nanaco(ナナコ)は税金を払うことができる唯一の電子マネー!クレカと合わせたポイントの貯め方から使い方をご紹介します!

閲覧回数 : 4,971 views

コンビニでちょっとした買い物をする時に「ピッ!」とかざすだけで払うことができる電子マネー
そのなかで節約家に人気の電子マネー“nanaco”(ナナコ)です。

nanacoが節約家にとって必須アイテムとなっている一番の理由は、普段の買い物だけでなく「公共料金や税金を払うことができる」という点。
実は数ある電子マネーの中でもnanacoだけが対応しているサービスで、WAONや楽天Edyでは払うことができません。

nanacoを使って買い物はもちろん、チャージする際にもnanacoポイントをもらうことができます。
そこで、今回はポイントが貯まり利便性に優れているnanacoについてご紹介していきたいと思います♪

さらにクレカを使ったオススメのチャージ方法、nanacoをお得に手に入れる方法もお伝えしましょう。

スポンサーリンク

nanacoとは

“nanaco”(ナナコ)とはセブン&アイホールディングが発行している電子マネーのことです。
カードタイプが主流となっていますが、使っているスマホがAndroidであれば“nanacoモバイル”を使うことができます。
後ほど詳しくお伝えしますが、nanacoモバイルはスマホ決済サービスでお馴染みの“おサイフケータイ”で登録することができますよ。

したがって、使っているスマホがiPhoneの場合はnanacoモバイルを登録・利用することができないので注意してくださいね。

また、nanacoは楽天EdyWAONといった電子マネーの1つなので使うためには事前にチャージをする必用があります。
nanacoを使って買い物はもちろん、光熱費などの公共料金、税金を払うことができ100円につき1ポイントのポイントを貯めることができます。
冒頭でもお伝えした通り、nanacoは公共料金・税金を払うことができる唯一の電子マネーとして注目されているなか、使えるお店が急増しているのでnanacoポイントもさらに貯めやすくなっていますよ♪

nanacoと相性のいいクレカ

nanacoカードの他に楽天EdyやWAONといった電子マネーがありますよね。
これらは事前に現金もしくはクレジットカードを使いチャージをすることで使うことができる「プリペイド型電子マネー」です。

ほとんどの方は電子マネーにチャージする方法として現金を使うことが多いと思いますが、節約家であれば現金でチャージするのではなくクレジットカードを使うのがオススメ♪
もちろん「現金でチャージをしてはいけない」というこではありません。
現金で電子マネーにチャージをしても何も得るものはありませんが、クレカを使うことでチャージ金額によってクレジットポイントをもらうことができます。

例えば、クレジットカードの中でも高還元率を誇るリクルートカードを使い電子マネーにチャージすることで1.2%のクレジットポイントを貯めることができるのでお得ですよね。
このようにポイント還元率が高いクレカほど、電子マネーにチャージする際ポイントを貯めることができます。

しかし、今回ご紹介しているnanacoにチャージをする場合は注意しなければいけないことが…。
なんと電子マネーの中でもnanacoにチャージすることができるクレカは限られているんです。

nanacoにチャージしポイント付与対象となるクレジットカードを表にまとめてみました。

【クレカポイントを得ることができるクレカ】

カード年会費還元率
リクルートカード無料1.20%
Yahoo!JAPANカード無料1.00%
ファミマTカード無料0.50%
セブンカードプラス無料0.50%
JMBローソンPontaカードVisa無料0.50%

nanacoにチャージすることができるクレジットカードは他に無いわけではありません。
ですが、チャージの際にクレカポイントを得ることができるカードは主に上記の5枚というわけです。
少しでもポイントを効率よく貯めるたいのであれば、チャージした分のクレカポイントが付与されるクレカを選ぶことが重要となります。

nanacoへのチャージ方法

nanacoにチャージする方法は現金とカードの2パターン。

現金の場合は店頭またはセブン銀行を経由してチャージすることができます。

上限額:50,000円
単位:1,000円

1回にチャージできる金額は、1,000円単位で49,000円まで。
チャージ端末の種類または設置場所により金額が異なる場合もあります。

クレジットカードの場合、初回時は事前登録が必要となります。
本人認証サービスに登録後、nanacoのホームページ・会員メニューよりクレジットチャージの事前登録をします。
その後、nanacoホームページよりチャージが可能。

クレジットチャージはnanaco番号毎に1か月15回・合計20万円までとなっています。
また、1日にチャージできる回数は3回まで。

nanacoを使うならセブンカード・プラス!

電子マネーnanacoをお得に使うならセブンカード・プラスがオススメです。

セブンカード・プラスは「セブン&アイグループ」が発行しているクレジットカードでnanaco一体型のクレカを申し込むことができ、nanacoポイントが貯めて使うことができます。
初年度は年会費がかかりませんが、翌年以降セブンカード・プラスでの利用(年間5万円以上)することで無料のまま使うことができますよ^^
※条件に達しない場合は、2年目以降500円(税込み)がかかります

大手スーパー「イトーヨーカドー」では、毎月8のつく日にセブンカード・プラスを提示するだけで5%オフで買い物をすることができます♪
他にも全国展開しているカラオケ店「カラオケ館(通称:カラ館)では、カードを提示し決済することで室料を30%オフにすることができるのでカラオケ好きには堪らないですよね。

そして、なんといってもセブンカード・プラスからnanacoにチャージし使うことでポイント還元率がアップします!
普段からセブン&アイグループを利用しているのであれば、nanacoポイントが今まで以上に効率よく貯めることが可能です。

セブンカード・プラスについてはコチラ↓のページをどうぞ



【セブンカード・プラスの詳細】

・電子マネーnanacoと一体型クレカ
・nanacoポイントが貯まる
・イトーヨーカドーで5%OFF

ポイントの二重取りができるクレカ

nanacoにチャージする際、使うクレジットカードによってチャージ金額に対しクレカポイントを得ることができます。
先ほど5枚のクレジットカードをお伝えしましたが、中でもオススメの2枚を少し掘り下げてご紹介しましょう♪

リクルートカード

リクルートカードは業界のなかでも高還元クレカとして人気の高いカードです。
年会費無料で持つことができ、かつ毎月の利用額に対し還元率1.2%のポイントを貯めることができます。

貯まるポイントはリクルートポイントですが、共通ポイントの一つ“Pontaポイント”に交換することもできます。
さらに、リクルートサービスである宿泊サイト“じゃらんnet”や美容院やネイルサロンがお得に使えるホットペッパービューティ、飲み会や女子会などで便利な“ホットペッパーグルメ”での利用で還元率は3.2%に!

もちろん、リクルートカードはnanacoにチャージする時だけでなく楽天Edyにチャージする際も1.2%のポイントが付与されます。
楽天Edyへのチャージは楽天カードがお得に感じるかと思いますが、実はチャージをする際に還元率が0.5%に下がってしまうのでオススメしません。

電子マネーへチャージしつつ、ポイントの二重取りを効率よくしたいのであれば楽天カードを使うよりもリクルートカードがオススメです。

リクルートカードについてはこちら↓のページをどうぞ



【リクルートカードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1.2%~
・貯まるポイントはリクルートポイント
(Pontaポイントと相互交換可能)

Yahoo! JAPANカード

年会費無料かつ共通ポイントである”Tポイント”を貯めることができるYahoo! JAPANカード(通称:ヤフーカード)。
Yahoo!JAPANカードでnanacoにチャージするとポイントが付与されますが、ポイント還元率はカードに付帯している国際ブランドに関係なく0.5%です。

ポイント還元率でみるとリクルートカードと比べ低いのが気になりますよね。
ですが、Yahoo! JAPANカードはポイント加盟店も多いTポイントを貯めることができ、楽天カードと違いTポイントとnanacoポイントの二重取りができます。

また、Yahoo! JAPANカードを使いYahoo! 公金払いを利用することで税金や公共料金を払う際にnanacoを通さなくてもTポイントを貯めることができます。
最も効率よくTポイントを貯めるのであれば、ふるさと納税がオススメです。

ふるさと納税は全国の地方自治体から寄付先を選び寄付することで節税の恩恵を受けることができます。
特に年末におこなう方が多いようですが、年々その人気は上がり続けています。

地方や季節によっても返礼品が異なりますが、ふるさと納税をYahoo! JAPANカードでおこなうことでTポイントが貯まり使うこともできます。
そのため、ふるさと納税で受けることができる“節税”と”返礼品”さらにポイントをもらうことができると、3つのお得感を味わうことができるのです!

ふるさと納税で使うことができるクレカはYahoo! JAPANカードだけではありません。
しかし、貯めたポイントを使うという利便性の高いクレカはYahoo! JAPANカードですよ^^

Yahoo! JAPANカードについてはコチラ↓のページをどうぞ



【Yahoo! JAPANカードの主な特徴】

・年会費無料
・ポイント還元率1%~
・貯まるポイントはTポイント

「クレカは欲しいけど、審査が気になる」という方はこちら↓のページをチェックしよう!

税金や公共料金の払い方

nanacoは電子マネーの中で唯一、税金や公共料金を支払うことができます。
通常、コンビニではクレジットカードを使うことができませんよね。
そのため毎月かかる公共料金の支払いや各種税金の支払いは現金でするしかありませんでした。
支払い用紙を使い現金で払うためポイントも何もつくことは皆無ですよね…。

しかし、諦めることはないんです!
nanacoを使うことで簡単に解決させることができます。
クレジットカードを使いnanacoにチャージをし(この時点でポイントが付与される)、セブンイレブンで公共料金・税金を支払えばクレカポイントを得ることができますよ^^

このようなテクニックを使えるのは、実はnanacoカードだけなのです。
ちなみにこの税金には毎年払わなければならない「自動車税」も含まれます。
4万円近くの自動車税を払うことを考えると、ポイントとして戻ってくるのは大きいですよね。

nanacoを使った税金を安くする方法を簡単にまとめてみました。

1, nanacoにチャージをすることでポイントが貯まるクレカを探す
2, セブンイレブンでnanacoカードを購入する
3, nancoとポイントが貯まるクレカを紐つけする
4, クレジットかーどを使ってnanacoへチャージ
5, セブン銀行のATMでnanacoの残高を確認する(センター預かり分を反映)
6, nanacoを使って税金をレジで支払う

税金の節約といえばふるさと納税が一般的になってきましたが、基本的に節約をすることができないもの。
少しでも節税対策をするなら、ポイントが貯まるクレカとnanacoを使うことで税金をすこし浮かせることができます。

地道にコツコツしていくことが面倒に感じるかもしれませんが、税金を払いながらお得にポイントを貯めることができるのは嬉しいですよね。

2018年も大人気のふるさと納税!地域に寄付金を送りお得に節税対策をはじめてみませんか?

一つ大切なことを伝え忘れていました…。
nanacoは税金と公共料金を払うことができる電子マネーですが、nanacoポイントは付与されません。
クレジットカードを使いチャージした金額分はクレカポイントとして付与されますが、nanacoポイントとの二重取りはできないので注意してください。
ただし、コンビニなどでクレカチャージしたnanacoで買い物をした際は、クレカポイントとnanacoポイントをもらうことができるので安心してくださいね。

nanacoポイントのお得な貯め方

クレジットカードでチャージしたnanacoを使うことで税金や公共料金の支払い時にクレカポイントもらうことができます。
この他にもnanacoポイントを効率よく貯める方法があるので、ご紹介していきましょう!

セブン-イレブン公式サイトを活用

セブン-イレブンの公式サイトにて対象商品を確認し、セブン-イレブンでnanacoを使い購入すると”ボーナスポイント”を得ることができます。
対象商品が店舗によって異なるため、必ずしも公式サイトに掲載されている商品というわけではありません。

しかし、nanacoを使うことで通常のnanacoポイント+ボーナスポイントをもらうことできるなら見逃せませんね。
nanacoを使ってセブン-イレブンに行く前にチェックしておけば、今より効率よくnanacoポイントを貯めることができますよ♪

セブン銀行の活用

ネットバンクとしてもお馴染みの“セブン銀行”
セブン銀行での各取引を利用することでnanacoポイントを貯めることができます。

対象となる取引方法か以下の通りです。

■ デビットカードの利用
■ 給料/賞与の受取り
■ 口座振替1件ごとにnanacoポイント10ポイント付与
■ 振込出金1件ごとにnanacoポイント10ポイント付与
■ セブンネットショッピングの代金支払い(月5回まで)
■ 海外送金1件ごとにnanacoポイント10ポイント付与

