節約上手なら知っておくべきお掃除方法! 家具や家電、トイレや床などお家をきれいに長持ちさせるワザをご紹介

閲覧回数 : 300 views

毎日、生活しているお家。いつも使っている日用製品。
長く使えば使うほど、汚れも溜まり古びていきます。
でも、できれば上手にお掃除やお手入れしてキレイな状態で長持ちさせたいですよね。
そこで今回は身近なものを使ってできる、家具&家電やお部屋ごとのお掃除方法をご紹介します。
ひと工夫することで、日用品もお家もよい状態で長持ちさせることができるんです。
いつも気になっている汚れを簡単に落とすワザもご紹介しますよ。
できる方法から取り入れて、お家も日用品も長持ちさせて節約生活につなげてくださいね!

スポンサーリンク

キッチンのお掃除

毎日使うキッチンは日々の汚れがどんどん溜まっていきます。
頑固な脂汚れや調味料汚れを簡単に落として、楽にお掃除していきましょう。
キッチン家電や器具をきれいに長持ちさせる方法もご紹介しますので、試してみてくださいね。

水回り

キッチンシンクの蛇口や洗面台などは、使い古しの歯ブラシ(もしくはスポンジ)と歯磨き粉を使ってお掃除しましょう。
歯磨き粉の研磨剤が汚れをきれいに落としてくれます。
歯ブラシに歯磨き粉をつけて磨けば、細かいところの汚れも隅々まで取れるので、きれいで清潔な状態を保ち続けることができるんです。
くすみやサビも取れるので、ちょっと汚れたかなと思ったらシンクなどもスポンジと歯磨き粉でサッと磨いてみてください。
水洗いした後、ピカピカになって驚きますよ。
ぬめりが溜まりやすい排水口には、アルミ箔をクシャクシャと丸めたボールを入れておくのがオススメ。
アルミ箔が水と反応して、汚れやぬめりを分解してくれるのです。
イヤなニオイの予防にもなりますし、毎日のお掃除が楽になるのでやってみてくださいね。

排水口の奥からニオイが上がってくる場合は、排水パイプに汚れやぬめりが溜まっている可能性があります。
汚れを剥がして流せるように、排水パイプにドライヤーを当てて熱で汚れを浮かせましょう。
次に排水口から熱めのお湯をザッーと流して、汚れやぬめりを押し流してください。
これは排水パイプが詰まった時にも使えるテクニックなので、覚えておいてくださいね。

冷蔵庫

数ヶ月に一度は整理整頓も兼ねて、冷蔵庫の中のものを全部外に出してお掃除しましょう。
汚れはホットタオル(もしくは布巾)を使えばよく落ちます。
水で濡らしたタオルや布巾を1~2分、レンジでチンして温めます。
熱で汚れが溶け、普通に水拭きするより拭き取りやすくなります。
それでも落ちない汚れは、スポンジに少量の食器洗い洗剤を含ませてこすってください。
汚れが落ちたら、先ほどのタオルで洗剤が残らないよう水拭きしておきましょう。

定期的にこの作業をするだけで冷蔵庫の中身チェックになり、無駄買い防止にもなります。冷蔵庫もキレイに長く使い続けられるようになるので、習慣にしてみてくださいね。

ガスコンロ&魚焼きグリル

油や調味料などで、毎日の汚れが溜まりやすいガスコンロ。
少しお手入れをさぼるだけで、すぐに落としにくい汚れがこびりつきます。
ガスコンロ周りの汚れは飲み残しのビールと卵のカラでお掃除しましょう。
ビールが残ってしまったら、捨てずに布巾に浸してガスコンロにこびりついた汚れを拭き取ってください。
しつこい汚れに直接ビールをかけて、汚れを浮かせて取るのもアリです。

さらに頑固な汚れは卵のカラを細かく砕いて、磨きながら取りましょう。
食器洗い洗剤をつけたスポンジを使って、卵のカラを汚れにこすりつけて、泡とカラでからめ取ります。
卵のカラが研磨してくれるので、コンロもピカピカになるので一石二鳥ですよ。
次に手入れが面倒なのが魚焼きグリルです。ついついお手入れを忘れてしまって、気がつけばガビガビに。
すぐ目につかないので、どのご家庭でも汚れが溜まりがちだと思います。
グリルもビールや卵のカラを使ってお掃除してみてください。

ベトベトに汚れている時はスポンジや布の代わりに、買い物でもらうレジ袋を丸めて使ってください。
スポンジを汚さず、きれいにベトベトを落として、汚れといっしょに捨ててしまいましょう。
理想はグリルを使うごとに油汚れなどを落とすことですが、使う前にひと手間かけておくとお手入れが楽になる方法があります。
まず、魚を置く網にハケやキッチンペーパー等を使ってお酢を塗っておきましょう。
お酢の効果で網に魚の皮などがこびりつきにくくなります。

下のプレートに落ちる脂汚れは水と片栗粉を使って、落としやすくしておきましょう。
魚を焼く前にプレートに水を張り、片栗粉を溶かしておきます。
目安は水100mlにつき、片栗粉が大さじ1です。
トレーの容量によって、量は調整してください。
片栗粉入りの水を張っておくと、魚を焼いた後には水がゼリーのように固まり、脂汚れを簡単に取り除くことができます。ゼリーをはがして、生ゴミと一緒に捨てるだけのお手軽さです。
他に、米のとぎ汁も役立ちます。トレイに張って魚を焼くと、脂汚れのこびりつきを防止できます。

電子レンジ

毎日使う電子レンジにもお掃除のコツがあります。
調味液や汁が飛び散ったまま使い続けると、汚れがこびりついて落ちなくなる原因に。
長持ちさせるためにも、こまめに汚れを取りましょう。

やり方は簡単。
布巾を水に濡らして、熱々にチンするだけです。
レンジ内に蒸気が充満して、汚れが剥がれやすくなります。
浮いてきた汚れをあたたかい布巾でさっと拭くだけです。
それでも落ちなければ、大きめのお椀に水と大さじ1杯くらいの重曹を入れて、湯気が出るまでチンします。
しっかり蒸気をレンジの中に充満させたら、スポンジで汚れをこすって落としてください。

コーヒーメーカー

フィルターやポットは毎日洗うけれど、コーヒーメーカーの内部まで掃除している人は少ないと思います。
毎日使っていれば、どうしてもパイプに水アカなど汚れが溜まるのでお掃除しましょう。
試してもらいたいのが、お酢を使ったパイプ洗浄です。
フィルターにコーヒーの粉は入れずに、大さじ1~2杯のお酢を水にとかしてそのままドリップしてください。お酢の分解作用でパイプの汚れが流されます。お酢のニオイが気になるひとは、重曹でもOK。

さらにもう一度パイプを水洗いするために、水だけでドリップしてお掃除完了です。
酢のニオイが残る場合は何度か水だけでドリップして、洗い流しましょう。
コーヒーメーカーの内部まで定期的にお掃除しておけば、気持ちよく長く使い続けることができます。
このお酢を使ったお掃除は電気ポットにも使えます。
水にお酢を入れて沸騰させて、湯アカを落してください。

関連記事

リビングのお掃除

家族の集まる場所でもあり、来客をもてなす場所でもあるリビングは、いつも気持ちよく整えておきたい場所です。
長年暮らしているお部屋でも、手をかければきれいに保てます。
日々のお掃除のコツを覚えて、いつでも来客を招くことができるリビングにしておきましょう。

ソファー

布製のソファーは床に掃除機をかける時に一緒に、背もたれや座面もかけてほこりを吸い取りましょう。
ひじ掛けの部分やひざの裏の汗などで黒ずみやすい座面のフチは、布巾に少しのベンジンを含ませて、汚れを拭き取ってください。
お掃除した後、汚れ防止に撥水スプレーをかけておくと、汗染みや食べこぼしを弾いてくれるのでオススメです。
革のソファーは牛乳を使って、油膜コーティングしておくと長持ちします。時々やわらかい布に少量の牛乳を含ませて、ソファーの表面を拭いてください。
さらに乾いた布で磨くとツヤが出ます。

木製や籐の家具

ふだんは乾いた布で時々乾拭きをしておけばOKですが、黒ずみなどの汚れを見つけたら食器洗い用洗剤を使って落としましょう。
食器洗い用洗剤を溶かした水に浸けて、しっかりしぼった布巾などの布で汚れ部分を拭き取ってください。
汚れが落ちたら、水に濡らしてしぼった布で洗剤が残らないように、再度拭き直しておきましょう。
手アカなどの脂汚れならこれで取れますが、洗剤拭きしても落ちない時は消しゴムでこすってみる方法もあります。
やさしく汚れ部分に消しゴムをあて、汚れを落としてみてください。

傷になって、塗料が薄くなっている場所があればクレヨンを塗って補修しましょう。
目立ちにくくなりますよ。
汚れを落としたら、つや出しとコーティングにコーンスターチを使いましょう。
乾いた柔らかい布にコーンスターチをつけて、家具を磨いていきます。
ワックスをかけたようなツヤが出て、しかも手アカなどが付かないようコーティングしてくれます。
長く使いたい家具ほど、しっかりお手入れしておいてくださいね。

