アマゾン(amazon)が値上げを発表!プライム年会費が3,900円から4,900円に上がってもメリットがあるのか検証してみた!

akiaki

こんにちは!編集部スタッフのaki(@aki_setsuyaku)です。
2019年4月12日、日本時間の深夜3時にamazonプライムサービスの値上げが発表されました。
今回の値上げはについてはアマゾン利用者に対し通知メールや予告もなく、また明確な理由も発表されていません。

ただし、Amazonの本社があるアメリカにおいては2018年5月にプライム会員費が値上げされています。
そのため国内での値上げも時間の問題と言われていましたが、利用者にとっては突然のことに驚いている方も中にはいるのではないでしょうか?

また、Amazonプライムサービスといえば年会費3,900円(月額400円)で送料無料のほか動画配信サービスや音楽など、あらゆるサービスを定額で使えることで有名ですよね。

しかし、少し調べてみると今回の値上げ以前に問題が多発しているようです…。
そんな状況のなかプライム会員の年会費が上がってでも利用するメリットはあるのでしょうか?

そこで今回はAmazonと並ぶ通販サイト楽天市場とも比較してみました。
お得に通販を楽しむならどちらに軍配が上がるのか見ていきましょう!

プライム会員の値上げの経緯

今回Amazonプライムの年会費が3,900円から4,900円と1,000円の値上げが決定しました。
ちなみにAmazon.co.jpではすでに年会費の値上がりについて記載されています。

↑の写真にも掲載されているのですが、2019年5月17日以降の請求からAmazonプライム会員の年会費、月額費が変わります。

 変更前変更後
年会費3,900円
(税込)
4,900円
(税込)
月額費400円
(税込)
500円
(税込)

月額でいえばワンコイン(500円)で済みますが、500円を12ヶ月払い続ければ年間6,000円の出費となります。
はじめから年会費会員として登録しておけば一年間使っても4,900円なので1,100円お得です。
またAmazonプライム会員は登録してから30日間は無料で利用することができるので安心してくださいね。

しかし、今回の値上げについてはamazon利用者に対し事前に予告もなければ通知メールなども一切なく、SNSやニュースを見て知ったという方も多かったようです。

とは言うものの、Amazonプライム会員の年会費が上がることはすでに予想されていた方も中にはいたようです。

2018年5月にはAmazon.co.jpの本社があるアメリカのプライム会員年会費が99ドル(日本円で約11,000円)から119ドル(日本円で約13,000円)と値上げされていますしね。
そのため「日本もそろそろ上がりそう…」という声もいくつか耳にした方も多かったと思います。

それでも2007年のサービス開始以来、一度も上がることがなかったプライム会員の年会費。
今回プライム年会費に対し初の値上がりが実施されますが、アメリカを含む海外でのプライム会員費と比べればまだまだ安いといえます。

ただ、少なくともメールの一通は欲しかったところですよね(汗)
きっと年会費が上がることでユーザー離れを懸念しての行動なのでは?とakiは思っています。

ですが、国内の通販会社のなかでも楽天市場と並びトップ2に入るAmazon.co.jp。

値上げの対象であるAmazonプライムサービスでは「送料無料」や「指定便」など、Amazonを便利かつお得に使えるように展開しているもの。

そんな中年会費1,000円の値上げ、月額でいえば100円の値上げに対し戦慄するものでしょうか?

気になったのでもう少し探りを入れてみました。

今回の値上げについてユーザーの反応は?

amazonプライム会員の値上げについては各メディアにてさまざまな意見やコメントが飛び交っています。
(Twitterではトレンドに入っているほど)

多くのamazon利用者の声のなかにはいくつか共通する点が見えてきました。
なかでも多かったのは以下の3つです。

・プライムサービスを駆使してるから許容範囲
・デリバリープロバイダの廃止もしくはサービス向上
・プライムビデオ・ミュージックの配信量の増加

このように「許容範囲」「それでも海外に比べたら安いし」「速いと翌日には届くから助かる」と値上げについて特に気にした様子がない声もありました。
しかし「どうせ値上げるならプライムサービスをもっと良くしてよ!」という方がやはり多いようです。

つまり「値上がりはいいけど、なにか特別なものを用意して!」ということ。
単純に料金が上がるだけで今以上の恩恵を受けることができないのであれば「Amazonプライムサービスを利用する価値がない」と思っている方も少なくないようです。

そして、もっとも多かったのは「デリバリープロバイダの廃止もしくはサービス向上」です。
これまでAmazonで購入した荷物の大半はヤマト運輸がおこなっていました。
しかし、その負担に耐え切れなくなりamazonとの契約を見直したことでヤマト運輸が主に担っているサービスは2017年6月から「日時指定便」のみとなっています。
※通常配達でもヤマト運輸によって運ばれることがありますが、ヤマト運輸、佐川急便、デリバリープロバイダからランダムとなっています

そのためAmazonプライムサービスの「お急ぎ便」を指定した場合、デリバリープロバイダ(SMG即配サポート、札幌通運、TMGなどの業者の総称)によって届けられるのですが、利用者からの苦情が相次いでいる様子…。
お急ぎ便にしたにも関わらず荷物が届かない、家にいたのに不在扱いとなり持ち帰られたなどなど。
このような問題が相次いで起きていることを考えれば、Amazon側がユーザー離れを懸念した理由の一つになるのではないでしょうか。

わざわざAmazonプライム会員の年会費を払って送料を無料にしても、荷物が届かないなら払いたくないですものね…。

アマゾンにおける「悪徳業者の影」

実はデリバリープロバイダのほかにamazon利用者の間で噂になっていることがもう一つあります。
それは「悪徳業者」の存在です。
あくまでも噂としか言えませんが、購入してから数週間経っても商品が配送されない、サイズ違いの商品が届くなど被害が相次いでいるようです。

そのため今回の値上げについては配送業者だけでなく、「年会費を上げるなら悪徳業者が増えないようにしてくれ!」という声も聞きました。

amazonプライム会員のメリットとして通常価格より安く購入することができるのですが、
悪質業者に気がつかなければ被害が増えるだけです。

プライム会員費値上げについては明確な理由がわからないままですが、料金を上げることでこのような被害を少しでも減らせるように対策を練ってほしいと願うのは当然かもしれません。

継続し年間4,900円の元をとる方法

さて、ここまで読んでいただくと「1,000円高くなるし、いっそamazonプライムやめようかな…」と思った方もいるのではないでしょうか?

ですが、ちょっと待ってください!

確かに4,900円という年会費は決して安いわけではありません。
プライム会員の一番のメリットともいえる「送料無料」も2,000円以上の購入であれば誰でも無料となりますしね。

しかし、Amazonプライムサービスはそれだけではありません。
映画やドラマが見放題のプライムビデオ、音楽聞き放題のプライムミュージック、さらにAmazonプライム会員限定のタイムセールにも参加することができます。
これらのサービスを年間4,900円(税込)で利用できるのですから、サービスを活用すればするほど年会費の安さを実感するはず!

特にお届け便や日時指定便を利用したいのであればamazonプライムサービスを利用したほうが断然お得です。

例えば同じ通販サイトである楽天市場。
楽天市場でも翌日に届く「あす楽」や「日時指定便」を利用することができますが、購入金額に関係なく送料がかかるので余計な出費にも繋がります。
その点Amazonプライム会員であれば送料はいつでも無料!
つまり、いくら商品が安くても送料を考えればamazonで買ったほうが出費を抑えることができるんです。

お得なAmazonプライムサービスについてはこちらのページをどうぞ

ちなみにAmazonプライム会員の年会費を無料にする方法があることを知っていますか?
その方法とはAmazonが発行している「AmazonMasterCardゴールド」というクレジットカードを持つこと。
このカードがあればAmazonプライム会員の年会費を実質0円にすることができ、常に2.5%とかなりの高還元率を誇ります。

また、ポイント還元率でいえばオリコカード ザ ポイントも人気の一枚。
オリコカードは入会後6ヶ月間はポイント還元率が常に2%、AmazonMasterCardゴールドと違い年会費も無料で持つことができるのでオススメです。

このようにAmazonプライム会員の年会費が4,900円に上がっても各サービスを活用し、還元率の高いクレジットカードを利用することで年会費の元は簡単にとれると言っても過言ではありませんね。

ポイント力に特化したオリコカード ザ ポイントを今すぐチェック!

