【WiMAXとクラウドSIM対応WiFiを徹底比較】自分に合ったモバイルWiFiの見つけ方

ゆかにゃんゆかにゃん

工事が不要、毎月手ごろな価格で契約ができるモバイルWiFiが人気を集めています。
中でもWiMAXはモバイルWiFiの代表ともいえるサービス。
契約者数はなんと3,300万人を突破しており、3人に1人が契約していると言われているほど人気です。

モバイルWiFiといえばWiMAXと言われていましたが、実は2019年年末にクラウドSIM対応のモバイルWiFiが登場。
複数のキャリア回線を切り変えることができるため、安定したネットが利用できると話題になり、今やWiMAX以上に注目されるようになりました。

ただしWiMAXとクラウドSIM対応WiFi、それぞれ全く異なるサービスのためどちらを契約すればいいんだろうと悩む人も多いようです。

そこで今回はWiMAXとクラウドSIM対応WiFiを比較してみましたので、ぜひWiFi選びの参考にしてください。

WiMAXとクラウドSIM対応WiFiを比較

  WiMAX クラウドSIM WiFi
プロバイダー BIGLOBE、So-netなど・・・ どんなときもWiFi
Mugen WiFi
よくばりWiFi
通信速度 下り最大1.2Gbps
上り最大30.0Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50.0Mbps
エリア 主要都市カバー率100% 主要都市カバー率100%
回線 WiMAX独自回線 キャリア回線
(au、docomo、SoftBank)
通信制限 3日で10GB(月額制限なし) 無制限
初期費用 3,000円 3,000円
SIM 専用SIMを利用 クラウドSIMを利用

回線の違い

大きく違うのは回線の違い。

WiMAXはMVNOのため、プロバイダーとの契約も必要になりますが、クラウドSIMはau、docomo、SoftBankと大手3キャリアの回線を利用してネットに接続します。

大手キャリア回線の方が安定していると思われがちですが、キャリアの一部の回線を借りて提供しているため場所や時間帯によって速度が異なります。
その点WiMAXは独自回線をもっているため比較的安定。
ただし通信速度も最大値はキャリア回線に比べ下回ります。

通信制限の違い

通信制限にも大きな違いがあります。
無制限で使えると勘違いされがちなWiMAXですが、実は3日で10GBの制限があります。
3日経過すると解除されるのであまりストレスを感じませんが、動画を頻繁に観る人は注意が必要ですね。

その点クラウドSIM対応のWiFiなら完全無制限で利用ができるので、外出時も動画をみたりゲームをしたりする機会が多い人は、ギガ放題のクラウドSIMがおすすめです。

SIMの違い

WiMAXの場合は専用のSIMを使いますが、契約できるのは1つの回線のみ。
スマホの裏側に直接差し込み、そこから個人データや電話番号などを管理します。
利用できるのは国内のみとなっているので、海外に行く際は空港で海外WiFiのレンタルが必要です。

クラウドSIM WiFiはクラウドサーバー上にSIMカードがあり、複数の回線から今いる場所に最適な回線を自動的に切り替えて使うことができます。
中でも「Mugen WiFi」はau、docomo、SoftBank3キャリア全てに対応しています。
docomoが繋がりにくい場所でも自動的にau回線に切り変えてネットを楽しむことができるので、とっても便利です。

月額料金や初期費用、違約金など

月額料金はどちらも3,000円前後と変わりませんが、WiMAXの場合契約時のキャッシュバックキャンペーンが充実しています。

たとえばGMOとくとくBBの場合、今なら最大34,500円のキャッシュバックを受け取ることができます。
月額料金は3,609円(税抜)、端末代も初期費用も発生しないので気軽に契約ができますね。

違約金は12か月目までの解約で19,000円、13か月目~24か月目までの解約で14,000円、25か月目以降は9,500円となっています。
更新月の違約金は発生しません。

以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

クラウドSIM WiFiの場合、プロバイダーが固定されているためキャンペーンは殆どありません。
ただしMugen WiFiの場合、月額料金は3,280円から利用することが可能。

違約金は12か月目までの解約で9,500円、13か月目~24か月目までの解約で5,000円、25か月目以降は無料となっています。

月額料金も違約金もクラウドSIM WiFiの方が安価ですね。
長く使う予定で契約する場合は、クラウドSIM WiFiの方がコスパはよさそうです。

まとめ

WiMAXとクラウドSIM WiFiそれぞれの特徴を紹介しましたが、メリットもあればデメリットもあります。
選ぶ基準はWiFiをどこで、どのような目的で利用するかがポイントです。

【とにかく回線の安定さ重視】

キャリア回線を使うクラウドSIM WiFiよりも、独自回線を持っているWiMAXの方が比較的安定。
もちろん使用する場所や時間帯によっても差がありますが、WiMAXの方がおすすめ!

【費用を安く抑えたい】

初期費用も月額料金も比較的安いクラウドSIM WiFiがおすすめ!
なかでも「Mugen WiFi」は25か月目以降違約金も無料になり端末返却の必要もないので負担がありません。

【海外でも使いたい】

クラウドSIM WiFiなら海外でも同じように使うことが可能。
海外旅行に良く行く方や、出張が多い方はクラウドSIM WiFiを選びましょう!

回線の安定さなのか、費用なのか、国内外でも使いたいのか・・・
基本的には上記3つの条件を元に選ぶのがポイントです。

WiFiは比較的安価で契約できますが、すぐに解約してしまうと違約金が発生したり端末を返却したりと負担が大きくなります。
中には数日間お試しで使える会社もあるので、契約時にしっかり比較し、自分に合ったWiFiを選ぶようにしましょう!

この記事を書いた人
ゆかにゃん

ゆかにゃん

わんぱくな一人息子がいるママ!母親目線、主婦目線のお得な情報を紹介します★親子そろってディズニーが大好きなのでファンならではのお得情報やマニアック情報も更新中です!
さがす