自動車保険の見直しで保険料を節約!万が一の自転車事故に備えた保険プランの選び方

閲覧回数 : 1,076 views

自転車は私たちにとってとても身近な乗り物です。
子供からお年寄りまで乗る自転車は、気軽に乗ることができとっても便利。
免許も不要で維持費もほとんどかからないため、節約にはもってこいの乗り物ですよね。

そんな自転車ですが、ここ最近事故が急増しています。
中でも平成25年に小学生の乗った自転車が歩行者と衝突した事故は記憶に新しいもの。
相手の女性は正面衝突し頭を強打、一命は取り留めたものの結局意識が戻らず寝たきり状態。
児童の母親には9500万円もの損害賠償が求められました。

安易に乗れる自転車ですが、時には人の命をも奪ってしまう恐ろしい凶器へと変貌するのです。

我が家の息子も、去年から補助なしで自転車を乗るようになりました。
ただ、まだバランスをうまく取れないこともあり見ていてとても危なっかしいもの。
ですが本人は乗れた気になっているので、

「○○くんの家まで行ってもいい?」

なんていうことも増えました。

確かに乗れるのは嬉しいですが、

「もし他のお宅の車にぶつかったら…」
「人と衝突してしまったら…」
「逆に跳ね飛ばされてしまったら…」

と不安ばかり。
自転車に関しては、自分も事故を起こしたことがあるので異常に神経質になってしまうのです。

そこで思いついたのが「自転車保険」
早速、元生保レディの編集部スタッフ・akiちゃんに相談したところ、月々たったの300円ほどで入れる保険があることを教えてもらいました。

しかし自転車保険と一口に言ってもかなり複雑!
各社さまざまなサービスが展開されており、非常にわかりづらいのです。

そこで、自転車保険について学ぶために「なぜ入っておくべきなのか?」「加入に欠かせない条件」「おすすめの自転車保険」をわかりやすくまとめてみましたのでご紹介したいと思います。

さらに、もしあなたが車も運転するなら自転車保険のみに加入するのはもったいないかもしれません!
あまり気づかれていないけど、自転車事故に備えた保険をお得に済ませる方法があるんです。

スポンサーリンク

 自転車保険に加入すべき理由

自転車事故が増えており、少しずつ自転車保険の義務化が進んでいます。

2017年5月現在、日本で義務化されているのは大阪府と兵庫県・滋賀県の3つ。
次第に日本全国に広まるであろうと予想されます。

また、今では自転車を新しく購入すると必ずと言っていいほど自転車保険の案内をされます。
そこまで加入を進める理由はどんなものがあるのでしょうか?

一番の理由は「自転車で事故を起こした際に高額賠償を命じられることが増えた」ため。

冒頭でも触れたように、自転車で事故を起こした場合、多額の賠償を命じられることが増えました。
特に相手が歩行者の場合は”自転車の乗り方に過失がある”とみなされ、想像以上の金額を命じられてしまうのです。

また、高額賠償を命じられたが返済しきれず、自己破産を申請する人も増加しました。
そのようなことから「手軽な自転車だかリスクは想像以上のものがある」とされ、自転車保険を強く勧めるようになったのです。

また高額賠償問題が広がったせいで、“自転車にわざとぶつかり、高額な示談金を要求する”といった巧妙な手口も増えました。
いくら注意をして運転していても相手が歩行者であれば、自転車側に過失があるとされます。
このようなことに巻き込まれてしまえば、今後の人生が家族含め大変な状況に陥ります。

 加入時にチェックすべき点

自転車保険に加入しておけば、万が一の際も安心できますね。
とはいえ、ただ入れば良いという訳ではありません。

加入する自転車保険には、必ずチェックすべき点があります。

対人賠償がついているか

他人を死傷させてしまった場合の補償がしっかりついているかチェックが必要。
最低でも保証額が1億円はついているものを選ぶべきです。

示談交渉サービスがついているか

必ず示談交渉サービスがついている保険を選ぶべき。
全てお任せすることができるので安心できるはずです。

補償の内容

入院費や手術費用・後遺障害や死亡した場合の補償もついているべき。
これは自分が怪我をした場合にも発揮します。

死亡した場合⇒300万
後遺障害が残った場合⇒300万
入院した場合 ⇒ 1日3,000円~
通院した場合 ⇒ 1日3,000円~
手術した場合 ⇒ 1回に付き30,000円~

大体このくらいの補償がある保険を選びましょう。

月々の金額をチェック

補償がしっかりしていても、月々の負担が大きければ意味がありません。
自転車保険は、ひと月300円前後がベスト。
高くても500円前後に抑えておきましょう。
この金額ならお子さんの保険としても無理なくつけられますよね!

 おすすめの自転車保険

セブンイレブンで入る「自転車向け保険

24時間365日、いつでも気軽に”セブンイレブン”で入ることのできる三井住友海上の自転車向け保険
通勤や通学・日常の賠償事故も保証対象、充実した内容で自転車ライフをサポートしてくれます

安心の補償はこちら

【賠償事故の補償】
最高3万円まで支払い可/示談交渉サービス付き

【ケガの補償】
死亡保険金:290万円
後遺障害保険金:最高290万円
入院保障金:4,000円/日
手術保険金:4万円(入院中)/2万円(入院以外)

プランもさまざま

一人プラン(本人型/本人以外):3,990円/年(月換算333円)
ご夫婦プラン:5,230円/年(月換算436円)
ご家族プラン:7,210円/年(月換算601円)

ライフスタイルに合わせて選ぶことができ、家族みんなで安心することができますね。
セブンイレブンの保険は、セブンイレブン店舗内にあるマルチコピー機から振込票を印刷しレジに支払うだけ!
ネットで予約登録もできますので、チェックしてみてくださいね!