オリコカード ザ ポイントについてはこちらのページをどうぞ

値上げしても楽天よりもお得?

国内の2大通販サイトであるamazonもしくは楽天市場。
Amazonにはプライムサービスといったamazon独自のサービスがあり、楽天市場では楽天スーパーポイントが貯まるほか多くの場所でポイントを使うことができるといった特徴がありますよね。

Amazonプライム会員に登録すれば購入金額に関係なく送料無料、さらにプライムビデオやプライムミュージックなどのサービスを利用することができます。

一方、楽天市場には独自サービスはなく、お店によって送料無料もしく600円、900円、1,200円と三段階の料金設定が設けられています。
そのため2,000円以上の商品であればプライム会員でなくともAmazonで買ったほうがお得です。

しかし、楽天スーパーポイントを使えば楽天市場でも送料を無料にすることができます。
Amazonのように「2,000円以上」といった購入金額に縛られることもなく、購入金額に対し楽天ポイントを貯めることができるのでお得です。
ですが、送料分を相殺させるほどのポイントが貯まっていなければ意味がありません。
楽天ポイントがなければ使えませんし、送料に対するポイントバックはないため貯めるまでに時間も必要です。

その点Amazonプライム会員であれば送料は常に無料、さらに通常500~700円かかる「お急ぎ便」や「日時指定便」も無料で使うことができます。
ちなみにAmazonで毎月一回以上配送サービスを必ず使うのであればプライム会員に登録したほうが断然お得ですよ。

たとえば「お急ぎ便」を月に1回使ったとしましょう。
そうなると年間で6,000円かかります。
※お急ぎ便1回分の料金は500円(最安価格)と設定した計算となります

500円(お急ぎ便)×12回=計6,000円

次にプライム会員の年会費を引きます。

6,000円-4,900円(※新プライム会員の年会費)=+1,100円

このように「お急ぎ便」などの配送サービスを12回もしくはそれ以上利用するのであればプライム会員に加入したほうがプラスになります。
もちろん、Amazonプライムサービスは配送サービスだけではありません。
年間4,900円であらゆるサービスを使うことができるのでさまざまな節約に繋げることができます。

少し余談となりますが、2019年2月において「楽天市場での送料を年内に無料にする」との発表がありましたよね。
この発表後には「送料無料の基準値はamazonと同価格(2,000円以上の購入)では?」という声もありましたが、詳細はまだわかりません。
ですが、楽天市場での送料が無料になった場合Amazonにとってこれまでにない脅威になることは安易に想像できます。

様々なサービスを拡大しているAmazonプライムサービスですが、「デリバリープロバイダ」「悪徳業者」といった問題も残っています。
それでも年会費を上げたということは、近い将来Amazonユーザーに対し何かしらの恩恵を考えているはず…。

国内の2大通販サイトであるAmazonと楽天市場。
今後もこの2社による動きには目が離せそうにありませんね。

amazonプライムサービスの今後のゆくえは

本記事でお伝えしてきたようにサービス開始以来、初の値上げとなったAmazonプライム会員の年会費。

今後の値上げについては「特に予定なし」とamazon関係者がすでに公表しているようですが、数年後はどうなるかわかりません。

また、今回のプライム会員の値上げは「微々たるもの」だとakiは思っていますが、確かに各サービスの向上もしくは拡大はしてほしいところ。

特に荷物の配送については一歩間違えれば「個人情報の漏洩」に繋がりかねない問題です。
なかでも一人暮らしの女性は「デリバリープロバイダ」の利用を避けたいがゆえにamazonから離れる可能性は十分に考えられることでしょう。
デリバリープロバイダが原因で見知らぬ人の元へ荷物が届けられた日には「恐怖」しかありませんからね。

これからはAmazonプライムの各サービスの質を上げつつ、利用者の声に耳を傾け今以上に便利かつお得なサービスを届けてくれることをakiは期待したいと思います。

amazon各種サービスのお得な情報まとめページはこちら

この記事を書いた人
aki

aki

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!
さがす