アメ車オーナー必見!アメリカのハイオクガソリンは日本のレギュラーガソリン?ホントのところ教えます。

金無和也金無和也

アメ車に乗る方々の中で、
「アメリカのハイオクは日本のレギュラー並みの品質だから、日本で乗る場合はレギュラーで十分」
という噂なのか都市伝説なのか、はたまた事実なのか・・・よく分からない話を聞きます。
では本当のところどうなんでしょうか?

真実を解明したいと思います!

スポンサーリンク

アメリカのハイオクは日本のレギュラーと言われる所以

それはアメリカと日本では『オクタン価』の設定が違うからなんですね。

アメリカ 日本
レギュラー 87 91
ハイオク 92 100

上記の表を見ても分かるように、アメリカでハイオクに設定されていても日本ではオクタン価上、レギュラーでも問題ないように見えます。

これが巷で言う「アメリカのハイオクは日本のレギュラーだ!」と言われる所以なのです。

表向きだけでは見落としがちな規格の違い

前述の比較オクタン価表ですが間違いではないけれど正確ではないのです。
それは何か・・・
アメリカと日本ではオクタン価をはかる測定方法が違うのです!
日本:RON(リサーチ・オクタン価)
アメリカ:AKI(アンチノック・インデックス)
この測定方法の違いが、大きな誤認識を生み出してしまっているのです。

RONとAKIだと測定値に4~5の誤差が生じ、AKIの方が低い値が表示されます。
誤差を含めたオクタン価表を見てみましょう。

アメリカ 日本
レギュラー 87→91 91
ハイオク 92→97 100

どうでしょうか?
この測定誤差を修正した表を見ると「アメリカのハイオクは日本のレギュラー!」だなんて言えませんね。

アメ車でもちゃんと規格のガソリンを入れましょう

オクタン価の違うガソリンを入れてしまうと、不具合が起こったり、燃費が悪化したりとあまりいい事はありません。
もし、あなたの身近で『アメ車のハイオクは日本のレギュラーだ!』なんて都市伝説を言ってる方がいたら、優しくこの記事を見せてあげて下さいね。

スポンサーリンク

参考:世界のオクタン価

ヨーロッパ アメリカ 日本
レギュラー 91(9.2%) 91(84.2%) 91(82.6%)
レギュラー(ミッドグレード) 95(81.2%) 94(6.0%) 該当なし
ハイオク 98(9.5%) 97(9.9%) 100(17.1%)

※カッコ内の数字はシェア

前述のアメリカと日本の比較ではアメリカのシェアが低かったので除外しましたが、日本には設定のないレギュラーのミッドグレードというものが存在します。
ヨーロッパの車のほとんどがこのミッドグレードの規格で作られているため、日本では該当するガソリンが無い状態なのです。
ヨーローッパの車に乗っている方は、レギュラー仕様であってもハイオクを入れることをお勧めします。

⇒ これを読んで、さらに充実したカーライフを送ろう!

この記事を書いた人
金無和也

金無和也

お酒に弱くヘビースモーカーのアラフォー独身。最近お腹や体臭が気になり始めました。過去の借金、債務整理の体験を生かして「債務整理のすすめ」「キャッシング大全」を運営している。
さがす