セブン銀行をフル活用することでなんと、お金を使わずにnanacoポイントを貯めることができます!
通常nanacoを使うことで貯まるポイントが一切お金を使わずの貯めることができるなんて節約以外のなにものでもないですよね。

nanacoポイント加盟店での利用

nanacoは税金・公共料金を払うことができるということで有名な電子マネーですが、もちろん加盟店で使うことでポイントを貯めることができます。
セブン&アイグループでの実店舗のほかに、全国展開しているドラッグストア”ツルハドラッグ”やファーストフード店”マクドナルド”でもnanacoポイントが貯まります。
ツルハドラッグでは貯めたnanacoポイントを電子マネーnanacoとして使うこともできます。
※貯めたポイントが100ポイントあるなら100円分のnanaco(100P=100円)として利用可能

また、nanacoポイントは貯まるけど使うことができないマクドナルド。
しかし、クレジットカードでチャージしたnanacを使えばマックでポイントの二重取りをすることができます。

クレカチャージ(クレカポイント付与)+マクドナルドでnanacoを使う(nanacoポイント付与)=クレカポイント&nanacoポイントGET

普段、現金で買うことが多いマクドナルドですが、チャージしたnanacoを使うことでポイントをお得に貯めることができるのでオススメです^^
ちなみに、ツルハドラッグでもマクドナルドでもポイント還元率は0.5%(200円毎に1ポイント)です。

オムニ7で買い物をしよう!

オムニ7(セブン)とは、セブン&アイグループが運営しているオンラインショッピングサイトです。
nanaco決済をすることで100円で1ポイント(還元率1%)でnanacoポイントを貯めることができます。

ただし、1つだけ注意点があります。
オムニ7においてnanaco決済をするにはスマホ決済サービス“おサイフケータイ”に対応しているAndroid端末が必要です。
iPhoneユーザーでは使うことができないサービスですが、Androidのスマホを持っていてnanacoポイントを集めたい方は活用することで効率よく貯めることができまよ。

ビックカメラではポイント三重取り!?

全国展開している大手家電量販店“ビックカメラ”、そしてビックカメラグループである家電量販店“コジマ”・”ソフマップ”でnanacoを使うとnanacoポイントを貯めることができます。
ポイント還元率は200円毎に1ポイント(0.5%)ですが、各店舗のポイントカードを提示することでポイントの二重取りをすることができます。

nanacoポイント(0.5%)+各店舗ポイント(商品に対し10%還元)=11.5%

また、本記事で度々お伝えしてきましたが電子マネーnanacoにチャージすることでクレカポイントを得ることができるカードがありますよね。
クレカポイントの貯まるクレジットカードでチャージしたnanacoをビックカメラグループで使えばポイントの三重取りができます^^

クレカチャージ(クレカポイント)+nanaco利用(nanacoポイント)+各店舗のショッピングポイント=ポイント三重取り

3店舗の中でもビックカメラは家電だけでなく、日用品や食品なども取り扱っているので利用している方も多いのではないでしょうか?
ちなみに、ビックカメラで買い物をするならクレジットカードビックカメラSuicaカードもオススメです。

このビックカメラSuicaカードは年会費(477円※税別)のかかるクレカですが、年に一度使えば無料にすることができビックカメラでのショッピングポイントはもちろんJRE POINT(旧ビューサンクスポイント)のポイント二重取りができるカードです。
ショッピングポイントはついていませんが、国内・海外旅行傷害保険もついているのでビックカメラを頻繁に使っているなら要チェックですね^^

ビックカメラSuicaカードの詳しい内容はこちら↓のページをどうぞ

nanacoポイントの使い方

貯めたnanacoポイントはどのように使うことができるのでしょうか。
また、ポイントに有効期限はあるのか…。

ここではnanacoポイントのお得な使い方をいくつかご紹介します。

有効期限はあるの?

ポイントといえば気になるのが”有効期限”。
nanacoポイントに限らず、せっかく貯めたポイントが気づかぬうちに消滅してしまっていたら悲しいですよね(泣)

特に注意したいのは共有ポイントでお馴染みの楽天スーパーポイント
楽天スーパーポイントには実質有効期限がない“通常ポイント”と期限不明(いつ消えるかわからない汗)の期間限定ポイントの二種類があります。
私は以前、楽天カードを申し込んだ際についた期間限定ポイント2,000ポイントほど消滅させてしまったことが…。

と、こんな話は置いといて!
このようにポイントシステムによって使わぬまま消えてしまうポイントもあるため注意が必要です。

では、nanacoポイントに有効期限があるのでしょうか?




セブンカード公式サイトより引用

上記の表を見てわかるようにnanacoポイントには有効期限があり、期間は1年~2年です。
貯めたポイントを無駄にしないためにも確認を怠らないようにしましょう。

nanacoポイントの有効期限はnanaco会員メニューやセブン銀行ATM機でもチェックすることができるので、簡単に確認することができますよ^^

オムニ7で使おう

電子マネーnanacoが唯一使うことができるショッピングサイト“オムニ7”
オムニ7では貯めたnanacoポイントを1ポイント1円として使うことができますよ♪

ANAマイルに交換

nanacoポイントは航空チケットの購入や機内での買い物に使うことができる“マイル”(ANAマイル)に交換することができます。
ポイントからマイルに交換する方法はよくありますが、普段の買い物で貯めやすいnanacoポイントを使うことができるのは嬉しいですね。

マイルへの交換レートは以下の通りです。

■ nanacoポイント(500ポイント)⇒ANAマイル(250マイル)

■ nanacoポイント(500ポイント)⇒ANA SKYコイン(500コイン)

500ポイント単位なのでnanacoポイントが500ポイント以上貯まっていれば交換することができます。
ANAマイルへ交換申し込みから2~7日間、ANA SKYコインであれば申し込みから2日後に交換することができるので便利ですね^^

nanacoへチャージする

貯めたnanacoポイントの最もオススメな交換先は、なんといっても電子マネーnanacoにチャージすること!

チャージ方法もとっても簡単なので気軽にできますよ♪
セブン-イレブンに行き「nanacoポイントを電子マネーに交換したい」と伝えるだけ!

nanacoポイントは1ポイント1円として、電子マネーにチャージすることができるのでお得ですね♪
マイルへの交換やオムニ7を使わない(iPhoneユーザーなど)は、貯めたnanacoポイントは全てチャージすることをオススメします。

クレカと電子マネーの関係

コンビニや飲食店、電車の乗り降りに駅構内でのちょっとした買い物…。
そんな時に役立つアイテムといえば“電子マネー”ですよね^^

電子マネーと聞くと楽天スーパーポイントが貯まる楽天Edyやイオングループで買い物をするとポイントが貯まるWAON。
さらに、電子マネーの中でも唯一公共料金・税金を払うことができるnanaco(ナナコ)が有名ではないでしょうか?
もちろん他にも交通系ICカードのSuicaや、スマホ決済を利用する際に便利なIDやクイックペイ(QUICPay)があります。

各種電子マネーについてはこちら↓のページをどうぞ

また、電子マネーにはプリペイド型(前払い)電子マネーとポストペイ型(後払い)電子マネーと2種類あります。

主に認知度の高い楽天EdyやWAON、nanacoは前者のプリペイド型電子マネーに分類されます。
プリペイド型電子マネーの特徴は「事前にチャージが必要」ということです。

もちろん現金でチャージすることができますが、チャージする際もメリットが生まれたら嬉しいですよね^^?
そこで役立つのがクレジットカードです。

クレジットカードを利用し、電子マネーにチャージすることでクレカポイントを得ることができます。
さらに使うことでポイントが貯まる電子マネーを利用すれば、簡単にポイントの二重取りができるのです♪

このように電子マネーを使うことで今よりもっとお得、かつ効率よくポイントを貯めるならクレカがオススメですよ!

クレジットカードと電子マネーを使った活用術がこちら↓

のページでご紹介しているので、是非合わせて読んでみてくださいね。

また、「どのクレジットカードってお得?」「節約に向いているクレカはどれ?」とカードの特徴や種類が知りたい方はこちら↓のページをどうぞ



 まとめ

このように、普通の電子マネーとは一味違ったnanaco。
今回ご紹介した方法を使うことで今まで以上にnanacoポイントを効率よく貯めることができお得に使うことができますよ^^

特に自動車税を含んだ税金や光熱費の支払いができる点はメリット大!
クレジットカードでチャージをすることでポイントを貯めることができます。

今回ご紹介したnanacoは家計を節約するためにも、一枚は持っておきたいオススメの電子マネーです♪

公共料金・税金を払うならクレジットカードがオススメ!



節約主婦は知っている!ポイントが貯まるだけでなく、カード特典が満載のクレカはこれだ!


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000