肌荒れの原因はカビ!?お金をかけずに美肌菌を育てることができる肌環境の整え方とは

閲覧回数 : 7,493 views

睡眠不足や栄養の偏った食生活・ストレスなど…ちょっとしたきっかけでもできてしまう肌荒れ…。
簡単に治る肌荒れなら良いのですが、繰り返す肌荒れは本当に厄介ですよね。
肌荒れを改善するために好評価のスキンケアアイテムを試しても効果を感じるものは少なく、気がつけば“スキンケア貧乏”になっていませんか?

また、肌荒れのなかでも“ニキビ”や”大人ニキビ”(吹き出物)ができてしまうと、治るまではモチベーションが上がらず1日中ブルーになりがち。

そこで、今回は肌荒れの代表“ニキビ”と多くのメディアでも取り上げられている“肌カビ”についてご紹介していきたいと思います。


肌荒れとは

“肌荒れ”といっても、じつは色々な症状があることを知っていますか?
まずは、肌荒れと呼ばれる症状とは一体なにかをご紹介しましょう。

■ 肌のカサつき
■ 毛穴の開き
■ ニキビ/吹き出物
■ 湿疹/皮膚炎
■ 赤み/くすみ
■ かゆみ
■ 肌の乾燥

上記にあげた症状を見ると、私たちが日々悩んでいる肌トラブルそのものという印象ですね。
このように何らかの原因によって皮膚のキメが乱れてしまい、不快な症状のことを”肌荒れ”と言います。

今回はこの肌荒れの症状のなかでも特に悩みが絶えない“ニキビ”と”湿疹/皮膚炎”の原因となる“肌カビ”について一緒に学んでいき、美肌生活を取り戻しましょう!

ニキビの基礎知識

誰でも一度は悩んだことがあるであろう“ニキビ”
皮脂が原因で毛穴が詰まり、炎症を起こすのがニキビの特徴です。

ニキビには、「思春期ニキビ」「大人ニキビ」の2つの種類があります。

「思春期ニキビ」は、主に10代のころにできるニキビ。
身体が成長する時期に多く分泌される「成長ホルモン」によって、皮脂が過剰に分泌することにより症状を悪化させます。

基本的には、成長ホルモンの分泌が落ち着く20代前半で思春期ニキビの症状は治まる傾向にあります。

一方「大人ニキビ」は、20代~30代のころにできるニキビ。
何度も繰り返して症状を引き起こすため、頑固なニキビとして知られています。

大人ニキビの原因は、肌の乾燥とターンオーバーの乱れ・ホルモンバランスの乱れ・ストレスなどです。
大人ニキビの対策方法としては、規則正しい生活と肌に合ったスキンケアをすることでおさまると言われています。

ニキビの特徴

このように2つの種類があるニキビ。
原因は違いますが、特徴には共通点があります。

ニキビの正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といい、
皮膚疾患の1つなので本来なら医療機関で治療すべき症状です。

さらに、
・毛穴に詰まった皮脂がきちんと排出されず、毛穴に残ってしまった状態 ⇒ 白ニキビ
・毛穴に残った皮脂が酸化し、アクネ菌の増殖が原因で黒く変色してしまった状態 ⇒ 黒ニキビ
・過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まった上にアクネ菌が増殖、更に過度な刺激で炎症が起きてしまった状態 ⇒ 赤ニキビ

と、ニキビといっても種類はさまざま。
肌表面にできると、どのニキビももぷくっと膨れ上がります。
大きさは2~3mm前後となりますが、赤ニキビの場合、毛穴の周囲までにも痛みや炎症を引き起こすことがあります。
皮脂=脂っぽい肌を連想するのでは?

じつは、乾燥肌の人が肌を保湿するために使用する油分の入ったスキンケアアイテムも皮脂を増やす原因となっているんです。

これでは肌荒れ対策での本末転倒ですよね。
そこで悩んでいる人が多い”ニキビ”に効果が高いと言われているアイテムをご紹介します。

ニキビに効くアイテム

自分の肌荒れの症状がニキビの場合、まずやるべきことは肌のバランスを整えることが大切です。
そこで登場するのが”美肌菌”とよばれるお肌に良い菌、「善玉菌」です。
善玉菌を増やすことで肌のバリア機能の働きが高くなり、トラブル知らずの肌を手に入れることができます。

そこでおすすめするのがヒューマンフローラの整菌スキンケア

1

悪玉菌が優位になってしまった肌を改善し、善玉菌を活かすことで自然と肌トラブルを解消してくれます。

もちろん肌へのストレスとなる香料や防腐剤などは一切使用していません。
乾燥肌・敏感肌・オイリー肌でお悩みの方はもちろん、赤ちゃんからお年寄りまで問わず使うことが可能です。
ヒューマンフローラのボディソープなら1本で全身を洗うことができますよ。

今ならボディソープ・ローション・ミルク・ポーチが付いたトライアルセットが初回限定に限り1,000円(税抜)で購入可能!
試してみる価値は絶対にありますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

ヒューマンフローラの整菌スキンケア公式サイトはこちら

肌カビとは

一方、最近様々なメディアで取り上げられることの増えた“肌カビ”
肌カビとニキビは同じような症状ですが、原因や対策法は全く異なるため注意が必要です。

肌カビの正式名称は「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」
こちらもニキビと同じく立派な皮膚病なので、本来なら医療機関で治療すべき病気です
肌カビは、カビの一種である”マラセチア菌”が異常繁殖することで起こる炎症のことをいいます。
日本では”癜風菌(でんぷうきん)”としても呼ばれていますね。

「肌にカビが!?」
と思うかもしれませんが、マラセチア菌というのは本来誰もが持っているのでご安心を。。
マラセチア菌の数が正常な数値であれば問題ありませんが、多すぎたり少なすぎたりすることで肌に悪影響を及ぼし肌荒れの引き起こします。

マラセチア菌は皮脂が大好物であるため、元々皮脂の多い人に症状が起きやすいとされています。
ですが、夏場などの汗をたくさんかく時期、皮脂分泌量の少ない人でも菌が繁殖しやすくなるため注意が必要ですよ。
夏だけではなく、汗をかいたらこまめに拭きとるなどの対策を行いましょう!

肌カビ(顔カビ)の特徴

肌カビはかゆみを伴った小さな赤い発疹が特徴です。
患部が赤みを帯びていたりかさぶたを伴っていたり、また掻くとカサカサとフケのようなものが落ちたりします。
ニキビと同じように発疹の先に膿を持つものもあり、医師でない限り判断ができないといったほど酷似しているのもある程。
ニキビにも似ていますが、アトピー性皮膚炎にも似ている部分があります。

ニキビなのか肌カビなのか、それともアトピー皮膚炎なのか…。
症状によって治療方法が違うので、きちんと判断をしたいという方は皮膚科へ行きましょう。

肌カビに効くアイテム

肌荒れの症状が肌カビの場合、まずは肌のカビであるマラセチア菌の量を正常な数値まで下げなければなりません。
症状がニキビに似ているからといってニキビ用のケア用品を使用しても、ニキビではなく肌カビなら効果はゼロです。
肌カビの症状を改善するためには、マラセチア菌の繁殖を抑制する効果があるアイテムを使うことが一番。

そこでオススメしたいのが、持田ヘルスケアのフルフルシリーズ・コラージュフルフル泡石鹸

3

ミコナゾール硝酸塩(抗真菌(抗カビ)成分)・トリクロサン(殺菌成分)配合を配合しており、増え過ぎてしまったマラセチア菌を、正常な数値まで抑制してくれる働きがあります。

じつは編集部スタッフであるしんえもん“(@shinemon_carmag も脂漏性皮膚炎(肌カビ)に長年悩んでいました。
そこでコラージュフルフルを使い洗ったところ、たった3日程で肌の赤みが引き炎症も落ち着いたようです。

ステロイドなどの身体に悪い成分を使わずに肌がキレイになるのは嬉しいですよね。
コラージュフルフルなら、病院にかからなくてドラッグストアでも購入することができるので、医療費の節約にも繋がりますよ。
気になる方はこちらもチェックしてみて下さいね。



持田ヘルスケアのコラージュフルフル泡石鹸公式サイトはこちら

 美肌菌を育てて肌環境を良くしよう!

