車の買い替えっていつがいいの?時期やタイミングをしっかり押さえてお得に車を乗り換えましょう

nononono

自動車を売却したい・買い替えたい際、何も考えずに売却や買い替えをすると、思いもよらず大損するケースがあることを知っておいてください。

車の買取業者からすれば、少しでも安い金額で買い取って高い金額で次のオーナーに販売したい!という考えが働くからです。

そこで、今回は自動車の売り時や買い替え時期についてのタイミングや注意点などを元プロ自動車査定士としての観点からお伝えします。

今乗っている車を1円でも高く手放したいと思っているあなたはぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

自動車の買取価額は、時期によって違うって本当?

これはよく言われるウワサですが、自動車の買取額が時期によって違うのは本当のことです。
車種によっては、たった1ヶ月後売却時期をずらした方が高く買い取ってもらえるケースもあります。
売却時期の判断を誤ると、買取額が数十万円下がることもあるため注意が必要です。

なお、一般的な指標を示しておくと「1~2月」にかけて売却すると、高価買取の可能性がアップします。
理由は、3~4月に販売業者の売上が上がりやすいからです。
この流れを第一に考えて売却時期を考えていくことがポイントです。

3~4月は新社会人の自動車購入が高まる時期です。
特に、3月が決算期の自動車販売店は在庫一掃販売に力を入れます。

各販売店は、自動車の在庫がない状況になってしまうと来店数は多くても売り逃しにつながってしまうため、この時期に向けて店舗在庫を確保する動きを見せます。
自動車販売店からすると売り逃しを極力減らしたいと想いがあるため、1~2月にかけて買取に力を入れるのです。

結果、高価買取が実現できる可能性が高くなります。

自動車販売店が在庫不足を起こしている場合は、3~4月以外でも高価買取してもらえる可能性もあります。

逆に、売ろうとしている車種の在庫量が多いと安く買い金額しかつけてもらえない確率が高くなるという理屈です。

まずは売ろうとしている車種の在庫状況をネットで確認してから買取依頼をするというひと手間を惜しまないようにしましょう。

その際、高価買取キャンペーン実施中の販売店なのかも同時にチェックしてみてください。

自動車が高く売るために大事なこと

ただ、売却時期が良いからといって必ず高価買取してもらえるという保証はありません。
高価買取してもらうために気をつける内容はたくさんあります。
少しでも高価買取してもらうためのコツを見ていきましょう。

売却前に見積もりをとる

車を売る前に、複数の買取業者から見積もりを取得しましょう。
1円でも高く買い取る業者を見つけるために大事なことです。
ただ、各業者に問い合わせをすると非常に手間がかかりますので、有効活用できるのが買取業者比較サイトの利用です。

売却予定車の情報をインターネット上で入力すると、複数の業者に一括で見積もり依頼をしてくれる便利なサイトです。
提携業者はサイトごとで異なりますが、100社以上の買取業者と提携しているケースもあります。

サイトによっては、利用者に対してキャッシュバックのキャンペーンが付いておりオトクな気分を味わえます。
なお、自動車の状況(汚れやパーツの状況)によっては見積額より下がるケースもあるためご注意ください。

節約大全ではかんたん車査定ガイドをおすすめしています。
編集部うまえもんが利用して、15万キロ走った9年落ちアルファードを30万円(正確には故障したパーツ代を相殺して24万円)で買い取ってもらったことがあります。

かんたん車査定ガイドはこちら

車を磨いてから売却する

キレイな自動車の方が印象は良くなり、高価買取の可能性は高いです。
売却前には洗車することをオススメします。
泥跳ねや傷がないか確認しながら自動車を磨き上げましょう。

更に、車内の掃除も大切です。

いらない書類・ゴミの処分はもちろんのこと、シートを掃除することも忘れないでください。
喫煙車の場合は、タバコのニオイを取り除く努力もしましょう。
タバコのニオイやヤニが車内に付着しているだけで、買取額が10万円前後下がるケースもあります。
基本的には車外での喫煙をオススメします。

必要書類をそろえる

自動車の付属品をそろえることも大事です。主な書類は下記の通りです。

■ 自動車検査証
■ 自賠責保険証明書
■ 自動車納税証明書
■ 自動車の取扱説明書
 etc

必要書類に不備があると、買取価格がダウンするだけではなく、最悪の場合買取不可となる恐れもあります。
買取業者によって、買取時の審査は異なるためご注意ください。

売却の意志があることを伝える

売却の意志を強く伝えると、買取価格が上がる場合もあります。

例えば

「○○万円以上であれば、即売ります。」

などといえば、場合によってはその金額まで上げてもらえる可能性もあるのです。
その裏には、海外輸出ルートの有無が関係してきます。

買取業者も手元に置くことができる商品は確保したいのです。
国内流通のみの販路しかない場合、必要以上の在庫は赤字経営の元凶となってしまいます。

しかし、海外への販路を持っている業者であれば、たとえ事故車であっても立派な商品になるのです。

ただ、売却に対して消極的な態度をとると買取価格アップとなる可能性は低いです。

売却の意欲を伝えて、いかに買取価格をアップしてもらえるかが勝負の要となります。

廃車扱いになっても、売却できる可能性がある!

故障車を持っていて処分していない人もいると思いますが、ものは試しに査定依頼してみることをおすすめします。

なぜなら、車自体は廃車にするしかなくても、電子機器などのパーツ取り用として買い取ってもらえる可能性もあるからです。

自動車の部品は国内・海外問わず需要があります。
そのため、廃車でも買い取ってくれる業者は存在するのです。

廃車処分時は廃車買取専門業者への依頼をしましょう。
ディーラーや中古車販売店などへの廃車依頼だと手数料が(費用の目安は10万円前後)発生するからです。

更に、廃車買取専門業者での買取価格も店舗ごとで違うため、上述した見積もり一括サイトの利用をオススメします。

節約大全おすすめの見積もり一括サイトはこちら

買い替えのタイミングはどこが良い?

売却と買い替えは、同じ時期にすると良いケースもあれば、時期をずらした方が良いケースもあります。
ここからは買い替えに絞ってオススメのタイミングを見ていきます。

■ 車検前

車検前に買い替えると、当たり前ですが車検代が浮きます。
車検代が高かったり、年季が入った車を保有している人におすすめです。
特に、車検をしても何度も故障するような車に乗っている場合は、手放して買い替えた方が良いかもしれません。

■ 家族が増えた時

子どもやペットなど、新しく家族が増えた場合も買い替えタイミングです。

今の自動車で定員オーバーした場合、新しく車を買わなければならないケースも出てきます。
家族が増えることが分かっているのであれば、事前に買い替えるのも1つの手です。

買い替え時に注意したいこと

ただ、買い替え後に後悔する人がいるのも事実です。

■ 買い替え予定車の相場を調べておく

買い替え予定車の市場相場は調べる必要があります。
業者によって、市場価格より高い金額で販売しているケースがあるためです。

同じチェーン店でも、販売店の場所で値段は異なります。
更に、売却手数料が発生する店舗もあるため店選びは慎重に行った方が良いです。

市場価格をチェックできるサイトや販売価格比較サイトもあるので活用してみてください。

■ 維持費が極端に上がらないか計算する

買い替え前に、自動車の維持費を計算するのも大切です。
維持費には、ガソリン代の他に自動車税、車検代、メンテナンス費などが含まれます。
買い替え後の自動車の維持費が跳ね上がると、生活を苦しめる恐れがあります。

特に外車の場合は、故障時に海外から部品を取り寄せることも多く、国産車と比べて修理費は高くなりやすいです。
自動車のカッコ良さだけではなく、機能性も重視した上で車を選びましょう。

■ 値上がりする恐れがある

例えば50万円で販売されている自動車が、1ヶ月後には60万円になることもザラにあります。
当初の資金で自動車を買えるとは限りません。
そのため、予算内に納まっている時点で自動車を買い替えるのも1つの手です。

逆に、値下がりするケースもあるため慎重に見極める必要があります。
売れ残りの自動車は、販売価格が下がる可能性が高いため覚えておきましょう。

買い替えの時期を知って上手に乗り替えていこう!

売却タイミングをズラしたり車体をきれいにするだけで、査定額が数万円高くなることもあります。
自動車の価格が上がりやすいタイミングで売却し、下がりやすいタイミングで購入するだけで、オトクな買い物ができます。

中古車市場はトレンドや需給バランスと連動した値動きをします。
世間の動きと少しだけズラす思考で驚くほどの節約につながることを意識しましょう。

⇒ 節約大全おすすめの見積もり一括サイトはこちら

⇒ カーライフがもっと充実する情報まとめ

この記事を書いた人
nono

nono

ネッツトヨタ東埼玉で自動車整備士に従事し、その後はレースメカニックやレストアラー、中古車販売業として働いてきた国家資格も有するクルマの専門家。 これまでにプロメカニックとして得た知識をフル活用して、車にまつわる様々な節約術をお届けします。
さがす