nanacoは税金・公共料金も払うことができる!電子マネーnanacoチャージに使えるクレジットカードとポイント2重取りの方法

閲覧回数 : 2,489 views

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使われている「nanaco」
あなたは持っていますか?

nanacoはいわゆる電子マネー。
お金をnanacoにチャージし、レジでかざすだけで支払いができるとっても便利なカードです。
小銭やお釣りなどの煩わしさもないので、チャージさえしておけばとっても手軽。
通勤前やお昼にセブンイレブンを利用するといったサラリーマンの方を中心に多く持たれているようです。

電子マネーの中でも群を抜いて発行枚数の多いnanaco。
実は様々なお得技ができるカードだということをご存知ですか?

nanacoは唯一、税金や公共料金が支払えるカード。
上手に活用すればポイント二重取りも簡単にできてしまうんだとか…!

持っていないと絶対に損をする!と断言できるほど活用の幅が広い”nanaco”についてご紹介します。

 nanacoの基本

セブン&アイホールディングの電子マネー「nanaco」
EdyやWAONのように事前にチャージして使用するため、かざすだけでお買いものができるとっても便利なカードです。

nanacoを作るためには、店舗に行かなければなりません。
セブンイレブンやイトーヨーカドーのイメージが強いですが、実は下記の店舗でも作成することが可能。

・セブンイレブン
・イトーヨーカドー
・そごう
・西武
・ヨークマート
・ヨークベニマル
・デニーズ

デニーズは唯一の飲食店。
意外と知らない方も多そうですね。

ちなみにnanacoを作成する際、申込書にいくつか記入する必要があります。
特にセブンイレブンで作る場合、後ろに並んでいる人が気になり慌ただしくなりますよね。

知っている人も多いと思いますが、nanacoの入会申込書は事前に作成することができます。
nanaco公式サイトより「nanacoカード用Web申込書」へ進み、作成しておけばカウンターですぐにカードを受け取れるので混雑時も安心。

ちなみに発行時、300円の発行手数料が発生します。
が、キャンペーンなどを利用することで実質無料でカードを作ることが可能に!
後にご説明しますね♪

nanacoを使うことで、通常は加盟店でのお買い物100円(税抜)につき1ポイントが付与されます。。

 nanacoのお得ワザ

それでは早速、nanacoでできるお得なワザをご紹介したいと思います。

チャージはクレジットカードを使うべし!

nanacoにチャージする方法は現金とカードの2パターン。

現金の場合は店頭またはセブン銀行を経由してチャージすることができます。

上限額:50,000円
単位:1,000円

1回にチャージできる金額は、1,000円単位で49,000円まで。
チャージ端末の種類または設置場所により金額が異なる場合もあります。

クレジットカードの場合、初回時は事前登録が必要となります。
本人認証サービスに登録後、nanacoのホームページ・会員メニューよりクレジットチャージの事前登録をします。
その後、nanacoホームページよりチャージが可能。

クレジットチャージはnanaco番号毎に1か月15回・合計20万円までとなっています。
また、1日にチャージできる回数は3回まで。

チャージ時に使うクレジットカードによってポイントが付与!?

nanacoにチャージする際に使うクレジットカード。
使うカードによっては、カード自体のポイントが付与される場合もあります。

付与対象となるクレジットカードは以下の通り。

カード年会費還元率
リクルートカード無料1.20%
Yahoo!JAPANカード無料1.00%
ファミマTカード無料0.50%
セブンカードプラス無料0.50%
JMBローソンPontaカードVisa無料0.50%

最強なのはリクルートカード。
コチラの記事

でもご紹介していますが、還元率が1.2%あります。

年会費が永年無料なリクルートカードは還元率が1.2%

また、所有率が多く審査が柔軟と言われている楽天カード。
2017年11月1日以降、楽天カード(JCB)/楽天ゴールドカード(JCB)/楽天プレミアムカード(JCB)を使ってチャージをしてもポイント付与対象外となってしまいましたが、ANA JCBプリペイドカードを経由することでnanacoにチャージすることができ、ポイントを貯めることができます。

しかし、この場合は楽天カード・ANA JCBプリペイドカード・nanacoとカードを三枚持つ必要があるため効率がいいとは言い切れません…。
nanacoへのチャージではポイントがつかなくなってしまいましたが、リアル店舗での使用で楽天ポイントを貯めたり使うことができるのでメインカードの1枚として持っておいて損のないカードです。

最後にYJカード(正式名称:Yahoo!JAPANカード)です。
YJカードであればnanacoにチャージする際、共通ポイントであるTポイントを貯めることができます。
ただし、ポイント還元率は付帯させる国際ブランドに関係なく0.5%です。

ポイント還元率でみるとYJカードが微妙に感じるかもしれませんが、楽天カードと違いポイントの二重取りができ尚且つ“ふるさと納税”をおこなうにも使いやすいクレジットカードといえます。
YJカードであればnanacoにチャージをしなくても税金を払うことができるのでオススメの1枚です。

税金や公共料金をnanacoで支払う

nanacoは唯一、税金や公共料金を支払うことができます。
カードに事前にチャージしておき、レジでピッとワンタッチで支払うことができるので便利!
しかも税金や公共料金の金額に応じで、nanacoポイントも貯まります。

ここでマル秘テクニックを1つ。
先ほどご紹介したように、nanacoにチャージする際にクレジットカードを利用します。
それから税金や公共料金の支払いをnanacoで行うと、クレジットカードのポイントとnanacoポイントの二重取りをすることができます!
このテクニックをうまく使い毎月の税金や公共料金をnanacoで支払えば、nanacoポイントがザクザクたまり税金を安く済ませることができますよね。
このようなテクニックを使えるのは、実はnanacoカードだけなのです。

nanacoを使った税金を安くする方法を簡単にまとめてみました。

1, nanacoにチャージをすることでポイントが貯まるクレカを探す
2, セブンイレブンでnanacoカードを購入する
3, nancoとポイントが貯まるクレカを紐つけする
4, クレジットかーどを使ってnanacoへチャージ
5, セブン銀行のATMでnanacoの残高を確認する(センター預かり分を反映)
6, nanacoを使って税金をレジで支払う

税金の節約といえばふるさと納税が一般的になってきましたが、基本的に節約をすることができないもの。
少しでも節税対策をするなら、ポイントが貯まるクレカとnanacoを使うことで税金をすこし浮かせることができます。

地道にコツコツしていくことが面倒に感じるかもしれませんが、税金を払いながらお得にポイントを貯めることができるのは嬉しいですよね。

2018年も大人気のふるさと納税!地域に寄付金を送りお得に節税対策をはじめてみませんか?

 nanacoを作るならキャンペーンを利用しよう!

nanacoを作る際、発行手数料として300円が発生します。
この発行手数料を実質無料にする方法があるのをご存知ですが?

8の付く日にイトーヨーカドーで作成すると発行手数料が無料!

8の付く日のイトーヨーカドーでnanacoを作成すると、発行手数料が無料になります。
但しnanacoに1,000円以上チャージする必要がありますが、基本チャージをしないと意味のないカードですので、問題ありませんよね!

期間限定お得なキャンペーンを利用しよう!

定期的に各種キャンペーンを開催することがあります。
例えば新規入会キャンペーンなどは、入会+チャージで300ポイントがプレゼントされることがあるので、公式サイトのキャンペーン情報を随時チェックしておくことをオススメします。

nanacoモバイルなら発行手数料無料!

便利でお得なnanaco
実はモバイルでも利用することができます。

お財布ケータイ端末の場合、アプリをダウンロードして会員登録をすれば発行手数料が無料!
常に持ち歩くモバイル端末なら、なくす心配もありません。
また利用明細などを見られる心配がないので、安心と言ったメリットもあります。

 8の付く日にnanaco利用で5%OFF!

税金の支払いでもポイントが付く便利な電子マネーnanaco
8日・18日・28日にイトーヨーカドーのお買いものの際に利用すれば、ほぼ全品5%OFFとなります。
食料品だけでなく、衣料品や住まいの品など殆どの品が対象。
中でも食料品の5%は大きいですよね。
8の付く日に狙ってまとめ買いをすれば、食費も節約することができます。

イオングループの電子マネーWAONでも!?

全国展開している大手スーパーイオンを筆頭にイオングループ店やコンビニで使うことができる電子マネー”WAONカード”。
じつは今回ご紹介したnanacoカードと同じようにWAONでも税金を支払うことが可能になったんです!

ただし、WAONカードを使って支払いができるコンビニエンスストアはミニストップのみとなります。
nanacoカードと同じようにポイントが付与されるクレジットカードを使いWAONにチャージすることで、ポイントの2重取りも可能です♪

WAONカードは全国のイオンまたはイオングループの実店舗で発行することができます。
ちなみにnanacoと同じようにWAONカードを通常より、も安く作ることができるって知っていますか?

気になる方はこちらのページにてご紹介します。

 まとめ

このように、普通の電子マネーとは一味違ったnanaco
上手に活用すれば、お得にポイントをガッツリもらうことができます。
特に税金や光熱費の支払いができる点はメリット大!
クレジットカードでチャージし、nanacoで支払えばカンタンにポイント二重取りができてしまいます。
家計を節約するためにもおすすめな電子マネーと言えるでしょう!

節約大全おすすめのクレジットカード&電子マネーの詳しい情報はコチラ↓↓





著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000