上がり続ける電気代にストップ!一気に電気代が下がる長期的な節電対策とは

閲覧回数 : 1,845 views

節約を考える際、真っ先に取り掛かれるのは電気代や水道代の節約です。
コンセントをこまめに抜いたり、消費電力の小さな電化製品とうまく併用したり、小さな心がけ一つ一つが節電につながります。月々の節約が数千円だとしても年間にすると結構大きな金額に。効果が目に見えてわかるので節約のし甲斐がありますよね。

当サイトでもいくつかの節約方法をご紹介してきました。
意外と簡単!効率の良いガス代の節約方法
間違いだらけの水道光熱費節約術~冬場の暖房編①
間違いだらけの水道光熱費節約術~冬場の暖房編②

ですが、困ったことに電気代の高騰はこれから先もまだまだ続くと言われているのです。緩やかというよりむしろ直線的な上がり方で、私たちの日々の努力も「焼け石に水状態」になってしまいそうな勢いです。


電気代が高騰しつづける原因とは

電気代が高い原因のひとつは、原発の停止による電気不足です。

電力会社は代わりに天然ガスや石油を使い火力発電所で電力を作らなくてはならなくなり燃料費が大幅に増加したこと、その天然ガスや石油の国際価格自体もまた高騰しているという苦しい背景があるのです。

とはいえ、これ以上電気代が上がるのは辛すぎますし、私たちができる電気代の節約にも限界があります。

もっと根本から電気代を安く抑えられる節電対策が必要なのかもしれません。

そこで今回は「家ごと節電体質」に変えてしまう対策案をご紹介したいと思います。

長期的な節電対策を考えるなら「家ごと節電体質」に

「家ごと節電体質」に変えてしまう方法とは遮熱・断熱塗料「ガイナ」の塗装です。

外壁はもちろん、屋根にも内装塗料としても使える「ガイナ」はロケット開発で培われた最先端の断熱技術を塗料化した注目の最先端塗料。

塗装することで放熱を抑え暖房効果を高めるので、壁や天井の表面温度と室内温度のムラをなくし体感温度をより高く感じられるため冬は底冷え知らずで過ごせます。

夏は遮熱効果で室内の温度を下げ、同時に冷房効果を高めるので、冷暖房費を格段に安く抑えられるのです。

またこの塗料は
・膨張や収縮が抑えられるので家自体の寿命を延ばす
・周辺の温度変化に順応する性質を持っているので結露も抑えられる
・「帯電性0.0」という性質が臭いの元となる汚濁物質を無害化して空気を浄化する
・空気を含んだ何層ものセラミックが屋外の騒音を吸収、反射し防音効果も抜群

と、いいことづくめ。
初期費用は一般の塗料よりは若干高めですが、外壁を壊して貼り直す外張断熱パネルや、室内の壁を壊して断熱材を入れる大がかりな工事よりはずっと安く済みます。

工期も短くおよそ20年はメンテナンス不要なのでここ数年「ガイナ」を施工する家庭が増えているのだとか。

これまでの生活習慣を変えることなく電気代を一気に下げる「家ごと断熱」。長期的な節電対策としてあなたも考えてみませんか?

全国の200社以上の塗装会社で取扱いがあるので、施工効果や費用など一度問い合わせてみるのもいいかもしれません。

「うちにはそんな余裕はないのよ」という方には、次回「費用が数万円で済む意外と簡単で見落としがちな断熱方法」をお教えしたいと思います。

⇒ 光熱費を削減して家計を大きく節約しよう!


著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000