節約しながらディズニーを200%満喫するためのお得な楽しみ方&裏ワザ情報

ゆかにゃんゆかにゃん

値上げをくり返している東京ディズニーリゾート。
現在は変動制価格を導入していますが、大人パスポートで1枚7,900~9,400円となり、気軽に行ける場所ではなくなってしまいました。

しかし、節約中であってもたまにはパークに遊びに行きたいですよね。
そこで今回はディズニーリゾートを節約しながらなるべく費用を抑えて楽しむ方法を紹介します。

駐車場・交通費

ディズニーリゾートの最寄駅はJR東日本の京葉線「舞浜駅」。
ディズニーランドに行く際はこちらで降りれば良いですが、ディズニーシーに行く際はリゾートラインで「東京ディズニーシー・ステーション」まで行く必要があります。

2駅で大人260円・子供130円、通常の電車より若干割高になっていますね。
乗り放題になる「フリーパス」も販売されていますが、1日に3回以上乗らないと元が取れないためあまりお勧めできません。

実はランドからシーまで歩いて行けることを知っていますか?
所要時間は15分ほど、「あれ乗りたいね~!」など話しながらあるけばあっという間についてしまいます。
リゾート地ということもあり歩道がきちんと整備されているので、歩きやすい作りになっているんですよ。

大人2人・子供2人でリゾートラインを往復利用すると1,560円。
これだけ浮けば食べ歩きができますね!
ディズニーリゾードならではの雰囲気を楽しみながら節約ができます。

また、車でパークに来る方は別途駐車場代がかかります。
駐車料金は平日2,500円/土日祝3,000円
平日と土日祝日に500円の差があるので、できるかぎり平日に遊びに行けば500円も浮かすことができます。

ファストパスを利用して効率よく遊ぶ

パスポートを購入して入園すれば、後はいくつでも乗り放題!(一部有料ゲームあり)
混んでいるからこそうまく時間を使って効率よく遊びまわりたいですよね。

ここで活躍するのがファストパスの利用。
うまく取れれば4~6枚は確保することができ、少ない時間でもたくさんのアトラクションに乗れるので事前に自分の乗りたいアトラクションを決めておくことも大切です。

中でもスプラッシュマウンテンやセンター・オブ・ジ・アースのような絶叫系のアトラクションは、混雑している場合お昼には発券終了になります。
絶対に乗りたいものがあれば、入園してすぐにファストパスを取りに行きましょう。
またディズニーの公式アプリを使えばパスポートのQRコードをスキャンするだけでFPが取得できますので、慌ててパーク内を走り回る必要もなく安心です。

一度取得すると、次のアトラクションのFPが取れるまでに45分~120分ほど時間をおく必要があります。
120分=2時間でしょ?と思っている人も多いかもしれませんが、実は混雑状況によって時間がバラバラ
一枚目のFPに“次のFPが取れる時間”が記載されているのでよくチェックしておきましょう。

スタンバイパスも上手に活用しよう

2020年9月より導入された「スタンバイパス」。
こちらはファストパスとは違い、取得をして指定時間になるとアトラクションの乗車列に並ぶことができます。

乗車の際の密を回避するために導入されたようですが、使いかたはファストパスと同じ。

ただしファストパスは指定時間にいくと比較的すぐにアトラクションに乗車できますが、スタンバイパスは指定時間に行ってもそこからさらに並ぶ必要があります。
あくまでも”並ぶことが可能になるパス”なので、違いを把握して使うようにしましょう。

尚、スタンバイパスも予定枚数を設定していますが、終了していなければ確実に取得が可能です。

ショーの抽選も忘れずに!

アトラクションに夢中になるのも良いですが、ショーの抽選忘れないようにしましょう。
入場時のパスポートを使って、入場者全員ショーの抽選を行うことができます。

混雑時は倍率も高くなかなか当たりませんが、当選すれば指定席で思いっきりショーを楽しむことができます。
ちなみに今までは抽選のために抽選会場まで足を運ぶ必要がありましたが、こちらもFP同様アプリからQRコードで抽選にエントリーすることができるようになりました。

アトラクションとショーをうまく組み合わせて楽しめば時間の節約にもなりますね。

ランチはココがリーズナブル

ディズニーリゾートのコースは1,500~3,000円と高め。
ですが中にはリーズナブルで美味しいレストランもあります。

ランドとシーそれぞれリーズナブルに楽しめるお店がありますので、詳しくは下記記事をチェックしてみて下さい。

またピクニックエリアとよばれるところならお弁当を持ってきて食べることもできます。
パークとは違い静かな雰囲気なので、ちょっとした休憩にもなりますよ。

ホテルは提携サイトを通すと安い!

お泊りディズニーを楽しみたいのであれば「じゃらん」がおすすめ!
じゃらん限定のお得なプランを用意しており、オフィシャルホテルなら朝食つきで一人7,000円代から申し込めます。

素泊まりプランはなんと3,000円代!
もちろんパートナーホテルやグッドネイバーホテルも申込可能で、早期予約プランが利用できるのでイベントに合わせて予約しておけば安く利用できますね。

じゃらん・ディズニー特集ページはこちら

お土産代も節約

かわいいグッズやお菓子がたくさん並ぶディズニーリゾートは、ついたくさんおみやげを購入しがちになります。

しかしグッズやお菓子のお値段も高めに設定されており、2~3個買うだけで5,000円は優に超えてしまうんですから気をつけたいところ。
あれもこれもとカゴに入れてレジに行けば、思った以上の金額に驚くことも多々あります。

おみやげは、選ぶポイントが大切。

例えばグッズの場合、使いまわしのできるものを選ぶと◎
長年売られているものや、シーズン問わず使えるデザインの場合、次回来た時も使うことができます。
定番のデザインは5年以上も売られているんですよ!

中でも人気なのがフード付きマフラーやブランケット。
フード付きマフラーは、夏のパークの日焼け予防にも使うことができますし、ブランケットは冬の寒さ対策にもぴったり。
どちらも金額は3,000~4,000円前後と高めですが、使いまわしやすさを考えればコスパは最強。
私も夏のパークにフード付きタオルは必ず持参しています!

また、お友達へのお菓子を選ぶ場合、数が多く入っているものを選ぶようにしましょう。
代表的なお菓子・クランチは1缶800円で18個入り。
小さなおせんべいの詰合せは30~40枚入って1,000円前後のものもあります。

ちなみに最近、ディズニーリゾートでは小分けスイーツが目立つようになりました。
小さな箱に入ったポッキーが5箱で1,000円前後など、最初から小分けにして渡すことを目的として売られているものばかり。
キャストの方も「小分け用に袋は必要ですか?」と会計時に声をかけてくださるので、必要であればもらうようにしましょう。

このような選び方をすれば、おみやげ代だってうまく節約することができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

チケット代が上がっても食事や宿泊の面で節約をすれば、これまでより安く済ませることだってできます。
また、ちょっぴり奮発して時間の節約をしても良いですよね!
賢く利用して、夢と魔法の国でおもいっきり楽しみましょう!

せっかく夢の国に行くなら、持ち物をしっかり用意しておきましょう!
これで心おきなく思いっきり楽しむことができますね。

不要になったディズニーグッズ、お家に眠っていませんか?
もしかしたら思った以上の高額で買い取りしてもらえる可能性あり!
ディズニー関連グッズ買取専門店【GOODS買取ネット】はこちら

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす