まだ間に合う!老後破産を回避する資金の作り方と節税ノウハウまとめ

閲覧回数 : 7,123 views

最近よく耳にする「老後破産」「老後難民」「下流老人」ということば。
これをテーマにした記事や番組(特にNHK)も頻繁に見かけるようになりました。
今年から年金制度が変わり実質の支給額は年々下がる傾向に。また相続税も控除額が4割も削減され私たちの負担は増える一方です。

ただ、このまま手をこまねいていては豊かな老後はやってきません。できる対策は少しでも早くから始めておきたいですね。
そこで老後に向けての資金準備の方法と、余計な税金を払わなくてすむ節税対策について解説をまとめました。若い人ほどチャンスです!安心して老後を迎えられるよう、今からしっかり備えていきましょう!


自分で年金を増やそう

もう公的年金をあてにできなくなった今、年金保険や投資信託が再注目されています。
そのメリットやデメリット、自分にあった資金の増やし方などを紹介しています。

■年金制度破綻の不安!「老後まで時間がある」若い世代だからこそ今が絶好のチャンス!
アテにできない年金、いつから貯めても遅くはありませんが、やはり若ければ若いほど有利に貯めることができます。
その実態についてご紹介しています。



■年金破綻に備えてる?「100年安心プラン」の実態と保険見直しの必要性
払っていても、本当にきちんともらえるのか不安な「年金」。
アテにしていてもどうなるかわかりません。
やはり自分で老後資金対策をしておくことが大切ですよ。



■2017年1月スタート!公務員や専業主婦も加入できるようになる公的年金に上乗せできる注目の年金とは?
近年、個人年金や確定拠出年金の加入者が増えているようです。
これまで対象外とされてきた公務員や専業主婦も入ることができるようになり、税金面でも優遇されているようです。



■老後のために自分で貯める!個人型確定拠出年金・iDeCo(イデコ)とは?
効率よく老後資金をためるなら、個人型確定拠出年金・iDeCo(イデコ)がおすすめ!
利率も高くメリットばかりな制度となっています。



■専業主婦でも年金を増やせる?夫婦で受取る年金額を大幅アップさせる方法
専業主婦でも年金を増やす手段はあります。
所得控除や個人年金や確定拠出年金を始めるメリットをご紹介しています。



■「マクロ経済スライド」とは?年金を守り殖やす知恵をつけよう
受取る年金額が実質目減りする「マクロ経済スライド」っていったい何?
どうして年金は下がっていくの?
その疑問にお答えします。



■40代からでもまだ間に合う!公的年金をあてにせず豊かな老後を過ごす方法
「物価スライド制」から「マクロ経済スライド」へ移行した今、実質年金は下がりつづけていくことになります。
そのカラクリと、もうひとつの自分年金「確定拠出年金」と「投資信託」について説明します。



■2017年公務員や専業主婦も加入できるようになる!公的年金に上乗せできる注目の年金とは?
これまで対象外とされてきた公務員や専業主婦も加入することができるようになる「確定拠出年金」のメリットやデメリットについて説明します。



■年金は払うべきでない?老後難民予備軍にならない方法
年金を少しでも多く受取るための「年金繰り下げ受給」が注目されています。
65歳からもらった方が得なのか、繰り下げた方が得なのか、考えてみました。



贈与税・相続税の税改正後でもバッチリ節税する方法

■どうする?相続税改正で基礎控除が縮小!計算方法と相続税対策①~節税対策~
今年改正された相続税の「基礎控除額の縮小」で一般家庭においても課税世帯が急増しています。
あなたの家庭は大丈夫ですか?
相続税の計算方法と打開策について説明します。



■~その2~



■相続税改正で生命保険の活用が有効な節税対策になるワケ
生命保険が相続税に大きな節税効果があるって知っていましたか?
実際にどれだけの節税効果があるのか計算してみました。
賢い選択で大切な資産を守りましょう!



■知らないと大損!中古物件で賢く節税 リノベーションで劇的な相続税対策ができます
住宅の改修(リノベーション)で大幅な贈与税の節税ができることをご存じですか?
まだ持ち家を持っていない人や親と同居する予定のある人は必見です!




著者情報
プチマダム

プチマダム

プチマダムの書いた他の記事を見る

年金問題を身近に感じるようになったアラフィフ。なのに自分へのご褒美グセが直りません。健康に関する情報や、今からでも間に合う老後対策についてご紹介します。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000