ドコモの携帯を安く使おう!大手キャリアの料金を今すぐ下げる方法を徹底解説

ゆかにゃんゆかにゃん

毎月のスマホ代、「高いなぁ」と感じたことはありませんか?

大手キャリアの中でも比較的信頼できるイメージが高いドコモも、やはり毎月1万円以上の料金が発生します。
大手キャリアだからしょうがないと思う方もいますが、実はプランの見直し等を行えば大手キャリアでも確実に値段を下げることは可能です。

特にドコモは格安スマホとは違い新しいプランを定期的に発表しているので、定期的に自分の使い方に合わせたプランに変更すればドコモを利用していても安く使うことができます。

ドコモの料金プラン

まずはドコモの料金プランを紹介します。

ギガホ

シンプルな基本プラン「ギガホ」は月額6,980円でデータ通信量が30GB使えるプラン。
通話は30秒につき20円が発生しますが、家族間の通話は無料で行うことができます。

パケット繰り越しはできませんが、速度制限時の通信速度が最大1Mbps他の会社より速いためオーバーしてもストレス を感じることなく使い続けることができます。

また公式サイトには4,980円で使えるギガホプランも紹介されていますが、こちらは特定の条件に当てはまる場合のみ同プランを安く使うことができます。

【特定条件】
・2年定期契約
・通話プランはオプションなしの従量課金型
・最初の6ヶ月間、ギガホ割を適用する
・家族3人以上で契約し、さらに「みんなドコモ割」を適用

かなり難易度が高いですが、条件をクリアすれば通常よりも2,000円安くギガホプランを利用することができます。

ギガライト

「ギガライト」はデータ通信をあまり使わないライトユーザーにピッタリの定額プラン。
1GBから7GBまで用意されているので、自分の使い方に合わせたプランを選ぶことができます。

格安スマホのように安く抑えたいけど大手キャリアは解約したくない・・・なんて方にピッタリですね。

また通信容量を超過した場合、速度制限がかかりますがその際の速度は最大12kbpsとなります。
余ったパケット容量は繰り越すことができないので、余るようでしたらプランの変更がおすすめです。

また公式サイトにはギガライトが1,980円から利用できると書かれていますが、こちらも「ギガホ」同様、特定の条件をクリアすることで割引が適用されます。

【特定条件】
・2年定期契約
・1か月間で使うデータ容量を1GB未満に抑える
・通話プランはオプションなしの従量課金型
・家族3人以上で契約し、さらに「みんなドコモ割」を適用

こちらもかなり難易度が高くなっていますが、クリアすることで最大1,000円の割引が受けられます。

ドコモの料金プランは以上の2つになります。

動画もゲームも制限なく楽しみたい!いう方は「ギガホ」、大手キャリアでもなるべく安く利用したい!という方は「ギガライト」を選ぶようにしましょう。

ドコモの携帯料金を安くする3つの方法

ではさっそくドコモの携帯料金を下げる3つの方法を紹介します。

プランの見直しをする

「制限なく使いたいからギガホにしている」
「速度制限がかかるのは嫌!余裕を持ったプランにしている」

こんな理由で自分が使う容量よりも大きなプランを契約していませんか?

実は料金プランは定期的に見直して自分の使い方に合わせることが大切。
ドコモの場合、他の会社と違って通信量を翌月に持ち越すことができないので、自分の使い方にしっかり合わせて選ぶことで無駄なお金を支払うことなく使えます。

また、今では無料のWi-Fiが街中に用意されていたり、自宅にWi-Fi環境が整っている方も多いですよね。
その場合、思っている以上に通信量を使っていない可能性があります。
今一度「My docomo」で毎月使用している通信量を確認してみてくださいね。

また音声通話を良くする方は、オプションに加入する方が安くなる場合があります

■ かけ放題オプション 1,700円/月(国内通話かけ放題)
■ 5分通話無料オプション 700円/月(5分以内の通話が何度でも無料)

不要なオプションを外す

携帯電話を契約した際に強制的に付けられたオプション、全てそのままにしていませんか?
オプションの中には毎月1,000円前後発生するものもあるので、そのままにしていると無駄に払い続けている可能性があります。

たとえばドコモで契約時に強制的に付けられるオプションには以下のようなものがあります。

・スゴ得コンテンツ 380円
・iコンツェル 100円
・クラウド容量オプションプラス50GB 400円
・オプションパック 500円
・あんしんパック iPhone・iPad 970円/Android 1,170円
・あんしんパックプラス iPhone・iPad 1,420円/Android 1,170円
・安心ネットセキュリティ 200円

一つ一つを見ていくとそこまで大きな金額ではありませんが、複数のオプションを付けっぱなしにしている場合、オプションだけでかなりの金額を払っていることになります。

また上記7つのオプション全てに加入していた場合、毎月負担となる額は約4,000円!
オプションをすべて外すだけでも使っていないオプションはすぐに外すようにしましょう。

ドコモ光とセットで割でお得になる

家のインターネット回線をドコモ光にすることで、「ドコモ光パック」という割引が適用されます。

ただし割引される金額は契約している回線数やプランによってさまざまですが、最大1,000円の割引きになるので見逃せません。

「ギガホ」と「ギガライト」で割引額が異なります。

ちなみにドコモ光契約者だけでなく家族全員のスマホ料金から毎月割引されます。
ただし1GB未満のプランに加入している場合は対象外。
回線の数に応じて割引率も上がっていきます。

また家族で契約している場合、「ファミリー割引」を利用することでさらに安く利用ができます。

家族といってもドコモが定めている三親等は上記の通りとなっており、離れて暮らす家族でも家族割の適用が可能です。
全国どこでも20回線までなら家族割が適用できますので確認してみると良いですね。

ちなみに「ギガホ」や「ギガライト」などさまざまなプランがあるので組み合わせも複数ありますが、最もお得な組み合わせは「ギガライト」×「ドコモ光」の組み合わせ。

ギガライトの「5GB」と「7GB」は割引率が最大の1,000円となり、さらにスマホ料金を抑えることができるので最も安くできる組み合わせになります。

ただし家にWi-Fi環境が整っていないと5GB~7GBはあっという間に越えてしまいますので、自分の使い方に合わせてプランを選ぶようにしましょう。

もっと安くしたいなら格安スマホに乗り換えるべき

大手キャリアであるドコモでも、プランの見直しをしたりオプションの整理をすることで、今支払っている金額よりも確実に安くすることができます。

とはいえどんなに頑張っても安くできるのは月に2,000~3,000円がやっと。
大手キャリアスマホであれば毎月最低でも8,000円はかかってしまいます。

「もっとスマホ代を安くしたい!」
と思う方は、やはり格安スマホへの乗り換えをおすすめします。

格安スマホなら3GBでも2,000円以下、5GBでも2,000円ちょっとで使うことができるので毎月のスマホ代も3,000円ほどで収まる場合がほとんど。
ということは月に5,000円以上、年間にして約60,000円も節約することができますね。

しかし通信速度やサポート面が不安な方も多いと思います。
ですが格安スマホは大手キャリアの回線を借りてネットを提供しているので、回線も比較的安定しており途切れることもありません。(ただし場所や利用時間による)
何より通信費を大きく節約することができるので、一度検討してみてはいかがでしょうか?
下記記事で格安スマホのメリットやデメリットを紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす