いまさら聞けない!本当に正しい洗濯方法を知って、基本をマスターしよう!

閲覧回数 : 3,566 views

洗濯物を入れて、スイッチを入れればOK!
お洗濯をそんな風に思っていませんか?

実は正しい洗濯方法を実践しないと、いくら念入りに洗っても汚れが落ちません。
また、逆に汚れを衣類に繁殖させてしい、悪臭の原因になる恐れも…

今回はお洗濯の基本をご紹介したいと思います。
柔軟剤の香りを楽しみたい方にも必見ですよ☆

スポンサーリンク

洗い方について

全自動洗濯機の場合、コースを選べば最初から最後までお任せできますよね。
場合によっては自分で「洗い」「脱水」の時間を決める事もできます。

みなさんは「洗い」に、どのくらいの時間をかけていますか?

洗う時間は最長で10分までとするのがおすすめ。
しっかり汚れを落としたいからと、それ以上洗ってしまっても実は意味がありません。

10分以上洗濯機を回していても、汚れ落ちはそれ以上よくなることはありません。
それどことか衣類に負担をかけてしまいます。

また、洗濯機に詰める衣類の量も注意が必要。
実際のところ衣類の量は、洗濯機の大きさの7~8割までに抑えておくことが◎
余裕があるほど衣類の動くスペースができ、汚れ落ちを良くしてくれます。
洗濯物が多い場合は、数回に分けてお洗濯しましょうね。

洗剤や柔軟剤について

汚れをしっかり落としたいと、洗剤を規定量より多く入れてしまうことありませんか?

実は規定量以上の洗剤や柔軟剤を使ってしまうと、すすぎ回数が増えることになります。
また、すすぎ不十分で洗剤が衣類に残ってしまい、肌トラブルを引き起こす可能性も。
逆に量が少ない場合は、汚れが落ちず衣類が清潔になりません。

柔軟剤の場合、量を入れれば入れるほど衣類が水をはじくようになってしまい、吸水性が悪くなります。
水の吸わないタオルとなってしまい、本来の役目を発揮できなくなるおそれも…

ボトルに書かれた量をしっかり守ることが、ベストな洗濯へと繋がるのです。

色落ち色移りしそうな服の対処法

デニムや赤いTシャツなど、色が落ちそうな衣類は最初からしっかり分けておき、単独でお洗濯しましょう。
また、ひどく汚れたものも他の服への汚れ移りを防ぐために別にして洗います。

デニムなどの色落ち代表アイテムは、実はお酢や塩を使えば色落ちを簡単に防ぐことができます。
水2Lに対して洗剤を大さじ2・塩を大さじ2入れて洗濯するだけ。

マグネシウムやカルシウムが塗料と合わさり、色落ちし辛くなると言われています。
また、色落ちだけでなく色合いを長持ちさせる効果もあるんだとか!
ちょっとしたひと手間で、色落ちを防止できるのです。

お洗濯に使える裏ワザ!

ここで、お洗濯時に使えるちょっとした裏ワザ情報をご紹介しましょう。
覚えておくと一段としっかり汚れや菌を落とすことができますよ!

超頑固な汚れには粉末洗剤

液体洗剤が主流となった今、粉末洗剤を使用するご家庭は減っているかと思います。
冷たい水に溶けにくく、洗濯後に残ってしまった…なんてこともありますよね。

ですが泥や黄ばみ・食べ残しなどの頑固な汚れには、粉末洗剤が一番効果があるとされています。
更には除菌力のある洗剤を使うことで、洗濯槽のカビの繁殖も同時に防ぐことができます。

酵素系漂白剤を一緒に使おう!

洗剤だけでは気になる衣類の雑菌や匂い。
特に汗をかく夏場は毎回しっかり洗えているか気になりますよね。

そんなときは酵素系漂白剤をお洗濯時に一緒に使用してみましょう。
普段の洗濯にスプーン1杯加えることで、アルカリ度がアップし一気に汚れ落ちがよくなります。
衣類に付着した汗や皮脂は「酸性」
なので真逆の性質を持つアルカリ性を使うことで、キレイに汚れを落とせるのです。

ただし、塩素系漂白剤を使ってしまうと脱色してしまいますので注意が必要!
しっかり確認してから使用しましょう。

お風呂の残り湯が汚れ落としに最適!?

お風呂の残り湯をお洗濯に使う事に抵抗がある人もいますよね。
ですが、40度前後のお湯を使うことで、洗剤中の酵素を最大限活性化させ、洗浄力を高くすることができます。
すすぎさえキレイな水を使えば、お風呂の残り湯で洗うことは問題ありませんのでぜひチャレンジしてみて下さいね。
水道代の節約にも繋がりますよ~!

洗濯槽に衣類を入れておくのはNG

使用したバスタオルや脱いだ服など、洗濯槽の中に入れたままにしていませんか?

実は通気性の悪い洗濯槽に衣類を入れっぱなしにしておくことで、ほこりや皮脂汚れが溜まりカビや菌を繁殖させてしまう恐れがあります。

すぐに洗う場合は良いですが、洗うまでに時間がかかるものは通気性の良いカゴなどに入れておきましょう。
また、洗濯機を使用した後はしっかりフタを開け、洗濯槽を乾かすことも大切ですよ。

尚、月に1度の洗濯槽洗浄を行うことも大切!
酵素系漂白剤を使って簡単に、ゴッソリ汚れを取ることができるのでオススメですよ★
衝撃的!!酵素系漂白剤で洗濯槽をお掃除したら、目を覆いたくなるほどのカビを大量捕獲!

まとめ

洗濯と一口にいっても、正しい知識に沿って行わなければ意味がありません。
ですが、クリーニングにわざわざ出さなくてもお家でしっかりキレイにふんわり仕上げることは可能なのです。
しっかり基本をマスターすれば、クリーニング代や洗剤などの節約にも繋がります。
今一度お洗濯方法を見直してみてはいかがでしょうか?

⇒ 良い香りで生活もハッピー!おススメの柔軟剤や活用法はこちら


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000