肌には“ニキビの原因”と言われるアクネ菌や、“肌カビの原因“と言われるマラセチア菌などの悪い菌が常に存在します。
悪菌しかいないの?と思われそうですが、私たちの肌には良い菌も存在しているのです。
肌に良い菌として代表的なのが毛穴の皮脂を分解し、保湿成分を作り出す「表皮ブドウ球菌」
化粧品にも多く使われているグリセリンを自然と作りだしてくれるため、肌の角質細胞を潤いで満たし透明感のある瑞々しい肌を作り上げます。

また、肌の中にある保湿成分、セラミドを作る手助けもしてくれるようです。
女性に嬉しいメリットがたくさんある菌なので「美肌菌」と呼ばれています。
この美肌菌、ちょっとしたことに気をつけるだけで、誰でも簡単に増やすことが可能なんです!
では早速、美肌菌の増やし方についてご紹介したいと思います。

1, 加湿を心がける

美肌菌は湿度60%が最適。
乾燥しないようにある程度湿度のある部屋にしましょう。

加湿機についてはこちらのページを合わせてどうぞ!

2, しっかり汗をかく

汗をかくことで新陳代謝を高め体温をあげることができます。
夏は外を歩くだけで汗をかくことができますが、冬は汗をかきにくくなってしまうので特に意識をすることが大切ですよ。

3, ゴシゴシ洗わない

朝晩の洗顔にクレンジングや洗顔料を使う人も多いかと思います。
ですが、美肌菌が分解する皮脂はぬるま湯だけでも洗いがなすことが可能。
クレンジングや洗顔料は夜だけ使用し、朝はぬるま湯のみで洗顔しましょう。

このような点に気をつければ美肌菌を増やすことは可能です!
潤いあるみずみずしい肌を手に入れることができますよ。

効果をなるべく早く実感したいという方は、美肌菌の入ったスキンケアアイテムを使ってみても良いでしょう。
なかでも大手美容サイト「スキンケア大学」のドクターが監修した「OIZ PBジェル」(オイズPBジェル)がおすすめ!

2

プラセンタを超える発行成分がバランスよく配合されており、これ1本で満足できる肌を実現させます。
顔だけでなく、デコルテ(首から胸元)や足・手など全身に使うことが可能。
塗るだけで肌にぐんぐんしみこんでいくのを実感することができるはずです。

洗顔後もたった1本でケアが終わるので、べたべた触ってお肌を刺激することもありません。
オールインワンゲルのように手軽に使えるのはメリット大ですね!
ぜひチェックしてみて下さい。

OIZ(オイズ) PBジェル公式サイトはこちら

毎日使っている柔軟剤は大丈夫?

デリケートな肌には、洗濯に使う洗剤も慎重に選ぶべき。
天然成分のみで作られた洗剤なら、敏感肌の方でも安心して使うことができますよ。

当サイトで一番オススメしている“ミューラグジャス”は柔軟剤入りの洗剤!
このミューラグシャスなら、最もデリケートな赤ちゃんの洋服にも安心して使用できます。
香りもフローラル⇒ムスク⇒バニラと、まるで香水のように3段階に変化。
高級感溢れるミューラグジャスをこの機会に試してみては?

芸能人も愛用中の高級柔軟剤”ミューラグジャス”を購入してみました!

まとめ

ニキビと肌カビの違い、わかりましたか?
もしニキビ薬をずっと使い続けているのに、肌のボツボツが消えない場合は“肌カビ”の可能性が高くなります。
そんなときはコラージュフルフル石鹸に切り替えてみても良いかもしれませんね!

医療機関を受診せずに治せれば、医療費の節約にもつながりますよ。
まずは自分でできるケアを試してみましょう!

⇒ 節約しながら楽しめる美容情報はこちら


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000