【安い光回線はこれだ!】初心者でもわかるインターネット回線の選び方

ゆかにゃんゆかにゃん

自宅でインターネットを楽しむ際に欠かせない光回線ですが、できれば安く利用したいですよね。

最近では200社以上の会社が光回線事業に参入していますが、住んでいる物件やネットの使い方によって料金が異なるので、安くて評判の良い回線を選ぶのはとても大変です。
わたしも契約時どこにすればよいかわからず、たくさんの会社を比較して手間がかかった覚えがあります。

さまざまな会社の回線比較をしてきましたが、実は選ぶポイントはたったの3つしかありません。
これさえ押さえておけば大丈夫というポイントをまとめてみましたので紹介します。

光回線について

まずは光回線についてざっと説明します。

光回線は自宅でインターネットを楽しむ際に利用する回線のひとつ。
光回線のほかにADSLやケーブル回線、モバイル回線などがありますが、速度やサービス内容はほとんど変わらないので、安い光回線を選ぶことが最も賢いと言われています。

光回線の月額料金は大体3,000円~5,000円ほど。
また別途工事費(約10,000円~30,000円)が発生する場合があります。

ただし工事費はキャンペーンによって無料になったり、分割で毎月分に上乗せさせる場合も多いので実際に契約時に払う人はほとんどいません。
しかし中には「工事費が不要」と書いているのに毎月の利用料金に上乗せし続けている悪徳業者もいるので、やはり回線選びはしっかり行う必要があります。

光回線を選ぶ3つのポイント

失敗せずに光回線を選ぶためには、3つのポイントを押さえる必要があります。

値段

まずは何と言っても毎月の利用料金の安さで比較するのがポイント。
光回線は選び方や使い方によって金額に差が出やすいので、複数の会社を比較することが重要になります。

たとえば一戸建てとマンションの場合。
一戸建ての場合はその家専用で回線を引くことになるので割高になり、毎月の利用料金も5,000円前後となります。
マンションやアパートなどの集合住宅の場合、ひとつの回線で複数の家に繋げることができるので毎月の利用料金は3,000円前後。
ただし中には集合住宅の世帯数によって金額が違う会社もあるので、事前に必ず確認するようにしましょう。

また月額料金だけでなく工事費用の確認も必須。
工事費用を不要としてる会社もあれば、月額料金が安い分、工事費用が発生する会社もあります。

月額料金だけでなく工事費用も含めたトータルの料金比較が必要です。

速度

速度も回線選びに重要ですが、単位が独特なのでちょっとややこしいですよね。

実は光回線の速度には”上り”と”下り”の2つの種類があります。

【上り】
上りはデータを送信(アップロード)する際の回線速度のことです。
メールを送信したりSNSに書き込みをしたり、WEBサイトの更新やyoutubeへのアップロードの際などに使用します。

【下り】
下りは受信(ダウンロード)する際に使用する回線速度です。
メールを受信したり、youtubeや動画配信サイトで動画を見たりする際に使用します。

上りも下りも速い方が良いですが、どちらかというと下りの速さの方が重要になります。

光回線の速度単位として使われているのは「bps」と言う単位で、1秒間にどのくらい転送できるかが表されます。
たとえば1kbpsなら毎秒1,000ビットのデータを転送できますが、難しいのでケース別に紹介します。

【WEBサイトの閲覧】
インターネットブラウザでサイトをストレス なく閲覧するためには、下り10~30Mbpsの速度があれば問題ありません。

【映画・動画視聴】
動画や映画をサクサク視聴するためには、標準画質であれば下り10Mbpsで十分です。
ただし高画質であればさらに速度が必要なので、30Mbpsはあると停止することなく視聴ができます。

【オンラインゲーム】
パソコンで行うオンラインゲームの場合、ゲームデータの更新や操作にも影響があるので、下り100Mbps以上あると快適に楽しむことができます。

このように普段のネットの使い方に合わせて速度を選ぶようにしましょう。

キャッシュバック

回線選びには毎月の料金と速度だけでなく、キャッシュバックも重要なポイントになります。

光回線の契約は基本的にキャッシュバックキャンペーンが利用できますが、毎月の利用料金の大幅割引から現金還元まで内容はさまざま。
さらに条件もいろいろとあるので、事前に条件をしっかり把握しておく必要があります。