セブンイレブンで入る「自転車向け保険」

 あの保険の特約を利用すべし!

2015年6月1日からの道交法改正で、
自転車に対する取り締まりが一気に強化されましたね。
さっそく見せしめのように取り締まりの様子がニュースなどで報じられていました。

そもそもどうしてこんな厳しい取り締まりが必要になったかというと、自転車のからむ事故が相次いでいるため。
スマホを見ながら走ったり、イヤホンで音楽を聞きながら走ったりと、そりゃ事故が起こるよという危険な運転をしている人もよく目にしますから。

そういえば以前、小学生が猛スピードで坂を駆け下りて老人にぶつかり、死なせてしまったという事故もありましたね。
その事故の民事裁判では、加害者の小学生側に多額の損害賠償金支払い判決が降りて大きなニュースになりました。

加害者にも被害者にもなりうる自転車事故は、他人ごとではありません。
毎日、誰かしらが自転車のからむ事故の当事者になっています。

こうなってくると、「もしも」に備えてというより、自転車事故に遭うことを前提に保険を考えておいたほうがいいかもしれません。

ただ、自転車のためにわざわざ保険に入るのも面倒・・・。
まず、どの自転車保険がいいのか調べる手間がかかりますし、契約手続きの手間もありますね。
そして、生命保険などに比べれば軽微とはいえ、さらに出費が増える事実は見過ごせません。

かといって、こうも自転車のからむ事故が増えてくると、保険に入らないでいるのは不安だし…。

そんなふうにどうしようか悩んでいる方にとって耳寄りな話を。

実は、自動車保険の特約には自転車事故の補償をしてくれるものがけっこうあるんです。
「自転車」保険じゃないですよ!「自動車」保険です。

各自動車保険には、自転車走行中に転倒したり、歩行中に他者の自転車にぶつかられて怪我をした場合に保険金を払ってくれる特約を用意しているものがあり、自動車保険だからといってそのとき自動車に乗っていたかに関係なく、適用されるのです。

自転車事故が増えているとはいえ、自動車事故の場合に比べれば死亡や後遺障害、入院にまで至る可能性は低いのが現実。
それを考えると、わざわざ自転車専用保険を選んで加入するよりも、自動車保険に入るついでに自転車傷害特約で自転車事故のリスクをカバーしたほうがずっと楽ですし、リーズナブル。

保険って、特約とか約款とかいろいろ複雑でいまいちわかりにくいせいか、こういう情報を教えてくれる人がなかなかいません。
専門家でさえよくわかっていない人もいるようですし、わかっている人でも、そもそも保険に関する情報が多すぎてこういう細かい点にまで言及するケースがないのかもしれませんね。

ですが、今回この記事をお読みになったあなたはラッキーです。
今度、自動車保険に入る際、特約をつければいいんですから。

 自転車特約が充実しているのはこの保険

もっとも、自動車保険ならどれでも同じ内容の自転車傷害特約がつくわけではなく、保険ごとにその補償内容は違います。
ここでは細かい点に立ち入るのは避けますが、自転車傷害特約が比較的充実した自動車保険をご紹介しておきますね。

<自転車傷害特約が充実している自動車保険一覧>
☆☆☆
セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」
☆☆
チューリッヒ 自動車保険 くらしの損害賠償特約
☆☆
ソニー損保 自動車保険 日常事故解決費用特約
☆☆
アメリカンホーム 自動車保険+ファミリー特約/賠償特約
☆☆
アクサダイレクト 自動車保険 アクサ安心プラス
☆☆
SBI損保 自動車保険 自転車事故補償特約
☆☆
損保ジャパン 自動車保険ONE-Step 個人賠償特約
☆☆
東京海上日動 トータルアシスト自動車保険 個人賠償特約
☆☆
三井住友海上 GKクルマの保険 日常生活賠償特約

 ひとつひとつ見積もりを取るのは面倒…

とはいえ、上記の自動車保険をひとつずつ見積もりを取っていくのはすごく面倒。
そもそも、どの保険が自分に合っているかは、年齢や家族構成・ライフスタイルによって異なるもの。

できれば、複数の保険の見積もりを一度に取って比較したうえで申し込みたいですね。
そういうときに便利なのが、保険スクエアbang!のような自動車保険の無料一括見積もりサイト

あなたの乗っている車種のほか、いくつかの簡単の情報を入力するだけで、あなたの条件に適した自動車保険を複数ピックアップして見積もり額を提示してくれます。
あとは、その中からあなたのお好みやお財布事情に合った保険を選ぶだけ。

とにかく、保険選びに時間をかけすぎるのはもったいないですし、さらに自転車事故のためとなれば後回しになりがち。
ですが、こういうサービスをうまく利用することで時間の節約ができますし、もしもの事故への備えができます。

安くて自分に合った自動車保険を選べて、なおかつ特約で自転車保険も付けれる。
それなら断然、保険スクエアbang!がいいですよ!

【保険スクエアbang!】

【参考記事】
複雑すぎる自動車保険はこう選べ!
固定費の節約まとめページへ戻る


著者情報
ゆかにゃん

ゆかにゃん

ゆかにゃんの書いた他の記事を見る

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報をご紹介します★それからとにかくディズニーが大好き!ファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中♪

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000
自動車保険の見直しで保険料を節約!万が一の自転車事故に備えた保険プランの選び方自動車保険の見直しで保険料を節約!万が一の自転車事故に備えた保険プランの選び方