【エポスゴールドカード】インビテーションで年会費無料のゴールドカード!その魅力についてご紹介します!

閲覧回数 : 408 views

エポスゴールドカード公式ページより引用

年会費無料!即日発行!という謳い文句で有名なクレジットカードEPOSCARD(エポスカード)。
店頭での申し込みなら申し込んだその日から使うことができ、オンライン申し込みでも最短3日間で届きます。

エポスカードは主に全国展開している駅前デパート“OIOI”(以降、マルイ)で発行することができます。
このエポスカードにも他のクレジットカード同様にゴールドカードがあります。

それが今回ご紹介するエポスゴールドカードです。
ゴールドカードの中でも比較的持ちやすいクレジットカードで、かつエポスカードよりも嬉しい特典が満載です^^

では、エポスゴールドカードはどのようなクレカなのか見ていきましょう!

エポスゴールドカードとは


エポスゴールドカード公式ページより引用

エポスゴールドカードもエポスカードと同じく店頭での申し込みが可能なクレジットカードです。
しかし店頭で申し込んだ場合、年会費として通常5,000円かかってしまいます。
ゴールドカードのほとんどは年会費が10,000円~のものがあると考えれば、エポスゴールドカードは比較的安いといえるでしょう。

ですが、私の知っている限りイオンゴールドカードは年会費無料で持つことが出来たり、楽天ゴールドカードであれば年会費2,000円で持つことができます。

「だったら、楽天市場でポイント還元率が上がる楽天ゴールドのほうがいいじゃない」

まぁ、焦らず…。
実はエポスゴールドカードの年会費を無料で持つ方法が2つあります。
その条件をご紹介しましょう。

年会費無料にする条件

エポスゴールドカードのを年会費無料で持つ方法は以下の2通りがあります。

① 年間50万円以上の利用
② インビテーションからの申し込み

①の場合、初年度の年会費(5,000円)がかかってしまいます。
その代わり、年間50万円(月におよそ42,000円~)以上のお買い物などをエポスゴールドカードで決済することで翌年以降の年会費は永年無料にすることができます。

普段のお買い物はもちろん、生活費などをエポスゴールドカード決済に設定しておけば難しい条件ではないですね^^

次に②の場合です。
こちらは既に“エポスカード”を持っている人限定となります。
エポスカードをつ開けば使うほど、インビテーションが届きやすくなるようです。

「エポスカードは持ってるけど、いくらくらい使えばいいの?」という疑問があると思うので、最低限の条件をまずお伝えしましょう。

【インビテーションが届く条件】
■ エポスカード申し込み後、6ヶ月間で30万円以上の利用もしくは1年間で50万円以上の利用
■ 公共料金または携帯電話などの定期的な支払いに利用
■ エポスカードでの利用回数が多い

ちなみに当サイトの編集部スタッフ、ほりえもん氏(@h_emon_ )はエポスカードを使っていたため、インビテーションが届いたそうですよ^^
※下記参照

【ほりえもんの場合】
■ 年間利用額は80万~100万円
■ インビテーションが届くまでは1年間ほど

ほりえもん氏によると「インビテーションが届き、エポスゴールドカード発行までは1週間ほどだったかな?」とのことです。
このように、エポスゴールドカードのインビテーションが届く条件は人によって異なります。
最低限の条件として「1年間で50万円以上、エポスカードの利用」と頭に入れておくといいでしょう。

そして、このインビテーションが届いてからエポスゴールドカードを申し込んだ場合、初年度に限らず年会費は永年無料で持つことができます。
エポスカード自体は年会費無料で持つことができ、かつ「豪華すぎる…」と言われるくらいカード優待が満載です。

また、エポスカードは初めてのクレジットカードとしても人気のある一枚です。
この機会に検討してみては^^?



【エポスカードの主な特徴】

・年会費無料
・豪華な無料特典
・即日発行No,1

「クレカを持ちたいけど、どれがいいのかわからない…」そんな方はこちら↓のページも合わせて読んでみてくださいね^^



ポイントの貯め方(還元率含む)

エポスゴールドカードを手に入れ買い物などをする際、気になるのはポイントですよね。
特にクレジットカードを利用するにあたって、重視するのは“ポイント還元率”

実はエポスゴールドカードのポイント還元率はVISA加盟店での利用は0.5%となり、エポスカードと変わりありません。(200円毎に1ポイント付与)

これでは「エポスゴールドカードにした意味がないじゃない!」と言われかねません。
もちろん、ゴールドカードならではのポイントがあります!

通常は先ほどお伝えしたとおりポイント還元率は0.5%ですが、年間の利用額に応じて“ボーナスポイント”が付与されます。

■ 年間50万円以上の利用
⇒2,500エポスポイント付与/0.5%相当(※2,500円相当)

■ 年間100万以上の利用
⇒10,000エポスポイント付与/1%相当(※10,000円相当)

※はVJAギフトカード(全国共通商品券)に交換した場合です

上記のボーナスポイントを合わせることで、年間100万円ほどエポスゴールドカードを利用すると還元率は1.5%となります。
他のゴールドカードを見ても「一般カードと比べポイント還元率が高い」といったイメージが多いなか、エポスゴールドカードの場合1.5%の高還元を受けることができるのでお得なゴールドカードと言えますね。

ポイントアップショップの活用(還元率3倍)

エポスゴールドカードは利用する場所によってポイント還元率が上がります。
なんと、マルイもしくはモディでエポスゴールドカードを使うとポイント還元率は最大3倍になります。

しかし、これには少し落とし穴が…。
ポイント還元率を3倍にするにはエポスゴールドカードでの支払い回数を3~36回にするか、リボ払いを選択しないといけません。
※リボ払いは毎月の支払額を下げることができますが、手数料(年利15%)がかかるため長い目で見ると本来支払う金額よりも多く払う恐れがあるので注意が必要です。

支払い方法が1回・2回またはボーナス一括払いだとポイント還元率は1%(200円毎に2ポイント付与)となります。
それでも通常VISA加盟店での利用では200円毎に1ポイント(0.5%)なので、最低でも1%になるのは嬉しいですよね。

他にも注意しておきたい点があります。
マルイもしくはモディでの利用でポイント還元率を2~3倍にするには、“エポスゴールドカード”でのクレジット決済のみが対象となります。
そのため、エポスゴールドカードでのキャッシング・クレジット手数料・商品券の購入などは対象外となるので気をつけましょう。

その他、以下のサービスまたは店舗の利用は常にポイント還元率が2倍(1%)となるのでオススメです。

【ポイント還元率2倍になるサービス/店舗】
■ マルイ
■ モディ
■ IDC大塚家具
■ MONA新浦安
■ ENEOSでんき

ENEOS電気はガソリン代も節約できる!詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

ショップを3つに決めてポイントアップ

エポスゴールドカードの特徴の一つでもある「選べるポイントアップショップ」
ポイントアップ対象ショップの中で普段から利用する頻度の高いお店を3つ選べることで、エポスゴールドカードを使う際にポイント還元率が3倍にすることができます。

対象ショップの中にはコンビニやスーパーはもちろん、ドラッグストアや家電量販店など沢山あります。
選択する幅が広いので、むしろ3つに絞ることが難しいかもしれませんね(汗)

※ただし、ファミリーマート(コンビニ)/セイジョー(ドラッグストア)/マツモトキヨシ(ドラッグストア)等、マルイ内の店舗については対象外となるので注意しましょう。

ポイント有効期限

ポイントといえば、最後に気になるのが「有効期限」ですよね。
エポスカードの場合、貯めたエポスポイントの有効期限は2年間でした。

一方、エポスゴールドカードでのポイント有効期限が無期限です!
そして貯めたエポスポイントをエポスVISAプリペイドカードにチャージすることで、国内に限らず海外のVISA加盟店であれば「1ポイント=1円」として使うことができます。

原則としてVISAのクレカが使えるお店(VISA加盟店)であれば、どこでも使うことができるのでポイントの使える場所が一気に広がりますね^^

ポイントのお得な使い方

エポスゴールドカードで貯めたエポスポイントには有効期限がありません。
だからと言って「ポイント貯まったから何かに使いたいなぁ」と思いますよね(笑)
ここでは、貯めたエポスポイントを少しでもお得に使う方法をご紹介していきたいと思います!

プレペイドカードにチャージしよう

エポスゴールドカードを使い貯めたエポスポイント。
先ほどもお伝えしましたが、“エポスVISAプリペイドカード”にチャージすることで国内はもちろん、世界中のVISA加盟店で使うことができます。
※1エポスポイント=1円として利用可能

また、エポスVISAプリペイドカードにチャージすることができるだけではありません。
様々なギフト券や商品券にも交換することができるので是非活用して、お得にお買い物を楽しみましょう。

【ポイント交換:チャージ/ギフト券/商品券】

商品名必要ポイント数(交換数)
エポスVISAプリペイドカード1
マルイ商品券
(1,000円分)
1,000
iTunesギフトコード
(1,000円分)
1,000
iTunesギフトコード
(3,000円分)
3,000
VJAギフトカード
(1,000円分)
1,000
クオカード
(1,000円分)
1,000
アパホテルクーポン券
(1,000円分)
1,000
KEYUCAお買い物券 
(500円分)
500
スターバックスカード
(3,000円分)
3,000
モンテローザお食事券
(1,000円分)
800
シダックスサービス券
(1,000円分)
1,000
オンリー優待券   
(1,000円分)
1,000

是非、上記の表を参考にし貯めたエポスポイントをうまく活用しショッピングや外食をお得に楽しんでくださいね。

ポイント・マイルへの交換

エポスポイントは航空券などに交換することができるマイル(マイレージ)やポイントにも交換することができます。
こちらも表にまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね^^

マイル/ポイント名交換ポイント
ANAマイレージクラブ1,000ポイント
⇒600マイル
ANA SKY コイン1,000ポイント
⇒1,000コイン
JALマイレージバンク1,000ポイント
⇒500マイル
ドコモプレミアムクラブ1,000ポイント
⇒1,000 dポイント
au WALLETポイント1,000ポイント
⇒1,000 WALLETポイント
スタバカード500ポイント
⇒500円分チャージ
ノジマスーパーポイント500ポイント
⇒500ノジマスーパーポイント

普段の買い物をエポスゴールドカードを使い、貯めたポイントでマイルに交換することができるのは嬉しいですね。

特にお得な交換先はANAマイルです。
一般的にポイントを使ってマイルに交換すると50%(2対1)ですが、エポスポイントの場合は60%(5対3)となります。

また、ポイントでは共通ポイントの1つdポイントに交換することができます。
dポイントはローソンなどで貯めることができるPontaポイントと相互交換が可能ですし、ファーストフード店マクドナルドや大手ドラッグストアツルハドラッグでも貯めることができますよ^^
※ツルハドラッグではdポイントを貯めることはできますが、使うことはできません

このように貯めたエポスポイントは様々な使い方があるので、自分のライフスタイル合わせて利用すれば色んな節約に繋げることができますね。

陸マイラーにおすすめ!普段のお買い物などでマイルが貯まるクレカはこちら↓



【エポスカードの主な特徴】

・年会費無料
・豪華な無料特典
・即日発行No,1

海外旅行傷害保険

エポスゴールドカードにはにも、エポスカードと同じく海外旅行傷害保険が付帯されます。
エポスカードの保障内容と比較してみました。

【海外旅行傷害保険】

 エポスゴールドカードエポスカード
傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高500万円
傷害治療費用300万円
(1事故の限度額)
200万円
(1事故の限度額)
疾病治療費用300万円
(1疾病の限度額)
270万円
(1疾病の限度額)
賠償責任
(免責なし)
2,000万円
(1事故の限度額)
2,000万円
(1事故の限度額)
救援者支援100万円
(1旅行/保険期間中の限度額)
100万円
(1旅行/保険期間中の限度額)
携行品損害
(免責3,000円)
20万円
(1旅行/保険期間中の限度額)
20万円
(1旅行/保険期間中の限度額)