私が回線を契約したときは、たしか半年間の利用が条件でキャッシュバックが2万円ほどだったと思います。
定期的にプロバイダからのメールを受信したり申告したりと面倒ではありましたが、契約半年後にきちんと受け取ることができました。

毎月の利用料金も重要なポイントですが、せっかくなら戻ってくるキャッシュバックも多い方が良いですよね。
金額だけでなくもらうための条件もきちんと把握して選ぶようにしましょう。

おすすめの光回線

NURO光

NURO光G2V
戸建てタイプ
NURO光G2
戸建てタイプ
NURO光
forマンションタイプ
月額料金 4,743円 7,124円 1,900円~
ただし3階建て以上の物件で3人以上の申込が必要
工事費用 キャンペーンで実質無料 40,000円
(30ヶ月分割支払)
キャンペーンで実質無料
回線速度
最大で上り1Gbps、下り2Gbps
キャッシュバック 最大35,000円キャッシュバック × 最大35,000円キャッシュバック

業界最大手のSo-netが提供している光回線。
回線速度が最大で上り1Gbps、下り2Gbpsと国内最速になっています。

月額料金は戸建てでも4,743円、工事費は基本キャンペーンが適用されるので実質無料に。
また戸建ての場合最大35,000円、マンションでも最大10,000円のキャッシュバックを受けることができます。

速度の速い安定した回線をこの金額で使えるのはかなりお得ですよね。
ソフトバンクを使っている方はおうち割光セットの対象にもなるので、毎月の料金が最大1,000円引きになります。

何より回線速度が国内最速で快適にネットを使うことができるので、オンラインゲームや動画視聴をする方でも快適に使うことができます。

So-net光

So-net光 戸建て So-net光 マンション
月額料金 5,580円
(auセット割で4,380円)
4,600円
(auセット割で3,280円)
工事費用 実質無料 実質無料
回線速度
最大で上り1Gbps、下り1Gbps
キャッシュバック 最大35,000円キャッシュバック 最大30,000円キャッシュバック

ソニーの子会社「ソニーネットワークコミュニケーションズ」が運営している回線業者。
プロバイダが一本化しており、毎月の利用料金にプロバイダ料もセットになっているのでとてもお得です。

キャッシュバックは最短2カ月で受け取ることが可能、初期工事費用も実質無料となっており発生しません。

またSo-netはauスマートバリューの対象となっているので、加入していると月額料金を安く抑えることができます。
auセット割によって毎月auの月額料金も最大1,200円引きになるので、auユーザーにはとくにおすすめしたい回線会社です。

フレッツ光

フレッツ光 戸建て フレッツ光 マンション
月額料金 東日本:5,700円~
西日本:5,400円~
東日本:3,850円~
西日本:3,700円~
工事費用 18,000円 15,000円
回線速度
最大で上り1Gbps、下り1Gbps
キャッシュバック
最大80,000円キャッシュバックorノートPC・iPadプレゼント

フレッツ光はNTTが提供している光回線。
光回線には利用できるエリアが限られているものもありますが、フレッツ光はほぼ日本全国で利用ができます。

月額料金は他社に比べると若干高めの設定、工事費用も基本有料となりますが、キャンペーンによっては実質無料で申し込める場合もあるようです。

キャッシュバック額は他社に比べて大きな額になっていますが、契約しているプランによって条件が厳しくなっているものもあるので事前にしっかり確認するようにしましょう。

フレッツ光公式サイトはこちら

まとめ

月額料金や回線速度に大きな差はありませんが、キャッシュバック額は会社によって大きな差があります。
ただし契約するプランによってキャッシュバック条件が厳しいところもあるので、契約時に必ず確認するようにしましょう。

また光回線は2年契約など縛りを設けている会社もあります。
2年以内の解約には違約金が発生するところも多いので、こちらも事前に必ず確認するようにしましょうね。

ちなみに外出時にも動画やゲームを頻繁にする人は、固定回線でなくモバイルWi-Fiがおすすめ。
こちらで詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす