【povoの魅力を解説】新プラン2.0の詳細やメリット・デメリット、おすすめポイントを紹介

ゆかにゃんゆかにゃん

docomo、au、SoftBankと大手3キャリアが料金を見直し、それぞれ格安プランサービスを開始しました。

auは新料金プラン「povo」を月額制で提供していましたが、2021年9月29日よりプラン内容を一新し自分好みにカスタマイズできる「povo2.0」をスタート。

組み合わせ次第で安く毎月利用できるようになりましたが、新たに「ギガ活」というサービスも加わり注目を集めています。

いったいどのようなプランになのでしょうか?
今回は「povo2.0」について詳しく紹介していきたいと思います。

「povo2.0」ってどんなプラン?

povoの新しいプラン「povo2.0」は、基本料金が無料で利用できるオンライン専用料金プランです。

今までの「povo(1.0)」は月額2,728円で20GBまで使うことができましたが、新しい「povo」2.0は通信容量やコンテンツを自由にトッピングしカスタマイズすることができます。

キャリア au
ブランド名 povo2.0
月額料金(税込) 0円
データ通信量/月 0GB
利用可能ネットワーク 4G/5G
テザリング 追加料金不要
キャリアメール なし
申込/サポート Webサイト

「povo2.0」を契約した場合、トッピングなしの状態で利用すると基本料金も0円、利用可能通信量も0GBになります。
この状態でインターネットに接続した場合、通信速度は送受信最大128kbpsとなりメール送信や通話も快適にはできません。

この0円ベースプランに以下のデータトッピングや通話トッピングを追加しオリジナルプランを作ります。

【データトッピング】

データ追加量 金額
1GB(7日間) 390円
3GB(30日間) 990円
20GB(30日間) 2,700円
60GB(90日間) 6,490円
150GB(180日間) 12,980円
使い放題(24時間) 330円

【通話トッピング】

オプション名 金額(月額)
5分以内通話かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円

【コンテンツトッピング】

オプション名 金額(月額)
DAZN使い放題(7日間) 760円
smash.使い放題(24時間) 220円

例えばデータトッピングの場合、7日間や30日間といった期間付きのものがありますね。
短期間でデータ容量を増やしたい場合や長期間で使いたい場合など、データ容量の利用期間によって選ぶことができます。

「月末までまだあるのに通信量が足らない」と言った時、通常であれば1GB550円かかりますが、「povo2.0」の場合は7日間390円と安く追加できますね。

一方で「毎月3GBほどしか使わない」という人は30日間990円を追加すれば旧プラン(20GB2,728円/月)よりも安価で利用できますし、2台持ちで通話のみ利用する場合であれば5分以内通話かけ放題550円で持ち続けることも可能です。

さらにコンテンツトッピングも短期間毎に追加ができるので、連休などに合わせてトッピングすることだってできます。

180日間以上トッピングがない場合は停止になる恐れも・・・

「povo2.0」はベースが0円プランなので、トッピング追加をすることが前提で作られています。
そのため180日間以上有料トッピングがない場合は、利用停止や契約解除になるようです。

その点楽天モバイルであれば、1GB以内の通信量であれば期限設定なく無料で使い続けることができます。
楽天リンクを使えば通話料も無料になりますので、通話メインのサブスマホの契約であれば楽天モバイルの方が維持費なく持ち続けることができますね。

楽天モバイル申込みはこちら

新しく「ギガ活」が登場

「povo2.0」では「ギガ活」というサービスが新しく登場しました。

これはポイ活のように通信容量を貯めることができるもの。
街中にある提携店を利用すると金額に応じた通信量をもらうことができ、スマホにチャージして利用ができます。

【提携店でギガ活】

店名 条件 金額
銀座deフットサル 500円以上購入 3GB(30日間)
ザファーム 7,000円以上購入 3GB(30日間)
サロモン 2,000円以上購入 1GB(7日間)
BANANA STAND 500円以上購入 300MB(3日間)
Plywood 2,000円以上購入 1GB(7日間)
Brooklyn Roasting Company 500円以上購入 300MB(3日間)
三島スカイウォーク 500円以上購入 300MB(3日間)
夢を語れ札幌 900円以上購入 300MB(3日間)
Reebok 2,000円以上購入 1GB(7日間)

など、他にも提携店が数多くあるので、積極的に利用すれば追加購入しなくても快適にインターネットが利用できます。

さらにauのキャッシュレスサービス「au PAY」を使うことでも通信量がもらえます。

【au PAYでギガ活】

店名 条件 金額
ウエルシア 500円以上購入 300MB(3日間)
カインズ 2,000円以上購入 1GB(7日間)
コナズ珈琲 500円以上購入 300MB(3日間)
すき屋 500円以上購入 300MB(3日間)
ドトールコーヒー 500円以上購入 300MB(3日間)
はま寿司 500円以上購入 300MB(3日間)
ビッグエコー 500円以上購入 300MB(3日間)
ヒマラヤ 2,000円以上購入 1GB(7日間)
ベイシア 2,000円以上購入 1GB(7日間)
丸亀製麺 500円以上購入 300MB(3日間)
menu 500円以上購入 300MB(3日間)
ローソン 500円以上購入 300MB(3日間)

提携店もau PAY利用ももらえるのは短期間で使用できるデータ容量となりますが、通信制限がかかりそうな月末などには非常に助かりますよね。

[SaLinkDesigner id=8095 layout=horizontal target=none]https://ecoeco-taizen.com/save/credit-card/25915.html[/SaLinkDesigner]

旧プランと新プランの比較

もともと展開していた「povo1.0」と比較をしてみましょう。

ブランド名 povo1.0(旧プラン) povo2.0
月額料金(税込) 2,728円 0円
データ通信量/月 20GB 0GB
利用可能ネットワーク 4G/5G 4G/5G
キャリアメール なし なし
申込/サポート Webサイト Webサイト
その他 180日以上オプションなしで停止/解除 2021年9月で新規受付終了

旧プランの場合、月額は2,728円、使える通信量も20GBと決まっていましたが、新プランとなる「povo2.0」であれば選ぶトッピングによって月額料金が異なり、使いたい分だけ追加することができます。
自分の使いかたに合わせて組み合わせることができ、毎月の通信量も抑えることができますね。

ただしトッピングを追加するためには、毎月どのくらい通信量を使っているのか把握している必要があります。
今使っている携帯会社のマイページなどで月の使用通信量を確認することができますので、事前にしっかり確認し大体どのくらいで足りるのかイメージしておくと安心ですね。

事前エントリーで最大20GBのデータボーナスがもらえる!

2021年9月13日(月)10:00~より「povo2.0」の事前エントリーがスタートしました。

エントリーを済ませ初回データ購入した場合、購入データ容量に応じて追加データボーナスがもらえます。

初回購入データ データボーナス
1GB(7日間) 300MB
3GB(30日間) 1GB
20GB(30日間) 10GB
60GB(90日間) 20GB
150GB(180日間) 20GB

例えば最初に3GB購入した場合、ボーナスとして1GBがもらえるので4GBになります。
データボーナスをうまく活用し、最初に長期間分まとめて購入しておくのもおすすめです。

【エントリー期間】
2021年9月13日~終了日未定

【エントリー方法】
■ 期間中に専用フォームに必要事項を記入しエントリー
■ 開通後は14日以内にデータトッピングを購入

エントリーはこちら

povo2.0の魅力を動画で解説!

まとめ

旧プランでは通信量を使いきれず、余らせてしまった人も多かったと思います。

その点、新プランの「povo2.0」では自分の使いかたに合わせたプランを作ることができるので、通信量も利用料も無駄になりません。

また新しく加わったギガ活を利用すれば、街中で買物をしながら通信量をもらうこともできます。
毎月月末に通信量を追加購入していた人も、ギガ活なら買物のついでに通信量をもらうこともでき、追加でわざわざ買う必要もありません。

「毎月のスマホ代を安くしたい」「通信量を無駄にしたくない」という人にはぴったりのプランですよ。

[SaLinkDesigner id=8096 layout=horizontal target=none]https://ecoeco-taizen.com/cut/communication-cost/mobile-phone/50840.html[/SaLinkDesigner]

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★
さがす