面倒な加湿器をクエン酸でつけおき洗いして、時間や手間を省いた私の掃除体験談

ゆかにゃんゆかにゃん

年末もすぐそこまで近付いており、大掃除に余念がない主婦も多いと思います。

我が家も目に見えるところから掃除を始めていますが、これがなかなか大変…
日頃からきちんとお掃除しておけばよかった…と、毎年後悔しています。

そういえばインフルエンザが流行る前に・・・と見て見ぬふりをしていた「加湿空気清浄機」もきれいにしておこうと思ったのですが、これがとっても大変。
水を入れるタンクだけでなく、フィルターやカバーまであるのですから面倒になってしまいました。

そこで空気清浄機のお手入れ方法を調べたところ、なんとクエン酸を使い漬け置きするだけでピカピカになるといった情報を見つけたのです。
早速私もチャレンジしてみましたので、写真付きで紹介します。

スポンサーリンク

放置しっぱなしだったフィルター…

k-1

我が家が使っているのは、どこの家庭にもあるシャープの加湿空気清浄機。
子供が喘息持ちなので年中フル稼働の必須アイテム。
使い始めてから朝晩の咳が、前に比べなんとなくマシになったかな・・・?

空気の汚れを発見するとランプがオレンジになり、大きな音でゴーゴー言いながら空気をキレイにしてくれます。
生乾きのイヤなニオイも取り除いてくれるので、一年中大助かり!
加湿空気清浄機なので毎日電源が入れっぱなしの状態ですが、梅雨と冬は特に威力を発揮します。

なので、この時期のフィルターの汚れは半端ない!
特に冬の乾燥する時期は、加湿のスイッチも入れるので水道水によるカルキが付きやすくなります。

ここしばらく放置していたフィルター。
開けてみると、汚れがぎっしりついていました…。

k-2

フィルターは中央部分がカルキで白くなっています。
指で少し触ってみましたがカチカチ…こびりついていて全く取れません!

k-3

トレイはピンク色の菌が発生しており、ヌメリもあります。
こんな状態で加湿していたのかと思うと、ゾッとしますね・・・。
部屋に菌を撒き散らしていたりして・・・

ちなみにピンク色の菌はロドトルラと呼ばれる酵母菌。
ブラシなどで洗えば簡単に落とすことができますが、菌の根っこは取り切れていないのですぐに再発生してしまいます。
頑固な菌の根を取り除くためには、しっかり浸け置きして落とす必要があるんですよ!

クエン酸を使ってつけ置き!

早速クエン酸を使って浸け置き洗いをしてみました。

k-4

フィルターが入るバケツがなかったので、洗面台で直接つけました。
しっかり汚れている部分が浸かるまで水を入れ、クエン酸を投入。
量は適当に振りかけました、たぶん大さじ1~2程度かなぁ…完全に目分量です。

k-5

トレイは水をキレイなものに入れ替え、そのままクエン酸を投入。
こちらは大さじ1杯程

どちらも良く混ぜて水にしっかり溶かしました。
水よりぬるま湯の方が溶けやすいので、真冬に使う場合は少量のお湯で溶いておいたほうが良いですね。

スポンサーリンク

クエン酸の効果はいかに!?

3時間程放置し、汚れを確認。

まずフィルターの方は、全体的に落ちてはいたものの若干白っぽかったので、古い歯ブラシを使ってこすりました。
その結果、ここまでキレイになりました!!

k-6

しぶといカルキが残っているようにも見えますが、これでもかなりきれいになった方!
年末までにもう一度クエン酸を使って浸け置き洗いすれば、もっと完璧に落とせそうな気がします。

そしてこちらはトレイ。

k-7

ピンクの菌が綺麗さっぱりなくなりました!
部品の溝や隅など若干残っている部分もありましたが、細くカットしたメラミンスポンジでなぞるだけでキレイにできました。
新品のように真っ白になり、気分もすっきり♪

フィルターもトレイも、水道水で一度きれいに洗い流し、逆さにして影干しをしました。

キレイになった加湿空気清浄機で気分よい新年を迎えられそうです!
また、参考記事にも書いてあるように重曹をタンク内のお水に入れればカビ臭さも防ぐことができます。
こちらも併用すれば、さらに快適に過ごせそうですね♪

たった100円でできるとってもカンタンなお掃除術、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

また、コストコでおなじみのオキシクリーンでもクエン酸の代用が可能!
オキシクリーンは家事全般に使える酸素系漂白剤なので、こちらの方が重宝するかもしれませんね。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす