初めてでも大丈夫!誰でもわかる確定申告の手順と流れ

閲覧回数 : 3,108 views

確定申告を行ったこと、ありますか?
確定申告というと「難しそう」「めんどくさい」といったイメージがありますが、実は内容をしっかり把握すれば初心者でも簡単にできてしまいます。

そんな確定申告の基礎から申告方法まで、誰でもわかるように解説していきましょう。


確定申告とは?

年が明けると耳にすることが多くなる”確定申告”
聞いたことはあるけどよくわからない人って多いはず。

確定申告とは、前の年の1年間分の”払わなくてはいけない税金を正確に確定させるため”に前年度の収入などを税務署に申告すること。
基本的に自営業の方や給与以外の収入(副業等)が20万円を超える人が方が対象となっています。

例えばサラリーマンの場合、毎月のお給料から会社が「所得税」を天引きし、会社が税務署に納税しています。
なのでその人が納めるべき税金を調整含め全て代わりにやってくれているのです。
だから基本的に会社員の場合は自分で確定申告をする必要がありません。

自営業の場合、会社などに属していないので毎月所得税を引かれていません。
なので年に1回、確定申告という形で一気に1年分(前年度)の収入を報告し、税金を払います。
その際には収入や控除を証明できる書類(例えば通帳の振込記録や請求書)を提出する必要があります。

確定申告が必要な収入

確定申告は一定の金額以上の収入がある場合のみ必要となってきます。

給与をもらっている人の場合:103万円以上
自営業の場合:38万円以上
副業の場合:20万円以上

年間で上記以上の金額を稼いでいる場合は課税対象となります。

確定申告が出来る期間

2017年(平成29)の確定申告は毎年2月16日~3月15日の約1カ月間となっています。

期限を過ぎても申告することは可能ですが、「無申告加算税」が課せられます。
課税額が50万円以下は15%・課税額が50万円以上なら20%追徴、さらに延滞税も払う必要があります。
よほどのことがない限り、期限内に申告しましょう。

確定申告の手順

では早速、確定申告の手順をご紹介します。

①税務署で無料で配布されている確定申告用紙を入手しましょう

また、国税庁のHPからも入手することが出来ます。
(国税庁HP:https://www.nta.go.jp/)
郵送してもらうことも可能。

②申告に必要な書類を揃えます

基本的に収入や支出を証明できるものが必要となります。
・源泉徴収票
・支払証書
・領収書
・内訳表
・生命保険や損害保険・個人年金の控除証明書など。

記入する際に必要なのでしっかり揃えておきましょう。

③申告書に記入しましょう

②で揃えた書類を元に申告用紙に記入していきます。
または国税庁のHPを使ってWeb上から確定申告書を作ることもできますよ。
書類を見ながら数字を入力するだけで自動的に計算されるのでとても便利です。
書き方がややこしく、分からないという方は提出期間中に税務署に行って直接作成することをお勧めします。
その場で申告書作成機に数字を入力しながら作成するのですが、わからないことがあれば近くにいるスタッフが即対応してくれるので、なにも心配はいりません。

④税務署に提出

あなたが住んでいる地域を管轄している税務署に期限内に提出します。
インターネットで申告書の作成だけでなく提出までできる「e-Tax」というものもありますが、電子証明書の取得やICカードリーダーを購入する必要があります。
こちらは費用もかかり、ややこしいのであまりお勧めできません。
 
以上が確定申告を提出する際の流れとなっています。
もし源泉徴収や予定納税で納めすぎている場合は、確定申告をしてから1~2か月ほどで還付金が返ってきます。

書類を集めたり混雑していたりとなかなか手間な確定申告ですが、いったんやってしまえば次年度以降は同じ作業の繰り返しで難しく思う必要はありません。

また、確定申告の書類を作成する手間を省きたい人におすすめなのがこちら
やよいの青色申告 オンライン
やよいの白色 オンライン

取引の入力やデータの取り込みをすればオンライン上で書類が作成できてしまう優れもののサイトです。
青色は毎日の取引を帳簿へ記録し、それを基づいて申告する制度。
白色にくらべて必要経費と認められる科目数と金額の増加・所得金額から控除される科目数と金額の増加のメリットがあります。
白色は、青色申請を行っていない人がしなければならない申告制度。

また、いつでもどこでもクライドで収支管理ができるアプリもあります。
フリビズ byマネトラ
ネット銀行と連携して入金確認も自動的に可能。
出品や納品の管理もカンタンに行えます。

このようなサービスを利用すれば手軽に日々の収支を管理することができ、確定申告の前に慌てることもありません。
期日内にしっかり申告しましょう。

関連記事
会社にバレずに副業収入を確定申告する方法
初心者が手っ取り早く稼げる「ネット副業」とは?

その他、よく読まれている記事☆保険の見直しも大切ですね☆
年金破綻に備えてる?「100年安心プラン」の実態と保険見直しの必要性

節税対策にぴったりなのが「ふるさと納税」
豪華な返礼品ももらえ、家計の節約にもつながります。
【ふるさと納税】節税しながら特産品ゲット ページへ戻る
furusato

節税対策ページへ戻る



著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000