【タバコ代の節約】電子タバコならタバコ代を節約しながら健康な身体も手に入る!世界中で話題の電子タバコとは!?

閲覧回数 : 10,233 views

前回ご紹介した記事



意外にもたくさんの人に読んで頂けているようです。

それだけタバコの健康について考える人がいたり、タバコを吸う人が多い世の中。
税金が上がるとなると、まず対象とされるのもタバコですよね。

日本では1箱あたり400円~500円とされていますが、海外では1,000円を超えているなんてところも。
「いずれは1箱1,000円になるのでは?」と日本の税金の値上がりのたびに噂されています。

そこで新たに注目されているのが「電子タバコ」
初期費用は数千円かかりますが、フィルターなどが安く、結果的に大きな節約になると注目されています。
また、うまくすれば禁煙に繋げられる可能性も!

ということで、今回は電子タバコについてご紹介したいと思います。
上手に活用して、節約だけでなく健康も手に入れてくださいね!

最近しんえもんが電子タバコ(VAPE)デビューを果たしたみたいですよ(笑)

電子タバコではありませんが、加熱式タバコというものが喫煙者の中ではブームになっており、実際にニコチンを摂取できて、普通のタバコよりも臭くないと話題です。



消費税が上がると話題になる電子タバコ。
どのような仕組みになっているのか、説明しましょう。

電子タバコは、通常の紙巻きたばことほぼ同じ大きさの筒に“カートリッジ”と呼ばれる味や香りを付けた専用の液体リキッドをセットし、電気の力で加熱して発生した蒸気を吸うアイテム。
煙ではなく水蒸気を吸うので、身体に発がん性物物質と言われるタールが入らないようになっています。

セットする液体リキッドには、様々な味や香りのするものが売られています。
基本的にリキッドの成分は水・香料・そして処方薬などに使われている物質など。
タバコの有害成分といわれるニコチン・タールなどは含まれていません。

もちろん、海外ではニコチンの配合されたリキッドも普通に売られていますが、日本では、ニコチン入りリキッドの販売は禁止となっており、入手は困難。
リキッドの値段は1本1,000円前後、商品にもよりますがこれで10日~15日程持つようです。
例えば450円のタバコを1日1箱吸うことを考えると、維持費面でもかなりの節約になることがわかりますね。

リキッドにはメンソールだけでなく、フルーツやスイーツ・エナジードリンク味などもあるんだとか!
この幅広い味の楽しみ方ができるとして海外で人気に火が付き、日本でも話題となっているようです。

また、電子タバコ本体の値段は3,000円~15,000円程と幅広く展開。
スタイリッシュでかっこいいものや、女性が好きそうなキラキラしたものまで、さまざまなものがあるようです。

電子タバコの仕組み

電子タバコは基本的にバッテリー・アトマイザー・カートリッジの3つの部品で構成されています。

カートリッジのリキッドがアドマイザーへ流れ、アトマイザーに染み込むと電気が流れます。

バッテリーの力でアトマイザーが温められ、高温になると水蒸気となり、ミストが味わえるようになる仕組み。
とてもシンプルな構造ですが、感覚的に「煙を吸う=タバコを吸う」という錯覚を脳に与えることもできます。

タバコではないので、喫煙所以外でも吸うことはできます。
ですが非喫煙者には“煙が出る=タバコ”というイメージがありますので、やはりマナーとして喫煙所で吸うようにしましょう。

電子タバコで禁煙できるのか?

よく「電子タバコにはニコチンもタールも含まれていないから、結局禁煙はできない」という意見があります。
たしかに肝心な2つの成分が入ってないのはタバコ本来と大きく異なる箇所。
煙のような水蒸気を吸うことで、“タバコをさも吸っているかのような感覚”だけは得る事ができます。

実際、禁煙したいと思い電子タバコに移行する人は多くいるようです。
ただ残念なことに、いきなり乗り換えてしまうと失敗に終わることも多いんだとか…。

喫煙希望で電子タバコを利用する方は、タバコを吸う量を減らして電子タバコで補う節煙・減煙から始めるのがおすすめ。
2本吸ったら電子タバコを1回吸う…といったように、少しずつゆっくりと鳴らしていくことが大切なようです。

また、禁煙パイポやガムとは違い味に様々な種類があるので、いくつかカートリッジを用意して”味を楽しむ”ようにしましょう。
フルーツ系やチョコレート系・ミント系・スパイス系など・・・様々な種類の味が販売されています。
「次はこの味を吸ってみよう!」と、自分の好みの味を探すことで、飽きずに続けられるといった声も多数あります。
味が付いているので、口寂しさにガムやアメに走ることもありません。
これなら太る心配もありませんよね。

まとめ

“吸って煙を吐き出す”という行為が脳を麻痺させ、さもタバコを吸っているかのような感覚を味わえる電子タバコ。
吸う煙も水蒸気によって発生するものなので、自分だけでなく周りへの被害もなくすことができます。
健康面での心配もなくなりますし、何より今までかかっていたタバコ代がハンパなく浮くのが一番のメリットじゃないでしょうか?

禁煙できない!という声もありますが、禁煙アイテムとして爆発的に売れており、実際に成功したひとが多いのも事実です。

口コミでリキッドが探せるお店「ベプログ」公式サイトはこちら

電子タバコはちょっと…という方におすすめ!アイコスの互換機iSMOKE!

次世代の加熱式タバコとして2018年3月発行の「家電評価」に掲載されているアイテム”iSMOKE(アイスモーク)”。
加熱式タバコの中でも大人気のアイコスの互換品として登場し、瞬く間に注目され話題となっているデパイスです。

なんと、1回の充電で最大約13本吸煙が可能であり、ムラなく加熱されることでたばこスティック本来の味を十分に楽しむことができ尚且つ連続して使えるという逸材です^^
アイコの互換品として持っておきたいと思わせるiSMOKE。

値段も8,424円(税込)と手頃な値段で購入することができますよ。

また、アイコス同様にiSMOKEも定期的にメンテナンスが必要なデパイスです。
故障を防ぎ長く愛用するためにもiSMOKEのメンテナンスもしっかりおこなってくださいね。

iSMOKEの購入ページはこちら↓↓

喫煙者向け情報まとめページはこちら↓

健康でいることが一番の節約!健康に関する情報まとめページはこちら↓


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000