【ラインペイ(LINE Pay)】おサイフサービスLINE Payの仕組みや使い方をわかりやすく解説しました!

閲覧回数 : 807 views

LINE公式サイトより引用

家族や友達とトークや通話を無料で楽しむことができるLINEアプリ。
LINEにはそれだけではなく、とっても便利な機能があることを知っていますか?

ズバリ“LINE Pay(ラインペイ)”です!

このLINE Payを使うには様々な条件があり、使い方も人によって異なります。
もしかしたら「なにそれ?」と思う方もいるはず…。

そこで、今回はLINE Payについてご紹介したいと思います。


LINE Payとは

LINE公式サイトより引用

コンビニやLINE提携店、オンラインショッピングを楽しむことができる機能“LINE Pay”
買い物だけではなく、飲食店での割り勘やLINEに登録している友達にお金を渡すことができる決済サービスです。
知っている方も多いと思いますが、まずはLINE Payを登録して使うことができる2つの仕組みについてご紹介します。

LINE Cash (ラインキャッシュ)

LINE Payの登録が済んだ段階のことを“LINE Cash(ラインキャッシュ)”といいます。
このLINE CashはLINE Payに銀行口座またはコンビニから現金をチャージすることで、コンビニでの買い物やオンラインショッピングを利用することができます。
LINE Cashの特徴としては、チャージできる金額が回数に関係なく上限金額は10万円です。
LINE Cashをもっと身近な物に例えるなら、電子交通系カード「SuicaやIkoca、PASMO」といった電子マネーが一番近いです。

また、LINE CashではLINEに登録している友だちに対し「送金依頼・割り勘依頼」をすることができますよ。

LINE Money (ラインマネー)

LINE Cashの登録が終ったあと「銀行口座・身分証明書」の本人確認登録をすることで、“LINE Money(ラインマネー)”と名前が変わり、さらに使うことができる機能が増えます。

その機能とは【割り勘/送金/出金】の3つです。

これらの機能を使うためには、LINEアプリに友だち登録している人もLINE Money登録をしていないと使うことができません。
※「出金機能」を利用する際は手数料として200円(税抜き)がかかりますが、他の機能は無料で使うことができます
さらに、持っている銀行口座を登録することで“デビットカード”のような使い方をすることができますよ。

LINE Cash とLINE Moneyの大きな違いは利用限度額です。
LINE Cashではチャージ出来る金額が回数に限らず10万円が上限金額ですが、LINE Moneyはチャージできる上限金額は1,000万円になります。
※ただしLINE Moneyへチャージする際は、1回につき100万円が上限金額です

LINE CashはLINE Payに登録をするだけで使うことができますが、利用限度額に上限があり尚且つショッピングの決済が主な機能となります。
一方LINE Moneyであれば利用限度額が倍以上の金額となり、かつ利用できる機能が増え【割り勘/送金/出金】機能を使うことができます。

また、LINE Cash、LINE Moneyでの決済方法は以下の3つです。

1 ネットショッピングでの決済方法をLINE Payに選択
2 バーコードを使って決済する
3 LINE Payカードを使って決済する

使う前にはLINE Payにチャージをする必要があるので注意してくださいね。

LINE Payへのチャージ方法についてはこちら

LINE Moneyで使うことができる機能

先ほどご紹介したLINE Money。
LINE Payに登録し本人確認をすることでLINE Moneyとなり、【割り勘/送金/出金】機能を使うことができます。

ちなみにLINE Payを使うには、LINEの登録パスワードとは異なる“LINE Pay専用パスワード”の登録が必要です。
LINE Pay専用パスワードは送金・決済のほか別端末でのLINE Pay初回ログイン時にパスワードの入力が求められます。
このパスワードの二重構造により、万が一第三者に不正ログインをされてもLINE Payの機能が使われないようになっているのでセキュリティも抜群なので安心して使うことができますよ。

それでは3つの機能についてご紹介していきます。

割り勘機能


例えば3人分の飲食代をLINE Payを使って決済した場合、LINEを通じて「1人○○○円」といった面倒な計算から連絡まで行ってくれる機能です。
ただし、この機能を使うにはLINE Pay登録をしている友だち同士でないと利用することができないので注意してくださいね。

この機能はLINE Cashの状態でも金額を使うことができるので「後で払うね」などといった払い忘れを予防するだけでなく、お店での会計もスムーズに行うことができます。
さらに「送金依頼」機能でメッセージと一緒に金額を送ることができるので、単なる「金額の請求」だけではなく次回のお誘いや感謝の気持ちを伝えることができます。

送金機能

通常、各金融機関にて送金を行うと手数料がかかりますよね。
しかし、LINE Payであれば銀行の手数料が無料なうえに24時間いつでも送金することが可能です。
先ほど紹介した割り勘機能を使った際、友だちもLINE Moneyでアカウントを持っていればLINE Payを通して集金をすることができますよ。
サークル代の飲食代や新年会・忘年会などの幹事の方には嬉しい機能ではないでしょうか?
もしくは大学を機に上京した子どもへ送金したり、友人間でのお金の貸し借りなども行うことができます。

よく「お金の切れ目は縁の切れ目」といいますが、LINE Payを使えば忘れることはありませんね(笑)

出金機能

機能の説明の前にLINE Pay、LINE CashとLINE Moneyをざっくりまとめると

LINE Pay=媒体
LINE Cash=電子マネー
LINE Money=ほぼ銀行

です。

電子マネーはチャージをしないと使うことができませんが、銀行であれば口座に残高がある限り引き出して使うことができますよね。
そして、この2つの仕組みに共通することはLINE Pay。
つまり「媒体を通して使う」ということです。

LINE Cashは、いわゆる電子マネーと同じ扱いになるため出金はもちろん送金もできません。
ですが、LINE CashをLINE Money(本人確認登録)にすることで1LINE Money=1円(手数料がかかるため実際の価値とは異なる)として使うことができ、チャージ上限金額も倍以上。
さらに【送金/出金】機能を使うことができます。
※本人確認を行う際には、LINE Payと提携している銀行口座の登録もしくは身分証のアップロードが必要です。

また、2017年の春からセブン銀行ATMでも入出金が可能となりました。
全国のセブンイレブンに設置されているセブン銀行で、24時間365日出金することができるのは嬉しいですよね。
さらに、2017年9月19日からは”じぶん銀行”とも提携をし口座からLINE Payへチャージすることができるようになりました!
LINE Payと連携している銀行の数はじぶん銀行を含め48行となり、ネット銀行とのチャージ連携が今回が初とのことです。

LINE Pay決済が使える場所

LINE Payを登録するだけで使うことができる店舗は以下の通りです。

・ZOZOTOWN
・STARBUCKS(オンラインショップ)
・AppBank Store
・FOREVER21(オンラインショップ)
・HMV(オンラインショップ)
・GROUPON
・Fril

ちなみにZOZOTOWNでLINE Payを使ってお買い物をすることでLINEポイントが貯まることはもちろん、さらに手数料がかかりません。
合計金額が4,999円以上であれば送料も無料となるので、LINE Payを使わないより断然お得に買い物を楽しむこができますよ^^

「普段からLINE Payを使って買い物をしている」「LINEポイントが欲しい」と言う方は、ZOZOTOWNを使ってみては?

また、「支払いは2ヶ月後!」といったツケ払い決済方法など新たなサービスを展開しているZOZOTOWNですが、2017年9月にはLINEアプリと連動させることで最新情報はもちろんお得情報をもらうことができます。
今ならツケ払いサービスでの手数料が無料となっているので大チャンス!
ただし、「お金が足りない」「請求日を忘れていた」などの問題も多発しています。
ツケ払いサービスは普段なかなか買い物ができない人や学生にも気軽に使うことができますが、必ず支払い日を確認し計画を立てて使ってくださいね。

ZOZOTOWNについてはこちらのページをどうぞ

LINE Payの登録方法~本人確認編~

↑LINE公式サイトより引用

LINE Payの登録方法はコチラの記事をどうぞ

ここではLINE Pay登録後、本人確認の登録方法について写真を使ってご紹介したいと思います。
※使っているスマホがiPhoneのためAndroid版と少し異なります。

1 LINE Payをタップ

ますは、LINEアプリの「その他」をタップし「LINE Pay」を選びます

2 設定

LINE Payに登録していると↑の画面に切り替わるので「設定」をタップし、「本人確認」に進みます

3 本人確認(銀行口座の登録or身分証明書のアップロード)

本人確認では銀行口座の登録or身分証のアップロードを求められます。
まずは銀行口座から登録をしていきます。

4 個人情報の入力

「本人確認」の画面で銀行口座の登録を選択すると、個人情報の入力画面に切り替わります。
今回みずほ銀行の口座登録を行いましたが、“みずほダイレクト”への登録が必要でした。
各銀行によって登録方法が異なる場合があるので、画面の指示に従い登録を行ってくださいね。

ちなみに口座登録することができる銀行は、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行といった大手銀行含む48行あります。
銀行口座を登録しておくことでコンビニでのチャージやオートチャージを利用することができますよ。

次に身分証明書のアップロードの方法です。
口座登録と同じように個人情報の入力後、運転免許証もしくは保険証が必要となるので事前に準備しておくとスムーズに登録することができます。

身分証のアップロードが終ると…

画面に「本人確認ができました」と表示されれば、登録完了です。

まとめ

今回はLINEアプリに組み込まれているLINE Payについてご紹介しました。
LINE Payは登録をするだけで使うことができますが、さらにLINE Payカードを作ることで国際ブランドJCB加盟店でも使うことができます。

また、LINE Payの使い方は人それぞれです。
LINE Cashは機能には制限があるので、お金の無駄遣いをしたくない人や高校生にオススメです。
しかし、サークル活動などが多い大学生などにとってLINE Moneyを登録した方が使い勝手がいいと思います。

最近ではポイントカードの断捨離や、日々の節約を心がけ無駄遣い防止のためにApple PayやAndroid Payなど“おサイフケータイ”を使う人も増えていますよね。
LINE Payならスマホのキャリア関係なく誰でも登録することができ、さらにLINE Payカードを使えばLINEポイントを貯めることができますよ。
LINEポイントを貯めればLINEコインとしても使うことができるので、トーク画面で使えるスタンプを購入することもできます^^
この機会にぜひLINE Payに登録してLINEのある生活をもっと身近に、そして様々なお得な機能を使ってみてくださいね。

⇒節約大全おすすめのクレジットカードはコチラ!


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000