定額音楽アプリdヒッツでアニソンを聴こう!オフラインでも再生できるお得な音楽アプリdヒッツとは

閲覧回数 : 712 views

dヒッツ公式サイトより引用

こんにちは、編集部スタッフのaki(@aki_setsuyaku)です!
毎日の通学や通勤の際に音楽を聴いている人は多いと思いますが、どのように聴いていますか?
以前コチラの記事

でも紹介したように、私は無料音楽アプリと定額音楽サービスを併用していました。
「ました」というのも…使っていたiPhoneを先日壊してしまい、音楽データが空っぽに(泣)

そんな中、編集部スタッフのほりえもん先輩(@h_emon_eclectic )から「dヒッツ良いよ」と言われ、使ってみることに。
すると「え!?これも?あの曲もある!」など、楽曲の豊富さに唖然としました…。

そこで、今回はNTTdocomo(以下ドコモ)が提供している定額音楽サービス“dヒッツ”についてご紹介したいと思います。

dヒッツとは

dヒッツ公式サイトより引用

2012年7月3日からサービス開始となった“dヒッツ”
dヒッツでは、J-POPのヒット曲や最新楽曲を中心に選りすぐりの楽曲が揃っています。
※サービス開始当初は月額315円、現在は月額525円がメインサービスとなっています

主なコンテンツは以下の4つです。

1, 毎週最新の邦楽・洋楽を楽しむことができる「新曲ピックアップ」
2, 旬のアーティストを特集する「アーティストスペシャル」
3, 各年代のヒットソングを集めた「年代別ヒッツ」
4, 季節やシーンに合わせた「特集」

このように、多彩な切り口のプログラムが楽曲を選ぶことができ、簡単に最新の音楽を聴き放題で楽しむことができますよ♪

なんと言っても、携帯電話のキャリア関係なくdアカウントさえ作れば誰でも使うことができるのが嬉しいですよね。
dアカウントがあれば他にもdTVdマガジン、dアニメストアという“dマーケット”を使うことができ、特にdocomoユーザーにとってはお得なサービスの一つといえます。

初回31日間無料!dヒッツはコチラ

dヒッツの特徴

dヒッツの最大の特徴は数ある音楽定額サービスの中でも月額料金が低いこと、そして国内人気アーティストや最新楽曲に強いというところです。

音楽定額サービスで人気といえばLINE MUSICやApple Music、AWAですが、月額料金は960~980円と1,000円近くします。
その点、dヒッツなら月額500円で最新の音楽や人気アーティストの曲が聴くことができます。
学生や長い時間、音楽を聞くことが無い人にとっては断然“dヒッツ”の方が安く楽しむことができるので携帯代の節約にも繋がりますよ。
音楽聴き放題サービスの中でも人気のある3つの定額サービスと簡単に比較してみました。

提供サービス名月額料金楽曲数
LINE MUSIC960円2,500万曲以上
Apple Music980円3,000万曲以上
AWA960円3,000万曲以上
dヒッツ500円450万曲以上

…実際のところですよ?
定額音楽サービスを使っていて、2,500~3,000万曲を聴いたことがありますか?
ちなみに、私はないです(笑)
LINE MUSICは今でも使っていますが、好きなアーティストの歌をループさせて聴いています。
ただ、LINE MUSICやApple Music、AWAに共通して言えることは邦楽に弱く「シーンに合う曲」といったBGM曲が多く入っています。
このように「曲数が多い=必ずしも聴きたい曲が入っている」とは限らないのです…。

特に私のようなアニメソング(アニソン)や初音ミクなどのボーカロイド曲(ボカロ曲)が好きな人にとっては、定額音楽サービスを使っても損に感じることがあるかもしれません。
(個人的にLINE MUSICやApple Music、AWAのなかではLINE MUSICが一番豊富ですよ♪)

しかしながら、毎月音楽を聞くだけで「約1,000円飛ぶ」と考えるとお小遣い制の高校生や収入源が少ない学生などにとっては辛い金額ではないでしょうか?

一方、dヒッツなら他の音楽サービスの約半額で使うことができます。
料金はなんとワンコイン(500円)にも関わらず、450万曲もの音楽をいつでも気軽に楽しむことができるのでとってもお得です!

ちなみに余談ですが、高校生の間で人気の高いHoney Works(ハニーワークス)やボーカロイド曲(ボカロ曲)を歌ってみたなどの楽曲を楽しむなら無料アプリ「NicoBox(ニコボックス)」もおすすめ^^
このアプリでは、プレイリスト作成はもちろんオフラインモードでニコニコ楽曲を楽しむことができます。

気になった方は一度使ってみてくださいね。

niconico動画サイトはコチラから

dヒッツの使い方

dヒッツを使って音楽を聴く際、他の定額音楽サービスと異なる点があります。
それは、「プログラム単位で音楽が配信」されるということです。
例えばLINEMUSICなら、1曲またはアルバムをダウンロードし音楽を楽しむことができます。
しかし、dヒッツで配信される楽曲は「配信プログラム」というものが組まれているため、決められたプログラムごとの再生となるのです。

では、実際にdヒッツでどんなことができるのかご紹介していきます。

dヒットの主な機能

・楽曲の歌詞閲覧
「カラオケで歌いたいけど、歌詞がわからない…」なんてことありますよね。
dヒッツなら、音楽を再生しながら歌詞を見ることができます。
さらに、dヒッツでは音に合わせて歌われている部分が赤くハイライトされるので「今、どこを歌っているのか」を簡単に見ることができます^^
この機能以外にも歌詞の文字サイズを変更させることができますよ♪

