返礼品で家電やお得に食事ができるグルメポイントも貯まる!ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」とは?

閲覧回数 : 377 views

実質2000円でさまざまなお礼品をもらうことができる「ふるさと納税
節税しながら楽しむことができる節税対策として、おなじみとなりましたよね。

ふるさと納税を実際に行う場合、ポータルサイトを経由して寄附をする必要があります。
最も大きなサイトと言えば「ふるさとチョイス」が有名ですよね。
節約大全でもご紹介していますが、全自治体の情報を掲載しており、いち早くふるさと納税の情報を掲載しているサイトとも言えます。
他にも「さとふる」というサイトは、食品をメインに扱っているサイト。
専属スタッフが実際に足を運び、厳選された返礼品ばかりを展開しています。

ふるさとチョイスとさとふる、どちらもポータルサイトとしては有名ですが、掲載されている返礼品は食品や感謝券・体験型などと言ったものが中心。
返礼品に家電がないことに気付いた方も多いと思います。

実は、返礼品に家電がもらえるのは「ふるなび」というふるさと納税ポータルサイトのみ。
その他のポータルサイトでは家電をもらうことができなくなっています。

なぜそのようになっているのでしょうか?
その理由や、ふるなびならではの特徴などをご紹介したいと思います。



ふるなびとは

ふるなびはアイモバイルという会社が運営しているふるさと納税ポータルサイト。
お礼品掲載数は約6万7千件となっており、ふるさとチョイスの半分ほど。
正直なところ、そこまで大きなサイトではありません。

しかし大きな特徴として”家電を取り扱っている”のです。

家電というと電気ポットや電子レンジ・テレビなどをイメージするかと思いますが・・・
ふるなびは家電の中でもパソコンやタブレットなどの掲載数が多いという特徴があります。

家電の中でも、特に長野県飯山市に工場があるマウスコンピューターやiPadなどの返礼品は常に人気が殺到!
掲載されるとあっという間に品切れになることも少なくないようです。

他にも床拭きロボットや人気のヘルシオグリル・ダイソンの掃除機やドライヤー、扇風機なども選択可能。
人気の最新家電がどれも実質2000円でもらえるのは驚いちゃいますね!

なぜふるなびにだけ家電が掲載されているのか?

なぜ、ふるなびでしか家電をもらうことができないのでしょうか?

その理由は、実は総務省からの要請に隠されていました。



こちらの記事の「実は加熱さのあまり制限が掛けられていたんだとか・・・」でもご紹介していますが・・・
実はふるさと納税は過熱さのあまり、総務省によって還元率を寄付額の3割以下に抑えるようにと要請が出されていました。

その要請を受け、次々とふるさと納税ポータルサイトは家電を取りやめるところが相次ぎました。
その結果、2017年の夏ごろにはほとんどの自治体で家電をもらうことができなくなったのです。

ふるなびも要請直後は家電の掲載を取りやめていました。
しかし2017年9月の産経新聞のインタビューで、総務大臣によって「自治体にお任せするのが当然」と新たな要請が出されたのです。

その結果、ふるなびでは徐々に家電の掲載数を増やしていくことに。
とはいっても以前のようにたくさん掲載されているわけではありません。
またいつ総務省からの制限がかかるかわからない状況ということもあり、返礼品数に制限をかけながら掲載をしています。
さらに数量限定で返礼品を掲載している自治体もあるほど。

返礼品に家電を希望している方は、見つけたら早めに寄附されることをおすすめします。

ふるなびグルメポイントが貯まる

ふるなびを使い寄附をすると、寄付金額の最大30%をふるなびグルメポイントとしてもらうことができます。
このポイント、なんと貯めると有名料理店の食事代に充てることができるのです。

ただし利用できるお店は、東京や大阪・名古屋にしかありません。
首都圏以外に住んでいる方にとっては馴染みがないかもしれませんが・・・
それでもお寿司屋さんや鉄板焼きなど有名店ばかりが揃っているので、確実にお得に利用ができるはず。

ちょっとした記念日や、たまの贅沢なんかに利用してみてもよいですよね!

ふるなびプレミアムでVIP待遇

なんと専任のコンシェルジェがついてくれる、ふるなびプレミアムというサービスがあります。
対象者は年収2000万円以上の富裕層のみといった条件がありますが・・・
専任のコンシェルジェによってぴったりの返礼品を見繕ってくれるという内容。

富裕層の方は、寄附できる額もそれなりに多く選ぶのが大変です。
ふるさと納税の返礼品選びお任せし、節税しながら時間も節約できるといったサービス。

もしあなたの年収が2000万円以上あるなら、お願いしてみてはいかがでしょうか?

寄付はクレカの使える自治体がおすすめ

ふるさと納税の寄付方法は主に2つ。
クレジットカードと銀行振り込みから選ぶことができます。
節約を心がける者としては、やはりクレジットカードがおすすめ!
寄付額に応じたポイントも獲得できますし、何といっても即時決済できるメリットがあります。

ちなみにおすすめのクレカは全部で8枚!
貯めたいポイントによってカードが異なるので、こちらの記事を読んでどのポイントを貯めたいかチェックしてみてください。

貯めたポイントも普段のお買いものでしっかり使うことができるのはメリット大ですね!





楽天カードで寄付をすれば、楽天スーパーポイントも貯めることができます。
即時決済で節税ができ、さらに嬉しい特産物がもらえポイントももらえる・・・
カードを使うだけでこんなにうれしいメリットが発生するなんてびっくりですね!

■ 「Yahoo!公金支払い」ならポイントも貯まる!

Yahoo!公金支払いは、地方公共団体の税金や各種料金をネット経由で支払うことができるサービス。
クレジットカード決済でポイントを貯めることもできますが、貯まったTポイントで逆に支払うこともできます。
Tポイントが貯まりやすいYahoo!JAPANカードを使えば、より効率よくポイントを貯めることもできますよ!



まとめ

掲載している自治体数や返礼品数はまだまだといったところですが、やはり家電を取り扱っているという点は大きなポイントですよね。
他にも独自性のあるサービスを展開しているのはふるなびならでは。
欲しい返礼品によって、ポータルサイトを使い分けてみても良いですね!

ぜひふるさと納税をされる際は、ふるなびを利用してみてはいかがでしょうか?

⇒ ふるなび公式サイトはこちら

⇒ さとふる公式サイトはこちら

⇒ お得で嬉しい節税対策・ふるさと納税まとめはこちら!








著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
返礼品で家電がもらえるだけでなく、お得に食事ができるグルメポイントも貯まる!ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」とは?返礼品で家電がもらえるだけでなく、お得に食事ができるグルメポイントも貯まる!ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」とは?