Kitson(キットソン)の柔軟剤でワイも今日からモテ男や!芸能人も使ってる人気の柔軟剤をレビューしてみたで

閲覧回数 : 9,969 views

これまでに散々、おすすめの柔軟剤ランキングや編集部スタッフによる柔軟剤レビューをお届けしてきた当サイト「節約大全」

さすがにもう柔軟剤ネタも尽きてきただろうと思ってたんですが、ある日出社するとデスクの上に見慣れぬ白いボトルが。

そのボトルにプリントされていたのは、K i t s o n の文字。

「Kitsonて、バッグとかが女の子に人気のあのKitson?」

そんなことを考えていると、同僚のゆかにゃんからこう言われまして。

ゆかにゃん
あ、モリオさん。それ新しい柔軟剤です。わたしこの前さっそく試してレビュー書いたんで、今度は男性目線でレビュー書いてください!って。

メンズなおいらのなかでは個人的にレノアプラスのフレッシュグリーンが甘すぎず、適度に爽やかな香りで不動の1位の座を占めてるんですが、このKitsonとかいう新入りも一応試してみることにしてみました。

男性が使ってもイケる感じか、ばっちりレポしますね!

 「キング・オブ・石けん」の香り!青いボトルの<アクアコットン>

2018年5月現在、Kitsonの柔軟剤は2種類の香りが販売されています。

そのひとつが、白×ブルーのボトルが爽やかな<アクアコットン>の香り。

アクアコットン?

海の綿?

直訳すると微妙な感じが漂ってきますが、ボトルに記載された商品説明によれば、

“上品に広がる、爽やかな石けんの香り”

とのこと。

まあ、口だけなら上品だの爽やかだのいくらでも言えるよねってことで、さっそくキャップを外して香りを嗅いでみたところ、
いやー、これは驚きました。
上質感と爽快感がハンパないんですよ。

確かに、石けんの香りというのは間違ってません。
でもただの石けんじゃなくて、なんていうのかなー、高級インテリアショップとかああいう店に置いてあるような上質な石けんの香りです。
伝わるかなー?

少なくとも、僕が毎日手を洗るときに使ってる「牛乳石けん」とは格が違う感じ。
いや、牛乳石けんだってリーズナブルでいい石けんなんですけどね。

で、そんなふうに高級感を醸しつつ、その一方でスコーッン!と突き抜けるような爽快感もあるんですよ。
いままで体験した高級な柔軟剤(その多くが女性向き?)って、なんかちょっとあとを引くねっとりした感じがあったような気がするんですけど、これはすごく潔い香りで、スッキリしてるんです。

サバサバしたところが魅力の米倉涼子みたいな感じ?
いや、知らんけど。

まあとにかく、ファーストインプレッションは十分な合格点。
問題は、実際に洗濯してみての感想ですね。

 これはアリ!俺史上最高点!

ゆかにゃんからは

どんなにいい柔軟剤でも、洗濯槽に洗濯物を詰め込みすぎると柔軟剤の効果が実感できませんよ!

といわれていたので、洗濯物の量を見極めつつ、Kitsonの<アクアコットン>を使って洗濯をしてみます。

そうして洗いあがった洗濯物を洗濯機から出してみると、もうその時点ですごく爽やかな香りが漂ってきます。

甘ったるかったり、フローラルっぽすぎたり(?)してむせ返るようなこともなく、ただただいい香り。
あとは干して乾いたあとにもこの香りが残っていれば最高なんですが・・・

で、1日中干して取り込んだ洗濯物の匂いを嗅いでみた結果です。

さすがに洗い上がりのときに比べれば香りはだいぶ飛んでしまってますが、それがかえって鼻につくことのない、程よくナチュラルな仕上がりとして落ち着いています。
洗濯物に近づいてくんくんと匂いを嗅げば、ちゃんとわかるという感じ。

一人暮らしの僕は、朝出かける前に干して深夜に取り込んだんですが、もっと早く取り込める方なら香りももう少し残るんじゃないかな。

いままではレノアプラス フレッシュグリーンが一番だったけど、もう首位交代です。

このKitsonの<アクアコットン>が自分史上最高ですよ!

とにかくさわやかなので男性にも掛け値なしでオススメですね。

 決めつけは良くない!?いい意味で裏切られた<フローラルポッピング>!

さて、次はKitson柔軟剤のもうひとつの香り、白×ピンクのボトルの<フローラルポッピング>です。

正直なことを言うと、僕はこっちの香りにはあまり期待してなかったんですよ。

というのも、世間のフローラル系柔軟剤の香りってなんだかねっとりしてるというか、鼻の奥で絡みついてくるような
感じを個人的には受けてしまうので、いままで敬遠してきたんです。
しかも、高級なものになればなるほどそのねっとり感というかまったり感が強く感じられて。

だからまあ、Kitsonのこの<フローラルポッピング>というのも、同僚のゆかにゃんにレビュー書けと言われなきゃ見向きもしなかったと思います。

ところが、<アクアコットン>の香りを嗅ぎ終わったあと、(ついでに)<フローラルポッピング>の香りを嗅いでみると、あら不思議。

いいニオイではないか

全然鼻につく感じがない。
なんか儚げな感じ。

そもそもフローラル、つまり花ってこういうのが本来のあり方なんじゃないの?
それがいつの間にやら、世にはむせ返るような香りの柔軟剤ばかりが溢れてしまって・・・。

うん、これはアリだ。
洗濯が楽しみですよ。

 部屋干ししても臭わない!むしろいいニオイ!

えー、最初にお詫びを申し上げます。

本来なら、<アクアコットン>と同じ条件下、つまり晴天で外干しした結果をお届けしたかったんですが、このレビュー記事を書いている頃は関東はあいにく梅雨のため連日の雨模様。

外に干したくても干せず、かといって洗濯しないと着られる服がなくなってくるという板挟み状態に置かれた僕は、禁断の“部屋干し”を実行するに至りました。

ホントはやりたくないんですよ、部屋干し。
洗濯物はパリッと乾かず、いやなニオイが残るし、部屋のなかも湿気がむんむんするし。

洗濯洗剤に部屋干しトップを使ってもやっぱり限界はあるよなーと、極力部屋干しは避けてきたわけです。

ところがそうも言っていられなくなったので、

「部屋干しトップ」+「キットソンの<フローラルポッピング>」

というタッグで洗濯をして部屋に干し、仕事に出かけました。

そして、その日帰宅して驚きましたね。

部屋が臭くない。
いや、むしろいいニオイがする・・・!

実は、僕が住んでいる部屋って「マンションの1階」+「日当たり悪すぎ」という悪条件が重なって、梅雨時はカビくさくて仕方ないんですよ。

そんな部屋に部屋干しなんてしようものなら、湿度が上がってますますカビ菌たちの思うツボ。
不快感MAXな部屋になってしまっていたわけです。

いままでは。

ところが、<フローラルポッピング>を使った洗濯物を干しておいて部屋に戻ったら、臭いどころか部屋がいいニオイで満たされている!

個人的にはそれでも<アクアコットン>の香りのほうがずっと好きですが、男性の僕からしても<フローラルポッピング>の香りは全然悪くありません。
部屋干しでこれなら、外干しでカラッと乾かせばもっとさりげなく、いい感じの香りで仕上がるんじゃないかな。

いままでフローラル系柔軟剤は敬遠してきた僕でも、この<フローラルポッピング>は十分に使いたいと思える柔軟剤です。
ゆかにゃんに誓ってガチです。

スポンサーリンク

 値段が高い?でも満足度は価格以上!

以上、Kitsonの2つの柔軟剤<アクアコットン><フローラルポッピング>の感想を、男性の僕の視点からレビューしてみました。

香りって人によって好みが大きく分かれるので、必ずしも世の男性みんなの賛同を得られるわけではありませんが、それを差し引いても今回紹介したこの2つの柔軟剤の香りは男性からのウケもかなりいいだろうと自信を持って言えます。
なんというか、“押し付け感がない香り”なんですよね。

だから、女性は下手な香水とか使うくらいならこのKitsonの柔軟剤の香りをさりげなく漂わせたほうが男性からずっと印象がいいと思うし、
男性も自分の服に使えば、世の女性向け柔軟剤の女性的なイメージとのギャップもないし、香りも爽やかでモテ度がアップするかもしれません

たしかに、値段は市販の平均的な柔軟剤に比べれば少々高いけど、得られる効果を考えればお金を出す価値がある柔軟剤です。

「自分に合う香りの柔軟剤はどれだろう・・・?」といくつも柔軟剤を試してきた柔軟剤難民のアナタ!
Kitsonの柔軟剤がその答えかもしれませんよ。

Kitsonの柔軟剤は楽天市場でお得にGET!芸能人も使っている柔軟剤を使ってみなはれ!

kitson1
kitson 【kitson】Fabric Fragrance Softener(600ml) キットソン

楽天市場でお買い物するなら楽天カードがオススメ♪年会費無料で楽天ポイントをザクザク貯めよう!



女性なら楽天PINKカードも♪3つの限定カスタマイズサービスを使えば毎日がお得になりますよ^^



⇒ 良い香りで生活もハッピー!おススメの柔軟剤や活用法はこちら


著者情報
モリオ

モリオ

モリオの書いた他の記事を見る

車を持ってないのに車が好きな横浜在住30代男子。都市部では車は贅沢品!持たないことが節約なんです!…と買えない言い訳をこぼしつつ今日も役立つ情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000