nanacoで税金を払えばポイントが貯まる!カードのお得な作り方はもちろん、クレカチャージでのメリットをご紹介します!

閲覧回数 : 3,205 views

コンビニでちょっとした買い物をする時に「ピッ!」とかざすだけでお金を払うことができる電子マネー
そのなかでも今最も注目されているのが“nanaco”です。

nanacoが注目されている一番の理由は普段の買い物だけでなく、公共料金や税金を払うことができるという点。
数ある電子マネーの中でもnanacoだけが対応しているサービスです。

さらに、実店舗でもnanacoを使うことができるお店はどんどん増えています。
そこで今回はポイントが貯まり利便性に優れているnanacoについてご紹介していきます!


nanacoとは

“nanaco”(ナナコ)とはセブン&アイホールディングが発行している電子マネーのことです。
カードタイプが主流となっていますが、使っているスマホがAndroidであれば“nancoモバイル”を使うことができます。
後ほど詳しくお伝えしますが、nanacoモバイルはスマホ決済サービスでお馴染みの“おサイフケータイ”で登録することができますよ。

したがって、使っているスマホがiPhoneの場合はnanacoモバイルを登録・利用することができないので注意してくださいね。

また、nanacoは楽天EdyWAONといった電子マネーの1つなので使うためには事前にチャージをする必用があります。
nanacoを使って買い物はもちろん、光熱費などの公共料金、税金を払うことができ100円につき1ポイントのポイントを貯めることができます。
nanacoは公共料金・税金を払うことができる唯一の電子マネーとして注目されているなか、実店舗でも使えるお店が急増しているのでポイントもさらに貯めやすくなっていますよ♪

nanacoの作り方

電子マネーnanacoを使って買い物をするには、nanacoカードを作る必要があります。
※おサイフケータイ対応機種であれば”nanacoモバイル”でもOK

セブンイレブンやイトーヨーカドー、もしくはセブン&アイの総合通販サイトオム二7でデザインカードも購入することができます。
nanacoカードといえばキリンのイラストがデザインされている物が主流となっていますが、“オム二7”を覗いてみると人気アニメのキャラクターがデザインされているnanacoを入手することができちゃうんです^^
※アニメキャラなどのデザインカードは926円~3,000円ほどかかります。

通常300円で発行することができるnanacoカードですが、アニメキャラクターなどのデザインカードとなると金額が高くなります(汗)
しかし、nanacoデザインカードを購入することで限定グッズも一緒に手に入れることができるため、ファンにとっては嬉しい特典ですよね^^

また、nanacoカードを作ることができる実店舗はセブンイレブンやイトーヨーカドーだけではありません。
nanacoを実店舗で作る場合、以下のお店でも作ることができます。

■ セブンイレブン
■ イトーヨーカドー
■ ヨークベニマル
■ ヨークマート
■ そごう
■ 西武
■ デニーズ

コンビニ・スーパーの中、デニーズは唯一の飲食店。
デニーズはファミリーレストランの中でも「料金が少し高い」イメージがある飲食店ですが、ここでもnanacoを作ることができます。

すでに知っている人も多いと思いますが、電子マネーnanacoを作成する際は申込書に記入が必要です。
セブンイレブンや各スーパーなどで作る場合、後ろに並んでいる人が気になりますよね。
そうなるまえにnanacoの入会申込書は事前に作成しておくと周りにも迷惑をかけないですみますよ。

記入(登録)方法はとっても簡単。
nanaco公式サイトより「nanacoカード用Web申込書」へ進み、作成しておくことでスムーズにカードを受け取ることができます。
事前に申し込み書を入力しておけばカウンターが混雑している時でも安心ですね^^

ちなみに、nanacoカードを作るためには300円の発行手数料が発生します。

「え、お金かかるの?」

と思いますよね?
通常nanacoを何も知らずに申し込むと手数料がかかってしまいますが、キャンペーンなどを利用することで実質無料でカードを作ることができます。

次節にて、nanacoを無料で作るためのお得なキャンペーンについてご紹介していきましょう。

発行手数料を0円にするお得なキャンペーンとは

nanacoカードを発行する際には通常300円の手数料がかかります。
ですが、先ほどもお伝えした通り各店舗でおこなわれるキャンペーンを利用することで無料になるんです♪

nanacoを無料で作る際どのようなキャンペーンがあるのか見ていきましょう。

セブンイレブンの入会キャンペーンを使う

全国展開いているコンビニの1つ、セブンイレブン。
セブンイレブンといえば冬の時期に食べることができる、おでんは業界の中でも人気ですよね。

そんな話は置いといて…。
セブンイレブンでは不定期による“nanaco入会キャンペーン”をおこなっています。
この期間中に電子マネーnanacoを申し込むと以下の特典がついてきます。

■ nanaco新規入会で200ポイントGET
■ 初回のみ現金にて1,000円以上のチャージをすると100ポイントGET
※ただし、レジでのチャージ限定となるので注意してください

nanacoを申し込み尚且つ1,000円以上チャージすることで、計300ポイントをもらうことができます。
つまり、nanacoも発行手数料である300円を実質0円にすることができるお得なキャンペーンというわけです。

ですが、セブンイレブンでのnanaco入会キャンペーンはいつおこなわれるのか全くわかりません。
一番の狙い時は住んでいる地域や付近などにセブンイレブンがオープンする時です。
セブンイレブンのオープンに合わせてキャンペーンが開催されることが多いようなので、その時を狙って発行するのも一つの手段ですね。

8の付く日(ハッピーデー)なら無料!

関東地方を中心に全国展開(四国・九州・沖縄を除く)しているイトーヨーカドー。
毎月8の付く日は”ハッピーデー”というお得なサービスデーをおこなっています。

このハッピーデーは【naancoカード/シニアnancoカード/セブンカード・プラス/クラブ・オン ミレニアムカード セゾン】でお買い物をすると、ほとんどの商品が5%OFFになるというものです。

そしてハッピーデーに電子マネーnanacoを申し込む無料で発行することができるんです^^
ただし、「nanacoに1,000円以上チャージする」という条件つき。
「やっぱりお金かかるじゃん」となるかもしれませんが、チャージをしないとnanacoを使うことができないので全く問題ないですね(笑)

また、ハッピーデーの5%OFFはネット通販、ネットスーパーでは実地されないので注意しましょう。

nanacoモバイルなら発行手数料無料!

使っているスマホがAndroidであれば搭載されている“おサイフケータイ”のなかでnanacoを発行することができ、通称nanacoモバイルと呼ばれています。

nanacoモバイルはおサイフケータイを使ってnanacoに入会するアプリのことです。
アプリでnanacoを使うことができるので、カードタイプを持ち歩く必要がありません。

nanacoモバイルの主な機能は以下のとおりです。

■ スマホをかざすだけでお買い物ができる
■ いつでもnanacoにチャージすることができる
■ 貯めたポイントを自分でマネーに交換することができる
■ スマホ上でnanacoの利用状況を確認できる
■ 機種変更をしてもマネー・ポイントの残高は移行することができる

などなど。
nanacoモバイルがあればカードを忘れることもなく、なんといってもお財布がかさばらないのでカードの断捨離もできますよ。
また、nanacoの残高を把握するのもスマホで簡単にできるのも助かりますね。

クロネコメンバーズ

大手通販サイトAmazonでお買い物をする際に無料で配送時間指定ができる”クロネコメンバーズ”。
このクロネコメンバーズではnanacoを無料で発行することができます。
確かにnanacoの発行手数料を0円にすることができるんですが、デメリットが生じます。

クロネコメンバーズでのnanaco発行で生じるデメリット

① クレジットカードでのチャージが不可
② カードチャージによるポイント還元が受けられない

ゆえに、nanacoの特徴でもある【公共料金・税金】の支払いやセブンイレブン、イトーヨーカドーでの利用を目的に作りたい場合は注意が必要となります。

ですが、クロネコメンバーズで発行すると「ヤマト運輸での配送料金が割引きになる」というメリットもあるのでAmazonを使うことが多い方などにはオススメです。

OkiDkiポイントをnanacoカードに交換する

JCB一般カードなど”JCBオリジナルシリーズ”を使うことで貯まるポイント”OkiDkiポイント”。
実は2018年3月16日(金)~2018年7月5日(木)の間、OkiDkiポイントをnanacoポイントに移行する際1ポイント増となります。

通常
OkiDkiポイント1ポイント⇒5nanacoポイント

期間中
OkiDkiポイント1ポイント⇒6nanacoポイント

さらに、OkiDkiポイントの交換先としてnanacoカードがあります。
そのためOkiDkiポイントをnanacoカードに交換することで発行手数料をかけずに作ることができます。

”JCBオリジナルシリーズ”は国際ブランド”JCB”のプロパーカードです。
JCB一般カードは年会費無料はもちろん、家族カード・ETCカードも無料で発行することができるクレジットカードとしても人気の一枚です。

「JCBカードは持ってるけど、nanacoは持っていない」という方は、貯まっているOkiDkiポイントを使って発行するとお得ですよ^^

 nanacoのお得ワザ

nanacoカードの他に楽天EdyやWAONといった電子マネーがありますよね。
これらは事前にチャージをすることで使うことができます。

電子マネーにチャージする方法として現金を使うことが多いですよね。
しかし、節約家であれば現金でチャージするのではなくクレジットカードを使いましょう。

なぜ、クレカがいいのか…。
理由は簡単です♪

電子マネーにクレジットカードでチャージすることで、クレカポイントを得ることができます。

例えばクレジットカードの中でも高還元率を誇る”リクルートカード”を使いnanacoにチャージすることで、1.2%のクレジットポイントを貯めることができるのでお得です。
このように還元率が高ければ高いクレカほどチャージする際にポイントを貯めることができますが、nanacoにチャージをする場合は注意しなければいけないことが…。

実は電子マネーの中でもnanacoにチャージすることができるクレカは限られています。
そのため、nanacoにチャージする時は使うことができるカードなのか必ず確認をするようにしましょう。

チャージはクレジットカードを使うべし!

nanacoにチャージする方法は現金とカードの2パターン。

現金の場合は店頭またはセブン銀行を経由してチャージすることができます。

上限額:50,000円
単位:1,000円

1回にチャージできる金額は、1,000円単位で49,000円まで。
チャージ端末の種類または設置場所により金額が異なる場合もあります。

クレジットカードの場合、初回時は事前登録が必要となります。
本人認証サービスに登録後、nanacoのホームページ・会員メニューよりクレジットチャージの事前登録をします。
その後、nanacoホームページよりチャージが可能。

クレジットチャージはnanaco番号毎に1か月15回・合計20万円までとなっています。
また、1日にチャージできる回数は3回まで。

チャージ時に使うクレジットカードによってポイントが付与!?

nanacoにチャージする際に使うクレジットカード。
使うカードによっては、カード自体のポイントが付与される場合もあります。

付与対象となるクレジットカードは以下の通り。

カード年会費還元率
リクルートカード無料1.20%
Yahoo!JAPANカード無料1.00%
ファミマTカード無料0.50%
セブンカードプラス無料0.50%
JMBローソンPontaカードVisa無料0.50%

最強なのはリクルートカード。
コチラの記事

でもご紹介していますが、還元率が1.2%あります。

年会費が永年無料なリクルートカードは還元率が1.2%

また、所有率が多く審査が柔軟と言われている楽天カード。
2017年11月1日以降、楽天カード(JCB)/楽天ゴールドカード(JCB)/楽天プレミアムカード(JCB)を使ってチャージをしてもポイント付与対象外となってしまいましたが、ANA JCBプリペイドカードを経由することでnanacoにチャージすることができ、ポイントを貯めることができます。

しかし、この場合は楽天カード・ANA JCBプリペイドカード・nanacoとカードを三枚持つ必要があるため効率がいいとは言い切れません…。
nanacoへのチャージではポイントがつかなくなってしまいましたが、リアル店舗での使用で楽天ポイントを貯めたり使うことができるのでメインカードの1枚として持っておいて損のないカードです。

次にYJカード(正式名称:Yahoo!JAPANカード)です。
YJカードであればnanacoにチャージする際、共通ポイントであるTポイントを貯めることができます。
ただし、ポイント還元率は付帯させる国際ブランドに関係なく0.5%です。

ポイント還元率でみるとYJカードが微妙に感じるかもしれませんが、楽天カードと違いポイントの二重取りができ尚且つ“ふるさと納税”をおこなうにも使いやすいクレジットカードといえます。
YJカードであればnanacoにチャージをしなくても税金を払うことができるのでオススメの1枚です。

最後は“セゾカードインターナショナル”です。
このセゾンカードインターナショナルは株式会社クレディセゾンが発行しているクレジットカードです。
他のクレカと比べて一番のメリットは貯めたポイントが”永久不滅”ということ。

楽天カードのように期間限定ポイントがあるわけではないので、好きなだけ貯めることができ使うことができます。
さらに”西友”や”LIVIN”ではお買い物金額から5%OFFになる《セゾンカードインターナショナル会員》が適用されるので、お得ですよ♪

