【楽天モバイルのUN-LIMITを徹底解説】気になるエリアや無制限プランのメリット・デメリット

ゆかにゃんゆかにゃん

いよいよ4月8日に楽天モバイルより新プラン「楽天UN-LIMIT(アンリミット)」がスタートします。

ギガ使い放題で24時間通話し放題、さらに先着300万名には月額2,980円が1年間無料になるというお得過ぎる内容で、申込み開始当初は公式サイトもサーバーダウンするほど注目されました。

このプランを機に、楽天モバイルは大手3キャリアとは別の独自回線を展開することになりました。
“第4の携帯会社”になると言われていますが、今後どのような会社になっていくのでしょうか?

気になるプラン内容や今後について紹介します。

楽天モバイルの新プラン「楽天UN-LIMIT」とは

今までの楽天モバイルは、大手キャリアであるdocomoとauの回線を借りてサービスを提供していました。

しかし、今回スタートする「楽天UN-LIMIT」は楽天モバイル独自の回線を使って展開します。

プラン名 楽天UN-LIMIT
月額料金 2,980円(税抜き)
事務手数料 3,000円(税抜き)
通信制限 完全使い放題
(au回線と海外利用は2GB)
通話 国内完全かけ放題
(海外は月980円でかけ放題)
SMS 国内外使い放題

月額はたったの2,980円、データは使い放題なので速度制限がかかることはありません。
また先着300万人に限り1年間月額料金が無料で利用できます。

楽天モバイル公式サイトでチェック

楽天UN-LIMITのメリット

  • 料金が安い!
  • ギガ使い放題で利用できる
  • 国内通話がかけ放題
  • 海外では2GBまで使うことができる
  • 楽天市場のSPUが+1倍

最大のメリットといえば料金の安さ!
月額2,980円でギガ使い放題は業界最安値なのではないでしょうか?
節約大全で紹介しているクラウドSIMでさえも安くて月額3,280円なので、やはり一歩リードしていますね。

また国内通話がかけ放題というところも魅力的。
他の格安スマホ会社では、別途かけ放題プランに入らないと30秒につき20円の通話料金が発生します。
「通話は基本的にLINE通話でしている」という人でも、場合によっては電話番号発信する必要がありますよね。
そんな時でも無料で何時間でも電話ができるのは安心です。

国内ではギガ放題ですが、海外では2GBまでとなっています。
また楽天モバイル回線が届いていない場所ではパートナーエリアを使用することになりますが(au回線)、このエリアでの使用も月に2GBまで。
越えてしまうと低速128kbpsとなり、回線速度もかなり遅くなります。

ただし追加は1GB500円で購入することもできるので、使い切ってしまっても問題ありません。

気になる対応エリア

他の携帯会社よりも安く利用できる楽天UN-LIMITですが、実は楽天回線は全国展開ではありません。


*2020年4月6日時点

楽天回線エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・三重・京都・大阪・兵庫の9県のみ。
それ以外の地域(パートナーエリア)で楽天モバイルを使うと、au回線で接続されます。

もちろん対象エリアは順次拡大していきますが、やはりまだ少ないですね。

パートナーエリアでの使用の場合、月に2GBまでしか使うことができないので、やはり住んでいる場所が楽天モバイル回線のエリアになっているかどうかきちんと確認すべきです。

楽天UN-LIMITのデメリット

  • iPhoneで使うことができない
  • パートナーエリアと海外は2GBのみ
  • 1人1回線までしか契約ができない
  • 通信品質はまだ不明…

従来の楽天モバイルではiPhoneが利用できましたが、「楽天UN-LIMIT」の場合iPhoneは使えません。
基本的には公式で”対応機種”と掲載されているAndroid端末を使う必要があります。
iPhoneユーザーは別途Android端末を用意する必要があるので注意しましょう。

また前の項目でもお話ししたように、楽天モバイル回線エリア外での利用は2GBとなっています。
楽天モバイル回線が住んでいるエリアにしっかり対応しているかどうか、必ず確認しましょう。

さらに1人1回線までしか契約ができないので、一度解約をしてしまうと再契約ができません。
まだ始まっていないので回線がどれだけ安定しているかわかりませんが、契約や解約は慎重に行うようにしましょう。

iPhoneで楽天回線が使えるという情報をキャッチ!

ネット上ではiPhoneで楽天回線が使えたという声が多数あがっています!
どうやら新しい楽天回線をiPhoneで使う手段があるようなので、調べた裏ワザを紹介します。

もともとiPhoneは楽天モバイル回線に対応していないので、公式サイトでも対象機種に含まれていません。
SIMを入れればデータ通信はできますが、音声通話はできないようになっています。

しかしiPhoneはXS以降の端末の場合、SIMを2枚同時に装着すること(DSDS/デュアルSIMデュアルスタンバイ)ができます。
ということは楽天モバイルで別途eSIMを発行し装着をすれば、音声通話もできるのではないかという考えです。

実際にeSIMを組み合わせて音声通話にも成功した人の声がネット上には続出!
iPhoneで制限なく楽天回線が使えるのはうれしいですよね。

ただしeSIMで音声通話をすることでUN-LIMITの”国内通話し放題”が使えなくなるため、30秒あたり20円の通話料金が発生します。
他にも楽天モバイルの電話番号を使ったSMS認証がうまくいかなかったり、弾かれてしまうといった問題点もあるようです。

公式サイトではiPhoneを対象機種としていないため、楽天モバイル回線をiPhoneで使う際は自己責任で行ってくださいね。

楽天モバイルのお申込みはこちら

「楽天UN-LIMIT」はこんな人におすすめ

  • 楽天モバイル回線対象エリアに住んでいる
  • さまざまな楽天サービスを使っている
  • 通信制限なしでネットを使いたい

対象エリアであれば安い値段で制限なく使うことができるため、通信費を大幅に節約することができます。
特にさまざまな楽天サービスを使っている人であれば、「楽天モバイルUN-LIMIT」を使うことでポイント還元率が+1倍になるので楽天市場での買い物もお得になりますね。

通信速度はサービスがまだ始まっていないので何とも言えませんが、先行で回線を利用している人の声によると平均も40Mbpsは出ているようです。
スマホは5Mbpsあればストレスなくネットが利用できるといわれているので、早さは十分過ぎるほど出ていますね。

ただし利用者が多ければ多いほど遅くなることも考えられるので、速度や安定さに関してはしばらく様子見となりそうです。

まとめ

2020年4月8日より正式サービスがスタートする「楽天モバイルUN-LIMIT」。
金額が安い事もあり、子供のために契約を考えている家庭も多いようです。

編集部スタッフの中にもすでに申込を済ませている人がいるので、繋がりやすさや使い勝手などリアルな声を今後も発信していきたいと思います。

また現在、楽天モバイルを利用している人は先行期間に限り無料で移行ができるので、ぜひ検討してみてくださいね。

楽天モバイルのお申込みはこちら

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす