【レジ袋有料化スタート!】洗えるエコバッグ「あづま袋」を100円で作ってみました

ゆかにゃんゆかにゃん

2020年7月1日からレジ袋の有料化が全国でスタートしました。

スーパーはもっと早くから有料化をスタートさせていますが、今回よりドラッグストアやコンビニなども有料になります。

持っていない場合、2円~5円を支払ってビニール袋を買う必要がありますが、お店で買い物をするたびにビニール袋を買っていてはお金がかかってしまいますよね。

そこでこれを機に取り入れるべきなのが「エコバッグ」です。

コンパクトで洗えるエコバッグ「あづま袋」

レジ袋有料化を機にさまざまなお店でエコバッグが売られるようになりました。
私もいくつか持っていますが、お店によっては結構いい値段で売られているんですよね・・・。

集めたらこんなにたくさんありました(笑)

基本的に食料品は保冷できるコストコバッグを使ってます。
他にお菓子やパン類はディズニーのに入れたりと基本2つを使い分けている感じですね。

スーパーであればこんな使い分けでよいのですが・・・。

コンビニやドラッグストアってここまで大きなエコバッグって必要ありませんよね。

そこで買ったのが右側にあるイチゴの袋です。
ただ、マチがないのでお弁当系はちょっと使いにくい・・・。

どれもコンパクトになるので良いのですが、形が決まり切っていたり、素材的に洗えなかったりしてどうも気持ちよく利用できない点が気になっています。

そんな時に目についたのが、「あづま袋」。

あづま袋はみゆき袋とも呼ばれており、1枚の風呂敷をまっすぐ縫うだけで作れる袋です。
シンプルな作りですが、サイズや持ち手の結び方を工夫すると、用途に合わせたさまざまな使い方ができます。

「これなら持ち手部分を深く結ぶだけで、平べったいお弁当も安定して運べる!」
そう思いあづま袋を調べてみたのですが、これまた結構いいお値段なんですよねー・・・。

  

お弁当箱を入れるような小さいサイズでも1,000円以上するので気軽に何枚も買えません。

ただ、先ほども紹介したようにあづま袋ってすごくシンプルな作りなのです。

「合わせて縫うだけなので、これなら自分で作れるかも・・・」

ということで作ってみることにしました!!

100円でカンタンに手作りできる!

家にある布を使って作ってもいいのですが、カットしたりほつれないようにロックミシンをしたり、意外とめんどうな作業がたくさんあります。

そこで思いついたのが、100円均一で売られている手ぬぐいです!

長方形の布なんですが、布の周り全体がほつれないように処理されているので、このまま使うことができます。

さっそく作り方を紹介します!
とってもカンタンなので、手縫いでも10分ほどでできますよ!

【材料】
■ 100円均一で売られている手ぬぐい
■ 針と糸

まず柄が内側になるように置いて、三つ折りにします。
3つ折りは大体の感覚でOKです。

まずは右側の布を折り・・・

赤い線の部分を直線縫いします。

続いて左側の布をかぶせ、同じように縫います。

同じように下部分を縫いますが、ここで最初に被せた右側の布を一緒に縫わないようにしてください。

このように避けて縫うと安心です。

布から1cmほどの幅を縫いましたが、ここもあまり気にしなくて大丈夫です!
ザクザクとまっすぐ縫うようにしましょう!

上下縫うと、このように袋状になります。

これをひっくり返すと・・・

こんな形になります。

これであづま袋の完成です!!

手縫いでも10分、ミシンを使えば5分もかからずに作ることができます。

このように袋の中に物をいれて・・・

持ち手を結べば簡単に袋として使う事ができます。

持ち手部分をもっと上の方に結べば長方形の物を運ぶこともできますし、下の方で結べば不安定なお弁当もしっかり持ち運ぶことができます。

畳めばこんなにぺったんこになるので、カバンの隙間やポケットにも入れられますね。

畳んだ時にかさばるエコバッグだと、どうしてもめんどくさくて持ち歩かなくなってしまいますが、あづま袋ならハンカチと同じように持ち運べます。

また、手ぬぐいなので洗って使うこともできとっても衛生的です。
乾きやすいのですぐに持って行けるのも嬉しいですね。

サイズ別に2~3個作っておけばとっても便利ですよ!

100円均一の手ぬぐいよりしっかりしたものがいい!
もうすこし大きなあづま袋を作りたい!

なんて人はamazonで売っている手ぬぐいで作ってみましょう!
おしゃれなデザインやキャラクター柄の手ぬぐいもあるので、きっと気に入るあづま袋が作れますよ。

  

風呂敷をエコバッグ代わりにしている人も!

エコバッグ代わりに風呂敷を使っている人もたくさんいます。

確かにビニールでできたエコバッグを使うより、布で洗える風呂敷を使った方がより環境に良いですよね。

あづま袋は2箇所縫う手間がありますが、風呂敷なら結ぶだけでカンタンに物を持ち運ぶことができます。

あづま袋と同じように畳めばぺったんこになるので、持ち運ぶ際も邪魔になりません。
何より1枚でいろんな持ち方ができるのは魅力的ですね。

  

安いものだと1枚1,000円以下で買えるのも魅力的です。

あのハンドメイド化粧品、「LUSH」でもおしゃれな風呂敷を販売しているので、自分に合ったデザインを探してみましょう!

まとめ

レジ袋の有料化は環境問題のため・・・とも言われていますが、レジ袋くらいではあまり意味がないといった意見もありますよね。

とはいえ、これからはマイバッグを持っていないとそのまま持って帰ったり、袋を買う手間やお金がかかります。

マイバッグのひとつとして、あづま袋を作って持ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす