ポイントマニアは必見!オリコカード ザ ポイントは最強のポイント力が自慢のクレジットカードだ

閲覧回数 : 290 views

“オリコ”と聞くと以前は「高額品を購入する際の分割払い」「リース業務」が有名でした。
例えば昔の話ですが、当時高価だったパソコンを購入するのにオリコの割賦契約を利用することがありました。
また事業系のリースや融資でもオリコは様々なところで銀行とは違うファイナンス的役割を果たしています。

オリコを会社の名前と思っている人もいるようですが、実際には「オリエントコーポレーション」が社名であり、今回紹介する“Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)”も同社が発行するクレジットカード。
最強のポイント力を誇るオリコカード ザ ポイントの魅力を見てみましょう。

ネーミングにポイントが付くほどポイントにこだわったカード

オリコカード ザ ポイントはオリエントコーポレーションが発行するクレジットカードですが、カードの名前に「THE POINT(ザ ポイント)」が付くように、とにかくポイントを集めることにこだわったカードです。

特に近年では様々なクレジットカードが流通しており、特に楽天カードやYahooカード、リクルートカードなどでは自社で運営するショッピングサイト(楽天市場、Yahooショッピング、ポンパレモール)で利用すると5%~15%ものポイントが付くこともあります。
ただし、それは自社サイトに利用に限ってであり他サイトの利用では一般的なクレジットカードと同等のポイント率になります。

このように自社(子会社)でショッピングサイトを運営する流通系クレジットカードの場合では高ポイントを提供することも珍しくありませんが、金融系クレジットカードであるオリコカード ザ ポイントが「最強のポイント力」とはにわかに信じられないことですよね。
それでは細かくオリコカード ザ ポイントのポイント力を調べてみましょう。

オリコポイントはネットショッピングでも街でも常に1%以上

オリコカード ザ ポイントの基本ポイント還元率は1%。つまり100円の利用で1オリコポイントを取得することができます。
一般的なクレジットカードでは還元率は0.5%程度が多く、この時点で楽天カードなど流通系カードと同等の還元率になります。

流通系カードの中には自社サイトでの利用ではポイント率が高く街利用では低いケースもありますが、オリコカード ザ ポイントはネットショッピングでも街利用でも最低還元率は1%以上です。
その意味では安定して高ポイントを稼ぐことができるクレジットカードですね。

入会半年間はポイント還元率がなんと2%にアップ!

オリコカード ザ ポイントでは入会すると、入会特典として半年間(6ヶ月間)は特別加算ポイントが1%プラスされて2%のポイントを獲得できます。
100円の利用で2オリコポイントが貰えるので、これは嬉しいサービス。
ただし、半年間のポイントアップには上限があり期間中最高5,000オリコポイントまでとなっています。

例えばオリコカード ザ ポイントに入会して半年間で50万円を利用したと仮定します。
基本ポイントが1%で5,000オリコポイント、特別加算ポイントで5,000オリコポイント獲得できるので、合計で10,000オリコポイントが貰えることになります。

半年で10,000オリコポイントが獲得できるのですから、入会したら半年間で合計50万円の利用を目指して是非とも特別加算ポイントのMAXを狙いましょう。

オリコポイントの使用と移行方法

基本的に1オリコポイントは1円と換算して下さい。
つまり10,000オリコポイントは10,000円の価値と同等であり、利用は500オリコポイントからリアルタイムで交換することができます。
オリコポイントの主な交換先(移行先)を紹介します。

【オリコポイント主な交換先】
■ アマゾン(Amazon)ギフト券
■ WAONポイント
■ T-POINT
■ 楽天ポイント
■ iTunesギフトカード
■ nanacoギフト
■ すかいらーく
■ LINEギフト
■ その他

アマゾンやWAON、T-POINTなど誰もが利用しているものばかりですね。
また、オリコポイントはJAL・ANAへのマイル移行にも対応しており、移行にかかる手数料も必要ありません。

オリコポイントの交換はインターネット会員サイトの「オリコポイントゲートウェイ」からオンラインで行い、特にT-POINTやWAONポイントでは申込後、即時に使用することができます。
一般的なクレジットカードではポイント移行に1週間~2週間はかかるのですが、直ぐに利用できるポイント移行力には驚いてしまうしかありません。
これは注目のサービスですね。

楽天ポイント、Pontaポイントなどでは申込日によって、移行日が決まっていますが、これも半月に1回のペースなので決して遅いものではありません。
オリコポイントの交換率は同等ですが、JALやANAのマイルでは若干の違いがありますので、注意しましょう。

■ JAL:500マイル=1,000オリコポイント
■ ANA:600マイル=1,000オリコポイント

これを見るとマイル交換ではANAの方が交換率は高いようです。
オリコポイントを使用する際には交換率を確認して行うようにして下さいね。

0.5%の特別加算!オリコにもショッピングモールがあった

金融系の会社であるオリエントコーポレーションですが、自社で運営するショッピングモール“オリコモール”も展開しており、ここでオリコカード ザ ポイントを利用することで、最低0.5%の特別ポイントが加算されます。

オリコモールには様々なショッピングモールが参加しており、中には経由することで15%ものポイントアップを行っているショップもあります。
主な参加サイトと現在のポイント率を見てみましょう。

■ アマゾン:0.5%
■ 楽天市場:最大15%(ショップによる)
■ Yahooショッピング:0.5%
■ 楽天トラベル:2%
■ えきねっと びゅう国内ツアー:3%
■ ドクターシーラボ:5%
■ ベルーナ:2.5%
■ その他

特にアマゾン(Amazon)や楽天市場、Yahooショッピングではオリコモールを経由するだけで、0.5%~最大15%ものポイントを加算されることになります。
新規入会後には半年間ポイントが2%になるので、その時点でオリコモール経由のアマゾンを利用すると2.5%ものポイントが獲得できます。
アマゾンや楽天市場、Yahooショッピングなどを利用する際には、必ずオリコモールを経由して下さい。
また様々なキャンペーンでポイントアップを行っているので、定期的にチェックすることを忘れないようにしましょうね。

オリコモールはオリコカード ザ ポイントのポイント力を最強に高めるツールになりますので、面倒がらずに積極的に利用するように覚えておいて下さい。

iDとQUICPay搭載でコンビニ使いや少額の買い物にも対応

最近、買い物で電子マネーを利用することが増えてきましたが、オリコカード ザ ポイントには電子マネーのiDQUICPayがダブルで搭載されています。
会員の好きな方を選んで利用することが可能で、支払いはクレジットカードの利用と合算して請求される仕組みです。

iDとQUICPayの特徴はまず「小銭を用意する必要がない」「ポイントが貯まる」ことです。
電子マネーを使用した買い物でも、クレジットカード同じ条件でオリコポイントが獲得できます。
また事前にチャージする煩わしさもなく、クレジットカード利用として清算できるのも便利ですね。
さらに盗難、紛失などの補償もありますので、安心して使用することができます。

オリコカード ザ ポイントがApple Payに対応

オリコカード ザ ポイントがアップル社のApple Payに対応できることになりました。
これはQUICPayの機能を利用することで実現したのですが、様々なシーンで利用できるのでお洒落にショッピングを楽しむことができますね。

【Apple Payの条件】
■ iPhone7以降のiPhone
■ Apple Watch Series2以降
■ iOS 10.1以降

Apple Payを使用してもポイントなどの機能には変わりはありません。
お店やウェブでの支払いや安全性が一段と便利で安全になるでしょう。

オリコカード ザ ポイントの概要


↑Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)公式ページより引用

ここでオリコカード ザ ポイントの概要を紹介します。

■ 年会費:無料
■ 利用限度額:10万円~300万円
■ 国際ブランド:Master、VISA、JCB
■ 電子マネー:iD、QUICPay
■ 追加カード:ETC、家族カード
■ 延滞損害金:6.0%~14.6%

オリコカード ザ ポイントは年会費無料のカード。
それでいて今まで紹介したポイント力を持っているのだから凄いカードですよね。
また、金融系クレジットカードらしく利用限度額も最大で300万円になっています。
年会費が無料のクレジットカードは一般カードが多く、限度額が最高100万円であることが多いのですが、オリコカード ザ ポイントでは300万円まで設定できます。

これは他社のゴールドカード並みで、年会費無料のクレジットカードとしては異例の高さ。
あくまで審査によって限度額は変わりますが、長期に利用することで信用が増し300万円の限度額が付与される可能性はあります。

オリコカード ザ ポイントの返済方法について

オリコカード ザ ポイントの返済にはいくつかの方法があります。

■ 1回払い:手数料無料
■ 2回払い:手数料無料
■ ボーナス1回払い:手数料無料
■ 分割払い:3回~24回(手数料実質年利12.2%~15.0%)
■ リボルビング払い:実質年利15.0%

返済は他のクレジットカードと遜色ありませんが、実質年利が最大15%なので他社と比較して若干安い印象を受けます。
これは他社が最大限度額100万円に対してオリコカード ザ ポイントでは300万円なのが理由だと思いますが、利点と言えば利点ですね。
(利息制限法で100万円を超える年利は15.0%が限度、100万円までは18.0%が限度)

キャッシングの利用は100万円までだから金利は…やっぱり

オリコカード ザ ポイントではキャッシングサービスを利用することができますが、利用限度額は審査によって最大100万円です。
返済方法は1回払いとリボルビングを選択できますが、返済回数は1回~58回までと規定されています。

貸付金利はショッピングと違い最大利用限度額が100万円なので、15.0%~18.0%と高くなっており、延滞損害金も18.0%です。
利息制限法一杯…まぁ仕方がないところですね。

家族カードやETCも無料で加入できるぞ

オリコカード ザ ポイントでは家族カードを年会費無料で3名まで発行することができます。
家族の利用で獲得したポイントは、本会員の口座で合計管理され、支払いも同様の扱いを受けます。

家族カードで注意したいのが利用限度額。
例えば100万円の利用限度額がある会員Aさんが、家族カード2枚を発行したとします。
Aさんは60万円の利用をして家族は合計で30万円の利用をした場合、合計90万円の使用となり、限度額が残り10万円となります。
つまり利用限度額も家族全員で分け合うことになりますので、注意して下さい。

高速道路で利用するETCカードも無料で発行できます。
ETCカードでもポイント対象になりますので、ぜひ申込みするようにしましょう。

保険など付帯サービスについて

オリコカード ザ ポイントには「紛失・盗難保障」が付帯されています。
クレジットカードを紛失または盗難被害に遭って不正に利用された場合には、オリコに届けた日から60日間遡って損害を補償します。
紛失に気が付いたら警察へ届け出をして、すぐにオリコに連絡するようにしましょう。

海外旅行や国内旅行にもサポートが受けられるぞ

オリコカード ザ ポイントでは海外旅行や国内旅行でも様々なサポート受けることができます。

【海外旅行】
■ パッケージツアー割引サービス(3%~8%)
■ 海外格安航空券サービス
■ 海外レンタカー割引サービス
■ スーツケースレンタル割引サービス
■ 手荷物宅配サービス
■ その他

【国内旅行】
■ パッケージツアー割引サービス(3%~5%)
■ 国内レンタカー予約サービス(5%~20%割引)
■ ショッピングガード
■ 国内旅館、ホテル予約サービス
■ 国内格安航空券サービス
■ その他

オリコカード ザ ポイントではこのような旅行サービス以外にも、日本語対応の海外デスクを利用できるなどのサービスを行っています。

eオリコサービスで様々な情報をゲットしよう

eオリコサービスはインターネット上の会員サービスサイトで、クレジットカードの利用状況や様々なキャンペーン情報を提供しています。
24時間365日利用できるので、困ったことやお得な情報を得るのに利用したいですね。

【eオリコサービスの内容】
■ ご利用明細照会
■ ご請求明細
■ Web明細への切り替え
■ キャンペーンへのエントリー
■ 支払い方法の変更
■ 住所変更、口座変更などの個人情報の変更手続き
■ キャッシングの申込み
■ その他

特に一回払いで購入した商品の支払いをリボルビング払いへ変更する「あとリボ」も、eオリコサービスから行うことができます。
様々なシーンで利用できますね。

オリコカード ザ ポイントにデメリットはあるのか?

このようにポイントマニアには嬉しい特典ばかりのオリコカード ザ ポイントですが、デメリットはあるのでしょうか?

実はオリコポイントの有効期間はポイントを獲得した日から、2回目に迎える会員の誕生月になります。
つまり最長で24ヶ月、最短で13ヶ月しか有効期間がありません。
ですから、ポイントを沢山貯めて大きな買い物を狙うにはちょっと厳しい面があるかもしれません。

また旅行に様々な付帯サービスが付いていますが、旅行傷害保険が海外、国内共に付帯されていません。
年会費無料のクレジットカードなので仕方がない面もありますが、やはりちょっと寂しいですね。

しかし、オリコカード ザ ポイントは年会費無料のクレジットカードなので、そこは仕方がないと割り切ることも必要。
計画的にポイントを貯めつつ、旅行保険は他のクレジットカードや旅行保険でカバーすることで特にデメリットは出てきません。

貯まったポイントは早めにギフト券に交換するのがお得な方法

デメリットで紹介した通り、オリコポイントの有効期限は最短で1年程度と短くなっており、長期に貯めることはできません。
しかし、500オリコポイントからアマゾンギフト券やT-POINT、iTunesギフトコード、ファミリマートお買い物券などに交換することができます。

つまりオリコポイントで貯めるのではなく、こまめにギフト券に交換してドンドン利用することで価値を発揮するのだと考えて下さい。
またギフト券の有効期間がオリコポイントの有効期間よりも長いことが多いので、ギフト券に交換して貯める方法も良いでしょう。
オリコポイントはこまめに交換することをおススメします。

入会キャンペーンも充実しているオリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイントでは入会キャンペーンを随時実施しており、現在は入会で最大8,000オリコポイントが獲得できるキャンペーンを実施しています。

■ 入会特典:1,000オリコポイント
■ Start THE POINTキャンペーン:5,000オリコポイント
■ カード入会限定特典:2,000オリコポイント

ただし、これらの条件の中にはちょっと厳しい条件も含まれていますので、内容をよく確認してからエントリーしましょう。

最強のポイント力になるにはオリコモールが鍵に

オリコカード ザ ポイントは利用方法によって多くのポイントを獲得することができます。
また、多くのサイトで同等交換できるので移行に手数料を取られることも少ないようです。
そこで、オリコカード ザ ポイントが最強のポイント力を持つための鍵となるのがオリコモール。

オリコモール経由でアマゾン(Amazon)や楽天市場を利用することで、飛躍的にポイントが増えて、最大で15%ものポイントを得ることができます。
また他のサイトを利用しても同様のことが言えるでしょう。

インターネットショッピングでアマゾンや楽天市場を日常から利用する人は、最強のポイント力を持つ、オリコカード ザ ポイントがきっと役に立つでしょう。
ネットショッピングマニアにはぜひおススメしたい一枚です。

通販だけじゃない!オリコカードを使って税金や公共料金でもポイントが貯まりますよ^^

節約大全おすすめクレジットカードの情報まとめページはこちら↓


著者情報
moose

moose

mooseの書いた他の記事を見る

会社経営を経て夢のセミリタイヤを45歳で実現し、のんびりするはずが性格なのかファイナンシャルプランナーとして独立するはめに(泣)…成人した子供よりもポメ2匹を溺愛しています。のんびり書きたいライターです。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000