・オリジナルリスト「myヒッツ」
先ほどもお伝えしましたが、dヒッツでは個別の楽曲を選んで聴くことができません。
もう少し詳しくいうと、好きな楽曲が含まれるプログラム(既に作られたプレイリスト)を検索することができます。
ですが、そこから個別の曲を聞くことは出来ません。

では「聴きたいのは○○の曲だけなんだけど…」といった場合、どのようにすればいいでしょう?
この場合、オリジナルリスト機能“myヒッツ”を使うことで、お気に入りの曲を登録しておけば自由に好きな音楽を聴くことができますよ。

・ダウンロード再生ができない
今回、記事のなかで比較サービスとしてLINE MUSICやApple Music、AWAを引き合いに出しましたが、この3つの定額音楽サービスではオフライン再生(ダウンロード再生)をすることができます。
オフライン再生ができるということは通信料を気にすることなく音楽をいつでも楽しめるということですが、dヒッツではできません。

「いくら安くても通信料がかかるなら…。」と思われそうですが、安心してください!
ここでも役立つ機能がmyヒッツなんです。

myヒッツはdヒッツ契約開始時に10曲分の枠が与えられます。
このmyヒッツ枠は契約経過月数に応じ10枠ずつ増え、myヒッツに登録した曲は好きな順番で聴くことができます
※myヒッツに登録した音楽は削除することができないので注意してください。
myヒッツに登録した曲を使ってプレイリストを作ることもできますよ。

さらにmyヒッツ楽曲をWi-Fi環境で一度再生させておくことで次回からオフラインでの再生が可能です。
ただし、キャッシュが残っているとき限定のため気をつけてくださいね。
dヒッツの音楽は主にプログラム再生(プレイリスト)であり、かつラジオ形式での再生となるので曲が流しっぱなしになります。
そのため、個別に好きな曲を聴きたいという方は他の定額音楽サービスをオススメします。

また、dヒッツでの音楽は「ストーリミング再生」で行われるため、ダウンロード再生をすることはできません。
※ストーリミング再生=ネットワークを経由して音楽や動画を再生する方法
※ダウンロード再生=スマホやパソコンにダウンロードしてから再生することができ、何度でも再生することができる方法

「え、けどオフラインでも聴けるって…」と思いましたよね?

その秘密はキャッシュにあります。
キャッシュというのは「一時的に貯めておくデータ」のこと。
このキャッシュのおかげで、dヒッツではデータを再び読み込む際により早く呼び出すことができるのです。

基本的にはWi-Fi環境での音楽再生が望ましいですが、キャッシュされている楽曲であれば通信させることなくオフラインでも音楽を楽しむことができますよ。
myヒッツに登録された楽曲はキャッシュされるので、オフラインで聴くことができます。

実際にmyヒッツに登録した楽曲を機内モードで再生してみると



と、ちゃんと再生されましたよ♪

さらに、プログラム配信(プレイリスト)されている場合でもオフライン再生で音楽を聞くことができます。
少し面倒と思う方もいるかも知れませんが、この方法をわかっていれば通信料を節約しながらオフラインで再生することができます。

dヒッツのプログラムをオフラインで再生する方法

聴きたいプログラムをWi-Fi環境の中で全て流す




外出時に視聴履歴から流したプログラムを選ぶ




プレイリストを選択し、音楽が流れた後にスマホの機内モードをONの状態で曲が流れたらキャッシュが貯まっている証拠です。



そのまま、音楽を楽しむことができますよ。

しかし、この方法にはdヒッツのデメリット言える注意点があります。
dヒッツを機内モードで聴いている間LINEを使うことはもちろん、インターネット検索を行うこともできません。
つまり、「音楽を聴きながら○○をする」といったようなバックグランドを使うことができないので注意が必要です。

この注意点さえ頭に入れておけば、音楽の聴き放題サービスの中でも邦楽を聴くことができるのでオススメですよ。
dヒッツも他のサービスと同様に登録した最初の1ヶ月間は無料で使うことができるので、一度試してみては?

初回31日間無料!dヒッツはコチラ

dマーケットを使うことでdポイントGET!

dヒッツを含めた頭文字に”d”とつくdマーケット(docomoのサービス)を利用することで、Tポイント楽天ポイントといった共通ポイントの1つ“dポイント”を貯めることができます。
ちなにに、dヒッツ以外のdマーケットは以下の通りです。

・dショッピング
・d fashion
・dブック
・dゲーム
・dトラベル
・dミュージック
・dデリバリー
・dヒッツ
・dTV
・dアニメストア
・dマガジン
・dキッズ
・dグルメ
・dヘルスケアバック

さらにdカードを使うことでdマーケットはもちろん、携帯代の支払いなどを行った際にdポイントを貯めることができます。
このようにdマーケットをよく使っている人や、ローソン、マクドナルドを頻繁に使っている人はdカードを持っていることでお得にdポイントを貯めることができますよ。

dカードについてもっと詳しく知りたい方はコチラのページをどうぞ!



どんな人におすすめ?

dヒッツはお伝えしたとおり、聴きたい曲を見つけてもそのままでは自分の好きな順番や1曲のみを聞くことはできません。
しかし、他の定額音楽サービスに比べワンコイン(500円)で音楽を楽しむことができます。

ゆえに、dヒッツ独特の「プログラム」で音楽を聴くことが嫌でなければ誰にでもオススメしたいサービスです。
定額音楽サービスの中でも安い料金で使うことができるのはもちろん、邦楽に強くさらに最新曲を楽しむことができるのはdヒッツだけ!
ぜひ、この機会にドコモが提供する定額音楽サービス“dヒッツ”を試してみてくださいね。

初回31日間無料!dヒッツはコチラ

定額音楽アプリの比較はコチラ


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000