【auの高い携帯料金を節約】大手キャリアスマホをお得に使う方法

ゆかにゃんゆかにゃん

スマホ代が高いと感じたこと、ありませんか?
特に格安スマホではなく大手キャリアの携帯やスマホを利用している場合、月に1万円以上支払っている場合がほとんどですよね。

「キャリア携帯だししょうがない」といえばそうですが、実はキャリア携帯であっても見直すことで毎月の料金を安く抑えることができます。

auは格安スマホより充実したサービスがいっぱいあるので毎月の料金が高いのは仕方ありませんが、多少なりとも費用を削ることができればうれしいですよね。

ということで今回はauの携帯料金を安くする方法を紹介します。

まずはauの料金プランをチェック

auは2019年11月現在、6つのプランを展開しています。

au データMAXプラン Pro

月額9,150円でデータ容量の上限なく使えるプラン。
自宅にWi-Fi環境が整っていなかったり、長時間の動画閲覧やゲームなどをする人に適しています。

データ通信が上限なしで利用できますが、テザリングやデータシェア、ローミングは月に20GBまでという制限付き。

月額料金が高いですが、以下のような家族割や2年契約など別のプランも組み合わせることで、月額5,980円まで下げることができます。

ただし「スマホ応援割プラス」は6カ月間の限定適用となるので、半年経過後は+1,000円となります。

au データMAXプラン Netflixパック

月額8,050円でデータ容量の上限なく使えるプラン。
Wi-Fi環境の整っていない場所で使ったり、動画やゲームをよくする人に適しています。

先に紹介した【au データMAXプラン Pro】と似ていますが、異なる点は「Netflix」のベーシックプランが利用できるという点。

そのため”すでにNetflixを契約している方”は実質無料で使うことができます。
また「動画配信サービス、何か契約してみたいんだけど…」なんて方にもおすすめですね。

こちらのプランも以下のような別プランを組み合わせることで、4,880円まで下げることができます。

auフラットプラン20N

月額6,170円で20GBまでデータ容量が使えるプラン。
Wi-Fi環境も整っており、外出時でも動画やゲームを楽しみたい方にピッタリのプランです。

以下のプランを組み合わせることで、4,000円まで下げることができます。

auフラットプラン25 NetflixパックN

月額7,320円で25GBまでのデータ容量と、Netflixベーシックプラン、さらにビデオパス見放題プランが付いたプラン。
動画だけでなく映画やテレビ番組などもレンタルして楽しめるので、色んなコンテンツを視聴したい人にぴったりのプランです。

データ容量も25GBまであるので、外出先での動画視聴やゲームもサクサク楽しむことができます。

またこちらも以下のプランを組み合わせることで、5,150円まで下げることができます。

auフラットプラン7プラスN

こちらは月額5,650円でデータ容量が7GBまで使えるプラン。
他のプランに比べ少ないように感じますが、特定のSNSデータがカウントフリー(消費が0)となっているので、SNSを良く使う人にぴったりのプランです。

データカウントフリー対象のSNSは以下の4つ。

・Twitter
・Instagram
・Facebook
・+メッセージ

動画やゲームはカウントされるので、自宅のWi-Fi環境は整えておくようにしましょう。

またこちらも以下のプランを組み合わせることで月額3,480円まで下げることができます。

新auピタッとプランN

こちらは「~1GB」「~4GB」「~7GB」と自分の使い方に合わせて契約プランを選ぶことができます。
あまりネットをしない方や、基本的にWi-Fi環境内で動画やゲームをする方におすすめ。
~1GBが月額1,980円から利用できるので、大手キャリアでもスマホ代を安くしたい人にぴったりです。

こちらのプランは以下のような2年契約やauスマートバリューなどに加入することで割引を受けることができます。

他の大手キャリアに比べ6種類もプランを展開しているau。
基本的には自分の使い方に合ったデータ容量のプランを選択すればよいですが、Netflixがパックになっているプランもあるので映画やドラマを楽しみたい方はそちらの方がお得に楽しめますね。

auの携帯料金を安くする3つの方法

続いてauの携帯料金を下げる3つの方法を紹介します。

不要なオプションを外そう

まずは携帯を契約した際に強制的に加入したオプションを外しましょう。

使っていないにもかかわらず、解約せずに放置していれば毎月お金がかかってしまいます。

例えばau契約時に強制加入となるオプションは以下のようなものがあります。

・auスマートパス 372円
・auスマートパスプレミアム 499円
・ビデオパス 562円
・うたパス 300円
・ブックパス 562円
・ディズニーパス 372円

1つ1つ見ると少額ですが、全て加入したままでいると月に2,500円以上も発生してしまいます。
面倒だからと放置していては、かなりの無駄遣いになってしまいますね。

不要なオプションは「My au」にて解約することができるので、必ずチェックをするようにしましょう。

契約プランを見直そう

現在契約しているプラン、定期的に見直しをしていますか?

実はほとんどの人が契約時に選んだプランのまま、長年使い続けているようです。

大手キャリアの場合、格安スマホとは違い定期的に新プランが発表されます。
その都度見直しをするのは面倒ですが、最低でも1年に1回は自分の使い方にプランがあっているか見直すようにしましょう。

また電話をよくかける方は、定額制の通話プランに加入しておく方が安く済む場合もあります。

■ 通話定額 1,700円/月(国内通話が24時間かけ放題)
■ 通話定額ライト 700円/月(5分以内の国内通話が24時間かけ放題)

ちなみに「通話定額ライト」の場合、「通話定額ライト スタートキャンペーン」によって適用月より12カ月間は500円で利用することができます。
通常の通話料は30秒あたり20円かかりますので、電話をかける機会がある方はとりあえず加入しておくと安心ですね。

またデータ容量の少ないプランを選び、モバイルWi-Fiを契約するというのもひとつの手段。
モバイルWi-Fiは外出時も持ち運ぶことができるので、データ容量プランを最低限に抑えてモバイルWi-Fiを活用することで費用も抑えられます。
モバイルWi-Fiは約10台まで接続することができるので、自宅のパソコンやタブレット、プリンター、ゲームなどにも接続することが可能。
公衆Wi-Fiのように重くなることもないので、サクサク快適に使うことができおすすめです。

auスマートバリューで永年割引

携帯電話やスマートフォンだけでなく、自宅のネット回線もauにすることで「auスマートバリュー」が適用され最大2,000円引きになります。

適用条件は指摘されたデータ定額サービスとau指定のインターネットに加入することが条件。
現在auを使っていて、自宅のネット回線をauひかりに切り替えることでも適用させることができます。

【指定のデータ定額サービス】
・新auピタットプランN
・auデータMAXプランPro
・auデータMAXプラン Netflixパック
・auフラットプラン25 NetflixパックN
・auフラットプラン20N
・auフラットプラン7プラスN

【au指定のインターネット】
・auひかり
・eo光
・Pikara
・MEGA EGG
・BBIQ
・ひかりJ

など…
さまざまな会社の回線で割引を受けることができます。
こちらは住んでいる地域によって異なるので、公式サイトで確認してみてくださいね。

auスマートバリュー

またauでは開通工事が不要なauスマートポートも用意しています。
コンセントに繋ぐだけで高速インターネットが使えるようになるので、賃貸に住んでいる方や引越しの予定がある方はこちらがおすすめです。

auスマートポート

もっと値段を下げたいなら格安スマホも検討してみて!

オプションを外したりプランを見直したり、固定回線もauに統一してみたり…
さまざまな方法でauのスマホ料金を下げることができますが、どんなに頑張っても2,000~3,000円安くするのがやっと。
大手キャリアの利用であれば最低でも毎月8,000円はかかってしまいます。

毎月の負担となるスマホ代をさらに節約するためには、やはり格安スマホも検討すべき。
毎月3GBのプランでも約2,000円前後で利用できるため、かなりの金額を節約することができます。

また格安スマホは料金プランもシンプルな会社ばかり。
基本的に契約縛りもないので、気軽に利用することができます。

ただしメリットだけでなくデメリットもあるので、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす