トイレの節水が一番重要!ちょっとしたコツで今すぐ水道代を大幅に節約する裏ワザ

閲覧回数 : 5,704 views

シャワーにお風呂・トイレに食器洗い・・・
いろんな場面で使う機会が多い水、生活には欠かせませんよね。

だからこそ使いすぎてしまうお水ですが、実は水道光熱費の中でも一番節約しやすいと言われています。
今すぐできるカンタン節水方法、さっそくご紹介しましょう!

スポンサーリンク

水の利用割合

水を一番多く利用しているのは「お風呂」だと思っていませんか?

実はトイレが一番の割合を占めています。

トイレ:30%
お風呂:25%
キッチン:20%
洗濯:15%
洗顔や歯磨きなど:10%

一般家庭で使用されているお水の割合は上記のとおり。
トイレが最も多くの水を使用します。

トイレの水使用割合

水の割合はトイレが一番多いですが、正直なところ回数を減らすことは難しいですよね。
ですがちょっとした心がけで、水の量を十分に節約することができます。

まずは流すレバーの使い分けをしましょう。
1度に流す水の量はレバーが「大」の場合約8ℓ、「小」の場合は約6ℓと“2ℓ”もの差があります。
「大」と「小」をうまく使い分けることが節約に繋がります。

一昔前にトイレのタンクにペットボトルやレンガを入れて水量を少なくする方法が流行りましたが…
これはタンクが破損してしまったり水圧が下がり過ぎて何度も流すことになってしまい、逆に水を多く使ってしまうので絶対にやめてください。

次に割合を占めるお風呂の節水方法

お風呂もトイレの次に多く水を利用する場所。
特に冬はお湯を張る回数も増えるので、自然と水道代が上がりますよね。

お風呂で最も節水効果が発揮できるのがシャワー。
今使っているシャワーのヘッドを「節水シャワーヘッド」に取り換えるだけとカンタンに水の使用量を減らすことができます。

「節水シャワーヘッド」とは、シャワーの出る穴の数を少なくしたヘッドです。
「シャワーの勢いがなくなるのでは?」と思う方もいますが、穴が少なくなった分勢いが逆に良くなります。
簡単に付け替えられるのも魅力ですね。

また、シャンプーやリンスをする際はこまめにシャワーを止めましょう。
シャワーを1分間出しっぱなしにしておくと、約12ℓ(ペットボトル6本分)ものお湯が流れてしまいます。
湯船のお湯で先に流し、仕上げにだけシャワーを使うというのも一つの手段ですね!

キッチンやその他の節水方法

トイレやお風呂に比べて使う量は少ないですが、キッチンや洗顔などの場面でもこまめに節水すると効果的。

キッチンで食器を洗う場合は大きめの容器を用意し、お水を張ってその中で一度流してから最後にシャワーですすぐと節約につながります。

洗顔時や歯磨き時の水の出しっぱなしも水の無駄遣い!
1分間流しっぱなしにしてしまうと、知らぬ間に6ℓもの水が流れ出てしまっています。
コップに溜めるor洗面気に溜めるなどして使うだけでも、水の量を1/4も抑えることができます。
蛇口自体を節水タイプのものに変更すれば、思いっきり蛇口をひねってしまうお子さんが居ても安心ですね!

このようにちょっとした事を気にかけるだけで水道代を大幅に節約することができます。
また、節約綿ではもちろんですが、水資源を守るためにも貢献できます。
ぜひ今日から実践して自分の為にも地球の為にも節水を心がけてみてくださいね!

⇒固定費の節約まとめページはコチラ

⇒ 光熱費を削減して家計を大きく節約しよう!


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000