読み放題サービスKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)ってなに?さらにkindleシリーズを徹底比較!

閲覧回数 : 879 views

AmazonにてKindleシリーズ最大の7インチスクリーン・初の防水機能が搭載された「Kindle Oasis(キンドルオアシス)が新登場!
Kindleに防水機能が施されているのでお風呂に入りながら読書を楽しむことができますよ♪

さらに、Amazonプライム会員なら4,000円OFFで購入することができます^^
Amazonプライム会員になれば、プライムビデオやプライムミュージック、そして新サービスPrime Reading(プライムリーディング)を使うことができます!
この機会に、ぜひAmaoznプライム会員になってみては?

こんにちは、本も漫画も色んなジャンルに手を出す編集部スタッフのakiです^^
Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)を購入してから約半年…実は以前より気になっていた読み放題サービスKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を試している真っ最中!
この読み放題サービスを使うようになってからは、本屋さんでの買い物はもちろんKindleストアでも購入する機会が減り本の節約をすることができているんです♪

そこで、今回はKindle Unlimitedについてと専用端末Kindleシリーズをご紹介します。


Kindle Unlimitedってなに?


Amazonが提供する電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」というものがあります。
これは、Amazonで電子書籍(Kindle版書籍)を専用端末もしくは無料アプリにダウンロードすることで読むことができるなどといったコンテンツ配信を始めとする各種サービスのことです。

ですが、ほとんどの方は「Kindle」と聞くとKindle版書籍を読むための「Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)」といった専用端末(電子書籍リーダー)といった認識が強いと思います。
さらにiosやAndroid(スマホやタブレット)向けの無料アプリも用意されているため、誰でも簡単に電子書籍を楽しむことができるんです。

そして、Amazonが提供しているKindle版書籍の読み放題サービスのことを「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」と言います。
読み放題といっても、全国の書店で販売されている本の電子化がされている本が主な対象となっているため必ずしも読みたい本があるとは限りません。

無料Kindleアプリはコチラ

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の特徴

Kindle Unlimitedは月額980円というなかなかのお値段。
Amazonプライムなら年会費3,980円(月額400円)で、プライム会員特典を受けることができますよね。
しかし、Kindle Unlimitedというサービスはプライム会員とは別途料金がかかるサービスです。
そのため、2017年10月5日にサービスを開始した「Prime Reading(プライムリーディング)」のほうが割安に感じる人もいるかもしれません。

amazonプライム新サービス”Prime Reading”については編集部スタッフのモリオ先輩がサービスについて詳しく解説してくれています。

Kindle UnlimitedとPrime Readingの大きな違いは、配信されている本の数です。
Kindle UnlimitedはKindle版書籍の全てが読み放題になるわけではありませんが、本の数は15万冊以上にも及びます。
では、この15万冊には具体的にどのような本があると思いますか?

ちなみに、2017年10月現在Kindle Unlimited読み放題の中には

ハリー・ポッターと賢者の石 – Harry Potter and the Philosopher’s Stone (ハリー・ポッターシリーズ)
星の王子さま
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

とまぁ、上記に出したタイトルは私好みの本の一部ですが…(笑)

他にも、日本の実業家として有名なホリエモンこと堀江貴文(ほりえたかふみ)さんの「なんでお店が儲からないのかを僕が解決する」といったビジネス書籍も揃っています。
さらに、子育てママにピッタリな「男の子の本当に響く叱り方ほめ方」といった子育てに関する本もあれば「人生が変わる!片づけ&掃除術 部屋は自分の心を移す鏡でした」や「30日間片づけプログラム」といった流行りの断捨離に関する書籍も揃っていますよ。
もちろん、Amazon新サービスのプライムリーディングでも読むことができる本もあるので安心してくださいね。

「Kindle Unlimited高いなぁ」
「Amazonプライムの金額で本を読むことができたらいいのに…。」

という方は“Prime Reading”を使ってから考えるのも十分アリです!
しかし、Kindle UnlimitedもAmazonプライム同様に登録した最初の30日間は無料で使うことができます。
すでに、amazonプライム会員であればKindle Unlimitedをこの機会に一度試してみては?

Kindle Unlimited借り方&返し方

Kindle Unlimitedは「読み放題です!」と謳っていますが、手元(例えばキンドル)にダウンロードしておくことができる本は10冊までです。
この10冊はamazonストアまたはKindleストアから選ぶことで電子書籍端末キンドルはもちろん、iosやAndroid向けの無料アプリ内にストックすることができます。
例えば「10冊目を読み終わったから次の本が読みたい!」となった場合、どれか1冊を返さないと読むことができないので注意が必要です。

つまりKindle Unlimitedというのは電子版の図書館というと、わかりやすいのではないでしょうか?
図書館で本を借りる時も「1人につき○冊まで」と決められていますよね。

もう一つKindle Unlimitedを使う際に注意すべきことがあります。
それはスマホの無料アプリKindleで読む際、今読んでいる本がKindle Unlimitedの本なのか購入した本なのか区別がつかないということです。
本物の図書館と違いKindle Unlimitedでダウンロードした本には「貸出し期限」というものはありません。
ですが、場合によってダウンロードした本を放置していると消えてしまう可能性があるため気をつけてくださいね。

Kindle Unlimitedの読み方

Kindle Unlimitedを使っての本の読み方は専用の電子書籍端末Kindleを使うか、スマホに無料アプリKindleをダウンロードすることで読むことができます。

amazonストアからはもちろんキンドルを持っていればキンドルストアから、またスマホ専用アプリからダウンロードしても読むことができます。
キンドル版書籍のダウンロード方法については、以前ご紹介しているコチラの記事を参考にしてください。

ただし、持っているスマホがiPhoneの場合ダウンロード方法がAndroidと異なるためコチラの記事を参考にどうぞ

kindleシリーズについて

kindleシリーズと言えばAmazonの電子書籍リーダーとして有名ですが、2016年10月に新しくPaperwhiteのマンガモデルが発売されました。
新たに発売されたマンガモデルも含め、kindleでは5つモデルが展開されていますが、それぞれにはどのような特徴があるのか、まとめてみました。

全てのモデルのスペック表

kindleシリーズは「kindle(キンドル)」「kindle paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)」「kindle paperwhite マンガモデル」「kindle voyage(キンドル ボヤージュ)」「kindle oasis(キンドル オアシス)」の5つが展開されています。

それぞれの主要スペックは以下の通りです。

 Kindlepaperwhiteマンガモデルvoyageoasis
価格¥8,980~¥14,280~¥16,280~¥23,980~¥35,980~
解像度167ppi300ppi300ppi300ppi300ppi
重量161g205g205g180g131g
容量4GB4GB32GB4GB4GB
サイズ160×115
9.1 mm
169×117
9.1 mm
169×117
9.1 mm
162×115
7.6 mm
143×122
3.4-8.5 mm
接続Wi-FiWi-Fiまたは
Wi-Fi + 3G
Wi-FiWi-Fiまたは
Wi-Fi + 3G
Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 3G

値段は全て「キャンペーン情報あり」「Wi-Fiモデル」のものです。

「キャンペーン情報あり」というのは、ホーム・スリープ画面に下の画像のような広告が入るタイプのkindleになります。

20161226 Kindle Voyage4

普通に読書する分には何の問題もありませんが、スリープから読書に入るまでひと動作余分に行わなければなりません。
そのため、中には「広告が鬱陶しい」という方もいるようです。
しかし「キャンペーン情報あり」と「キャンペーン情報なし」では2,000円の価格差があるので、少しでも低価格で手に入れたいのであれば「キャンペーン情報あり」が断然お買い得です!

通信方式では、「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi + 3Gモデル」の2種類があり、「Wi-Fiモデル」ではWi-Fi環境が整っていないと書籍をダウンロードすることができません。
3Gがついているモデルだと屋外などWi-Fiが飛んでいない場所でも書籍をダウンロードすることができ「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi + 3Gモデル」の価格差は5,000円です。
もし、外出時でも本をダウンロードしたい場合はWi-Fi環境のある場所でダウンロードするかポケットWi-Fiを使えばダウンロードすることが可能です。

ポケットWi-Fiについてはもちろん、Wi-Fiについて詳しく知りたい方はコチラのページをどうぞ

 モデルごとの特徴

Kindle

まずはエントリーモデルの「Kindle」からご紹介していきたいと思います。

解像度が167ppiと他のモデルに劣りますが、一番安い8,980円から購入することができます。
さらに、重さも161gとシリーズの中でトップクラスに軽くなっており、長時間の読書でも疲れにくいようになっています。

ただ、接続方式がWi-Fiしか用意されていないため外で新しい本がダウンロードできないというデメリットがありますが、「家でしか使わない」「外でダウンロードする予定がない」「そもそも電子書籍リーダーが初めてで、いきなり高いものを買うのは怖い」という方にお勧めのモデルになっています。
20161226 Kindle

Kindle paperwhite & Kindle paperwhiteマンガモデル

続いてミドルエンドモデルである「Kindle paperwhite」と「Kindle paperwhiteマンガモデル」をご紹介します。

「Kindle」よりも解像度が向上しましたが、若干大きくなっており、重さも40gほど重くなっています。

今年2016年10月に新しく発売されたマンガモデルでは外装の変更は無く、「Kindle paperwhite」の容量が増え、長押しでページがめくれる「快速ページターン」という機能が付いたものの様です。
「Kidle paperwhite」にプラス2000円出せば、容量が8倍のものを買えると考えたらかなり安いのではないでしょうか。

ただ、買った本はクラウドに登録され、何度でもダウンロードすることができるので、読んだら端末からすぐに消している人にはあまり恩恵がなさそうです。
ちなみに、すべてマンガを入れる場合だと、約700冊ものマンガを入れることができるようです。
自分もそうなのですが、「気分によって読みたい本が変わる」という方、「常に大量の本を持ち歩きたい」という方にお勧めのモデルですね。
20161226 Kindle paperwhite

Kindle Oasis

Kindleシリーズのフラグシップモデルである「Kindle Oasis」をご紹介します。
やはりフラグシップモデルということで、サイズも重さも他のモデルより断然小さく・軽くなっています。
その分お値段も他より断然お高くなっていますが…

「Voyage」では感圧センサーを採用していたように、はっきりとしたボタンは搭載されていませんでしたが、「Oasis」では右サイドに2つボタンが搭載されています。

感圧センサーでは、使っているうちに「ページを送りたいのに戻っちゃう」ということが度々あったので、分かりやすくボタン式にしたのはとてもいいんじゃないかなと思います。

重さもボタンがある側に偏っているので、片手でも持ちやすく操作がおこないやすくなっていますね。
さらに「付属品のカバーにバッテリーが内臓されている」という斬新なデザインを採用していますが、このバッテリー内臓カバーはどうなんでしょう…。
外に持ち出すときにはカバーを付けていますし、家の中で頻繁にカバーの取り外しをするかと言われてもしなさそうですし、それならバッテリー内臓カバーなんてやらずに、素直に本体のバッテリーを増やした方がいいと思ったのは私だけでしょうか…?_

しかし、それを差し置いてもカバーを付けていない状態での左右非対称設計や、「Voyage」からの軽量化をみると使ってみたくなりますね。

20161226 Kindle Oasis

編集部のレン君が使っているモデルはKindle Voyage

最後に編集部スタッフのレン君が使っているハイエンドモデルの「Kindle Voyage」についてご紹介してもらいました!
今までご紹介してきた「Kindle」や「Kindle paperwhite & Kindle paperwhiteマンガモデル」では、ページをめくるのに画面をタッチする必要がありましたよね。
この「Kindle Voyage」では両サイドに感圧センサーがついているので、軽く握りこむだけでページを送ったり戻したりすることができます。
これが地味に便利な機能で、横に寝転がって本を読んでいる時などに、片手で操作することができます。

外装面でも「Kindle」よりは大きいですが「paperwhite」よりも小さくなっており、重さも「paperwhite」から約20gも軽くなっています。

20161226 Kindle Voyage8
専用のカバーを使えばカバーの開け閉めで電源のON、OFFを操作することができるので、非常に便利です。

20161226 Kindle Voyage2

Kindle Unlimitedの解約方法

先ほどからお伝えしていますが、Kindle Unlimitedはプライム会員とは別に月額980円かかります。
毎月1,000円以上の本を買っている人や本の置き場所に困っている人にオススメしたいサービスではありますが、使うことに躊躇する方も居るのでは?
しかし、Kindle Unlimitedは最初の30日間は無料で使うことができ、日付さえ覚えていればお金をかけずに読書を楽しむことができますよ。

※無料期間中に解約をしてもお金はかかりません。
ですが、無料期間が終ったにも関わらず解約手続きをしなかった場合、自動的にKindle Unlimited会員料金として月額980円が請求されます。
Kindle Unlimited会員登録をキャンセルしない限り、その後も自動更新となるので気をつけてくださいね。

「いつ入ったかわからなくなった」「もう、満足したから退会したい」などの場合は、以下の方法で登録した日付の確認、解約をすることができます。
では、次にKindle Unlimitedの解約方法についてご紹介したいと思います。

登録日確認&解約方法

1, Amazonストアを開き、アカウントサービスをクリック

2, アカウントサービス内にある「お客様のKindle Unlimited」を選択

3, Kindle Unlimitedページ

4, 3の画面でKindle Unlimitedに入会した日付の確認をすることができます。
さらに、「メンバーシップを管理」の「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」を選択すると

5,「メンバーシップを終了してもよろしいですか?」と画面に表示されます


6,「 メンバーシップを終了」を選べば解約完了となります。

登録した日付の確認も解約方法も簡単にできますよ。
ただし、Amazonアプリからはできません。
スマホではデスクトップ用の画面を表示させるか、パソコンにて確認または解約をすることができます。
また、iosとAndroidでは方法が異なるかもしれませんので確認してみてくださいね。

 まとめ

今回ご紹介したKindle Unlimitedには2017年10月現在15万冊もの本が読み放題の対象となっています。
amazonプライムサービスとは別にお金がかかってしまいますが、本好きの方や速読ができる方などにとってはお得なサービスだと思いますよ。

ちなみに冒頭でもお話しましたが、kindleを使いさらにKindle Unlimitedを使い始めてからは本屋に行っても買うことが無くなりました!
本を買ってもなかなか読む時間がを取ることができず場所を取っていたのですが、kindleにダウンロードするだけで通勤中の空き時間を使って好きな本を読むことができています♪

ぜひ、アナタもAmazon読み放題サービスKindle Unlimitedを使ってみては?

今だけ30日間無料!動画も見放題のAmazonプライム会員無料登録はこちら
amazon-banner

【節約大全】amazonおすすめ情報&おもしろアイテムまとめページへ戻る
amazon


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000