【花粉症対策2018】花粉症の薬ってこんなに高いの!?知らないと損する薬より安い対策

閲覧回数 : 7,447 views

国民の4人に1人が花粉症。
2018年の1月から2月は2017年よりも花粉の飛散量が多いと予想されており、早めの対策を心がけている方もいます。

花粉症のなかでもスギ花粉は飛散開始といわれる前から飛び始めるので、花粉症の方は早めに対策をとることがオススメ!
ですが、毎年対策を取っていても思った以上に飛散量が多いと感じるのが花粉ですよね…。

花粉対策をしても間に合わず、病院に駆け込む人ばかりで耳鼻科は患者さんで溢れ返っています。
注射」「舌下免疫療法」「レーザー治療」などといった治療法もありますが、どれも花粉が飛ぶ数ヶ月前から受けなければいけない治療ばかりで時すでに遅し。
耳鼻科はごったがえしで2時間待ちもザラ、薬をもらうにも1時間以上は待たなければならず、病院へ行くのも本当に大変です。
実は薬局で普通に手に入れることのできる市販薬がお医者さんで処方してもらう薬と同じ成分なのをご存知ですか?
市販薬で花粉症の症状が抑えられれば、手軽に服用することも出来ますよね。

病院でもよく処方されていて、かつ効果が高く副作用の比較的少ない市販薬を処方薬と比較しつつご紹介したいと思います。


市販薬と処方薬の徹底比較表


他にもありますが、代表的なのはこの5つ。
どれも副作用が少なく、持続性もあり安心して服用できます。
また、アレジオン10とスカイナーALは薬局はもちろん、通販でも購入することが出来ますが
他の3つの薬は2014年6月12日施行の薬事法改正により薬局で薬剤師と対面のもとでの販売となりました。

市販薬のコストパフォーマンス

どの市販薬も約2週間分入って¥2,000円前後。
普通の風邪薬に比べるとやはり高額にはなります。

アレグラで花粉症の1シーズンを乗り切る場合、

2月中旬からゴールデンウィークが終わるまで飲み続けた結果、
2/15~5/10までの12週間・84日で6箱のアレグラを服用することになります。
その合計金額は 1箱1,980円×6箱=11,880円!
3か月の花粉症症状緩和の為に1万円以上の薬代が発生します。

その他に点鼻薬や目薬、マスクに保湿ティッシュなどを合わせると総額2万円以上になることも。
花粉症の症状緩和には意外と費用がかかることが分かりますね。

サプリメントなら費用も安く体質も改善!

薬を使うことで症状を緩和することができ、ラクにはなりますが”治療”にはなりません。
結局のところ毎年のように薬を服用し、症状を緩和…の繰り返し。

そこで、最近話題の乳酸菌のサプリメントを服用して体質改善しませんか?
サプリメントだから薬よりも費用が安く、普段の食生活で不足しがちな栄養素も一緒に補うことができてしまいます。

花粉症対策は早めが肝心!節約大全スタッフのオススメ乳酸菌サプリはこちら

乳酸菌サプリで免疫力の強化から根治の可能性

サプリメントだったら半額以下の値段で体質を根本から改善させることも可能です。
その結果、毎年花粉症で悩む必要がなくなるかも…!

そもそもなぜ、乳酸菌が花粉症などのアレルギーに効果があると言われているのでしょうか?

それは、乳酸菌には免疫機能に重要な働きをする善玉菌を増やし腸内環境を整える効果があるとされているから。
腸内環境を正常化することで、免疫力がアップし異常なアレルギー反応を防ぐ効果もあります。
なので花粉症の症状緩和に効果があるとして話題となっているのです。

また乳酸菌サプリメントは薬ではないので、即効性はありません。
自然とアレルギーをなくすためには、継続性が大切です。
花粉症シーズンに問わず年中積極的に摂取した方が良いとされており、体質を改善をしたい方はサプリを飲み続けましょう。

⇒ 花粉症の時期から予報、対策方法まで!花粉症に関する情報をお届け!

⇒ 健康でいることが一番の節約!健康に関する情報はこちら


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000