木製家具や籐のチェアなど長持ちさせたければ、直射日光が当たらない場所に置くようにしましょう。
直射日光は劣化を早めてしまいます。
どうしても直射日光が当たってしまう場所に置かなければいけない時は、カーテンで遮るなど工夫して長持ちさせるようにしてください。

カーペット・絨毯

いつもの掃除機がけだけでは、毛の中に入り込んだ小さなゴミが取れないなと思ったら、ゴム手袋やたわしでお掃除しましょう。
100均ショップなどのゴム手袋やタワシでOKなので、定期的に細かな汚れまで取るクセをつけましょう。
やり方はとても簡単。
手袋をはめて、カーペットや絨毯をこするだけです。
摩擦でついてくる髪の毛やペットの毛、小さなゴミを絡めて取り除きます。
タワシでも同じようにブラッシングする要領でこすれば、細やかなゴミをきれいに取ることができます。
この作業をすることで毛足が整えられ、ふっくらしますよ。
シミ汚れなどにも気づきやすくなるので、長持ちさせたければ是非行ってください。

シミ汚れはレンジでチンした熱い布巾で拭き取るか、それでも取れなければレモン汁をつけて再度拭いてみてください。
レモンの漂白効果でシミが落ちやすくなります。
脂汚れだと明らかな場合は少量のベンジンを布に含ませて、やさしく拭きとってください。
もしカーペットや絨毯の上に、ケチャップやミートソースや赤ワインなど色の濃いものをこぼしてしまったら、すぐに塩を上からかけて、水分を吸い取らせましょう。
塩が水分を吸い取って乾いたら、掃除機で塩を吸い取ってください。
色が残ったら濡れ布巾で叩いたり、レモンでこすってみましょう。

関連記事

床のお掃除

定期的なケアが後々ものをいうのが床のお掃除です。
家にあるもので簡単にできる、よい状態を保つお手入れ方法をご紹介しますね。

フローリング

いつものお掃除は掃除機とフローリング用のモップ掛けでOKです。
長持ちさせるためには時々ワックス掛けしておきましょう。
みかんの皮を使えば、安心&安全でお手軽な自家製ワックスができるので試してみてください。
作り方はとっても簡単。
みかんの皮を沸騰した水の中に入れて、20分程度煮詰めるだけ。
天然のオイルワックスができます。
分量はみかんの皮1個につき、お水100ml程度です。
オイルが煮出された液ができたらそれを液の半量の水で薄めて、フローリングの木目にそってシートや柔らかい布に含ませて、ワックス掛けしてください。香りも爽やかで、小さな子どもやペットにも安心です。

他にも米のとぎ汁に浸した布でフローリングや床板を拭いてもツヤがでますよ。
ぬかの油分が床をコーティングし、なめらかにしてくれます。
みかんの皮がない時はとぎ汁で代用してください。

タタミ

ふだんはほうきを使ってゴミは掃きまとめて、お掃除しましょう。
タタミについている汚れは、水に浸けてしっかりしぼった雑巾で拭きとってください。
落ちない汚れがある時は、水に少量のお酢を溶かして再度拭きとってみてください。
拭いたところが早く乾燥するように、乾拭きしておくといいですよ。

タタミがこすれたり、傷がついたりしてささくれたら、表面をハサミでなだらかになるようカットして、上から透明のマニュキュアを塗って補修しておきましょう。傷などがひろがらないよう補強してくれます。
ヘコミができた時は少し濡らして、上からアイロンでスチームをあててください。
ヘコミが目立ちにくくなります。
スチーム機能がない時は、濡れたタオルをひいてその上からアイロンを置いて、蒸気で膨らませます。
この方法はカーペットなどでも使えるので、家具を動かしてヘコミが気になる場所でやってみてくださいね。

年数が経ってタタミが黄ばんできたら、緑茶を使って色を戻しましょう。
緑茶粉末を濃いめに水に溶き、きれいな雑巾に含ませてしっかりしぼってから、黄ばみ部分を上から拭いてください。
色が補修できたら拭いた部分を早く乾かせるよう、ドライヤーの冷風をあてて水分を飛ばしておきましょう。
畳にもうっかりコーヒーやお醤油など色の濃い液体をこぼしてしまったら、カーペットや絨毯と同じように、塩を使って対処してください。
ティッシュなどで水分を吸い取ったら、塩を振りかけてタタミの目の中に入り込んだ水分を吸い取らせます。
塩が乾いたら掃除機で吸って、固くしぼった雑巾で拭いておけば汚れを残しません。
タタミを長く使えば傷みや変色はどうしてもできてしまいます。
気が付いた時に早めに手入れをして、きれいな状態で長持ちさせるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

お風呂のお掃除

家族みんなが毎日汚れを落とす場所だから、清潔に保ちつづけたいですよね。
簡単にできるお掃除のやり方がいろいろあるので、できるコトから取り入れてみてください。

バスタブ

毎日使う場所だから、気が付かないうちにどんどん汚れは溜まっていってしまいます。
ちょっとひと工夫して、毎日のお掃除を楽にしていきましょう。
バスタブの湯アカや汚れ落としには、重曹を使います。
お風呂から上がったら、バスタブにコップ半分程度の重曹を溶かして一晩置きます。
翌朝お湯を抜きながら重曹水を使って、バスタブ全体をスポンジで磨いたらツルツルピカピカに。
一緒に洗面器や風呂いすなどもつけておいて、スポンジでこすればきれいにぬめりや汚れが落ちます。
手間もごしごし洗いもいらない、楽にできるお掃除方法なのでオススメですよ。

それでも取れない手ごわい水アカや皮脂汚れなどがついている時は、お酢と重曹で落とします。
汚れ部分に重曹の粉をふりかけて、お酢に浸したスポンジでこすり落としてください。
最後に水洗いすれば、すっかりきれいなバスタブに生まれ変わります。

床&壁

浴室の床は時々、お酢を使って汚れ落とししましょう。
酢を3倍程度に薄めた液をスポンジにつけて、こすり洗いしてください。
酢の分解効果で汚れが落ちます。
床や壁のカビ防止には、最後にお風呂に入った人がシャワーで汚れを洗い流すようにしておくと効果的。
温かいお湯で石けんの泡や汚れを洗い流したら、冷たい水で室内全体をクールダウンさせます。
浴室内がムシムシしてカビや雑菌が繁殖する時間を短くするので、夏は特にオススメなひと工夫です。

ついてしまっている水アカなどはスポンジと歯磨き粉で落とします。
スポンジに歯磨き粉をつけて、円を描くように磨いたら、水で洗い流してください。
曇り防止に、じゃがいもをカットした切り口で磨いておくのもいいですよ。

関連記事

トイレのお掃除

金運アップにもつながる!?なんて言われてるお手洗いの掃除ですから、ここも手は抜けません。
しっかりお掃除して、ツルツルぴかぴかのトイレをキープしましょう。
まず、窓のないトイレで室内を快適に保つのにオススメなのが、洗濯用の粉末洗剤です。
100均ショップの可愛いガラスコップや容器などに、お気に入りの洗濯洗剤を入れて置いておきましょう。
粉末が湿気を吸収し、洗剤がほのかに香って芳香剤にもなります。
湿気を吸って、洗剤が固まってきたら入れ替え時。固まった洗剤は軽く砕いて、そのまま洗濯に使ってください。
芳香効果が必要なければ、備長炭やコーヒー豆のかす、重曹などを脱臭剤代わりに置いておきましょう。

便器

こびりついた汚れや黒ずみはサンドペーパーでこすって落とします。
目の細かい1000番台の耐水性のサンドペーパーに石けんをつけて、汚れ部分をやさしくこすってください。
細かい部分やフチの裏側などは、割り箸や使い古しの歯ブラシにサンドペーパーを巻いて、作業してみてください。
便器を傷つけないよう、ゆっくり汚れ落ししていくことがポイントです。

日々の汚れ落としには、重曹が便利です。
寝る前に重層を便器にまんべんなく振りかけて、水に浸したブラシで全体をこすってそのまま一晩おいておきます。
翌朝洗い流せば重層の効果で汚れやニオイなどが剥がされ、スッキリきれいな便器になるんです。
この寝る前のひと手間を定期的に行っておけば、楽にきれいな便器を保つことができますよ。

汚れが飛び散りやすい床もきれいに清潔にしておきたいところ。
汚れ落としと殺菌を兼ねて、お酢を溶かした水で床掃除しましょう。
お酢を3倍程度水で薄めた液に浸して、軽くしぼった布で床を拭いてください。
水拭きしたら、ペパーミントや柑橘系のさわやかな香りのエッセンシャルオイルを数滴垂らした布で乾拭きしておくと、トイレ全体がさわやかな空間に生まれ変わります。

関連記事

窓まわりのお掃除

窓やブラインドなどのお掃除は年末の大掃除の時だけになっていませんか?
年に1度だけだとびっくりするくらい汚れが溜まりますし、お掃除も手間がかかって大変です。
そこでふだんでも簡単にできるお掃除方法をご紹介していきますね。

簡単に汚れがとれて、ピカピカ窓にできるのが新聞紙を使ったお掃除です。
丸めた新聞紙を水に濡らして、汚れを落とすようにキュキュと拭いていきましょう。
きれいになったら、乾いた新聞紙で乾拭きすれば曇りのないピカピカ窓に。
ちょっと汚れてきたなと思った時にお手入れしておけば、年末の大掃除もとても楽になりますよ。

新聞紙がなければ、お酢を使ってきれいにしましょう。
土埃などがついている外側は乾いた布でさっと汚れを落しておいてください。
お酢を2倍程度に水で薄めたら、その液を布につけて窓ガラスを拭いていきましょう。
ムラにならないように、左右や上下など一定方向に拭く向きを決めておけば、きれいに仕上がります。
窓の四隅にホコリや土がこびりついて固まっている時は、お塩を使ってみてください。
雑巾をたたんでできる角をちょっと水で濡らして、塩をつけて固まりを削るようにゴシゴシします。
使い古しの歯ブラシがあれば、それに塩をつけてこすってもいいですよ。
きれいに頑固な汚れを落とすことができます。

ブラインド

ブラインドの専用モップなどでお掃除されている人もいるかもしれませんが、簡単にしっかり汚れを落したいなら軍手を使ってください。100均ショップにあるので、お掃除に活用しましょう。
軍手をはめて軽く水に濡らしたら、指をブラインドの隙間に入れて、ブラインドを掴みながら汚れをふき取っていきます。短時間で汚れ残しなくお掃除できるやり方です。
汚れのひどいところは手に少し歯磨き粉をつけて、ゴシゴシしてみてください。
この軍手掃除は、他の場所でも使えます。ブラインドをお掃除する時に、他の場所も一緒にきれいにしていきましょう。
部屋の照明カバーや電球、電気製品のコード、窓のサンなどを直接触って汚れを拭き取ってください。
細かなところまで汚れが取れるので、軍手全体が汚れるまで気になる場所を拭き掃除していきましょう。

カーテン

意外とカーテンにも汚れは溜まっています。洗えるものは、年に何回かは水洗いしてしっかり汚れを落しましょう。
洗えない生地や洗濯しても乾きにくい時期は、床掃除と一緒に掃除機を表面にかけておきます。
布が吸い口にくっついてしまう時は、伝染して履けなくなったストッキングを先にかぶせて吸ってください。
楽に掃除機がかけられるようになります。
ドライクリーニングしかできないカーテンの黒ずみは、ベンジンを少量含ませた布で拭き取って汚れを落しましょう。

壁やドアのお掃除

汚れのついた壁やドアノブもお家を古く汚く見せてしまう要因になります。
新品に近い状態をキープするためにできるお掃除方法があるので、気になるところに試してみてください。
壁に手アカなどでできる黒ずみは、食器洗い用洗剤を薄めてつけた布で拭き取ってみてください。汚れが落ちたら、洗剤と水分が残らないよう乾拭きしておきましょう。
それでも黒ずみが落ちない時は消しゴムでこすってみるやり方もあります。
電気スイッチなども手アカで黒ずむので、食器用洗剤&消しゴムできれいに汚れを落しましょう。

さらにドアノブなど金属の曇りや変色は歯磨き粉で磨いてください。
布に少し歯磨き粉をつけてドアノブ全体を拭きましょう。
ピカピカになったら、水に浸けて固くしぼった布で歯磨き粉を拭き取ってください。

スポンサーリンク

まとめ

身近なものを使ってできる、家具&家電やお部屋ごとのお掃除方法について、いかがでしたでしょうか?
簡単な方法で楽にお掃除して、お家をきれいに長持ちさせることができます。
使う道具や材料ははどれも手軽に手に入るものばかりなので、気になるところからはじめていってください。
ポイントを押さえたお掃除方法なら、きれいで気持ちの良い空間をキープし続けることができます。
一生住み続ける家や高価な家具や家電だからこそ、ひと手間かけることで長持ちさせて、節約生活につなげてくださいね。

【節約大全】断捨離(だんしゃり)で心も財布もポッカポカ!★まとめページへ戻る


著者情報
カワウソさん

カワウソさん

カワウソさんの書いた他の記事を見る

小さなことからコツコツと・・・! 日々の生活で心がけている節約術を中心に記事を書いています。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
節約上手なら知っておくべきお掃除方法! 家具や家電、トイレや床などお家をきれいに長持ちさせるワザをご紹介節約上手なら知っておくべきお掃除方法! 家具や家電、トイレや床などお家をきれいに長持ちさせるワザをご紹介