また、セゾンカードで貯めたポイントはnanacoにチャージすることができるので無駄がありません。
セゾカードインターナショナルは業界の中でもカードセキュリティも強いことで有名ですが、他クレカと違い”国内・海外旅行傷害保険”がついていません。
利用付帯といった条件もないため、旅行の際にはあまりオススメできないクレジットカードでもあります。

しかし、年会費無料でもつことができポイントも消えることがないクレカです。
ショッピング好きの方やポイントを貯めることが好きな方にオススメのカードです。

セゾカードインターナショナルについてはこちら↓のページをどうぞ

税金や公共料金をnanacoで支払う

nanacoは電子マネーの中で唯一、税金や公共料金を支払うことができます。
通常、コンビニではクレジットカードを使うことができませんよね。
そのため毎月かかる公共料金の支払いや各種税金の支払いは現金でするしかありませんでした。
支払い用紙を使い現金で払うためポイントも何もつくことは皆無ですよね…。

しかし、諦めることはないんです!
nanacoを使うことで簡単に解決させることができます。

本記事でも何度かお伝えしてきましたが、nanacoは公共料金・税金を払うことができる電子マネーです。
そのためクレジットカードを使いnanacoにチャージをし(この時点でポイントが付与される)、セブンイレブンで公共料金・税金を支払えばクレカポイントを得ることができますよ^^

ここでマル秘テクニックを1つ。
先ほどご紹介したように、nanacoにチャージする際にクレジットカードを利用します。
それから税金や公共料金の支払いをnanacoで行うと、クレジットカードのポイントとnanacoポイントの二重取りをすることができます!
このテクニックをうまく使い毎月の税金や公共料金をnanacoで支払えば、nanacoポイントがザクザクたまり税金を安く済ませることができますよね。
このようなテクニックを使えるのは、実はnanacoカードだけなのです。
ちなみにこの税金には毎年払わなければならない「自動車税」も含まれます。
4万円近くの自動車税を払うことを考えると、ポイントとして戻ってくるのは大きいですよね。

nanacoを使った税金を安くする方法を簡単にまとめてみました。

1, nanacoにチャージをすることでポイントが貯まるクレカを探す
2, セブンイレブンでnanacoカードを購入する
3, nancoとポイントが貯まるクレカを紐つけする
4, クレジットかーどを使ってnanacoへチャージ
5, セブン銀行のATMでnanacoの残高を確認する(センター預かり分を反映)
6, nanacoを使って税金をレジで支払う

税金の節約といえばふるさと納税が一般的になってきましたが、基本的に節約をすることができないもの。
少しでも節税対策をするなら、ポイントが貯まるクレカとnanacoを使うことで税金をすこし浮かせることができます。

地道にコツコツしていくことが面倒に感じるかもしれませんが、税金を払いながらお得にポイントを貯めることができるのは嬉しいですよね。

2018年も大人気のふるさと納税!地域に寄付金を送りお得に節税対策をはじめてみませんか?

イオングループの電子マネーWAONでも!?

全国展開している大手スーパーイオンを筆頭にイオングループ店やコンビニで使うことができる電子マネー”WAONカード”。
じつは今回ご紹介したnanacoカードと同じようにWAONでも税金を支払うことが可能になったんです!

ただし、WAONカードを使って支払いができるコンビニエンスストアはミニストップのみとなります。
nanacoカードと同じようにポイントが付与されるクレジットカードを使いWAONにチャージすることで、ポイントの2重取りも可能です♪

WAONカードは全国のイオンまたはイオングループの実店舗で発行することができます。
ちなみにnanacoと同じようにWAONカードを通常より、も安く作ることができるって知っていますか?

気になる方はこちらのページにてご紹介します。

 まとめ

このように、普通の電子マネーとは一味違ったnanaco
上手に活用すれば、お得にポイントをガッツリもらうことができます。
特に自動車税を含んだ税金や光熱費の支払いができる点はメリット大!
クレジットカードでチャージをすることでポイントを貯めることができます。
家計を節約するためにもおすすめな電子マネーと言えるでしょう!

節約大全おすすめのクレジットカード&電子マネーの詳しい情報はコチラ↓





著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
nanacoで税金を払えばポイントが貯まる!カードのお得な作り方はもちろん、クレカチャージでのメリットをご紹介します!nanacoで税金を払えばポイントが貯まる!カードのお得な作り方はもちろん、クレカチャージでのメリットをご紹介します!