楽天Payはポイントが貯まるお手軽スマホ決済サービス!使えるお店からメリット・デメリットとは

閲覧回数 : 5,190 views

楽天ペイ(楽天Pay)とは使っているスマホ1つで使うことができる新たな決済サービスです。
電子マネーの代表ともいえる楽天Edyにも対応しており、楽天Payアプリをインストールすることで使っているスマホ(スマートフォン)に関係なく誰でも使うことができます。

この楽天Payを使うことで最も嬉しいメリットは「実店舗でも楽天スーパーポイントを効率よく貯められる」ということ!
共通ポイントである楽天スーパーポイントをザクザク貯めることができれば、お金を使わないポイ活にも繋げることができ「ノーマネデー」も増えますね^^

そこで、今回はスマホ決済サービス初心者でも気軽に始められる楽天Payについてご紹介します。

楽天ペイとは


↑楽天Pay公式ページより引用

楽天ペイ(楽天Pay)とは楽天市場を筆頭にネットショッピングができるだけでなく、コンビニなどの実店舗でも利用することができるスマホ決済サービスの1つです。
冒頭でもお伝えしましたが、楽天Payアプリをインストールすることで誰でも使うことができます。
楽天Payにクレジットカードを登録することで、お財布を持たなくても買い物や食事を楽しむことができますよ♪

さらに、楽天ペイを使うと200円ごとに1ポイント(還元率は0.5%)が貯まります。
楽天カードであれば国際ブランドに関係なく登録することもでき、かつ楽天スーパーポイントの二重取りも◎

■ 楽天カード⇒VISA/Mastercard/JCB
■ 他クレカ⇒VISA/Mastercard

※2018年9月25日以降、楽天カードにアメリカン・エキスプレス・カードが登場。
「楽天カード・アメリカン・エキスプレス・カードR」であれば楽天Pay(オンライン決済)にて利用可能です

楽天Payに他クレカを登録した場合はクレカポイント+楽天スーパーポイントの二重取りができます。
そのため「楽天カードでなければいけない」というわけではありませんが、やはり楽天カードがオススメです^^

楽天カードについてはこちら↓のページをどうぞ



楽天ペイの使い方


↑楽天Pay公式ページより引用

楽天ペイを使うには“楽天Payアプリ”をダウンロードします。
早速アプリダウンロード後の流れをご紹介していきましょう!

<<楽天ペイ(Pay)の使い方>>
1, 楽天Payアプリを使っているスマホまたはタブレッドにインストールする
2, 楽天Payアプリを起動させ楽天会員IDでログインし、支払いに使うクレジットカードを登録
※楽天カードならすべて対応、その他VISA/Mastercardであれば登録可能です
※楽天カード以外では、JCB/アメックス/ダイナースクラブは利用できません
3, 実店舗で使う場合は会計時に「楽天ペイで」と声をかけ、3つの支払い方法(後ほどご紹介します)から選び決済することができます

ちなみに…



楽天IDと楽天カードを紐付けておくことで、1分もかからずに楽天Payに登録することができましたよ^^
これで私も楽天Payを使ってさらに楽天ポイントを貯めていこうと思います♪

楽天Payの3つの支払い方法

楽天Payアプリを使うにはクレジットカードの登録が必要となり、2018年現在ではオンライン決済時のみ分割払いにも対応しています。

楽天ペイ対応サイトで決済する際の分割回数は、3回/5回/6回/10回/12回/15回/18回/20回/24回払いが可能です。
※一部のクレジットカードは分割払いに対応していないので注意してください

上記のように分割払いには対応していますが、楽天ペイでは【ボーナス払い/リボ払い】といった特殊な払い方をすることができません。
ただし、1回払いで支払いを選択しても自動的にリボ払いに変換させることができます。

また、楽天ペイでの利用金額の口座引き落とし日は登録したクレジットカードと同じです。
クレカを提示するか、楽天ペイを使ってクレジット払いにするかの違いなので引き落とし日が変わることはありません。

では、楽天ペイの使い方についてご紹介していきましょう。

1, コード表示

↑楽天Pay公式ページより引用
楽天Payに表示されるバーコードを使った支払い方法です。
主にローソンで使うことができます。

ローソンで楽天ペイを使う場合は、会計時にPontaカードもしくはdカード(dポイントカード)を提示することでポイントの2重取りをすることができますよ。

2, QRコード読み取りとセルフ

↑楽天Pay公式ページより引用/QRコードでの支払い方法


↑楽天Pay公式ページより引用/セルフでの支払い方法

QRコードとセルフ画面を使った支払い方法は、楽天ペイ対応店舗で使うことができます。

お店で使う場合は店員さんに「楽天ペイで払う」ということをしっかり伝え、「QRペイ」もしくは「セルフペイ」で支払いをします。

QRペイを使う際は、お店にある端末に表示されるQRコードをスマホで読み取り決済画面にて支払いを確定させます。

セルフペイを使う場合は「セルフペイ」タブをタップしお店を選びます。
金額を入力しQRペイと同じように決済画面にて支払いを確定させたあと、店員さんに完了画面を見せればOK。

楽天ペイを使えば財布からわざわざクレカや現金を出す手間も省くことができるので、スムーズに会計を終わらせることができます。
しかし、楽天ペイを使うと通信量に応じてパケット通信料金が発生するので気をつけましょう。

コード表示での決済は制限が多い

楽天ペイを利用する際にコード表示決済の場合、実はいくつかの制限があります。

・コード表示が使うことができるのは、ローソンのみ
・楽天会員ランクがレギュラーの場合、1度でできる決済の上限金額は4,000円までで、楽天ポイントを使う場合は4,000ポイントまでとなっている
・楽天会員ランクがレギュラー以上の場合、一度でできる上限金額は2万円以上使うことはできません

※同じく、楽天ポイントも20,000ポイント以上は使うことができない

上記の制限の中でも気になるのは、金額とポイントの利用数に限度があるという点ではないでしょうか?
しかし、現在コード表示が使える店舗はローソンしかありません。
コンビニで4,000円以上一度に使う人は滅多にいないと思いますが、これから楽天ペイに対応した店舗が増えた時はデメリットに感じそうです…。

セルフ決済で入力を間違えた時の対処法

楽天Payの決済方法の1つ、セルフペイ。
セルフペイ決済は自分で金額を入力するため、友達との食事の際など割り勘をおこなう時に便利です。
しかし、入力した金額を間違えたまま決済をすると手続きが必要になるので注意が必要です。

セルフ決済の前に金額を誤って入力したことに気が付くことができた場合は、<戻る>アイコンで戻り正しい金額を入力すればOK◎

もし「金額間違えたまま、お会計しちゃった…」といった時は、店内で気づいたのであれば店員さんに声をかければ間違ってしまった取引を消去してもらうことができます。
ですが、もしお店からでた後に気がついた場合はコールセンターへの問い合わせが必要となるので少し面倒です。
セルフペイを使う際にはくれぐれも金額を間違えて入力しないように気をつけましょう。

楽天ペイ カスタマーデスクの電話番号は以下の通りです。

電話番号:0570-000-348(ナビダイヤル)
受付時間:9時30分~18時00分

【楽天カードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1%~
・貯まるポイントは楽天スーパーポイント

楽天Payが使えるお店

2018年11月現在では楽天ペイを使うことができる実店舗にはまだ限りがありますが、利用できるお店は増加し続けています!
ちなみにオンラインサイトであれば楽天Pay対応サイトは5,000以上^^

今回は実天店舗とオンラインサイトを一部ご紹介しましょう。

【楽天Payが使える実店舗】
■ 笑笑
■ 白木屋
■ 魚民
■ 和民
■ 千年の宴
■ 花の舞
■ ミライザカ
■ となりのグリル
■ ステーキ厨房紅花
■ ハンバーグレストラン アッシュ
■ 王様の焼肉くろぬま 七日町店
■ トマト&オニオン宮古店
■ サンライズレストラン
■ カフェ ラウンジ COCO
■ ミスターかかし
■ Days kitchen
■ PIZZA-LA(ピザーラ)
■ SHARP(シャープ)
■ アート引っ越しセンター
■ おそうじ本舗
■ AOKI
■ LAWSON(ローソン)
■ NATURAL LAWSON(ナュラルローソン)
■ LAWSON STORE 100(ローソンストア100/100円ローソン)

【楽天Payが使えるオンラインサイト】
TOHO CINEMAS(トーホーシネマズ)
■ 109シネマズ
■ ユナイテッド・シネマ・グループ
■ mobage by:DeNA(モバゲー)
■ めちゃコミック
■ コミックシーモア
■ まんが王国
■ PREMIUM BANDAI(プレミアムバンダイ)
■ BUYMA
■ Domino’s
Oisix
■ Rakutenラクマ
無印良品
サンプル百貨店
■ nano UNIVERSE
■ J!NS
■ UNITED ARROWS LTD ONLINE STORE
■ URBAN RESEARCH ONLINE STORE
■ ドクターシーラボ
■ 山田養蜂場
■ Ameba(デカグラフ)
■ DMM.com

…etc

実店舗では駅前にある居酒屋チェーン店でお馴染みの「笑笑」「魚民」「白木屋」など(約1,700店舗)はもちろん、
ピザーラやローソンでも楽天Payを使うことができます。
さらに楽天Pay決済を利用することでポイント還元率が上がったり、お得なクーポンがもらえることも♪
財布を持ち歩かなくても楽天スーパーポイントを貯めることができるので、今以上に効率よく貯めやすくなること間違いなしですね。

また、オンラインショップではく【無印良品/ドクター・シーラボ/めちゃコミック】などの大手サイトも楽天Payに対応!
実店舗でも使う人が多いTOHOシネマズや109シネマズといった映画館のオンラインページも使うことができ、席の予約をしながら楽天スーパーポイントを貯めることができますよ^^
さらに定額制の電子書籍サービス“めちゃコミック”や”まんが王国”、過去に放送された人気ドラマやオリジナルグッズを購入できる“フジテレビオンデマンド”に”Ameba(デカグラフ)”のような動画サービスの決済方法に使うことができます。

このように実店舗ではまだ未対応店舗が多いですが、オンラインサイトでは楽天Pay加盟店が多数あり加盟店で使える割引クーポンやお得なキャンペーンもあります。

楽天Payを上手く活用することでお買い物も食事もお得に楽しむことができますね。

12月4日から全国のファミリーマートで導入決定!

2018年11月現在で楽天Payが導入されているコンビニはローソンだけでしたが、ついに全国のファミリーマートへの導入も決定しました!
サービス開始は12月4日から始まり、楽天Payでの支払い方法はバーコード決済になります。
ファミリーマートで楽天ペイアプリに表示されるバーコードを読み取ってもらうだけでOK!
もちろん楽天Payに楽天カードを紐付けておくことで、楽天Pay決済分のポイントと楽天カード利用分のポイントを貯めることができるので安心してくださいね♪

ファミリマートといえば「Tポイント」が貯まるというイメージがかなり強いですが、楽天Payがあれば楽天ポイントが貯められる。
キャッシュレス化に対し、楽天によるサービス拡大については今後とも目が離せないですね♪

楽天Payを使えばタバコを買ってもポイントGET!

2018年12月4日からスマホ決済サービス「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」。
全国のファミリーマートにおいてタバコやお酒も20%バックの対象になるため、ここぞとばかりに買う方が増えていますよね。



通常安く買うことができないタバコもキャンペーンの対象になるのは魅力的ですよね。
しかし、楽天Payも負けてはいません。

2018年12月現在、楽天Payに対応しているコンビニは全国のローソンとファミリーマートです。
楽天カードと紐付けた楽天Payを利用することで1.5%という高還元率で楽天スーパーポイントを貯めることができます。

つまり、タバコを購入する際に現金ではなく楽天Payを使うことで楽天ポイントがもらえるのです。
PayPayのキャンペーン期間中であれば安く買うことができますが、利便性の高い楽天ポイントが貯まる楽天Payを利用したほうが長い目でみればお得になりますよ。

楽天PayもPayPayと同じように専用アプリをインストールするだけ!
あなたはどちらのスマホ決済を利用しますか^^?

PayPayについて知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



2018年12月11日追記:楽天ポイントGET!

楽天Payを使ってローソンにて加熱式タバコを実際に買ってみました!
気になる結果はというと…





↑実際のレシート

タバコ代も含めて楽天スーパーポイントを見事GETしました♪
現金で買ってポイントカードを提示するだけではタバコ分はのポイントは付与されません。
ですが、今回楽天Payを利用したことで購入金額全てがポイント対象になりましたよ^^

今まで諦めてたポイントですが、楽天Payならお買い物もスムーズにできるのでオススメです。

楽天Payでポイントの二重取り!


↑楽天Pay公式ページより引用

楽天ペイでの決済時には200円ごとに1ポイント付与されますが、還元率0.5%なので高いとはいえません。
しかし、使うクレジットカードを楽天カードにすることでカード利用分のポイント(100円につき1ポイント)がつきます。
そのため、200円ごとに3ポイントの楽天スーパーポイントをもらうことができるので通常よりも貯まりやすくなりますよ。

もちろん、楽天ペイに登録することができるのは楽天カードだけではありません。
高還元率クレカでお馴染みのリクルートカードを使えば合計ポイント還元率は1.7%にまでなるのでお得です。

純粋に「貯めたいポイントは楽天ポイントだけ!」という方であれば楽天カードが一番ですし、「ポイントの2重取りを使って還元率もあげたい!」という方は他クレカでの登録がオススメです^^
楽天カードは学生や主婦の方でも申し込みやすく、4大共通ポイントの1つとしても使い勝手のいい楽天スーパーポイントをお得に貯めることができるクレジットカードですよ。

ポイントの3重取りも!?

楽天ペイはクレジットカードを登録することで利用することができるのでポイントを効率よく貯めることができます。
登録したクレジットカードが楽天カードであれば、これだけでポイントの二重取りとなります。

楽天カード(1%)+楽天ペイ(0.5%)=還元率1.5%

楽天カードは通販サイト”楽天市場”での利用や関連サービスを使うことでポイント還元率を上げることができますが、外食やショッピングでも楽天ペイを使うことでポイントが貯めやすくなりますね。

さらに楽天ペイでアプリ決済し別のポイントカードを提示することでポイントの三重取りが可能です。

例)dポイントまたはPontaポイントカードを提示した場合
楽天カード(1%)+楽天ペイ(0.5%)+dポイントまたはPontaポイント(1%)=還元率2.5%

このように楽天ペイを使うことでスマホ一つで買い物や食事などをおこなうことができ、かつポイントも効率よく貯めることができます。
海外に比べキャッシュレス化が遅れてはいるものの、共通ポイントである楽天スーパーポイントを通販以外でもお得に貯めることができるのは嬉しいですよね♪

楽天スーパーポイントを効率よく貯めるならこちら↓のページで詳しくご紹介しています♪





メリット・デメリット

スマホがあればネットでもリアル店舗でもスムーズに買い物ができる“楽天Pay”
楽天ペイを使うことで起こるメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

メリット

■ 楽天ペイを使うことで楽天ポイントを貯めることができる
■ 会計がスムーズ
■ 使っている端末に関係なく使うことができる
■ セキュリティが高い
■ キャンペーンを受けることができる

楽天ペイの一番のメリットは、やはり「楽天スーパーポイントが貯まる」ということ。
楽天ポイントを使って買い物をしたり、楽天オリジナルグッズにも交換することができますよ。
飛行機に乗る機会が多い方なら楽天ポイントをマイルに交換することもできるので、共通ポイントの中でも利便性に優れています^^

やはり、共通ポイントである楽天スーパポイントを貯めるなら楽天カードを登録するのが一番お得!
楽天カードであれば付帯させる国際ブランドに関係なく楽天ペイに登録することができるのでオススメです。

楽天ペイを使うことでクレジットカードをスキミング被害を防ぐことができます。
クレカ決済の時はカード(またはカード情報)を第三者に見られてしまう危険性がありますが、楽天ペイはスマホで操作することができるので安心して使うことができますよ。

デメリット

■ 楽天Payを使うことができる店舗がない
■ 利用金額に上限がある

楽天ペイの最大のデメリットは「楽天ペイに対応している店舗が少ない!」ということ。
いくら、楽天ポイントが貯まると言っても楽天ペイが使えないのであれば元も子もないですよね…。

払い方によっては使える金額やポイントに制限がかかります。
“セルフ”では金額を間違えるとコールセンターに問い合わせをするなど、手間と時間をとられてしまいます。

始まったばかりのサービスでもあるので仕方がないのでしょうが、楽天ペイ対応のお店が増える前に改善をしてくれることを祈りましょう。

クレジットカードを知ろう!

クレジットカードと聞くと「クレカは無駄遣いに繋がる」「借金したくないし…」といった話をよく見たり聞いたりしませんか?
なかには「クレジットカードがあると節約にならない!」という意見もあります。

では、そもそも「クレジットカード」とは一体なんなのでしょうか?
私の中でパッと浮かんだのは3点です。

■ お金(現金)がなくても買い物ができる
■ ポイントが貯まる
■ カード特典が使える

…これだけ見るとクレカを使う必要もそんなにないし、「カードがある」となると使いすぎる可能性も十分に考えられます。

しかし、それは「クレジットカード」をきちんと知らないだけ。
「特典がたくさんついてる♪」「年会費無料だし^^」というメリットばかりに目をやると、クレジットカードの泥沼にはまっていってしまうかもしれません。

そうならないためにクレジットカードについて一緒に学びませんか?

クレジットカードとは一体なんなのか、クレカがあることでどんなお得があるのか、クレジットカードにおける注意点など気になることがたくさんあると思います。
ならばこちらのページ↓




をじっくり読んでみてください。
クレジットカードに関するあらゆる基礎知識をわかりやすく学ぶことができますよ♪

また「クレカ欲しいんだけど、どんな審査があるのか気になる」と言った方はこちら↓のページを合わせてどうぞ^^




当サイトの編集部スタッフしんえもん(@shinemon_carmag)が写真付きで解説してくれます。

「どのカードがいいの?」「節約にいているクレカは?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



まとめ

楽天ペイを使うことでポイントの2重取りができたり、高還元率クレカを使うことでさらにお得になります。
2018年2月現在ではネットショッピングでの加盟店(サイト)が多いですが、全国のローソンではすでに使うことができます。

ローソンであれば楽天ポイントの中でも期間限定ポイントを使うことができる加盟店としても有名ですよね。
通常ポイントとは違い、使うことができる期間が決まっているため「使い忘れてしまった」などの話をよく聞きます。
(私も期間限定ポイントに気が付かず2,000ポイントほど無駄にしたことが…泣)
しかし、ローソンであればちょっとした買い物などの際に楽天ポイントで商品を購入することができますよ。

今後もクレジットカードや電子マネーもカード型ではなく、スマホ一体型が当たり前になると思います。

スマホ型決済サービスがこれからどのようなコンテンツを増やしていくのか楽しみですね。

【楽天カードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1%~
・貯まるポイントは楽天スーパーポイント

キャッシュレスへの第一歩!節約生活に欠かせない電子マネーまとめページはこちら


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

アニメ・ゲーム・LIVE大好きな女の子(笑)ゲームを買ったりLIVE代のために節約中!日常のなかで簡単にできる節約術やお得に過ごせるような情報をお届けします!

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
楽天Payはポイントが貯まるお手軽スマホ決済サービス!使えるお店からメリット・デメリットとは楽天Payはポイントが貯まるお手軽スマホ決済サービス!使えるお店からメリット・デメリットとは