【LINEMOの魅力を大解剖】LINEギガフリーや選べる2つのプラン、おすすめポイントを徹底解説

ゆかにゃんゆかにゃん

大手3キャリアの格安プランサービスが開始しましたね。
SoftBankは「LINEMO」というサービスを他社とは違い2つのプラン展開でスタート。
LINEがギガフリー対応になったり、クリエイターズスタンプが使い放題になったりと魅力的な内容になっています。

果たしてどんな人にぴったりなのでしょうか?
気になるプランの特徴やメリットデメリット、どんな人が乗り換えるべきなのかを紹介したいと思います。

LINEMOの料金プラン

LINEMOには2つのプランがあります。

スマホプラン

キャリア SoftBank
ブランド名 LINEMO
月額料金(税込) スマホプラン 2,728円
データ通信量/月 20GB
データ追加料金 1GB 550円
利用可能ネットワーク 4G/5G
5分通話し放題 オプションで追加
その他通話オプション 1回5分通話し放題 550円
24時間通話し放題 1,650円
テザリング 追加料金不要
キャリアメール なし
その他 LINEギガフリー
LINEスタンプ使い放題
国際ローミング利用可能(時期未定)
申込/サポート LINE
Webサイト

スマホプランは月額2,728円で20GBまで使えるプラン。
auの「povo」と同じく1回5分通話し放題は付いておらず、必要であれば追加する必要があります。

またLINEギガフリーがついているので、LINEのトークや通話で使う通信量はカウントされません。
通信量を気にせず使うことができるので、主にLINEで連絡を取っている人にとっては嬉しいメリットですね。

他にもLINEスタンプのプレミアムに加入すると毎月240Pが付与され、実質無料で利用ができます。
「LINEMO」というだけありLINEに特化したサービスがお得に利用できるのです。

ミニプラン

キャリア SoftBank
ブランド名 LINEMO
月額料金(税込) ミニプラン 990円
データ通信量/月 3GB
データ追加料金 1GB 550円
利用可能ネットワーク 4G/5G
5分通話し放題 オプションで追加
その他通話オプション 1回5分通話し放題 550円
24時間通話し放題 1,650円
テザリング 追加料金不要
キャリアメール なし
その他 LINEギガフリー
国際ローミング利用可能(時期未定)
申込/サポート LINE
Webサイト

ミニプランは月額990円で3GBまで使えるプラン。
「20GBも使わない」「WiFi環境が整っている」と言った人であれば、ミニプランを選ぶ方が毎月の通信費を抑えることができますね。

オプションは通常のスマホプランと同じように追加できますが、LINEスタンププレミアム加入時のポイントバックは対象外となり、ポイントをもらうことはできません。
この点は注意して利用するようにしましょう。

またもし月によって通信量にバラつきがある場合は、楽天モバイルもおすすめです。
「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」なら月額料金が変動型になっており、1GBまでであれば無料、1~3GBまでであれば1,078円、3~20GBなら2,178円、20GB~なら2,980円と通信量によって料金が決まります。
あまり使わない月は無料で、20GBを超えるほどたくさん使った月でも2,980円以上の負担はありません。
使う通信量が決まっていない人は、楽天モバイルもチェックしてみて下さい。

LINEMOのメリット

2つのプランから選択可

「LINEMO」の一番のメリットといえばプランが選べるという点。
「ahamo」や「povo」は1つのプランしかなく、月額料金も固定になっていますが、「LINEMO」の場合は2つのプランから選ぶことができます。

たとえば場所問わず動画やゲームをみる人であれば20GBまで使えるスマホプランがおすすめですが、毎月そこまで通信量を使わない人にとっては無駄になりますよね。
そのような場合は3GBまで使える「ミニプラン」を選んで使うことができ、より月額料金を抑えることができます。

5分かけ放題なら1年間無料、24時間かけ放題なら1年間1,100円で利用可

「LINEMO」では通話オプションを付帯させることができます。
5分かけ放題と24時間かけ放題の2つのオプションがありますが、契約から1年間は無料or割引価格で利用が可能です。

【5分かけ放題】
契約~1年間は無料で利用可能(通常550円/月)

【24時間かけ放題】
契約~1年間は月額1,100円(税込)で利用可能(通常1,650円/月)

1年間のみですが、無料もしくはお得にオプションが利用できます。
契約時のみ対象となるので、最初は付けておく方がおすすめですね。

LINEアプリがデータ消費なしで使える

「LINEMO」を契約し、通話アプリ「LINE」を利用するとデータ消費カウントがフリーになります。
ということは「LINE」をいくら使ってもデータ消費なしで利用できるということ。
メッセージはもちろん通話も対象となります。

連絡手段に「LINE」を利用している人も多いですよね。
メッセージも通話も「LINE」をメインに利用している人にとっては非常に大きなメリットになるでしょう。

LINEスタンププレミアムが無料

無料通話アプリ「LINE」ではスタンプを使うことができますが、その中にクリエイターズスタンプや絵文字が使い放題になる月額240円のサブスクリプションがあります。

「LINEMO」のスマホプランを契約している場合、このサブスクリプションに加入するとLINEポイントを毎月240ポイントもらうことができ、実質無料で利用することが可能です。

公式ストアのスタンプは対象外となりますが、それでも900万種類以上のクリエイターズスタンプが使い放題なのは嬉しいですね!

通信制限後も最大1Mbps

契約した通信量を超えると速度制限がかかりますが、制限時でも最大1Mbpsまで出ます。
これは通常の薬8倍の速度と言われているので、標準画質であれば動画視聴も問題なくできる速さ。

ahamoやpovoと同様、速度制限時もそれなりの速度でインターネットが楽しめるのは嬉しいですね。
尚、超えてしまった場合は1GB550円(税込)で追加購入も可能です。

eSIMに対応

通常スマートフォンにはSIMカードを入れる必要がありますが、「LINEMO」は端末に内蔵されたeSIMにデータを保存したり読み込ませることができます。
そのためSIMカードとeSIMの両方を組み合わせて使うことも可能です。

eSIM対応であれば、万が一他の会社に乗り換えたくなっても便利。
SIMの入れ替えの必要画なので、開通後すぐに利用することができます。

ソフトバンクまとめて支払いや口座引き落としに対応

2021年4月より「LINEMO」契約者もソフトバンクまとめて支払いや口座引き落としが利用できるようになりました。

インターネット上で買い物をすると本来であればクレジットカードやプリペイドカードなどで支払うのが一般的でしたが、「LINEMO」契約者であれば月々の携帯料金とまとめて支払うことができます。

支払い先も合算でき、さらにクレジットカードよりも簡単に決済ができるのでメリットと言えますね。

LINEMOのデメリット

契約手続きはオンラインのみ

「LINEMO」は申込みやサポートが全てオンライン限定となり、SoftBankの店頭に行っても手続きを行うことができません。

不明箇所は全てオンライン上で問い合わせるため不便に感じますが、チャットサポートが用意されているのでそちらを使ってやり取りをすれば不明点は解決することができます。
不慣れな人にはデメリットに感じますが、好きな時間に好きなタイミングで問い合わせができるのは逆にメリットとも捉えられますね。

キャリアメールが使えない

「~@softbank.com」といったSoftBanlのキャリアメールは使用できません。
そのためLINEMOに乗り換える際は、事前にキャリアメールで受信しているメールのアドレス変更をする必要があります。

こういった手間もあり、LINEMOへの乗り換えを躊躇している人は非常に多いようです。
しかし、乗り換え時に1度フリーメール(GmailやYahoo!メール)に変更しておけば、この先も乗り換えに困ることはありません。

キャリアメールはその名の通りキャリアでしか使うことができませんので、フリーメールをメインに使っておくと困らないでしょう。

余ったデータは繰り越しできない

スマホプラン20GBとミニプラン3GBと2つのプランを展開している「LINEMO」。
どちらもデータ容量が余った場合、翌月に繰り越すことはできません。

当月中に使い切らない場合、消失してしまいます。
もしスマホプラン20Gを契約し、5GBしか使わなかった場合15GBも無駄にしてしまうのです。

月々の通信量にバラつきがある場合は、楽天モバイルも検討してみて下さい。
1GB以下であれば無料、3GBまでであれば1,078円(税込)、20GBまでであれば2,178円(税込)で使うことができ、20GBを越えても3,278円(税込)で利用できます。

楽天モバイル申込みはこちら

LINEMOはこんな人におすすめ

■LINEを良く使う人
■自分の使い方にあったプランを選びたい
■ キャリア契約のスマホをリーズナブルに使いたい
■ 格安スマホの通信速度に不安がある

「LINEMO」を契約していればLINEがカウントフリーで利用できます。
LINEをメインに使っている人であれば、メッセージも通話も通信量がゼロで利用できるのは嬉しいですね。

また他の格安プランとは違い、2つのプランから選ぶことができます。
まずは20GBのスマホプランを契約てみて、あまり使わないようであればミニプランに切り替えることも可能。
自分の使い方にあったプランを選択することで、より通信費を節約することができますね。

また通話オプションも契約後1年間に限り、無料もしくはお得に追加できます。
auの「povo」よりも安く利用ができますので、あわせてチェックしてみて下さい。

まとめ

大手3キャリアそれぞれ格安プランを発表していますが、各社特徴が異なります。
スマホの使い方や毎月の通信量によってオススメは異なりますので、しっかり比較をしてから選ぶようにしましょう。

またどの会社も違約金や最低契約年数などは設けていません。
契約後、あまり使い勝手が良くないようであればさらに乗り換えることも視野に入れてみてください。

通信費を節約することも大切ですが、サービス内容も満足いく会社を選ぶことが重要です。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★ ディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす