【柔軟剤の匂いを残す方法】お気に入りの香りを長持ちさせる洗濯術

ゆかにゃんゆかにゃん

お洗濯に使う柔軟剤で匂いや香りを楽しむ方が増えましたね。

本来の“洗濯物をふんわりさせる効果”だけでなく、“香りを残すこと”をメインにした柔軟剤も数多く売られるようになりました。
洗濯物にいい香りが残っていると、畳む時や着る時に幸せな気分になります。

ですが中には多めに使ったのにニオイが残っていなかった!と感じている人も多いようです。
実は柔軟剤の香りをしっかり長持ちさせるにはちょっとしたテクニックが必要になります。

洗濯物の量を確認

こまめな洗濯が面倒だからと、数日分まとめて洗っていませんか?
たくさん詰め込むほど洗濯機の中にスキマがなくなり、洗剤や柔軟剤がしっかり行き渡りません。
その結果、柔軟剤が衣類に浸透せず水ですすいだだけの状態になります。

きちんと洗い、匂いを残したいのであれば洗濯槽に余裕が必要です。
あまり詰め込み過ぎず、程よい量で洗うように心がけましょう。

脱水のポイント

洗濯のコースを選ぶとき、おまかせにしていませんか?
使っている洗濯機によりますが、おまかせにすると脱水時間が約4分と長めになっています。

脱水のしすぎはニオイを残しづらくするだけでなく、衣類をかたくゴワゴワにしてしまうため柔軟剤の効果を発揮できません。

柔軟剤の香りを残すには脱水は短めにするのがコツ。
柔軟剤の匂いを残すなら約2分で十分といわれているので、短めに設定するようにしましょう。
程よく残った水分が衣類をふんわりさせ、良いニオイをほのかに残してくれます。

干し方のコツ

洗濯終了後に外干しをする人も多いと思いますが、実は風や日に当たることで匂いが飛んでしまいます。
衣類に匂いを残したい場合、外干しではなく部屋干しがおすすめ。

ただし水分量の多い洗濯物は生乾きのニオイも気になるので、香りを残したい衣類だけ部屋干しにするようにしましょう。

また乾燥機で熱を加えて乾かすことで香りが残りやすくなります。
さらに肌触りのよい状態で乾かすことができます。

柔軟剤を直接スプレー!

好きな柔軟剤の香りを気軽に残したいなら、柔軟剤スプレーがおすすめ!
柔軟剤を水で薄めて希釈し直接衣類にスプレーするだけで手軽に匂いを楽しむことができます。

また柔軟剤は静電気防止効果もあるので、スカートやタイツを履く際にスプレーしておくと足にまとわりつくこともありません。

柔軟剤のスプレーを作る際の希釈は大体500mlに対して15~25ml。
お部屋のカーテンやソファに使用すれば、ルームフレグランスとしても使えますよ。

本物のお花のような香りを楽しみたい方にぴったりなのがレノアハピネス。
香水のようなリアルな香りを楽しめると、大人の女性を中心に人気を集めています。

レノアハピネスの販売ページはこちら
renoa

定番のダウニー!
この香りのする男性はモテる!といったウワサも流れましたよね。
ただし香りが強めなので量を調整して使用してください。
ダウニーの販売ページはこちら
downy

ちょっとしたことで、柔軟剤のニオイを長持ちさせることができます。
良い香りがする人は清潔感を感じとても魅力的ですよね。

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす