を選ぶ前に知っておくべき!結婚費用をグングン下げて「ジミ婚」並みの費用で盛大な結婚式を挙げる方法とは?