ソフトバンク・ドコモ・auひかり・・・スマホと光回線のセット割がある3社の料金を徹底比較してみました!

プチマダムプチマダム

2015年3月1日、auに続きドコモやソフトバンクでも光回線のサービスが始まりました。

スマホなどの携帯電話と光回線のセット契約で毎月の携帯代が安くなるため、3大キャリアによる顧客の争奪合戦が始まっています。

ユーザーである私たちにとって携帯代を少しでも安く済ませたいもの。どこのキャリアが一番得なのか、損をしないためにもそれなりの知識を得ておくことは大切です。

そこで今回は大手3キャリアのセット割りについて、どこが一番得なのかざっくりとですが比較をしてみました。

スポンサーリンク

固定回線利用料を比較

まずは固定回線の利用料についての比較を以下にまとめました。
固定回線利用料

キャリアドコモ光ソフトバンク光auひかり
戸建て5,200円5,200円5,200円
マンション4,000円3,800円4,050円

3社とも同じ通信速度(最大1Gbps)で、戸建ての場合はドコモ、SoftBank光、auひかりの3社とも5,200円(税抜き)で差がありません。ですが、マンションの場合はSoftBank光が3,800円で一番安い料金設定になっているようです。

個人で契約/光回線とセット割で一番安いのは?

次に携帯電話のセット割の割引額の比較です。
3大キャリアの割引額    ( )内は3年目以降の割引額

プラン名ドコモ 光パックソフトバンク スマート割引au スマートバリュー
2GB540円(540円)500円(500円)1,008円(1,008円)
3GB--1,008円(1,008円)
5GB864円(864円)1,522円(1.008円)1,522円(1,008円)
8GB1,080円(1,080円)-1,522円(1,008円)
10GB-2,000円(1,008円)-

( )内は3年目からの割引額ですが、ソフトバンクもauも3年目からは割引額が減ってしまいます。ドコモだけが3年以降も変わらないとアピールをしていますが、もともとの割引額が少ないのです。
2GB、3GBプランなら、auスマートバリューが圧倒的に安くなります。

また、10GBプランで2,000割引を提示しているソフトバンクも3年目からはドコモ、auと横並びになり、最初の2年だけ他社よりも得になります。

実際に計算してみます。
《個人契約26歳以上・かけ放題・毎月5GB使用した場合の料金比較》

プラン名ドコモ 光データLパック5Gソフトバンク スマ放題5Gau カケ放題5G
基本プラン3,240円3,240円3,240円
パケット代5,400円5,400円5,400円
セット割引-864円-1,522円-1,522円
最初の2年間7,776円7,118円7,118円
3年目~7,776円7,632円7,632円

【docomo】の場合(プラン名 光データLパック)
①基本プラン 3,240円(内訳 基本使用料2,916円+ネット接続料324円)
②パケット代 5,400円
③セット割   -864円
合計 7,776円/月
ドコモは③のセット割の金額がずっと同じなので3年目以降も月額7,776円

【softbank】の場合(プラン名 スマ放題)
①基本プラン 3,240円(内訳 基本使用料2,916円+ネット接続料324円
②パケット代 5,400円
③セット割 -1,522円
合計 7,118円/月
ソフトバンクは③のセット割の金額は3年目から1,008円になるので、3年目以降は月7,632円
【au】の場合(プラン名 カケ放題)
①基本プラン 3,240円(内訳 基本使用料2,916円+ネット接続料324円)
②パケット代 5,400円
③セット割 -1,522円
合計 7,118円/月
auはソフトバンク同様③のセット割の金額は3年目から1,008円になるので、3年目以降は月7,632円

個人で契約するなら、ドコモよりも658円安いauスマートバリュー、ソフトバンクスマート値引きが得になります。(3年目からも144円安い)
但し2GB、3GBプラン程度のデータ通信で収まるなら、auが一番得になります。
3年目からはどのプランでもauが得になることがわかりますよね。

家族で契約/光回線とセット割で一番安いのは?

続いて家族で利用する場合の割引額を比較してみます。
《家族で3人で利用した場合《大人2人+子供2人(20歳)通話かけ放題付・それぞれが毎月5GB使用)した場合の料金比較》
26歳未満の子供がいる場合はその年齢になるまでずっと学割が適用されます。

プラン名ドコモ 光シェアパック15GBソフトバンク 定額パック5GB×3人au スマートバリュー5GB×3人
基本プラン5,376円9.720円9.720円
パケット代12,600円16,200円16,200円
セット割引-1,800円-4,566円-4,566円
学割-540円-1,620円-1,620円
1年目15,636円19,734円19,734円
2年目19.960円19,734円19,734円
3年目~19,960円22,336円22,336円

【docomo】の場合 (プラン名 光シェアパック15)全員で月15GBまで分けあって使えるプラン
※1年目
①基本プラン 5,376円(内訳 基本使用料1,458円+ネット接続料324円)×3人
②パケット代 12,600円
③セット割 -1,800円
④学割  -540円
合計 15,636円/月

※2年目
①基本プラン 9,720円(内訳 基本使用料2,916円円+ネット接続料324円)×3人
②パケット代 12,600円
③セット割 -1,800円
④学割  -540円
合計 19,960円/月

※3年目以降
①基本プラン 9,720円(内訳 基本使用料2,916円円+ネット接続料324円)×3人
②パケット代 12,600円
③セット割 -1,800円
④学割  -540円
合計 19,960円/月

ドコモは1世帯単位で割引されるので、一人ひとりに対する割引はありません。
(ソフトバンクやauは家族で利用する場合も、一人ひとりの契約プランに対して割引が適用される)
ドコモだけにある特典として、子供も利用する場合1年間は家族全員の基本使用料が半額になるのでかなり大きな割引になります。

【softbank】の場合 データ定額パック・標準(5GB)
※1~2年間
①基本プラン  9,720円(内訳 基本使用料2,916円円+ネット接続料324円)×3人
②パケット代 16,200円(内訳 5,400×3人)
③セット割 -4,566円(内訳 1,522×3人)
④学割     -1,620円(内訳 540×3人)
合計 19,734円/月

※3年目以降
①基本プラン  9,720円(内訳 基本使用料2,916円円+ネット接続料324円)×3人
②パケット代 16,200円(内訳 5,400×3人)
③セット割 -3.024円(内訳 1,008×3人)
④学割     -540円(内訳 540×1人)
合計  22,336円/月

【au】の場合は【softbank】の場合と同様

まとめ 個人ならau 家族ならドコモがお得!

割引率やサービスの内容は常に変わっていきますが、現時点では個人で契約する場合はドコモよりもソフトバンクやauの方が得のようですね。
さらに月2GBで十分な人は一番割引額が大きいauが得になります。

家族(3人で15GBをシェア)で契約した場合は、今回のパターンでは1年目は学割が適用され基本使用料が半額になるドコモがソフトバンクやauよりも毎月4,000円以上安くなり、3年目以降は毎月2,376円と、圧倒的にドコモが安くなる結果になりました。
今回のパターンでは3年目からは料金が高くなってしまうソフトバンクやauとは逆にドコモは長く使えば使うほど得になることがわかりました。

また、家族に5年以上利用している人が一人でもいれば対象になる利用年数に応じた割引「ずっとドコモ割」(300円~)もプラスされるのでこれも大きなメリットです。

さらに新規でスマホを契約するなら1年間に限り毎月最大1,350円の割引になる「光★スマホ割」の恩恵を受けられます。
家計を圧迫する子供の携帯代を少しでも安くしたいと思っている家庭には最適なプランになりそうですね。

残念ながらauやソフトバンクは一人ひとりに割引が適用されるといっても、家族で利用するメリットがあまり感じられない結果となりました。

ただし今回は各キャリアのキャンペーンなどは除外して計算していますので、実際は携帯本体の値引きがある月に契約をすると月々の使用料がもっと安くなりますし、ソフトバンクやauの場合、家族内のプランの組み合わせが変わると割引額も増えたり減ったりするのでちがった結果になる可能性もあります。

入学シーズンなどの季節の変わり目や、最近では土日限定にキャンペーンが集中する傾向にあるので、これから光回線とスマホ利用を予定している人は、まず自分(家族)がスマホでどんな使い方をしたいのか(ネットがメインなのか、通話がメインなのか、ゲームや動画をメインに楽しみたいのか等)をはっきりさせてから比較検討されることをオススメします。

また、とにかく携帯代を安くしたい人なら定期的にMNP(キャリアの乗換え)を利用する方法もありますし、(やり過ぎると携帯会社のブラックリストに入れられてしまうので注意!)毎月ネットと少し通話をする程度で2GB程度で十分な人は、月々1,600円程度で利用できる格安スマホにした方が断然得になります。(3GB以上はかえって損になります)

auなら電気代も下げられる!

生活に欠かせない電気。とくの寒い冬の季節は電気代もかさみます。

電気代を下げたいなら、やはり利用する電力会社も見直すべき!
auでんきなら、auユーザーでなくてもキャッシュバックで毎日お得に電気を利用することができます。
また、auユーザーなら携帯代とまとめてお支払することもできますよ!

スマホ代を安くしたいなら、格安スマホを使うという手段も・・・

スマホ代を安くしたい方は、格安スマホの利用を検討してみませんか?
大手キャリアに比べて不安を感じる方も多いようですが、あまり変わらずに使うことができます。
何より毎月2,000円以下でスマホを使うことができるというのが大きなメリット。
私も1万円近く支払っていた携帯料金を、2,000円以下に抑えることに成功しました。

詳しくはこちらを読んでみてくださいね。

この記事を書いた人
プチマダム

プチマダム

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。
さがす