【映画代を安くする方法】イオンシネマとTOHOシネマはどっちがお得!? 鑑賞料金からサービスディまで徹底比較します!

閲覧回数 : 1,750 views

動画配信サービスを使って自宅で映画を楽しむのもいいけれど、できるなら映画館で観たいですよね。

ちなみに、映画館といえばイオンシネマとTOHOシネマを利用する方が多いのでは?
住んでいる地域によって異なるかと思いますが、少しでも映画を安く尚且つお得に観ることができたら嬉しいハズ…。

そこで、今回は2大映画館である“イオンシネマ”と”TOHOシネマ”を徹底的に比較し、ご紹介していきたいと思います。


映画鑑賞料金の一覧表

まずは、イオンシネマとTOHOシネマの基本料金をおさらいしておきましょう。

イオンシネマの料金一覧

 料金
一般1,800円
学生
(大高生)
1,500円
小中学生1,000円
幼児
(3歳以上)
900円
障がい者割引1,000円
3D上映鑑賞料金+
300円
3D専用メガネ代100円
4DX作品鑑賞料金+
1,000円

TOHOシネマの料金一覧

 料金
一般1,800円
大学生1,500円
高校生1,000円
小中学生1,000円
幼児
(3歳~)
1,000円
プレミア
ラグジュアリーシート
鑑賞料金+
3,000円
プレミア
ボックスシート
鑑賞料金+
1,000円
DOLBY ATMOS
追加料金
鑑賞料金+
200円
IMAX
追加料金
鑑賞料金+
500円
MX4D追加料金鑑賞料金+
1,200円

aki
高校生はイオンシネマで観るよりもTOHOシネマで観たほうが料金が安いです^^
しかし、3歳以上の映画代を見るとTOHOシネマは1,000円と上がってしまうのは気になりますね…。

中学生まではお小遣いをもらって観に行くと思いますが、高校生になるとアルバイトをすることができます。
それでも、少しでもお金を節約したいところ…。

当サイトでは、高校生のリアルなお金事情もご紹介しているので、参考にどうぞ



映画館のサービスディをチェック!

「映画を安く観たい!」と思った時にまず確認するのはサービスディではないでしょうか?
通常鑑賞料金よりも少しでも安く映画を観るためには欠かせませんよね。
では、イオンシネマとTOHOシネマでのサービスディをそれぞれ紹介します。

イオンシネマのサービスディ

毎月1日はハッピーファースト
⇒全国の映画館で毎月1日は、誰でも1,100円

毎週月曜日はハッピーマンデー
⇒毎週月曜日は、誰でも1,100円

平日の朝はハッピーモーニング
⇒平日の朝1回めの上映作品が、誰でも1,300円

毎晩ハッピーナイト(レイトショー)
⇒毎日20時以降の上映作品が、誰でも1,300円

ハッピー55(G.G)
⇒こちらは55歳以上の方なら、毎日1,100円

上記の他にイオンシネマでは毎月20日30日のお客様感謝デーに行くと鑑賞料金が1,100円になります。
ただし、このサービスはイオンカードをお持ちの方のみが対象となるので気をつけてくださいね。

さらに毎週火曜日は”dポイントクラブ会員”限定で1,100円で映画を観ることができますよ♪
※dポイントクラブ会員の方と同伴者1名まで対象
※dポイントクラブ会員かつ、ブロンズ会員以上の方に限ります

TOHOシネマのサービスディ

毎月1日はファーストデイ
⇒全国の映画館で毎月1日は、誰でも1,100円
※映画の日12月1日は誰でも1,000円

毎月14日はTOHOシネマズデイ
⇒毎月14日は誰でも1,100円

毎週月曜日はauマンデイ
⇒auスマートパス会員またはauビデオパス会員の方限定で1,100円

毎週火曜日はシネマイレージデイ
⇒TOHOシネマイレージカードを持っている方は1,400円

毎週水曜日はレディースデイ
⇒毎週水曜日は、女性は1,100円

毎週土曜日はナイトショー
⇒夜23時以降の上映作品に限り1,300円
※一部劇場を除く

レイトショー
⇒夜20時以降の上映作品は1,300円

夫婦50割
⇒どちらかが50歳以上の夫婦でチケット購入により2人で2,200円

シニア割引き
⇒60歳以上の方は入場料1,100円
※必ず年齢が確認できるものが必要となります。

クレカでお得に映画を観る方法

イオンシネマ・TOHOシネマをいつでもお得に使いたいならクレジットカードがオススメです。
クレカ決済をすることでポイントを貯めるのはもちろん、映画を観るだけで無料鑑賞券をもらうことも…。

それでは、映画をお得に観るために持っておきたいクレカをご紹介しますね。

イオンカード

イオンシネマを使うなら断然“イオンカード”が一番!
イオンでのショッピングや食事はもちろん、イオンカードを提示するだけで受けることができる恩恵は映画だけではないですよ♪

イオンカードについてはこちらのページをどうぞ



dカード

ドコモユーザーでなくてもdアカウントさえ作れば誰でも作ることができる“dカード”
ですが、やはりdocomoを契約している人ほどメリットがあるカードです(笑)

ドコモユーザー以外だと「回線契約をしていないのでポイントが貯まりづらい」などのデメリットはありますが、dカードを使ってクレカ決済をすることでマクドナルドやローソンで割引きを受けることができるのでお得にポイントを貯めることができます。

dカードについてはこちらのページをどうぞ



エポスカード

年会費無料!最短、即日発行!で有名なエポスカード。
主にマルイでのショッピングや飲食で使う方が多いと思いますが、エポスカードを提示するだけで様々な特典を受けることができます。
映画はもちろん、海外旅行保険が自動付帯されているクレカなので、サブカードとしてもメリットのあるクレジットカードです。

エポスカードについてはこちらのページをどうぞ



株式優待で映画をお得に観る方法

イオンが大好きな人にとって「最強のカード」といわれるイオンオーナーズカード。
イオン株式会社の株式を100株以上持っている株主に対して発行している株主優待カードです。

イオンオーナーズカード提示で同伴者の人数無制限で割引対象に!
提示するだけで通常料金から割引される金額は以下の通りです。
大人 ⇒ 1,800円から300円引き
大学生、高校生 ⇒ 1,500円から300円引き
小中学生 ⇒ 1,000円から200円引き
幼児(3歳以上) ⇒ 900円から100円引き

お客様感謝デー、ハッピーモーニングorナイトはさらにお得に!
「毎月20日と30日のお客様感謝デー」「ハッピーモーニング・ハッピーナイト」がもっとお得に!!
大人、大学生、高校生は映画が1,000円で観られます。
※小中学生は200円引き、幼児は100円引きの割引き

ドリンクかポップコーンが選べる
イオンオーナーズカード1枚につきドリンク券300円かポップコーン300円相当の(ご本人様のみ)無料チケットがついてきます。
無料券の有効期限は3ヶ月となるので注意が必要です

動画配信サービスとの連携

当サイトでもお馴染みの動画配信サービス。
実は、なかにはイオンシネマ・TOHOシネマをお得に観ることができるサービスがあるんです^^

それはどこか、ご紹介したいと思います。

U-NEXT
動画配信サービスのなかでも月額1,990円と高額なU-NEXT。
しかし、国内の堂が配信サービスのなかでは配信数がNo,1であり新作の配信スピードも速いことで有名です。

ちなみに、U-NEXTに加入することで安くなる映画館は“イオンシネマ”です。
U-NEXTでは毎月1,000ポイント付与され、ポイントを使ってイオンシネマで使うことができる割引き券を発行することができます。
最大、映画鑑賞券(1回分)にもなるのでポイントを貯めておいて損はないですよ!

U-NEXTについてはこちらのページをどうぞ



auビデオパス
auユーザー限定で加入することができる“auビデオパス”
auビデオパス会員の方は毎週月曜日TOHOシネマを利用すると、1,100円で観ることができ尚且つポップコーンセット(ポップコーンM、ジュースM)が半額 通常670円⇒320円とお得な特典がつきます。
映画代が安くなるうえに、ポップコーンセットまで半額で買うことができるなんてお得すぎですよね(笑)

また、auスマートパスにも加入している方でも同じ特典(鑑賞料金の割引きのみ)を受けることができますよ。
「動画は観ないけど、映画は安く観たい」という方はauスマートパスをオススメします。

auの各種サービスについてはこちらのページをどうぞ



ゆかにゃんがクーポンを使ってイオンシネマへ!

最近久しぶりに映画を観たゆかにゃんです。

イオンペットで犬のトリミングをお願いしているとき
「ねー、妖怪ウォッチの映画が観たい!」
と息子のワガママが炸裂。

トリミング終了まで4時間あったので、ついでに観ていくことにしました。

そこで思い出したのが上記の割引記事!
私、ドコモ歴10年なのにイオンシネマが安く観れるなんて知らなかったんです。

イオンシネマの前でMydocomoにログインし、クーポンをチェック!
ありました、300円引きクーポン!

名称未設定 1

受け付けの方に提示し、大人のチケットを1枚1,500円で購入することができました。

ちなみに割引対象となるのは、一般か大高生のみ。
事前に予約して座席を確保する“リザーブ”では、割引を受けることができません。
直接受け付けでチェックする必要があるため、良い席で観たい方は早めにチケットを購入しておくべきですよ!

また、映画のチケット購入時にはdポイントがたまります。
もちろんポイントを使うことも可能!
私もポイントがたまっていたので、チケット代をポイントで支払いました。
ドコモの携帯の使用で自動的にたまっているポイントなので、なんだか得した気分です!

ちなみに毎週火曜なら、ドコモユーザー限定で映画代がたったの1,100円!
春休みや夏休みなど、子供の観たい映画の多い時期は火曜日が狙い目ですね。
もう定価で映画を観ることができなくなりますよ~!

まとめ

映画を安く観るためには、サービスdayを上手く活用することが一番簡単な割引サービスです。
映画館によって対象曜日や割引き内容が異なりますが、上手く利用することで映画を安く楽しむことができますよ。

また、イオンクレジットカードは主婦の強い味方ですし、映画だけではなくお得な特典がたくさんついてくるのでとっても魅力的なカード。
TOHOシネマもお得に使い方には”dカード”がオススメです♪

これからも洋画や邦画、アニメなどたくさんの映画が劇場公開されるので、割引きサービスを使って映画館を安くお得に使ってくださいね。

「映画館もいいけど、自宅でのんびりしながら観たいなぁ」という方は、当サイトでご紹介しているこちらの比較ページをどうぞ



【節約大全】映画もドラマも家にいながら見放題!動画配信サービス大解剖へ戻る
video

クレジットカード最新情報&活用テクニックまとめページへ戻る
card


著者情報
aki

aki

akiの書いた他の記事を見る

元生保レディのゲーム大好きな30歳女子。交際費を抑え節約しているのは新作ゲームを買うためです!日常のなかでお得に過ごせるような情報をお届けします。

ピックアップ記事

よく読まれている記事

総合
節約術
資産運用

公式ツイッター

過去のキャンペーン

50000