一人暮らしでもできる!高いガス代を今すぐカンタンに節約する方法

閲覧回数 : 2,882 views

冬になると一気に上がるガス代。
お風呂を沸かしたり、ガスファンヒーターを使ったり…
使う機会が一気に増えることで、ガス料金も夏と比べ倍以上になります。

しかもガス代+電気代もかさむ季節。
毎月の光熱費に頭を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に“我慢しなくてもできる節約法”をご紹介します。
ちょっとした無理のない心がけで、数千円安くなれば嬉しいですよね。
「たったこれだけでこんなに節約できるんだ!」
と驚くこと間違いなしです!


まずはココを見直そう!

料理中に出来る心がけ

料理中のコンロの使い方1つでもガス代は節約することが出来ます。

コンロの火はなるべくお鍋の中央に当たるようにしましょう。
その際、火が鍋底からはみ出さないようにします。
また、鍋底は大きいものを使えば熱効率がアップ!

1リットル当たりのガス代は
弱火⇒約2.0円 強火⇒約1.8円 中火⇒約1.5円
となっており、火は中火が一番ガス代を節約できます。
また、早く沸かすためにフタを利用するのも大切。

煮物などの長時間ガスを利用する料理は、ある程度まで火が通ったら火を止めて鍋ごと新聞紙で包み、
その上からバスタオルで覆うと保温効果で中まで火を通すことができます。
味もしっかり染みるので美味しくなりますよ~!

圧力なべでも出来ますし、専用の保温鍋も売っています。

お風呂で出来る心がけ

夏はシャワーで済ませる家庭も多いかと思いますが、寒い冬はそうはいきませんよね。

お風呂はなるべく追いだき機能は使わず、家族と間を空けずに入りましょう。
冷めたお湯を沸かし直すと、特に冬は温度差が大きいので、沸かし直すためにガス代をものすごく使います。
沸かし直すよりお湯を流して張り直した方がお得!なんて検証もありました。(ガス代だけの場合)

給湯器の温度をこまめに変える

給湯器の温度をこまめに変える事もガス代の節約になります。
シャワーは41~42度で良くても、食器を洗うお湯はそこまで高くなくても大丈夫ですよね。
シャワーは41度、食器は38度と使う状況に合わせて給湯器の温度を変えると節約につながります。
また、給湯器の電源は使わないときは切るようにしましょう。
つけっぱなしは”ガスがすぐに使える状態”を維持していることになるので、ガス代が発生しているんです。

プロパンガス利用者は、ガス屋さんの見直しが必要!

ガス代が最も高いとされるプロパンガス。(LPガス)
一軒一軒ボンベを設置する手間や、定期的なガス交換の手間もあることから、ガス代が割高に設定されています。
ガス会社が自由に値段を決められる、という点も高額になる理由のひとつ。

じつはプロパンガス利用者の方は、利用するガス屋さんを見直すことで金額を大幅に下げることが可能!
中には現在利用しているガス屋さんに、他会社とのガス料金を比較して値下げ交渉ができるところもあるようです。

泣き寝入りする前に、こちらの記事をよんでみましょう!
きっとあなたのおうちのプロパンガス利用料金も大幅に下げることができますよ!

ガス代の節約は日常のちょっとした心がけで節約することが出来ます。
“お風呂を沸かさないでシャワーでしのぐ!”
“料理は極力ガスを使わずにレンジだけ!”
など、生活を切りつめてしまうと続かず、辛くなってしまいます。
ますは無理のないところで気を付けてみてはいかがでしょうか?
ささいな節約も、積もれば大きな節約となりますよ。

⇒ 光熱費を削減して家計を大きく節約しよう!

⇒固定費の節約まとめページはコチラ


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000