さすが、ゴールドカードというだけあって「傷害死亡・後遺障害」は倍の保障金額ですね。
賠償責任以降の保障内容はエポスゴールドカードもエポスカードも変わりありません。

しかし海外先での医療費は国内と比べ高額になるケースが多いので、このようにゴールドカードクラスの保障がついていたほうが安心して旅行を楽しむことができますね^^

国内/海外の空港ラウンジの利用

エポスゴールドカードではエポスカードにはなかった特典があります。
その一つが国内/海外の空港ラウンジの利用です。

国内の主要空港(20空港)とダニエル・K・イノウエ国際空港(旧:ホノルル空港)・仁川空港・ホノルルラウンジを無料で使うことができます。
エポスゴールドカードがあれば、飛行機の待ち時間や乗り継ぎまでの休憩時間など無料でラウンジを使うことができますよ^^

利用方法もいたってシンプルです。
当日の空港チケットとエポスゴールドカードを提示するだけ!
ただし、ICチェックインの場合は当日の搭乗便名と行先・出発時刻を申告してください。
※eチケットの場合は「eチケットお客様控え」を提示してくださいね。

また、エポスゴールドカードを忘れてしまった際は空港ラウンジを使うことができないので注意しましょう。

ちなみに、空港ラウンジを使うことができるクレカは他にもあります。
その名は“楽天ゴールドカード”“楽天プレミアムカード”

楽天ゴールドカードdであれば、エポスゴールドカードと同様に国内の主要空港と海外空港の一部ラウンジを無料で利用することができます。
一方、楽天プレミアムカードでは世界中の空港ラウンジを無料で使うことができるプライオリティオパスを無料で付帯させることができます。
なかには「プライオリティパスが無料つくから」という理由で楽天プレミアムカードを申し込む方もいますよ^^

この2枚のクレジットカードは楽天市場でのポイントアップキャンペーン(楽天SPU)の対象サービスでもあるので、楽天市場を頻繁に使っているのであればオススメです。

国内・海外旅行に欠かせないクレジットカードはこちら↓のページをどうぞ

エポスカードとの比較

では、年会費無料かつ即日発行のクレカ“エポスカード”との違いははどのくらいあるのでしょうか?

エポスカードとエポスゴールドカードの基本概要を表にしてみました。

【比較表】

 エポスゴールドカードエポスカード
年会費5,000円
※年間50万円以上の利用
(一度のみでOK)で永年無料
※インビテーションでの申し込みで永年無料
無料
国際ブランドVISAVISA
追加カードETCカードETCカード
ポイント名エポスポイントエポスポイント
ポイント還元率0.5~最大30%以上0.5~最大30%以上
付帯保険海外旅行傷害保険海外旅行傷害保険
限度額80~300万円50万円

エポスカードもアポスゴールドカードも国際ブランドはVISAのみです。
また、どちらのカードでも有料道路をスムーズに使うことができる“ETCカード”が無料で付帯させることができるのは嬉しいですね。

ちなみに、エポスカードまたエポスゴールドカードには他のクレカのように「家族カード」を発行することができません。
ですが、実はゴールド/プラチナ会員限定で”あるシステム”を利用することで家族もゴールドカードを持つことができます。

どのような仕組みかご紹介しましょう。

エポスファミリーゴールド

エポスファミリーゴールドとは、エポスゴールド会員と同等の豪華なサービスや特典を共有することができるシステムです。
このシステムを使うには、エポスゴールドカードもしくはプラチナカード会員でないといけません。

早速、どのような仕組みなのか説明していきましょう。

まず、エポスゴールドカードを持っているaさん。
aさんが自分の家族に対して「紹介メッセージ」を送ります。

すると、エポスカードの保有に関係なく家族は“エポスゴールドカード”を申し込むまたは切り替えることができます。
その際「ファミリー登録」をすることで、貯めたポイントをシェアしたり利用金額に応じてボーナスポイントを得とくすることができるのです♪
カードの利用明細や請求などは各個人に知らされるので、プライベートを守ることもできます。

このように家族カードの発行はできませんが、家族でボーナスポイントがもらえたりシェアすることができるのは嬉しいですよね^^
もちろん家族の方も年会費は永年無料でエポスゴールドカードを持つことができるので安心してくださいね。

年会費無料のゴールドカードは他にも…

通常ゴールドカードは年会費のかかるクレジットカードです。
一般カードの中には楽天カードのような年会費無料のカードはありますが、楽天カードもゴールド・プレミアムカードに切り替えることで年会費がかかるようになります。
ちなみに、楽天ゴールドカードはインビテーションを受けることで通常よりもお得にカードを切り替えることができますよ。

では、エポスゴールドカードと同じく年会費無料で持つことができるゴールドカードはどのカードなのか…。
それはイオンゴールドカードです。

イオンゴールドカードは名前にもあるようにイオンカードまたはイオンカードセレクトのゴールドカードです。
イオンカードは年会費無料で持つことができ尚且つ家族カードもETCカードも無料で付帯させることが可能。

特に毎月20日・30日の「お客様感謝デー」にはカードを提示することで5%OFFで買い物をすることができます。
さらに、カード特典も豊富なため主婦の方を筆頭に人気の高いクレジットカードですよね。

そんなイオンカードを使い続けるもしくは条件をクリアすることで“イオンゴールドカード”に切り替えることができます。
イオンゴールドカードはエポスゴールドカードとは異なり、インビテーション(招待状)がないと申し込むことができません。

ですが、一度ゴールドカードにしてしまえばイオンカードと同じく年会費無料でゴールドカードを持つことができますよ。

複数存在するゴールドカードの中でも年会費無料でもつことができるのは、この2枚のクレジットカードだけ!
アナタにぴったりのゴールドカードはどちらでしょうか^^?

イオンゴールドカードにするためのインビテーション条件についてはこちら↓のページをどうぞ



クレジットカードを知ろう!

クレジットカードと聞くと「クレカは無駄遣いに繋がる」「借金したくないし…」といった話をよく見たり聞いたりしませんか?
なかには「クレジットカードがあると節約にならない!」という意見もあります。

では、そもそも「クレジットカード」とは一体なんなのでしょうか?
私の中でパッと浮かんだのは3点です。

■ お金(現金)がなくても買い物ができる
■ ポイントが貯まる
■ カード特典が使える

…これだけ見るとクレカを使う必要もそんなにないし、「カードがある」となると使いすぎる可能性も十分に考えられます。

しかし、それは「クレジットカード」をきちんと知らないだけ。
「特典がたくさんついてる♪」「年会費無料だし^^」というメリットばかりに目をやると、クレジットカードの泥沼にはまっていってしまうかもしれません。

そうならないためにクレジットカードについて一緒に学びませんか?

クレジットカードとは一体なんなのか、クレカがあることでどんなお得があるのか、クレジットカードにおける注意点など気になることがたくさんあると思います。
ならばこちらのページ↓




をじっくり読んでみてください。
クレジットカードに関するあらゆる基礎知識をわかりやすく学ぶことができますよ♪

また「クレカ欲しいんだけど、どんな審査があるのか気になる」と言った方はこちら↓のページを合わせてどうぞ^^




当サイトの編集部スタッフしんえもん(@shinemon_carmag)が写真付きで解説してくれます。

「どのカードがいいの?」「節約にいているクレカは?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



まとめ

年会費無料かつ即日発行のクレジットカード“エポスカード”を使うことで、インビテーションを受けることができるクレカ“エポスゴールドカード”

ゴールドカードにも関わらず条件を満たすことで年会費無料で持つことができ、エポスカードになかった特典や優待もあります。
エポスポイントも今まで以上に貯めることができるので、使えば使うほどお得なクレジットカードです。

この機会にクレジットカードのランクを少し上げ、貯めたポイントを使い色んな節約をしながらお得な生活を送ってくださいね。

【エポスカードの主な特徴】

・年会費無料
・豪華な無料特典
・即日発行No,1


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
【エポスゴールドカード】インビテーションで年会費無料のゴールドカード!その魅力についてご紹介します!【エポスゴールドカード】インビテーションで年会費無料のゴールドカード!その魅力についてご紹介します!